太ももが冷えむくみが出る理由とその改善について

太ももの冷え

 先日お越しになったクライアントさんから、太ももがいつも冷たくて膝裏まで冷たくなっていて悩んでいるということを相談を受けました。

つま先などの末端はそれほど冷たく感じていないということでしたが、実際体温を測ってみると35度台と低体温で、全身の筋肉が硬く循環も悪くなっていました。

今回問題になったのは仕事をするときに座っている椅子が問題で、高さが高いため脚が地面についていませんでした。

お話を伺っていると太ももや膝裏に椅子のクッションが当たり、そこで圧迫され循環が悪くなっていることが見えてきました。

セッションでは循環の改善を行い、仕事場での椅子の高さをどのようにするのかをアドバイスし、セッション後は順調に改善がみられています。

今日はこの太ももが冷たくなる理由とその改善についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

太ももが冷たくなる原因

このクライアントさんの場合、お仕事で高めに座ることがあり、脚が地面につかない時間があるということをおっしゃっていました。

その状態は、このような状態です。

座り方

クッション性のある椅子で、ちょうど膝の裏と椅子もフィットしており、これが原因で下肢の流れが悪くなり、それによって太ももが冷たくなっていた可能性があります。

また操作するものもあり、股関節でも循環が悪くなるようにつまりが生じた可能性があります。

股関節がつまる

仕事を終えるといつも脚がパンパンにむくんでおり、何をやってもむくみが改善できず悩んでいました。

太ももが冷たくなっていた原因は、これら仕事中の姿勢で起こるつまりが原因として考えることができました。

 

循環が悪くなると冷たくなりむくむ理由

循環が悪くなるとなぜ冷たくなり、むくんでしまうのでしょうか?

それは、股関節や膝関節にかかる圧の影響で、熱を持つ血液やリンパ液の流れが悪くなるためです。

輪ゴムで指先を締め付けると変色し、最終的に真っ白になり冷たくなります。

指を締め付ける

イメージとすればこのようなことが起こっているためと考えられます。

このクライアントさんの下腹部も冷たくなっており、仕事中の座り方で、お腹・股関節・膝関節の3ヶ所が詰まってしまったことで太ももなどが冷たくなってしまったのだと思います。

血液とリンパの流れの差

以前、ふくらはぎのむくみが改善しない理由と改善する方法についてでもお伝えしていますが、血液とリンパ液が体内を流れる速度は全く異なります。

  • 血液は約40秒
  • リンパ液は約12時間

これだけの開きがありますが、この開きの理由はポンプ作用を起こす器官にあります。

血液は心臓の拍動で絶えず循環することができますが、リンパ液の場合、平滑筋が1分間に数回ほど拍動しますが、この拍動数が非常に少なく弱い。

そのため、血液とリンパ液では流れの速度が大きく異なります。

少しの圧が身体に加わるだけでリンパ液は循環が悪くなり、重力の影響もあり、下半身が非常にむくみやすくなります。

むくみで悩まれている方は、こちらも参考にしていただければと思います。

 

太ももの冷えを改善する方法

今回クライアントさんの太ももが冷えていた原因は、仕事中の姿勢の影響を受けて循環が悪くなっていたために起こったことでした。

実際にセッションでは循環を改善すると、今まで冷えていた部分が温かくなり、むくみもうまく改善することができました。

そして、仕事中に座っている高い椅子の下に台を置くことができるとのことで、そこに足を置き時間があれば動かすようにお伝えしました。

循環を改善する

先日行ったセッションでは、循環を改善するために呼吸を行ったり、筋肉を揺らして緩めたりしていきました。

下半身が太くて悩んでいる方の場合、むくみが原因で太くなってしまうこともありますが、むくみは仰向けになりその状態で腹式呼吸を行います。

そうすると腹式呼吸がポンプ作用になるため、ある程度むくみを改善することができます。

呼吸

腹式呼吸

クライアントさんの身体を僕が揺らしたりすることもありましたし、クライアントさん自身に身体を動かしていただくこともあり、いろんな刺激を加えていきました。

すべてに共通することは、気持ちよく動かすということです。

トレーニング

トレーニング

呼吸も使いながら行い、時間が経つにつれて筋肉も緩み、循環の改善が見られると全体的にしぼんだ印象になりました。

そして、セッション後はすぐにトイレに行かれていました。

循環の改善ができると、リンパ液が静脈へと入り、血液が薄まってしまいます。

体内の血液の濃度は一定に保たれるようになっているため、余分な水分は体外に排出して血液の濃度を保つため、うまく循環の改善ができるとトイレに行きたくなります。

いつもこれをひとつの尺度として、循環の改善ができているかどうかを判断しています。

仕事中の姿勢を変える

高い椅子に座っていて、足が地面についていませんでした。

そのため、まず足の下に台を置き、足が着いている状態にしていきました。

足元に台を入れる

そして、骨盤を後傾させ身体を前に倒すような姿勢をとっており、このときにお腹や股関節が圧迫され、詰まっていた可能性がありました。

これを変え、座り方をお伝えしたところお腹も股関節も非常に楽になり、つまりを感じずに座ることができるようになりました。

股関節がつまる

正しい座り方

関連記事:椅子の座り方を考えよう!骸骨から見る楽に座る姿勢について

仕事中も適度に動く

座り方を変えると、最後に日頃行っていただくこととして、足首を適度に動かすということをお伝えしていきました。

貧乏ゆすり

台を入れたためこれがしやすくなり、時間があるとやっていただけているそうで、これをやった後は少しふくらはぎなどがすっきりするということで、動かし方も理解されて実践できています。

このようにクライアントさんの身体へ刺激を加えることと同時に、日頃の姿勢や身体を動かすということをお伝えすると現在のところは良い結果が出ています。

 

まとめ

今回は、太ももの冷えやむくみに悩まれている方とのセッションで行ったことをまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

クライアントさんの中にも、年中冷えが気になる方やむくみが出やすい方もいます。

みなさん循環が悪くなっているためにこのようなことが起こっているわけですが、問題はなぜこれが起こっているのかということを理解することです。

毎回のことながら、やはりこの“なぜ”の部分が明確にならないと、方法論が先行してしまうだけで、継続的な結果が出しづらくなります。

ただ、僕自身このなぜをまだまだ明確にみつけられているわけではなく、何度もクライアントさんからお話いただき、探りいくつか仮説を立ててアドバイスを送っています。

いつも嫌な顔せず、いろんなことをお話いただけるクライアントさんに感謝ですし、お伝えしたことを素直に続けていただけるとので僕自身もやりやすいなと思っています。

結果を出すためには、近道はなく常に確認し、自分の頭の中で勝手に決めてしまわないように常に確認していきたいと思います。

では最後に今日のまとめをしていきたいと思います。

  • 太ももが冷える原因は、仕事中の姿勢によるつまりである
  • 循環を改善すると温かくなり、むくみも改善される
  • それだけではまた冷えむくむ可能性がある
  • 根本的に改善するためには、仕事中の座り方を変え、適度に身体を動かすこと
  • それらができると継続的に良い状態が続く

このような内容でお送りしていきました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 走り方
  2. 打ち方
  3. 歩き方
  4. 変形性股関節症
  5. ふくらはぎをストレッチ
  6. 椅子への座り方
  7. がんと食事
  8. コンディショニング
  9. 投げ方
  10. 腰痛の原因
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  2. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  3. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  4. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
ページ上部へ戻る