ジョギングしても脚やせしないどころか脚が太くなる可能性がある理由

ジョギング
ふくらはぎ

とにかく脚を細くしたい。

生まれたときからのコンプレックス。悩んでいる方からすると、とにかく何でもいいから細くなるなら何でもするという想いなのかもしれません。

朝電車に乗るために階段を上っていると、ふと前の人の脚の太さを見ている。

「私よりも太い・・・まだ私は大丈夫だな」

「あの人の脚は細い・・・でも顔は自分の方が勝った。」

コンプレックスは常に不安を作り、その不安から他人と比較し少しでも相手よりも勝っているところを探す。

そんなことをしている自分が嫌だし、そんなことをしても脚が細くならないこともわかっている。でも・・・どうすればいいかわからない。ジョギングすれば脚は細くなるんじゃ・・・。

そんな期待を込めてジョギングをしている女性がいるかもしれません。今日はジョギングしても脚やせしないどころか、太くなる可能性があるということをお伝えしていきたいと思います。

もし脚やせをしたいからといってジョギングをしている方は、まず筋肉を緩めてみてください。そうするとむくみや筋肉の張りが改善されるため細くなります。

 



ジョギングでは脚やせしない理由

ジョギングでは脚やせしない理由

まず考えないといけないことは、なぜ脚が太くなっているのかということですが、多くの場合、脚の捻れやむくみが関係しています。

また脂肪が溜まってしまうことで脚が太く見えている可能性があります。

ジョギングをしても脚の捻れやむくみは改善しない

もしこういったことが原因であれば、ジョギングをして脚の捻れやむくみが改善できると脚は細くなります。

実際にそういうことをしようと思うと、ジョギングでは可能ですが、一般の女性が自分でそのようなジョギングが誰にも教わらないでできるかと言えば、厳しいと思います。

ですので、ジョギングをしても脚やせは難しいと思います。

脂肪を減らすためにはジョギングよりもダイエット

脂肪が多くて脚が太くなっている場合、ジョギングをして脂肪を減らそうとしている方もいますが、食事を減らすダイエットをした方が簡単に、楽に脂肪は減らせます。

脂肪を減らすためには、

消費エネルギー>摂取エネルギー

この関係にすることが絶対条件ですが、この関係にするためには、運動をするよりも、食事を減らした方が楽ですし、効率がいい。

ですので、脂肪を減らして脚やせだ!と考えている方は、有酸素運動を一生懸命するのもいいですけど、食事を調整した方が楽に脂肪は減らせます。

これらの理由から、ジョギング自体はいいのですが、ジョギングで脚を細くするという考え方であれば、筋肉を緩める方が結果は出るはずです。

なぜなら筋肉を緩めると、脚の捻れやむくみが改善し、筋肉の張りも改善されるので、脚は細くなっていきます。

 

ジョギングで脚が太くなる可能性がある

ジョギングで脚が太くなる可能性がある

「脚やせしたいのに、ジョギングしたら脚が太くなってしまった」という女性もいるはずです。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、脚が太くなるように走ってしまっていたからです。どのように走れば脚が太くなってしまうのでしょうか?

ブレーキをかけながら走ると太ももの前側が太くなる

歩く、走るという動作は重心を移動させることですが、脚を前に出そうと意識して走っている場合、その脚が身体の前に着地し、つっかえ棒のような存在となりブレーキをかけてしまいます。

そして、身体の前で着地をしているため、その脚を越えるために逆の脚がさらに前に踏み出そうとするため逆側の脚でもブレーキをかけてしまいます。

つま先着地

結局両脚でブレーキをかけてしまうため、走っていても弾む感覚や気持ちよさが出ません。

このブレーキをかけている筋肉が大腿四頭筋と言われる太ももの前側の筋肉になります。

大腿四頭筋

このブレーキをかけるような動作のときに大腿四頭筋と言われる太ももの前側の筋肉は、エキセントリックといって伸ばされながら筋肉に刺激を受けます。

筋肉が縮まりながら刺激を受けるよりも、伸ばされながら刺激を受ける方が筋肉に対する刺激が大きくなります。

そして、このエキセントリックな刺激は筋肉の速筋と言われる筋肉に刺激を加える。

人間が持つ筋肉は大きく分けて速筋と遅筋がありますが、速筋は肥大しやすく遅筋はあまり肥大しない。

ジョギングをするときは、自分の体重の数倍の刺激がこの大腿四頭筋に加わり、それを何百、何千回と繰り返すことになりますので、当然脚は太くなる可能性があります。

関連記事:ランニングで脚が太くなってしまう1つの原因と筋肉を緩める方法

地面を蹴るとふくらはぎも太くなる

ふくらはぎの筋肉は抗重力筋と言われる筋肉です。

■抗重力筋とは?

