仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

毎日追われるように仕事をしてしまって、気持ちに全く余裕がない。そんなときに限ってミスばっかりして怒られる。

「自分には、今の仕事が合っていないんじゃ・・・」

「本当に自分は仕事ができない。」

そうやってミスをした自分を責めたりしていませんか?あまり自分を責めすぎないでいいと思います。うまくいかないことだってありますし、もしかしたら前もっての準備に問題があるかもしれません。

僕もすごいミスが多かったし、焦ってばっかで周りが全然見れてなくて、とにかく猪突猛進的な感じて仕事をしてはミスして怒られる。そうやって落ち込んだ毎日を過ごしてきました。

そんな僕が変われたのは、徹底的に勉強したとか、学んだとか、運命の出会いがあったとか、そういうのではないんですね。

ただ単に準備を徹底して、ミスしないように前日に「明日は何が必要かな?」と考えて行動するようにしたんですね。そうすると、ミスが減ったし、気持ちにもすごく余裕が出てきました。

今回は、いつも仕事でミスして、自分を攻めてばかりの方に向けて、「こうしたらミスしなくなるんじゃないかな?」ということをご提案していきたいと思います。

何か1つでも参考になることがあれば、ぜひ実践してみてくださいね!

 


仕事でミスが続いて落ち込んでいる方に伝えたいこと

仕事でミスが続くと、本当に落ち込んでしまいますよね。人って誰でもミスをしますし、決してミスした方がダメだってわけじゃないんですね。

ミスしたからダメ人間ってこともないと思います。もしかすると会社では、「あいつは仕事ができない」「役立たずだ」と辛辣な言葉を言われてしまって傷ついているかもしれません。

僕はそういう方にこそ知ってほしいことは、仕事ができる人ほど人を貶したり、罵倒するような言葉は言いません。

だから、そういう言葉を言われて傷つく気持ちは痛いほどわかりますが、気持ちを別の方向に向けてください。

そして、これだけははっきり言えますが、仕事でミスが起こるのは、人間性とは関係ないことですし、能力が低いからということでもないと思います。

ただ準備不足なんだと思います。だから、僕はこの記事を通じて、自分を責めないでほしいと思います。

習慣を変えればきっと変われるので、ぜひそのことを知っていただきたいなと思います。

 

仕事でミスが多かったときの自分を振り返ってみる

僕は今でこそいろんなことができるようになっていますが、以前は、本当にひどかったと思います。

なんであんなに仕事でミスが多かったのかな?って考えるといっぱい理由が浮かんできます。

とにかく頭で考えていなかった

一番は考えてなかったことが理由だと思います。

考えてなかったというのは、例えば、会社で飲み会の幹事を任されたとしますよね。で、お酒も好きな人もいるし、みんなでわいわいできるから居酒屋で予約をとるとします。

社長も来るとして、この社長が腰痛持ちだとします。なんとなく居酒屋の予約をとって、「よし!あとは当日を迎えるだけだ!」と準備が完了します。

でも、当日居酒屋へ行って上司に言われた一言が、「お前は本当に考えてないな。」という言葉。なぜだかわかりますか?

この居酒屋掘りごたつじゃなくて、フラットな畳のところだったんです。社長は腰痛持ちだから掘りごたつの方が絶対に楽。先のことが見えないとこういうことが起こるんですよね。

実際、居酒屋ではやらかしてませんが、これに近いようなことをやらかしていて、言われるまでしないし、全然考えていなかったですよね。

不安で頭がいっぱいで考えるよりも「明日は怒られないかな?」と怯えていた

仕事でミスが続くと、ミスしないように気をつけようと思うんですが、怒られることに恐怖心が出てきてしまうんですよね。

これが出てくると完全に悪循環になります。

「これやったら怒られるんじゃ・・・」と怯えていると、その態度に上司が腹を立てて一度怒られます。

そうすると、完全に僕は萎縮してしまっていたので、萎縮すると冷静な判断ができず、またミスを連発していました。

冷静さを失ってしまうと、頭が全く働かなくなるので、こういうときはミスしやすくなりますよね。

計画性がなかった

今は手帳を使いこなすことになれたので、そうそうミスすることはありませんが、以前は計画性0男でしたよね。本当に笑えないんですけど。

重要度の高い仕事よりも、今やりたい仕事を手当たり次第にやる癖があって、気分にかなり左右されていました。

そしたら、期日までに出さないといけない資料が、ギリギリになってしまって、見直しもろくにできず提出すると、その出来栄えに激怒されたことがありました。

完全に仕事ができない奴として扱われていましたが、うまくいかないときほど計画性がなく、準備不足が露呈してしまっていました。

こんな感じで、本当にミスばっかりしていて、怒られては落ち込んで、ビビってしまってまたミスして怒られる。この間は生きた心地がしなかったですね。

じゃあこんな自分がどうやって変わったのかというと、徹底的に自分を見つめ直して、とにかく試行錯誤の中で、ミスを減らす努力をしてみました。

その中で僕がおすすめできる方法をご紹介していきますね。

 

