ルナパルテの使い方|太ももを緩め日頃の歩き方を変えれば細くなる理由

ルナパルテ

おしゃれを楽しみたい女性にとって、太ももが太いということは死活問題で、自分の好きな服が切れなくなるほど、太ももの太さは重要だと思います。

だからこそ知っておきたい太ももを細くする方法と、そもそもなぜ太ももが太くなってしまうのかということ。

ルナパルテというホットマッサージ用のジェルがありますが、これをうまく使って、日常の歩き方を変えると1回でも十分に太ももを引き締めることができます。

「どうせ営業でしょ?」と思っている方は、一度試してみてください。実は身体は1日でもある程度変わり、それを継続的に行ったり、日常の歩き方を変えることで脚を細くすることができます。

太ももは、筋肉の張り、むくみが原因で太くなっています。ですので、それを改善するためには筋肉を緩めることです。筋肉を緩めることは10分もあればでき、その10分間で太ももが細くなることを実感していただきたいと思います。

ルナパルテの使い方と合わせてお伝えしていきたいと思います。

ルナパルテの公式サイトへ

 


太ももは緩めることで細くすることができる

まず、太ももが太くなる原因は、筋肉がついてしまっている、脂肪が多いなどの原因もありますが、特に悩む太ももの前側の張りは、これは筋肉が緊張し張っているために太くなっています。

また筋肉が緊張し張ってくると、むくみが出てきますが、太もも全体が太く見えるのは、主に、

  • 太ももが緊張し張っているから
  • むくみがあるから

という2つの理由が考えられます。ということは、これらを改善することができると太ももを細くすることができます。

具体的な緩め方などは後程お伝えしますが、そもそもなぜ太ももが緊張し、むくんでしまうのでしょうか?

脚を前に出すような歩き方になっていると太ももは緊張する

歩くときに脚を前に出して歩くということを聞いたことがないでしょうか。もしくはそういう歩き方をしていないでしょうか。

人の身体は、意識をすると緊張しやすくなりますが、脚を前に出そうとすると太ももの前側が緊張してしまいます。

また、脚を前に出して歩くと、歩幅が大きくなり、着地の際に地面を突くように着地します。そうすると、さらに太ももの前側が緊張してしまいます。

太ももの前にストレスを受ける

ヒールを履いて歩く方の場合、膝が曲がった状態で歩くことが多いと思いますが、まさにこのような歩き方は太ももの前側の筋肉が緊張する歩き方です。

ヒール

まずこのように歩いてしまっている方は、この歩き方を最終的には改善する必要があるということを覚えておいてください。

立ち方も太ももが張ってしまう原因のひとつ

もしかすると読者の方は、結構多いかもしれませんね。立っているときに、へそを前に突き出すような立ち方をしている方が。

自然に立つことができるとこのようなイメージになります。

立つ

ただ、これがへそを前に突き出すように立ってしまうと太ももの前側やふくらはぎが緊張し、張ってきます。これは実際にやっていただくとよく理解できると思います。

立ち方

筋肉が緊張して硬くなるとむくみがひどくなる

むくむ原因は、循環が悪くなることが考えられますが、循環が悪くなる原因は筋肉が硬くなるからです。

筋肉が硬くなる原因は、立ち方や歩き方が問題になっていることがほとんどですが、筋肉が硬くなると内圧が高まって、血管やリンパ管を締め付けてしまいます。

そうすると、循環が悪くなり、むくんでしまう。ということは、

  • 筋肉が張っている
  • むくみがある

この2つの改善は、どちらも筋肉を緩めるということをすれば、改善できます。そこで行っていくのが、ルナパルテを使って筋肉を擦ったり、揺らしたりして筋肉を緩め、循環を改善していく方法です。

 

ルナパルテを使って筋肉を緩める方法

ルナパルテ

筋肉は揺らしたり、軽く擦ることで緩みますので、全ての方法は気持ち良く感じるように行ってください。

まずルナパルテを用意し、適量を太ももやふくらはぎに塗ります。ホットジェルですので、塗った場所は温かくなってきます。この状態で以下のことを行ってみてください。

最初行う前に両脚の太さを確認していただき、片側だけをまず行ってみてください。そうすると細くなることがよくわかると思います。

太ももの筋肉を緩める方法 太ももの前側を擦る

皮膚に約20g以下の負荷をかけると一酸化窒素が出てきて、血管が拡張し血流が良くなります。血流が良くなると筋肉は緩みますが、擦るときにその負荷がかかります。

そのため、このテクニックは赤ちゃんの背中を優しく擦るぐらい感覚で行ってください。

  1. 座った状態で片脚の伸ばす
  2. 太ももの前側を軽く擦る
  3. これを2分行う(できれば5分してください)

ふくらはぎの筋肉を緩める(揺らす)

