プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

神戸で野球教室をお探しの方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
打ち方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いずる
はじめまして!パーソナルトレーナーの伊藤出です!

僕は神戸を中心に活動しているパーソナルトレーナーです。神戸・摂津本山にスタジオを構え、日々クライアントさんとセッションを行っています。

クライアントさんは、シェイプアップや痛みの改善を目的とした方もいますし、社会人野球選手とプロを目指したり、オリンピックを目指す陸上選手などとセッションも行っています。

今回は、野球教室をお探しの方へ、IzuruStyleについてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

野球教室とは?

IzuruStyleでは、野球パーソナルトレーニングというコースがあり、野球教室のような形で各種のトレーニングを指導したり、投げ方・打ち方・走り方などを指導しています。

一般的な野球教室はこのようなことなどが指導されると思います。

■一般的な野球教室

野球経験者がこれまで自身で経験したことを伝え、感覚的に打ち方・投げ方など教える。

これまで高いレベルで野球をされてきた方の指導は、非常に言葉の重みもありますし、その通りにできると素晴らしい選手になる可能性があります。

ただ、逆にうまくいかないケースも多く、その理由が“経験則”で伝えてしまうため、身体にとっては不自然なことを求められ、動きが硬くなり、パフォーマンスが下がってしまうことがあります。

IzuruStyleの野球教室では、身体の自然な動きをベースに、その場限りではなく将来的に活躍できる野球選手を育てていきたいと思っています。

 

野球の指導内容とは?

具体的にIzuruStyleではどのような指導を行っているのでしょうか。

これは、お問い合わせの中でも多く聞かれることですが、まず大事にしていることは、ご本人がどのようなことを求めているのか、どのような選手になりたいから指導を受けたいのか。

このところを明確にしていただいています。こちらが一方的に指導するのではなく、目的に合った指導を行うため、最初に選手自身の目的を整理し、そこから指導に入っていきます。

実際に現場で指導している内容をピックアップし、どのように考えているのかをお伝えしながらまとめていきたいと思います。

投げ方について

投げ方

投げ方の指導については、大きく分けて3つのフェーズに分けてお伝えしています。

  • 立つ
  • 前に(体重移動)
  • 投げる

この3つを軸に、どのように身体を使えば今自分が持つ最大のパフォーマンスを発揮できるようになるのか、それを理解していただきます。

ブログの中でも投げ方についてまとめていますが、文面で読むだけでは細かいところはお伝えしきれず、この細かいところや感覚的なことをセッションを通じてお伝えできればと思っています。

投げ方の考え方はこちらを参考にしていただければと思います。

野球選手の投げ方|Izuru Styleが指導時にみている15のポイント

胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由

キャッチャーのスローイング|ステップや腕の振りについて考える

肩肘を痛めた方も投げ方に原因があることが多いため、このような選手には以下のような内容を参考にしていただければと思います。

野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因について

前でボールを離そうとすると肘を痛める理由

一番大切にしたいことは、こちらがつくった枠組みに選手をはめず、個性を消さないことです。フォームも自由ですし、その中で自然な身体の動きができればOKです。

打ち方について

打ち方

よく学校で指導されていること、インパクトの瞬間にバットを止めるような練習であったり、脇を締めろといったアドバイスや細かく指導しすぎるケースが目立ちます。

細かく身体の動きに意識を向けてしまうことで動きのスムーズさが消えてしまい、それが原因でパフォーマンスが下がることがあります。

これほどもったいないことはありません。

IzuruStyleでは、具体的にどのように立つのか、どのように下半身の力を使うのか、バット選びまでさまざまな視点を持ち指導を行っていきます。

打ち方については、こちらを参考にしていただければと思います。

効率的に身体を使った野球選手の打ち方について

よび込む?よび込まない?打者が知っておきたいインパクトの位置について

野球選手がバッティングを向上させたいときに覚えておきたい12のこと

走り方について

腕の振り方

野球選手への指導のひとつに走り方の指導を行うこともあります。

よく走り方の指導で言われることは、地面を蹴るということや肘を引くといったことですが、実際にこのようなことをすると速く走れません。

速く走るためには、地面を踏み込むこと、腕を前に振り出すことです。

なぜこのような身体の使い方をするのかを理解していただき、体感していただきます。以前にはなかった前に進む感覚や弾む感覚が得られるようになると思います。

僕自身が考える走り方はこのようになっています。

速く走るためにはつま先で走る?イメージと実際の動きの違いについて

速く走るコツ!整理しておきたいスピードと速さについて

速く走るためにはフォームをどう考える?実践から感じた走り方について

その他の指導内容について

バランストレーニング

現在指導をはじめて5年経つ社会人野球選手がいますが、この選手とのセッションでは以下のようなことをすべてお伝えしてきています。

こちらも参考にしていただければと思います。

ここでお伝えするすべてのことをお伝えすることもできますが、まず大切なことは先ほどもお伝えしましたが、選手ご自身の目的です。

それに合わせて必要なことをお伝えしていきます。

 