地球上で生活する以上、常に重力の影響を受ける。この重力に対して姿勢を保持するために直接は運動に関与していなくても、緊張を余儀なくされる筋肉がある。この筋肉のことを抗重力筋という。

コトバンクより引用:抗重力筋

言い方を変えると、立っているだけでも活動する筋肉であり、その筋肉のひとつにふくらはぎの筋肉があります。

常に筋肉が活動するため、持久性に優れています。持久性優れている筋肉は赤筋であり、基本的には肥大しづらい。

ですが、肥大しづらいとはいえ使い続けてしまうと大きく肥大する可能性があります。

それはジョギングをしているときに地面を蹴ってしまうことです。

地面を蹴る

このように地面を蹴るような動作を繰り返すとふくらはぎの筋肉が過度に使われてしまい、このような動作を繰り返すとふくらはぎの筋肉はポコッと張り出してしまいます。

関連記事:ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

脚の太くなる位置が違う理由

走り方によって脚の太くなる位置が変わります。

例えば、母趾の付け根でブレーキをかけるように着地をしている場合、内側広筋と言われる大腿四頭筋の内側の筋肉が太くなってきます。

逆に小趾(こゆび)側で着地をしてブレーキを変えている場合、外側広筋と言われる外側の筋肉が太くなってきます。

つま先で地面を蹴るとき足の内側で蹴っている場合は、内側のふくらはぎが、外側で蹴っている場合は外側のふくらはぎが太くなってきます。

走り方によってストレスを受ける場所が異なっており、多くストレスを受けてしまった場所に筋肉がつき太くなってしまうということです。

関連記事:ランニングで膝の痛みが発生する原因と改善について

 

脚を細くしたいならまずは捻じれとむくみを改善すること

脚を細くしたいならまずは捻じれとむくみを改善すること

脚を細くしたい場合、ダイエットやトレーニングをする前にまずは脚の捻じれを改善し、むくみを改善することです。

この2つはある意味即効性があり、1回の取り組みでもある程度の変化を感じることができます。そしてそれを継続的にするだけ脚は細くなります。

そこからさらに細くしたい場合は、ダイエットなりトレーニングなりの必要なことを取り組めばさらに変わっていくと思います。

脚の筋肉を緩め捻じれやむくみを改善する方法

脚を内側から伸ばす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 片膝を90度に立て、緊張しない位置まで膝を内側に倒す
  3. そこから足を滑らせるように脚を伸ばしていき、元の状態に戻る
    脚を伸ばすという感覚よりも、リラックスして勝手に伸ばされていく感覚の方が適切な表現かもしれません。
  4. これを繰り返していく

脚を外側から伸ばす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 片膝を90度に立て、外側に倒す
  3. 外踝(そとくるぶし)を地面に軽くこするように脚を伸ばす
  4. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを軽く内側に捻り、最初の状態に戻す
  5. これを繰り返していく

太ももの前側を擦る

皮膚に約20g以下の負荷をかけると一酸化窒素が出てきて、血管が拡張し血流が良くなります。血流が良くなると筋肉は緩みますが、擦るときにその負荷がかかります。

そのため、このテクニックは赤ちゃんの背中を優しく擦るぐらい感覚で行ってください。

  1. 座った状態で片脚の伸ばす
  2. 太ももの前側を軽く擦る
  3. これを2分行う

捻じれやむくみを改善するためには、さらにこちらの内容も参考にしていただければと思います。

ジョギングをしても脚を変えることができますが、ここでお伝えしていることを参考にしていただく方がある意味楽に身体を変えらえると思います。

もしジョギングをして脚やせをしたいという方は、走り方を変える必要があります。走り方についてこちらを参考にしていただければと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジョギングをするから脚が細くなるのではなく、どのように走ればいいのか?走り方が適切な場合ヒップアップし脚も細くなります。

ただ、我流で走る場合、太ももやふくらはぎにストレスが加わり太くなる可能性があります。

そう考えるとまずは脚の捻じれやむくみを改善する。

これはしんどいものでもないですし、逆に気持ちがいいことです。

そうするとある程度脚の変化も感じられるはずです。そこからさらに脂肪を落とすためにダイエットを行ったり、トレーニングを行い筋肉を引き締める。

さらに脚を引き締めることができます。

このようにジョギングを前提とするよりも、他に脚を細くする方法があり、その方が結果も出ますし、楽に変えられる。

早く結果を出したいと焦るあまり、周りが見えなくなるとどうしても遠回りをしがち。それもいいことかもしれませんが、できれば身体を変えるためには最短で歩みたいですよね。

脚を細くしたい場合、まずは脚の捻じれやむくみを改善することです。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

脚を細くしたい方は、こちらも参考にしていただければと思います。

おすすめ太もも・ふくらはぎを細くする方法を一挙公開【まとめ】

おすすめ脚やせしたい方に使ってほしい&役立つアイテム10選

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で