僕が行った仕事でミスをしないための10の対策

1、1週間の予定をすべて手帳に書きだした

1週間の予定をすべて手帳に書きだした

僕がまずしたことは、1週間の予定が前もって把握できていなかったので、まずはすべての予定を手帳に書きだすことにしました。

その予定を書きだした後は、1日1日を細分化し、「この日はどんなことをするのか?」と客観的に予定を見て、必要だと思うことを細かく書き出していきました。

いわゆるタスク表を作って、自分がやるべきことを可視化していきました。これは今でもやっていることで、効果抜群なので、ぜひやってみてください。

これを始めたとき、気合を入れて、フランクリン手帳 を使っていましたが、慣れてくると時間軸が書き込める手帳であれば何でもいいと思います。

まずは、予定を書きだし、何をやるべきか、何を準備しておくべきかを見える化していきました。

2、書き出したタスクの優先順位を決めた

書き出したタスクの優先順位を決めた

次に行ったことは、書き出したタスクの優先順位を決めました。

主に4つに分類することができます。

  • 重要度が高く、緊急性がある
  • 重要度は高いが、緊急性はない
  • 重要度は低いが、緊急性がある
  • 重要度は低いが、緊急性がない

こういう4つに分類して、タスクを振り分けていったんですけど、そこで大きな気づきがありました。

僕がいつも優先的に手をつけていたことは、【重要度は低いが、緊急性がある】ことばかりでした。こうやって振り分けていくと、不思議だったんですけど、気持ちが楽になっていったんですよね。

なぜなら、後でやってもいい仕事だと分かれば「あれも、これも早くしないと」という変なパニック状態から解放されて、このときから僕の中では仕事に対して焦る気持ちというものがなくなっていきました。