ついでですので、ふくらはぎも細くしてしまいたいと思います。

  1. 座った状態で片膝を立てる
  2. ふくらはぎに両手を軽く添え、揺らす
  3. これを2分間行う

太ももとふくらはぎの筋肉を緩める方法 筋肉を揺らす

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. その脚を持ってバウンドさせるように小さく揺らす
  3. このとき脚は脱力し、手の力で脚を揺らす
  4. これを2分行う

擦りの時間がもし5分できていれば、行った側の脚は非常に緩み、軽くなっていることがわかると思います。

これは筋肉が緩み、むくみが改善できたために、このような変化が行っています。2分でも十分ですが、各時間が長い方がより筋肉は緩み、変化を感じやすくなります。

ルナパルテを使う理由

ルナパルテを使う一番の理由は、読者の方は、筋肉を緩めるテクニックが僕らプロと比べるとどうしても差があります。

これは仕方ないことですが、筋肉は血流が良くなると緩みます。まずルナパルテを使うと、塗った部分の温度が上がりますので、血流がよりスムーズになります。

さらに擦るテクニックをするときは、赤ちゃんの頭を撫でるぐらいに優しく擦っていきますが、ルナパルテを使っていないと滑りが悪く、刺激が強くなる可能性があります。

結果的にホットジェルを使った方が、筋肉は緩みやすくなり、筋肉が緩む分だけ太ももや脚は細くなっていきます。

なかってもいいのですが、一般の方の場合、より細くしたい場合は使ってもらった方が効果を実感しやすくなると思います。

ルナパルテの口コミ

Aさん
ダイエットしておなかは凹んだのに太ももは太いまま。そんな絶望的な状況でこのルナパルテを発見! 今、使い始めて2ヶ月目ですが少しずつ引き締まってきた気がします!
Tさん
彼氏に下半身デブと言われショックのあまり脚をだす格好がずっとできなかったのですが、ルナパルテでマッサージしていったおかげか今では気にせずショートパンツを履けるようになりました。
K子さん
太もも50cm→46cmになりました。 脚を出すファッションを今では楽しんでいます。

おすすめポイント

  1. 香りもよく、使っているとスッキリするのがわかる
  2. 血流もスムーズになり、筋肉もほわっとなってくる
  3. 容量も多く、1ヶ月に1本で十分!(かなり経済的!)

ルナパルテの公式サイトはこちら

 

太ももを細くするためには立ち方・歩き方も改善すること

先ほど太ももが太くなる原因をお伝えしましたが、日常の中でこの立ち方と歩き方を改善してもらうと、さらに太ももを引き締めることができます。

立ち方を理解するための3つのステップ

ステップ1、坐骨で座ることを理解する

まずはじめに、骨盤の位置をインプットしていきます。

硬めの椅子、もしくは板などを敷いた椅子に座ります。足は肩幅程度に開いておいてください。

座り方

このときご自身の坐骨を感じるように座ります。

坐骨とは、左右のお尻のそれぞれ真ん中あたりにある骨で、硬い椅子の上に座ると骨が当たる感覚になりますが、それが坐骨です。

骨盤

坐骨で座ることができれば、腹背筋の緊張のバランスも整い、適度な緊張が保てるため楽に座ることができます。この状態を立ったときにも維持していると、踵に体重が乗り、骨で立つ感覚を得やすくなります。

今文章を読んでいただき、実践していただいている方は、ただ「坐骨を感じるように座ってください。」と言われても、その位置をみつけるのは難しいと思います。

そこで、僕がお伝えしたい坐骨の位置と読者の方に実践していただき、感じていただきたい坐骨の位置を揃えるために、この動きを行って共通認識をしていきたいと思います。

まず、ご自身が感じる坐骨、お尻の下の骨を感じてみてください。

座り方

このとき腹背筋の緊張のバランスが整い、固めるような感覚ではなく、腹背筋が共に必要最低限の緊張で維持できるような位置を探します。

もしわかりづらい方は【正しい姿勢がキープできるクッション 】を使ってみてください。

坐骨を感じてから微調整をする形になりますが、ある程度の位置が決まればそこをひとつの基準にします。後ほどこの位置を目安に骨盤を動かしていきますので、この位置をインプットしておいてください。

