膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と改善について

ふくらはぎはストレッチをしても細くならない

膝下がO脚と感じるように、ふくらはぎの外側が張り出していて、それが気になる場合、大腿筋膜張筋・腸脛靭帯、ふくらはぎの外側などの筋肉が緊張している可能性があります。

改善のためにはこれらの筋肉を緩め、筋肉の緊張のバランスを整えることで改善します。

そもそも膝下がO脚と感じてしまう原因は何か、改善のためにはどうすればいいのかなどをお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

O脚の直し方ってどうすればいい?そもそもの原因と改善について

O脚の原因と改善について!矯正グッズを使ってもあまり効果のない理由

X脚を改善|鍛えなくてもまっすぐな脚になる理由

 

スポンサードリンク

膝下がO脚と感じる原因

膝下がO脚と感じる原因は、脛骨と言われるスネの骨が外旋していることが大きく影響していると思います。

膝下O脚とは、このような状態かもしくはもっと外側に張り出している状態だと思います。

ふくらはぎ

このようになってしまう原因は、股関節辺りにある大腿筋膜張筋という太ももの外側にある筋肉が緊張していることが考えられます。

大腿筋膜張筋という筋肉は腸脛靭帯とつながり、腸脛靭帯は脛骨の外側に付着しています。

骨格

この大腿筋膜張筋が緊張することで、脛骨(スネの骨)は外側へ引っ張られてしまい、その上についている腓腹筋などが捻じれてしまいます。

外側に引っ張られる影響でふくはらぎの外側が張り出してしまい、画像のように膝下がO脚?と感じてしまうことにつながります。

 

膝関節が捻じれることでも膝下O脚になる

膝関節の自然な動きというのは、ジムでみかけるレッグエクステンションの使い方と膝痛の改善についてでもお伝えしていますが、太ももが固定されている状態で膝が伸びるような動きをすれば脛骨は外旋します。

脛骨の外旋

太もも側は内旋といって内側に捻じるような動きをすることが自然なのですが、極端ではありますが、このような形でスクワットすると脚の内側が緊張していきます。

つま先の向きよりも膝が内側に向いた状態でスクワットなどをしたり、日常の動作が行われることで太ももは自然な位置から内旋してきてしまう可能性があります。

太ももが内旋するということは、脛骨は外旋するため、膝下O脚のような状態になってしまうということになります。

日常動作が原因というのは、階段を昇り降りするときなどに膝が内側に倒れていたりすると、膝関節に捻じれが生じる可能性があります。

膝が内側に倒れる

膝が地側に倒れる

膝下O脚

 

膝下O脚を改善する方法

このような膝下O脚を改善するためには、大腿筋膜張筋や腸脛靭帯など太ももの外側を緩めることで、

そして、ふくらはぎも緩めることで脚はまっすぐなり、膝下O脚を改善することが考えられます。

大腿筋膜張筋を緩めるためにはどうすればいいのかというと以下の方法が考えられます。

膝を軽く動かす

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開き90度に立てる
  2. 膝を内側、外側に軽く倒す
  3. これを2分行う

このような動作をリラックスした状態で行うことで大腿筋膜張筋を緩めることができます。

膝関節の捻じれを改善する

  1. 仰向けになり、脚を肩幅に開く
  2. 足の外側をマットに軽くこするように膝、股関節を曲げる
  3. 緊張しない位置まで引き上げ、そして伸ばしていく
  4. 膝が伸びきると同時ぐらいに、脚を内側に捻り、元の状態に戻す
  5. これを2分間行う

しゃがみ込みで膝下O脚を改善する

  1. 足を肩幅に開、つま先を軽く開く
  2. 踝の真下辺りに体重を乗せ、しゃがみ込む
  3. そこで小さくバウンドをするように動く
  4. このとき膝とつま先の方向が同じ方向を向いた状態で繰り返す

これらを行うことで、筋肉の緊張のバランスが整っていくため脚がまっすぐになり、膝下O脚も改善されていきます。

 

