課題図書として|ニュースレターNO.075

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Izuru プロフィール
お問い合わせ シェイプアップ
痛みの改善 スポーツ
ニュースレター 無料体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知人から次のようなメールをいただきました。

『さて先日購入した本ですが、「ホームランはなぜ打てるのか」(湯浅景元著 青春出版社 2003.5.15発行)というものがあります。先生はご存じの事と思いますが、中京大の体育学部の教授が著者です。ホームランバッターの技術を科学的に追った物です。

「面白いなー」と思う部分と「そうかなー」と思う部分が混ざっているように思います。ぜひ、先生のご意見をお聞きしたいのですが、いかがでしょうか?』

残念ながら手元になかったので、早々に購入し、読んで見ました。内容的にはバイオメカニクスの分析による解説になっていますが、つじつまが合わないというか、強引な相関関係になているところもみられます。しかし、そんなことを別にすると参考になる内容も多く見つけることができました。

今回は、その本から私なりに参考になるところ、押さえておくべきところをピックアップしてみました。

・ ボールの飛距離は、打球の「初速度」と「回転」の2つの条件で決まる。この2つの条件がうまく組み合わされたときにホームランが生まれる。

・ 打球の初速度とは、打ち返されたボールがバットから離れた直後の速度のこと。打球の初速度が5%アップすると、飛距離は10%以上も伸びる。

・ 最も飛距離が長くなるのは、打球が毎分4000回転で逆回転しているときである。毎分4000回転の逆回転を打球にかけるには、バットをボールの中心から7㎜下に当てることが必要である。

・ 打球の初速度の大きさは、バットとボールがぶつかる直前のバットの速度(スイング速度と呼ぶ)によって決まる。

・・・ここでの初速度の説明がインパクト前に変わっています。以降の初速度の説明はこれに準じているようですが、ボールがバットから離れた直後の速度という説明もまたでてきます。インパクト前が速くても、ボールに押し込まれることもあることから、やはりボールがバットから離れた直後の速度とするべきと思われますが。

・ ホームラン打者のバットスイング速度は

 王 155㌔ 松井159㌔ イチロー158㌔ 野村152.6㌔ 門田153.4㌔

ボンズ165㌔ マグワイア165㌔ ソーサ167㌔ ハンク・アーロン162.9㌔

ベーブ・ルース162㌔ ウィリー・メイズ157.7㌔

・ 相手投手の投げる最高速度と同じくらいの速度でバットをスイングできなければ、ホームランを量産する打者になることはできない。

・ ホームラン打者になるには速筋線維の割合が高く、よく発達していることが必要である。バッティングは0.2~0.3秒間に大きな力を瞬間的に出す運動で、速筋だけが活動する。松井は塁間を秒速8mで走る。

100mを12秒5で走るスピードに相当するので、このスピードから速筋の割合を推定すると筋肉のほぼ65%速筋であるといえる。陸上の短距離選手に相当し、時速158㌔という日本人選手最速のバットスイング速度を出せるのも当然であろう。

・・・100mが12秒5というのは、ほとんどのプロ野球選手が該当すると思われ、むしろ遅いほうになるでしょう。最速のバットスイングと結びつけることには疑問があります。

・ 目の特徴は、ホームランを打つときにも当てはまる。目を大きく移動してはいけない。ホームラン打者の目の位置がバッティング中にどれだけ動くか調べた。構えのときからインパクトまで目は下に向かって移動していく。

この時の目の下行距離は平均16cm。目の前からインパクトまで、目はあまり大きく動かないほうがよい。移動距離が30㎝以上になると、バットでボールを打つ確立はかなり落ちる。

・・・この調査の中で、松井の目の下降距離は17cm、ボンズは23cmになっている。バットがボールに当たる確率についていえるが、ホームランと結びつけるのはどうだろうか。

 ・ 運動量だけで見れば、バットのスイング速度が同じなら打球の速さはバットの重さをできるだけ重くしたときに最大になる。松井のバットは910g、ベーブ・ルースは1300g。

・ バットの最適重量は、理論式によって420gという値が導かれている。物理的な計算の上では、ホームランを打つためのバットの重さは420gあれば十分となる。しかし、この重さのバットは実用的に作れない。

