ふくらはぎがパンパン!膝裏が痛い原因と改善方法について

ボニックプロの口コミ
ふくらはぎ

クライアントさん
えっ?痛い、痛い・・・。そこ何ですか?他の箇所は大丈夫だったのに膝裏をそうやって刺激されるとすごい痛いんですけど、何でですか?

レッスンをしていて、膝裏を刺激することがありますが、そのときこうやって言われるクライアントさんがいます。

リンパマッサージを受けたことがある方も同じような経験をしたことがあるかもしれませんね。

自宅で自分の脚をケアしている方も、なんとなく感じたことがあるかもしれません。この膝裏の痛みはリンパ液の流れの滞りが原因で起こり、循環を改善すると痛みは改善します。

今回は、レッスンでよく聞かれる膝裏の痛みの原因と改善方法について解説していきたいと思います。

 



 膝裏が痛い原因

膝裏が痛くなる原因は、膝窩リンパ節というところが詰まってしまっているから感じる痛みです。といわれても少し分かりづらいですよね。詳しく解説していきたいと思います。

膝裏にあるリンパ節=膝窩リンパ節

リンパ節というのは、豆粒のような形をしていて、悪い菌などを殺菌する場所です。そのリンパ節の中などを通っているのがリンパ液という液体です。

リンパ節 悪い菌を殺菌する場所
リンパ液 リンパ管という管の中やリンパ節の中を流れる液体

女性によく起こる“むくみ”は、このリンパ液の流れが滞ってしまって起こる症状のことです。そして、膝裏にあるリンパ節のことを膝窩(しつか)リンパ節といいます。

膝窩リンパ節が詰まると痛みが出る

膝窩リンパ節の中などを通るリンパ液の流れが悪くなると、リンパマッサージなどで膝裏を刺激したときに痛みを感じます。

先ほどレッスンでもクライアントさんに「膝裏が痛い!」ということを言われたとお伝えしましたが、この方達はみなさん循環が悪く、膝窩リンパ節が詰まっているということです。

なぜ膝窩(膝裏)で詰まりが起こり流れが悪くなるのか?

では、なぜ膝窩リンパ節でつまりが起こってしまうのでしょうか?それは、

  •  運動不足により筋肉が硬くなり循環が悪くなる
  •  座りっぱなしの状態が続いている(事務職・出張など)
  •  衣服の締め付け
  •  ストレスが多く、低体温
  •  病的な問題 など

これら以外にも考えられる原因はありますが、こういった理由でリンパ液の流れが悪くなり、膝窩リンパ節がつまってしまいます。

ここまでのまとめ

つまり、膝裏が痛いと感じている方は、リンパ液の流れを促し、リンパ節のつまりを改善することでこの痛みを改善することができるということになります。

 

リンパ節のつまりを改善する方法

原因はなんとなく理解していただけたでしょうか?

次にお伝えしたいことは、リンパ節のつまりを改善する方法になります。

本来は、全身のリンパ節を刺激し、循環を促す必要がありますが、今回は膝裏のみお伝えします。

より具体的にやってみたい方は、『ふくらはぎのむくみの8つの原因と改善方法について』をご覧いただき、実践していただければと思います。

膝窩リンパ節のつまりを改善するときのポイント

守っていただきたいことは、

  1. 強い痛みを感じるぐらい強く刺激しないこと
  2. 気持ちいいと感じながら行う

この2つを守っていただくとよりつまりを改善でき、ふくらはぎのむくみもスッキリします。では早速実践に移っていきましょう。

膝窩リンパ節のつまりを改善する方法

まず最初はこちらから。

膝窩リンパ節を直接刺激する

  1. 座った状態で、片膝を90度ぐらいに立てる
  2. 両手の指を立て、この指を膝裏の一番深い溝の部分に当てる
  3. その状態で、軽く膝を持ち上げたり、下ろしたりを繰り返す
  4. 一定時間繰り返すと、次は横に揺らすように刺激を加える
  5. これらを合計で2分間行う

足首を動かし循環を促す

  1. 先ほどと同じような姿勢になる
  2. 指を立て、膝裏に当てて置く
  3. その状態でつま先を軽く持ち上げたり、下げたりを繰り返す
  4. このとき足首周辺が緊張しないように、気持ちよく行う
  5. これを2分間繰り返す

膝窩リンパ節を刺激

膝窩リンパ節を刺激

足首を動かす

この2つを痛みを感じないように、気持ちよく繰り返すことができると膝裏の痛みは改善できていると思います。

もしまだ強い痛みが残っている場合は、時間を長くしていただくと、より変化を感じやすくなるはずです。

こういった方法で、膝窩リンパ節のつまりを改善していきます。

 

日常で足首を動かす習慣をつけると痛みが再発しづらくなる

先ほどお伝えした方法で、膝裏の痛みは改善することができますが、おそらく多くの方はお仕事やいつもの生活をしているとまた膝裏が詰まってしまいます。

ですので、日頃の生活の中で循環を促すために、足首を動かす習慣をつけます。そうすると、筋肉の収縮-弛緩というポンプの役割によって循環が促されます。

足首を軽く動かす

  1. 椅子に座った状態で、膝を90度ぐらいにする
  2. スネやふくらはぎが緊張しない程度に軽く足首を動かす
  3. これを30分、1時間に1回ぐらいのペースで何度も行う
  4. 時間はできるだけでOK

こういった足首を軽く動かすことを続けると、脚のむくみも楽になりますし、重だるさも改善できるので、ぜひ仕事上がりのパンパンな脚で悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

今回は、膝裏が痛いと感じる原因と改善方法についてお伝えしていきました。

記事の内容をまとめると、

  • 膝裏が痛い原因は膝窩リンパ節がつまってしまっているから
  • 改善方法は、膝窩リンパを軽く刺激すること
  • そして日頃は足首を軽く動かす習慣をつけること

こういった内容をお伝えしていきました。

膝裏の痛みで悩む方の参考になれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめ太もも・ふくらはぎを細くする方法を一挙公開【まとめ】

おすすめホットヨガの体験でおすすめはココ!トレーナーの僕が選ぶ3ヶ所【手ぶらでOK】

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で