料金について

IzuruStyleの野球パーソナルトレーニングコースの料金はこちらをご覧ください。

コースのご案内

 

スタジオについて

IzuruStyleスタジオは、神戸・摂津本山にあります。

実際に野球の指導の行うときは、近くの公園やバッティングセンターを使用します。

スタジオは、JR摂津本山駅、阪神青木駅から徒歩約8分の位置にあります。

スタジオ

スタジオ

スタジオ

スタジオ

スタジオ

営業時間と休日

  • 営業時間:7:00~0:00
  • 休日:月曜日

 

お客様の感想

■野原直人様

野原直人

プロ野球を目指そうと思い、高校の先輩である伊藤さんに「一緒にプロを目指そう」と言われて、それでトレーナーをつけようと思いました。

1年目とかは今までやってきた野球が全部否定されたような、〇からのスタートで自分がこんなに野球が下手くそだったんだと気づいて、そこから伊藤さんの先生である魚住先生のところへ行くことがあって、そこで指導を受けて野球の奥深さを学んだように思います。

そこから2年目で基礎ができあがってきたかなというのを感じて、自分の野球が変わってきて野球をするのがすごく楽しくなってきました。

今までは部分的な力に頼ってしまっていて、打つなら腕で、走るならつま先で、というように部分に力を入れていたけど、いろいろ教わる中で身体全体使って動作をすることを覚えて、一番大きかったのはリラックスする大切さを感じれて何事もリラックスすることが大事だと感じました。

でも、一番難しいんですけどリラックスしてスムーズに動くことができると明らかに動きが変わることを感じれるので、今でもここを課題にしています。

そういうリラックスするということができ始めるとバッティングもスローイングもランニングも今までとは違う自分になれたような気がするぐらい動きが変わります。

バッティングについては、高校時代は金属で何も考えなくても、腕の力だけでも打てたんですけど、リラックスすることを知って、木のバットで打っても打てるようになってこの変化はすごく感じます。

スローイングについては、元々肩には自信があったんですけど、〇からのスタートのような感覚になって、いろいろ指導してもらう中で、最初はうまくいかなったんですが、今では肩肘を痛くすることもありませんし、スムーズに動くことを感じれるようになってからはさらに動きが変わったと思います。

ランニングもめちゃくちゃ感じるんですけど、今まではつま先で地面をけるというイメージだったんですけど、今は弾むというかポンポンっといいリズムできれいに走れていると感じています。

お客様の感想より:野原直人様

 

■松田拓也様

松田

正直最初は半信半疑な部分が多かったですけど、やっていくうちにそれがだんだん確信って言う表現はおかしいかもしれないですけど、そういうものに変わってきたっていうのが率直な意見です。

っていうのも肘を手術して、それは投げ方の問題ってことは自分でも十分分かってたんですけど手術する前に何度も痛くなっていてそのリハビリで病院に通って投げ方を改善しても痛みは消えなかったんで投げ方を変えても無理なんやと高校の時は思ってました。

でも、伊藤さんに指導して頂いて、最初のうちは痛みも若干はありましたけど、回数を重ねていくごとに痛みもとれて今までにないスムーズさってのが生まれてきて、驚いた反面痛くならん投げ方ってこれなんやって発見させられました。

リハビリを行って下さった病院の先生は経歴はありましたけど、なんか理屈っぽくて頭で理解が全くできずに、ただ流してるだけの状態になってしまってました。

松田さん:伊藤さんの指導の仕方はほんとにシンプルで「立つ→前に→投げる」、リラックス最初からこれだけで、とても理解しやすく、基本感覚でやってる僕にしてはめっちゃやりやすくて理解しやすかったです。

後はアップ、ダウンの大事さというのを物凄く実感させていただきました!

アップのやり方ひとつで球の伸び、速さがあんなにも変わるとは正直思ってもなくてちょっとしんどいくらいのアップの方が体もかなり動いて自分が思ってる通りに体が動いていました。

ダウンはいかに次の日に疲れを残さないかというのを実感しました。 たまに疲れきって怠ってしまった時の次の日朝は起きるのがかなりしんどくて、体も重くてやる気が起きないと身を持って知ってからはダウンはしんどくてもやるようになりました。

お客様の感想より:松田拓也様

 

お問い合わせについて

野球パーソナルトレーニングをご希望の方はこちらからご連絡いただければと思います。

 

最後に

これまで僕自身の野球に関することをお伝えしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

少しでもうまくなりたい、向上したいと思う選手の力に慣れればうれしく思いますし、今が限界ではなく、まだまだ余力が残っています。ご自身の最大のパフォーマンスを感じていただければと思います。

  • セッションは、スポットと月単位の2つのコースがある
  • 指導内容は、投・打・走・コンディショニングなどを行う
  • スタジオは、神戸摂津本山にある
  • 指導場所は、基本スタジオ周辺で行う
  • 営業時間は、7:00~0:00、休日は月曜日

このような内容をお伝えしていきました。

ぜひレベルアップしたご自身を体感していただければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*