・ ホームラン打者がボールに当たらなくてもよいからとにかく全力でバットを振ると、時速170㌔は出る。実際にホームランを打つときのバットのヘッド速度は時速150~155㌔。最高に速く振れる速度の90%にヘッドスピードを抑えてボールを打ち返している。10%落とせば、バットコントロールはよくなってボールを打ち返す確率が高まる。

・ 打率の高さとホームラン数の間には、はっきりした因果関係が成り立っている。ホームラン打者は、ホームランを打つことよりも、まず打率を上げることを基本にしていると考えてよいだろう。そうしなければホームランの量産は期待できない。打率と本塁打数の間には、比例関係が成り立つ。この打率と本塁打数の関係から、次の式を導き出すことができる。

本塁打数=(242.21x打率)-39.351・・・この結論はほとんどのホームランバッターに当てはまらないと思われます。30本以上打つには3割、50本以上打つには3割7分以上、これが当てはまるのは、この調査だけと思われますが、どうでしょうか。ホームランは打率が高くなれば打てるということでしょうか。

・ ホームランを量産しつづけている打者は、投手が投げたボールにバットを確実に当てる、そしてボールを打ち返すことができるゾーンを広げる、という努力をしている。・・・この考え方は強引というか、まずありえないと思われます。打率をあげるためにはそういえるでしょう。

どのコースもホームランにしているのではなく、ホームランを打てるボールを確実に捉えるということだと思われますが。

・ 打者がボールを打つときには、脳の中で発動→判断・企画→実行という作業が行われる。ホームラン打者は投球されるボールに対応して適切な打ち方を判断し企画するまでの時間が普通の打者たちよりも長い。・・・このことはホームラン打者のバットスイングの速さを意味しているのでしょう。

・ ホームランになるための打球の初期条件は、打球の初速度が大きいこと、打球が25~35度の角度で飛んでいくこと、打球に1分間で4000回転ほどの逆回転がかかっていること。・・・ここでは、再度打球の初速度になっています。

・ 筋肉の量は、体重と体脂肪率がわかれば、「体重x(100-体脂肪率)x0.65」という計算式により推定することができる。清原は54kg、松井は49kg、ボンズは54kg、マグワイアは59kg、日本のプロ野球選手の平均の筋肉量は43kg。

・ 筋肉が強ければ、大きなバットスイング速度を生み出すのにからだをあまり大きく動かさなくてもよい。清原と松井は、スイング方向と逆方向に状態をねじったり、投手側の足を引き上げるバックスイング動作が小さい。そして、すり足で踏み込んでスイングを行っている。筋肉が強くなければこの打法を行うことはできない。ボンズとマグワイアもすり足打法である。

・・・筋力の強い選手は、すり足打法でホームランを打てるということでしょうか。

・ 筋肉の量が尐ない選手(王、門田、掛布、衣笠)、バックスイングで状態を大きくねじると同時に投手側の足を高く引き上げる。そしてからだのねじれを戻しながら脚を振り下ろして着地する。全身の運動量を利用し、しっかりと踏ん張ることができるので、筋力が多尐劣っていても大きなスイング速度を生み出すことができる。

・ 体重が90kg以上になると筋肉だけでなく体脂肪も増えてくる。体重は90kg前後にとどめながら筋肉を太くしすぎないように適度な筋肉の太さに維持することが大切である。・・・この見解は、筋肉が太くなりすぎると筋束角が大きくなり、筋肉の収縮が遅くなるというところからきていますが、特にどの部分の筋肥大に注意が必要なのでしょうか。

・ ホームラン効率が悪くて打率も低い選手は、「決め付け型」予測で打っていると判断できる。逆に、ホームラン効率がよくて打率も高い選手は「修正型」予測で打つタイプだといえる。・・・このことから、ホームランを打つには予測は関係がないということになるのでしょうか。

・ 清原、マグワイア、ソーサのタイミングのとりかたは、ボンズや松井らに比べて投手やボールの動きをみる時間が短くなるので、バットとボールがジャストミートする確率は低下する。しかし清原と松井、ソーサとボンズのバットスイング速度は同じなので、清原とソーサが松井やボンズのようなタイミングのとり方ができるようになれば、さらにホームランを量産し、高打率を残すことが出來る。

