自然体でいる難しさと自然体でいる大切さ

いつもブログを書いてて思うけど、どっか飾ってしまう自分っていると思うんですね。

まぁ仕事だから仕方のないところもあると思うんですが、おそらく直接会ったことがある方はわかると思います。

ブログががちがちというか、考え方を伝えるので硬めの文章になるけど、もうちょっとほんとは柔らかいかな?(自分で思ってます!)

最近ね、すごく大事だな~って思うことがあって、やっぱり自然体って大事だなって思うんです。

こっちが自然体でいれると向こうも自然に近い状態に自然となってくれる。

フィットしてるときってすごく気持ちがいいし、どこか空気として良いものが流れている気がするんですよね。

仕事してても、「あっ、今俺いい感じだ!」って思えるときって結構自然な状態でいて、無理がない感じ。

仕事もスムーズにとんとんできるし、何をしても落ち着いているな。

 

スポンサードリンク

自然体を維持する難しさ

人っていろんな誘惑があって、そっちに流れがち。

いろんなことを考えて、いろんなことを見ていると、本当の自分ってどれってなるときもあります。

仕事でいえば、場合によってクライアントさんの見方って変わってきて、「あれ?前こうだったけ?」みたいな。

なんでこんなことを書いているかって、最近いろいろ感じることがあって、人に対して謙虚に素直にいたいなって思うんですね。

相談されたら聞いていきたいし、そこに利害関係抜きにしてただただ素直にちょっとでもいいから力になれたらなって思います。

最近、ある人を見ていると、すごく仕事で大変そうなんですね。

で、結構周りが見えていない感じになっちゃってて、大変そうだなって思っていると、ちょっと精神的な病があるって打ち明けられて。

それは全くわからないんですね。見た目では。すごく仕事もできる方だし、尊敬して方ですし。

でも、そういう病を抱えているけど、やらないといけない現状があって、そこでいろいろ考えたんですね。

 

色眼鏡で見ないこと

やりがちなんですよね。人を色眼鏡で見てしまうこと。

見てないって思っても見てしまっていることってたくさんあります。

ちょっとまた話が変わるんですけど、こないだ何年ぶりかな?親父から連絡があって実家に行ってきたんですね。

29年間で初めて親父の子育てしているときに考えていたこと、仕事のことを聞いて、自分が親父に対して思っていたことと全く違ったんですね。

親父も経営者で、今の自分は少し近い立場にいるからなんとなくわかる部分もあって、そりゃそうなるよね。

あのときあれだけ怒ったのも、怒りたくて怒ったんじゃなかったんだってわかりました。

自分ら家族のために頑張ってくれてて、必死だったから怒ってしまって、初めて「すまんかった」って謝られました。

そういう出来事もあって、すごく気持ちの中で変化した部分があって、過去って変わるんだ。みたいな。

もしかしたら、今自分が見てること、思っていることって本当のことじゃないのかもしれないってすごく思っています。

どこか色眼鏡で見ていて、実はそうじゃないのに、そう思い込んでいる。

そんなところがいっぱいあるのかもな~ってすごく考えています。

 

だからこそ自然体ってすごく大事だと思う

だから、自然体ってすごく大事だなって思って、色眼鏡で見ずに人を見ればもっと違う見方ができるんじゃないかなって思います。

僕の仕事は、迷っていたり、悩んでいたり、何かを抱えている方と接することが多い。

「この人は信用できるかもな。」程度で良くて、がっつりじゃなくても、信用してもらえて、悩みも気軽に言ってもらえる存在になりたいなって思います。

トレーナーとしては、別にそこまでいいのかもしれないですけど、でも一人の人間としては裏表のない人間でいたいし、そういう生き方をしたいなって思います。

日頃ね、知識や技術のことをよくブログに書いているので、これからはもっともっと自分の考えていることをお伝えしていきたいと思います。

カラダもココロも自然体が大事って思います。

ではでは、今回のブログはここまで!また明日の朝に記事をアップしますね~!

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 変形性股関節症
  2. ふくらはぎをストレッチ
  3. 椅子への座り方
  4. 投げ方
  5. コンディショニング
  6. 壁立ち
  7. 打ち方
  8. 歩き方
  9. がんと食事
  10. 腰痛の原因
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  2. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  3. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  4. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
ページ上部へ戻る