変形性股関節症の痛みは手術をしなくても改善できる

痛みの改善

先日、40代の変形性股関節症の痛みで悩まれている女性からご連絡があり、関東からわざわざお越しいただきました。

変形性股関節症と診断され、最初は手術をしない予定で、痛みの改善のために筋トレをしなさいと指導を受け、ジムで鍛えていたそうです。

ですが、一向に良くなる気配はなく、痛みが出続けるのは筋トレが足りないからだと思い、必死に取り組んだそうです。

ある日、診断してもらった医師から「改善しないから手術が必要だね。」と言われ、最初の診断とは全く対応や態度が変わり、誰を信用していいのかわからなくなってしまったそうです。

そんなときに僕のブログを読まれて、今回セッションをさせていただくことになりました。

今回は、このセッションでのこと、変形性股関節症の痛みで悩まれている方に参考になればと思い、お伝えしていきたいと思います。

 



変形性股関節症の痛みの改善は必ずしも手術が必要ではない

変形性股関節症の痛みの改善は必ずしも手術が必要ではない

まず、前提として必ず医師に診断をしてもらっていることが、僕らトレーナーがセッションできる条件になります。

そして、尚且つ「運動や筋トレをしてね。ストレッチもしてね。」というような運動の許可がおりていることで、初めてトレーナーは対応が可能になります。

変形性股関節症とは?

実際、クライアントさんにも改めて変形性股関節症について理解していただきましたが、文字通り股関節が変形していることで変形性股関節症と診断されます。

このとき、簡単に言うと、

黄色の矢印で示している、受け皿側のところを寛骨臼(かんこつきゅう)と言い、水色の矢印で示しているボール側の方を大腿骨頭(だいたい骨頭)といいます。

横から見るとこんな感じです。

骨盤

この受け皿は溝が深く、その溝にポッコリはまるように入り込んでいる、この部分のことを股関節といいます。

変形性股関節症というのは、この受け皿側かボール側のどちらか、もしくは両方に変形がみられる症状のことをいいます。

生まれもってか、生まれてからか

変形性股関節症は、先天的(うまれもって)の場合と、後天的(生まれてから)の場合がありますが、クライアントさんの場合後天的でした。

最初は痛みはなかったそうですが、徐々に歩くときに痛みが増すようになり、最近は脚を前に出そうとするとかなり痛みが強く出ていたそうです。

股関節がどのように変形しているかで対応は大きく変わる

股関節が変形していると言っても、いろんな変形の仕方があります。

受け皿の一部が欠落していたり、逆に突起があったり。もしくはボール側の一部が凹んでいたり、突起があったり。

これは、病院でレントゲンを撮ることでどのように変形しているかがわかりますが、僕がクライアントさんを見る時には、この確認は必ずします。

なぜなら、この変形によって対応が大きく変わるからです。クライアントさんには、事前に医師に確認していただいていましたので、状態が明確でした。

右脚の受け皿の方に欠落があり、本来ボール側の骨を覆うようにあるはずの骨が少し、覆えていない部分があるとのことでした。

痛みの出る箇所に疑問がある

この女性とセッションを開始し、話を伺う中でいくつか気になるところがあり、以前変形性股関節症で相談された方と似たそうな発言をされていました。

  • 股関節の前側の手前が痛む
    (おさえると届くような感覚)
  • 歩こうとして、脚を前に出そうとすると痛む

本来、変形性股関節症で痛みが出ている場合、奥の方が痛む、もしくは中の方が痛むという発言をされることが多いのですが、この方の場合、表面に近い部分に痛みを訴えられていました。

話を伺って見えてきたのは、変形性股関節症によって痛めているのではなく、動作のまずさによって大腿筋膜張筋という股関節の前側にある筋肉が緊張し、痛みが出ているということでした。

これは以前にも同じようなことがあり、そのときとクライアントさんの症状や話す内容が似ていたため、変形性股関節症と分けて考えセッションを進めていきました。

関連記事:股関節の外側の痛みの原因と改善について

 