・・・上では同じすり足打法と書かれていますが、タイミングのとり方は個性であり、その本人の感覚に依存するもののように思われます。ソーサのバッティングもまだまだといえるのはなんとも答えようがありません。

・ 物理学では、平行にまっすぐ移動する運動を「並進運動」、回転する運動を「回転運動」と呼んでいる。ホームラン打者は並進運動に依存しているタイプや回転運動に依存しているタイプに分けることができる。運動量とは重さと速度を掛け合わせたもので、運動の勢いを表す。

全身の並進運動で生まれた運動量は、両足で体に制動をかけることによってバットへ伝えられる。松井と清原のホームランの原動力は、大きな並進運動から生まれている。ボンズは並進運動が小さく、体幹や腕での回転運動も平均的なスイングである。

時速160㌔を超えるスイング速度が生み出せるのは、バットスイングでの筋肉の伸ばし具合がよいからである。テークバックを松井の2倍ほどの速さで行い、肩、腕、体幹部、足の筋肉をすばやく引き伸ばして大きな弾性力が発生できる。・・・ホームランを打つには、「並進運動」と「回転運動」のどちらに依存しても構わないということでしょうか。

・ 高橋由伸は、時速140㌔のバットスイング速度でホームランを打つ。彼のうちホームランの大部分は、ボールの中心より7㎜下に当たっているときに生まれている。スイング速度が遅くてもボールの中心よりも7㎜下にバットを衝突させて打球に適度なスピンをかけることができれば、ホームランを量産することも可能である。

・・・理屈に合わない。バットスイング速度が速くなくてもホームランを打てるということは、ホームランを打つ条件は2つであるに限らないということでしょうか。

・ バットを全力で振るときには、地面に対して体重の3倍の力が加わる。これに耐えるだけの脚力がなければならない。

野球で言う脚力は、三塁打と盗塁の数がその指標となる。この数が多いほど脚力が大きいと判断できる。松井の三塁打の数はボンズの1/3、盗塁は1/5、この結果から松井の脚力はボンズに比べると劣っている。

・・・メジャーの球場の広さを考慮する必要があります。今年、松井は二塁打と三塁打をどれだけ打っているでしょうか。それと日本の四番打者は盗塁に関してどのように考えられているのか、そのあたりの考え方の違いを考慮すべきではないでしょうか。また、盗塁は足の速さではなく、テクニックのほうが求められるものですから、脚力の指標に三塁打と盗塁はないと思うのですが。

・ 松井の脚力はボンズより劣っているが、野球選手の中でも優れている方といえる。一塁到達時間は、松井3.62秒、イチロー3.43秒、アロマー3.60秒、走塁スピード松井7.58m/秒、イチロー8.00m/秒、アロマー7.61m/秒。・・・松井の脚力は相当なものと思われますが、残念なことにここではボンズのデータは見られません。

おおよそのところだけ拾い上げましたが、結局のところタイトルにある「ホームランはなぜ打てるのか」ということの結論は、どこにまとめられるのでしょうか。

ボールにバットがどれくらいの速度で当たるのか、そこにはある程度の速さが必要だということですが、時速140㌔でもホームランになるとあるし、実際にはもっと遅いスイング速度でもホームランは生まれているはずです。後1つの要因であるボールの逆回転数が毎分4000回転していれば角度が合えばスイング速度が遅くてもホームランになるということもあります。

また球場の環境やグランドコンディション(特に風)にも大きく影響すると考えられます。ホームランを打つには脚力が必要で、足の速さが必要ということになれば、野村や門田などはその範疇に入らなくなるでしょう。

いろんなホームランを分析していくと結論は出ない気がしますが、ここにあるように何人かの選手だけを取り上げれば、まとまりのある方向性は見えるでしょうね。

いつも思うことですが、結果を追いかけて、それを理論的にまとめようとするとそのまま正解の答えもあるし、まったく矛盾する答えが出ることも当然と思われます。

このようなデータ分析を読む上で大切なことは、その内容のどこからそれをどのようにトレーニングを組み立てたり、からだの使い方の参考にすればよいかということになるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*