次に、骨盤周囲を緩めるようにだらんと骨盤を後傾させます。

骨盤が後傾

この状態から、へそを前に軽く突き出していくように骨盤を先ほどのように軽い前傾状態にしていきます。

座り方

この骨盤の前傾、後傾を繰り返していくと、どこの位置まで前傾させれば一番楽な状態になるのかがわかってくるので、一番楽に感じる位置で止めます。

ここで止めた位置が坐骨を感じる位置と一致するので、この状態を保持します。

関連記事:椅子の座り方|腰痛や肩こりの原因になる座り方を3つのステップで改善する

ステップ2、顔を前に送るように身体を前傾させ、踵に乗る

次のステップは、踵に体重を乗せるところまで行っていきます。

坐骨で座った状態から、顔を前に送るように身体を前傾させていきます。

立ち上がる

そして、顔を前に送りつづけ、お尻を椅子から離し両足の踵に乗っていきます。

踵の乗る

両足の踵に乗ると次のステップです。

ステップ3、まっすぐ立ち上がる

最後のステップは、まっすぐに立ち上がるだけです。

立ち方

この段階にくると実感していただけると思いますが、ご自身の体重が踵に乗り、身体は骨で支えられる感覚になっていると思います。

これが僕自身が考える立ち方です。無駄に筋肉を緊張させて立つことがないため、非常に楽に感じます。ですので、日常的にこのような立ち方ができると筋肉が硬くならず、身体も細い状態で維持させることができるはずです。

続いては、歩き方の改善の3つのステップをご紹介したいと思います。

歩き方を改善する3つのステップ

ステップ1、重心の位置を胸辺りに設定する

まず、いきなり歩く前に重心の位置を胸辺りに設定してください。

歩き方

ステップ2、重心を前に運ぶように前に進む

胸に設定した重心を前に運ぶイメージで前に進んでいきます。

歩き方

すると、身体のほぼ下の位置に脚が出てきますので、重心を前に運ぶように前に進んでいきます。

ステップ3、気持ち後ろ足を置いていくようなイメージを持つ

この3つ目だけですが、最後に重心を前に運んでいるときに、後ろ足のがすぐについてこないように、気持ちおいていくようなイメージを持って歩いていきます。

歩き方

日頃脚を前に出す意識を持っていたり、地面を蹴って歩くような方の場合、非常に楽に歩けることが体感できると思います。

重心を前に運ぶだけで勝手に脚は前に出てきますので、無駄な緊張が生まれず、非常に楽に快適に歩くことができるようになります。

さらにヒールを履いたときの歩き方の改善についてお伝えします。

ヒールを履いたときの歩き方の改善方法

  1. 重心をみぞおち辺りにイメージする
  2. その重心を前に運ぶイメージで、後は何も考えない
  3. 前脚が着地したら後ろ脚は少し後方に残すようなイメージを持つ
  4. 後は、シンプルに重心を前に運ぶだけ

画像でイメージするとこのような流れです。

重心の位置

胸郭を引き上げる

ヒップに刺激が加わる

これだけ実践していただくと気持ち良く歩けますし、ヒップアップしてくると思います。

あとこれはプラスアルファで知っておいていただきたいことですが、お尻の脂肪は日頃から、脂肪がなりたい形で維持させておくと形が変わります。だからこそ下着が重要で、ヒップアップパンツを履いてお尻の脂肪を移動させます。

大体1ヶ月ぐらいすると、脂肪が移動した位置で適応するので、形が変わります。ここまでしてもらった方がよりヒップアップできると思います。

このように、立ち方・歩き方を改善することで、太ももがより細くなり、さらにルナパルテを使って日頃から筋肉を緩めておくと、より太ももを細くすることができます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

ルナパルテの公式サイトはこちら

 

まとめ

今回はルナパルテを使って、太ももを細くする方法をお伝えしていきました。

まずは徹底的に筋肉を緩めることです。そして、日常の立ち方・歩き方を改善することで、より太ももは細くなっていきます。

ぜひおしゃれを楽しむためにも、ルナパルテを使ってみてください。

ルナパルテの公式サイトはこちら

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 【デブエット】3ヶ月で10kg増量したときに使ったプロテインと食事について

    【デブエット】3ヶ月で10kg増量したときに使ったプロテイン…

  2. スラリスリム

    スラリスリムの効果|むくみを改善してから着用することでより脚…

  3. ミトコリン

    【ミトコリン】妊活サプリのご紹介!ミトコンドリアの増やす重要…

  4. FiNCプレミアム

    1ヶ月間無料!専門家のマンツーマン指導がスマホで受けられるF…

  5. ぱれっと

    【送料8週間無料】らでぃっしゅぼーやの「ぱれっと」をネットで…

  6. 着圧ソックス

    プロが選んだ!着圧ソックスおすすめ人気ランキング

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

    2018.05.23

    仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策…

  2. 2018.05.18

    むくみや女性特有の身体の悩みを持つ方におすすめしたい本5…

  3. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  4. 2018.05.18

    ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!…

  5. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  6. めりーさんの高反発枕

    2018.05.17

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  7. 着圧ソックス

    2018.05.17

    プロが選んだ!着圧ソックスおすすめ人気ランキング

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…

  3. 変形性股関節症

    2016.01.10

    変形性股関節症は必ず手術が必要?症状から見る改善のヒント…

  4. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…