クライアントさんに行ったこと

クライアントさんに行ったこと

まず行ったことは、全身の筋肉を緩めることです。

このときただ筋肉を緩めるだけではなく、痛みがないことを確認していただいたり、気持ち良くなっていることを感じながら時間を過ごしていただきました。

緩めることで一時的に痛みが改善した

全身の筋肉を緩めて、その状態で一度立っていただき、感覚を見ていただきましたが、日頃感じている痛みが改善できたそうです。

ただ、少し歩こうとすると痛みが出てきました。この理由はわかっていたので、ここから歩き方について指導していきました。

意識は脚ではなく高く引き上げた重心に向ける

伝えたことはシンプルで、重心を軽く引き上げ、その重心を前に運ぶこと。このとき手足はぶらぶらのイメージ。

最初、歩くことに「痛みが出るのでは・・・」という恐怖感が残っていたので、肋骨辺りを持ち、軽くサポートしながら歩いていただきました。

僕が触れることで安心があり、歩くこともスムーズになっていきました。徐々に恐怖感が薄れ、歩き方を変えると痛みは改善するということがインプットできると手を放し、ご自身で歩いていただきました。

すると、痛みを感じずに歩くことができ、無駄に緊張しないし、気持ち良く歩けるということをおっしゃっていました。

関連記事:歩き方の改善はシンプルに考えるべき【ぶらぶら・スーでOK】

日頃行う椅子からの立ち方、座り方などを指導

そして、歩き方と同時に椅子からの立ち方、椅子への座り方などを指導し、日常動作をしても痛みがないことを確認していました。

さらに、この椅子からの立ち上がりや座りがトレーニングになることをお伝えし、日頃その回数を増やすようにお伝えし、セッションは終了しました。

立ち方や座り方については、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

今回のセッションで大切だと感じたこと

これだけは忘れないでほしいこと

何よりもクライアントさんが、安心されたような表情で帰られたことが、僕にとってもよかったなと感じる瞬間でした。

今回のケースは、変形性股関節症だから痛みが出ているというよりも、日頃の歩き方の問題で痛みが出ていました。

結果的に筋肉を緩め、歩き方を変えることで痛みは出ていません。結果に嘘はないということであり、痛みの原因は歩き方にあったということです。

原因を明確にすること

どんな悩みに対しても同じですが、まず考えなければいけないことは、なぜ痛みが出たのか、たるみがあるのかということです。

どんな悩みであっても、必ず原因があるはずです。その原因に対して適切にアプローチができると、悩みは1回のセッションであれ、改善が見られます。

一般の方からの相談を受ける中で、まだまだ多い発言が「何をすればいいですか?」ということです。

答えはありません。答えは、クライアントさんがなぜ悩んでいるのか、なぜ悩んでしまうような身体になったのか、その原因に改善の糸口があります。

今回のことからも、まず原因を明確にすることの大切さを改めて感じる時間でした。

ベースは自然体に直すこと

どんな悩みであれ、まず目指すところは自然体です。ここに近づくことができれば痛みも改善に向かいますし、身体のたるみも引き締まっていきます。

そこからさらに向上を目指すのあれば、そこからまた別の改善方法を実施していくことになります。

何よりもまず大事なことは自然体に直すことです。そのためには、徹底的に筋肉を緩めることです。

そして姿勢や動作を改善すること

自然体に直せると、それを維持するために姿勢や動作を変える。そうすると、局部の筋肉にストレスがかかり、痛みが出ることもありません。

身体も引き締まるところは引き締まり、出るところは出るというような、理想の体型に近づくと思います。

その後は、必要に応じて鍛えることもしていきますが、まずは自然体に直し、姿勢や動作を改善すること。

この流れができるとさまざまな悩みを改善することができると思います。

 

まとめ

今回は、変形性股関節症で痛みがあるというご相談でしたが、おそらくそれでの痛みではなく、別のことが原因で痛みが出ていました。

結果的には痛みの改善ができ、日頃やることもお伝えできたので、これからいい報告をいただけると嬉しいですよね。

痛みの改善で大切なことは、

  • 痛みの原因を発見し、明確にする
  • そして、その原因をクライアントさんにも理解してもらう
  • なぜ痛むのか、どうすれば痛みが改善するのかを体感させる
  • 痛みは改善するという安心感や希望を持ってもらう
  • あとは、それを継続する

クライアントさんによって流れは違いますが、今回は関東から来られているということもあり、少し詰め気味ではありましたが、できる限りのことをお伝えしていきました。

どこまでクライアントさんの立場に立てるか、基本的なことですが、この大切さも感じた時間でした。

今回の内容が、身体の痛みで悩む方の改善のきっかけになれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で