膝下O脚を改善する手順

一番お伝えしたいことは、改善するための手順を踏むことだと思います。

どういうことかというと、人間は生まれたときから膝下O脚のような捻じれた状態ではありません。

先天的に何か問題があれば違うでしょうが、ほとんどの方は違うかったと思います。

それでも後天的になぜ膝下O脚になってしまうのか。それはやはりなにかしらの原因があるからであり、それが筋肉の筋バランスの崩れだと考えています。

なぜ筋肉の筋バランスが崩れてしまうのか、それを見つける必要があります。

原因をみつける

例えば先ほどお伝えした日常で行う階段の昇り降りの動作ですが、膝の向きが内側に向いてしまっている場合、脚は捻じれてしまいます。

一般の方であれば、日常行うことと言えば主にこのようなことです。

  • 椅子に座る
  • 椅子から立ち上がる
  • 立つ
  • 歩く
  • 階段の昇り降り
  • しゃがむ
  • 立ち上がる

こういった姿勢や動作が自然であれば問題は出ないと思いますが、ただ、何かに問題があり膝が捻じれてしまって、ふくらはぎの外側が張り出すようになってしまっていると思います。

この原因を見つけることがなによりも大事になります。

筋バランスを整える

筋バランスを整える

筋バランスを整えると聞くと少しイメージしづらいかもしれませんが、基本的には筋肉を緩め弾力のある柔らかい状態にするということです。

そのために行うことは上記でお伝えしましたが、上記のことを実践していただくと、足裏全体が地面に付着している感覚がわかります。

そして歩いたりすると、いつもより楽に歩く感覚があったり、スムーズに歩けることがわかると思います。

このように原因がみつけられると、次に行うことは筋肉を緩めて筋バランスを整えることです。

根本原因である姿勢や動作を改善する

最も大事なところはここではないでしょうか。

痛みやシェイプアップについてはいろんな方法がありますが、根本原因が改善できていないと効果を維持することができません。

その場しのぎで終わってしまいます。

これではあまり意味がなく、求めることは根本的な改善をすることですので、筋肉を緩めた後は、根本原因である姿勢や動作を改善することが必要になります。

だからこそ大事になるのはまず原因を見抜くことです。言葉で言うのは非常に簡単ですが、実際にみつけるのは難しいと思いますが、これをしないと本当の意味での改善は難しくなってしまいます。

姿勢などについてはこちらを参考にしていただければと思います。

筋力の問題ではない

太ももが緊張

これは今までにもお伝えしてきていることですが、膝下O脚を改善するためには筋力を強化する必要はありません。

筋力が弱いと膝下O脚になってしまうのであれば、小さい子供は筋力が弱いのでみんな膝下O脚のような状態になるはずです。でも実際にはそうはなっていません。

もしかすると少数の原因ですが、筋力が原因を起こることもありますが、この場合鍛えると改善するはずです。

O脚やX脚もそうですが、鍛えてもうまく改善することは少なく、必要なことは筋肉を緩めて筋バランスを整えることです。それができると脚はまっすぐ伸び、膝下O脚も改善されるはずです。

緩める=ストレッチではない

ストレッチング

これも何度もお伝えした方がいいことだと思っていますが、筋肉を緩める=ストレッチだけではありません。

確かにストレッチは筋肉を緩める目的で行います。ただ、筋肉を緩めるための条件があります。

  • 筋肉を伸ばす強さ
  • 筋肉を伸ばし続ける時間
  • 意識の向け方
  • 呼吸

などさまざまなことを適切に設定することで、筋肉も緩みます。でも、それが非常に難しい。となれば違う方法を選択した方がいいと思っています。

それが筋肉を揺らすことであったり、動かすことであり、決して伸ばすことだけが方法ではないということです。

このように原因をみつける、緩める、姿勢や動作を改善することで、気になっていた膝下O脚は改善されていきます。

 

まとめ

今回は、膝下O脚の問題についてお伝えしていきました。

基本的には下半身に抱える問題というのは、改善の考え方は同じです。まずは筋肉の緊張のバランスを整えるために筋肉を緩めることです。

そして、必要に応じて歩き方や立ち方などの姿勢や動作を改善することで、脚の形も良くなり、理想に近づけるのではないでしょうか。

  • なぜ膝下O脚になるのか原因をみつける
  • 筋バランスを整えるために筋肉を緩める
  • 姿勢や動作を改善する

このステップを踏むことでうまく改善できると思いますので、今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 椅子への座り方
  2. 打ち方
  3. コンディショニング
  4. 投げ方
  5. 壁立ち
  6. 変形性股関節症
  7. がんと食事
  8. 走り方
  9. 腰痛の原因
  10. 歩き方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  2. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  3. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  4. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
ページ上部へ戻る