意外と人って、なぜ焦っているのかという具体的な理由がわからず、焦ったり不安になったりしていることがあると思います。

気持ちが安定したことによって、一気にやるべきことが冷静に見えるようになっていきました。

3、複数のことを同時進行しない

複数のことを同時進行しない

このタスクをこなす中で重要だと感じたことは、同時に複数のことを進行させないということです。

複数のことを同時進行させるよりも、今最も重要な仕事を終わらせてから次の仕事に移った方が、スピードが圧倒的に早いことがわかりました。

このときポイントは、上司から頼まれた仕事があれば、今自分はどんな仕事をしていて、あとどのくらいの時間で頼まれた仕事ができるのかを随時報告することです。

人は、待たされること自体に苛立つのではなく、いつ終わるのかという時間が指定されず、不透明な状態に苛立ちます。

ですので、多めの報告になってもいいので、上司や先輩に仕事を頼まれているのであれば、随時報告することをおすすめします。

そうやって1つ1つ確実に仕事をこなし、上司らに今の自分の状態を随時報告することで、怒られることもなくなり、安定した気持ちで仕事ができるようになっていきました。

4、仕事にメリハリをつける

仕事にメリハリをつける

学校の授業でも45分か50分に1度は休憩があるように、自分の中で、1時間に1回ぐらいのペースで区切りをつけて小休憩を挟むようにしています。

そうすると、集中力は格段に違って長持ちしますし、ぼーっとするような無駄な時間も少なくなります。

どのくらいの時間で自分の集中力が切れるのかを感じると、なんとなく自分のペースがつかめてきます。

これは自分なりでいいので、みつけると実践してみてください。明らかに1クールの質は変わり、仕事に集中できるようになります。

またこれは1時間単位だけの話ではなく、1日、1週間単位でもメリハリをつけると、もっと時間効率が良く、さらに疲労も溜まりづらく、全てが効率よく回り出します。

これはぜひ実践してみてください。

5、いい意味で適当さ知る

いい意味で適当さ知る

これは、トレーナーとしての経験が役立ったのですが、あまりに目の前の仕事に全力で取り組みすぎると緊張して、あまりいい仕事ができないことが多かった。

だけど、ちょっと手を抜くわけじゃないですけど、プライベートの時間を過ごすような気持ちで仕事を楽しみながらしてみると、やたらはかどったことがありました。

休みの日に仕事をすると、結構捗ったりしませんか?あの感覚を毎日の仕事でできると、さらに仕事は捗ると思います。

僕も今は、一生懸命やるというよりも、楽しみながら仕事をするようにしていますが、視野も広がって、時間の使い方もうまくなって、さらにこなすスピードも上がっています。

適当さは、さぼるじゃなく適切にできるということなので、あまり頑張りすぎるのも逆効果になっているかもしれません。

6、常に身体のケアをする

常に身体のケアをする

人のカラダってすべてがつながっていて、心が乱れると筋肉も緊張しますし、筋肉が緊張すると心が乱れてきます。

ですので、日頃から自分の身体をできるだけ自然体に維持させられるように、筋肉を緩め、リラックスさせています。

1週間に1回のペースでマッサージだったり、整体だったり、そういった癒しの時間をつくることは大事だと思います。

もし、こういう癒しの場へ行きたい方は、【EPARKからだリフレ】 というサイトが便利で、お近くの整体院やマッサージ店を調べられますので、ぜひ使ってみてください。

7、ホットヨガに通う

ホットヨガに通う

これは女性の方に特におすすめですが、ホットヨガに通って身体を温めて、呼吸法でリラックスしてください。

ホットヨガに行くと、身心ともにリラックスできたり、とにかく身体がスッキリします。

こういう状態で仕事をすると捗るので、ホットヨガはおすすめですね。ホットヨガに言ってみたい方は、LAVA カルド がおすすめで、体験が手ぶらで1000円で受けられます。

安いですし、ぜひ一度体験に行ってみてください。

8、自律神経を整える

自律神経を整える

人のカラダは、自律神経が支配しており、無意識の中でも身体の機能を調整するようなシステムがあります。

ストレスが多い場合、いわゆる興奮状態になってしまって、こういう状態ではあまり物覚えが良くなく、どうしても頭の回転が鈍くなります。

この自律神経を整えるためには、セロトニンという快楽ホルモンの分泌が重要と言われていて、このセロトニンはトリプトファンというアミノ酸からつくられています。

そのため、日頃ストレスが多い方の場合、トリプトファンを含むサプリなどをとっておくことで、ストレスに耐えられる脳の状態を維持することができます。

そこでおすすめのサプリメントが、リラクミン です。これは、身心ともにスッキリさせてくれますし、どこかだるさや疲労感が抜けないという方にもおすすめのサプリです。

9、徹底的に言葉を変える

徹底的に言葉を変える

ある程度、自分が変わってきたことが実感できると、自信もついてきましたが、今でも気をつけていることは、「言葉」です。

絶対に否定的な言葉を使わず、肯定的な言葉だけを使って、自分に対して呪文のように常に「できるできる、俺はできる」といい続けていました。

これはすごい効果的なので、絶対にした方が良いです。本当に自分への意識が変わりますし、それだけ脳への影響もあると思います。

仕事ができる人は、肯定的な言葉しか使っていないことからもわかるように、言葉を変えるだけで、仕事のミスを減らせ理想の自分に近づけると思います。

10、誰かに相談する

誰かに相談する

僕が一番しなかったことですが、あるときから自分が思っていることを気軽に人に相談できるようになりました。

そうすると、ものすごく気持ちが軽くなり、楽になったことを覚えています。

それから僕は、悩んだりすることがあれば気軽に相談するようにしています。もし相談相手がいないという方は、先ほどご紹介したヨガとかマッサージの先生に相談してみてください。

悩みを履きだすことで自分の気持ちがすっきりして、また冷静に物事を考えられるようになっていくはずです。

人に甘えられることも大切なことだと思います。

 

まとめ

仕事をしていると、人なんで誰でもミスはします。だけど、そこで大事なことはなぜミスをしたのかということの分析と、同じことを繰り返さないことだと思います。

それができると、上司からも責められることはなくなりますし、もっと仕事ができるようになります。

仕事でミスしないようにするためには、何よりも準備が大事です。それは、やるべきことの整理もそうですし、時間の管理もそうです。

自分の身体のこともそうで、全ては準備で決まると言っても過言ではないと思います。

ぜひ、今回何か参考になることがあれば実践してみてくださいね。そもそも今の会社が合わないという方は、転職してしまうのもいいかもしれません。

転職しようと考えている方は、こちらのサイトを活用してみてください。

今回の記事が少しでも、お役に立てると嬉しく思います。自分を責め続けることだけは辞めてくださいね。僕は応援していますから!

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. パーソナルトレーナー

    パーソナルトレーナー1年目の自分に伝えたい現場で必要となった…

  2. 不安になる原因とは?

    不安になる原因とは?性格と自律神経の2つをみることでわかる改…

  3. おしゃれを楽しむ

    おしゃれを楽しむ・・・。こんな身体じゃ楽しめないと思っている…

  4. ロボット

    ロボット体験後、一緒にロボット作るのにハマっています!結構楽…

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

    2018.05.23

    仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策…

  2. 2018.05.18

    むくみや女性特有の身体の悩みを持つ方におすすめしたい本5…

  3. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  4. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  5. めりーさんの高反発枕

    2018.05.17

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  6. 着圧ソックス

    2018.05.17

    プロが選んだ!着圧ソックスおすすめ人気ランキング

  7. FiNCプレミアム

    2018.05.17

    1ヶ月間無料!専門家のマンツーマン指導がスマホで受けられ…

  1. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…

  2. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  3. 変形性股関節症

    2016.01.10

    変形性股関節症は必ず手術が必要?症状から見る改善のヒント…