プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

15歳右腕に異例育成プラン|ニュースレターNO.109

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2004年、最後のニュースレターです。通算109回目になります。毎年同じことばで締めくくりに入りますが、本当に早い1年でした。特に今年は、大学を辞め、平成スポーツトレーナー専門学校の校長に就任したことから、前を見つめる余裕もなく、足場固めに終われた8ヶ月でした。

おかげさまで何とか先の見とおしもたち、ようやく夢の実現に向け一歩を踏出せそうです。2005年から本当のスタートになります。ご期待ください。

さて、今回のニュースレターは、スポーツ新聞の記事からです。先週の12月17日(金)の日刊スポーツの記事に、「15歳右腕に異例育成プラン」という記事がありました。これは、阪神タイガースがドラフト史上最年尐投手を獲得したということで、どのように育てればよいか関係スタッフが協議したというものです。

その選手は、辻本賢人(平成元年1月6日生まれ)181センチ、75キロです。アメリカの高校にいたのですが、ドラフトにかかるということで休学して日本にきていました。小学生までは日本にいたのですが、中学からフメリカに行ったようです。まだ高校1年生ということです。

15歳とかいてありましたが、平成元年生まれですので16歳です。すでに140キロ以上のボールを投げるということで、タイガースもどのようにして育てたらよいのか困ったようです。その育成方法について関係スタッフが協議した結果を発表したということです。

新聞記事には、次のように書かれていました。

『ワンダーボーイに異例の育成プランが浮上した。猿木チーフトレーナー、伊藤3軍コーチらが鳴尾浜球場に終結。新人選手の育成に関する会議を開いた。

約2時間、熱のこもった議論を展開。そのメインテーマは15歳辻本の今後について、だった。出席した杉田トレーナーが結論を明らかにした。「成長が止まるまでは、ブルペンで投げさせないほうがいい」。春季キャンプはもちろん、シーズン中も投球練習を封印させる可能性が出てきた。

ドラフト史上最年尐右腕をどう育てるか。来年1月14日にスタッフ会議が行われるが、そのときまでに、トレーナー側の意見を統一しておかなければならなかった。入団発表前に実施された健康診断や体力測定などのデータをもとに分析。辻本はこの1年で身長が10㌢も伸び、まだまだ成長過程にある。

「ブルペンでは周りの目もあるし、余計に力が入ってしまう。線が細いし、故障すれば、取り返しのつかないことになる」と同トレーナー。キャッチボールや遠投はOKだが、投球は無期限禁止。辻本は走りこみ中心の体力強化に明け暮れることになる。』

『高校野球に取り組む同世代はこの時期、実践的でハードな練習を積んでいる。高校3年間の短いスパンで甲子園出場やプロを目指すためで、すでにプロ入りした辻本は環境が違う。エース井川の高卒1年目はシーズン終盤まで実践登板を封印し、ひたすら体力づくりに励んだ。入団前から腰痛に苦しんだ経緯はあるが、この成功例も背景にある。また星野SDも「最初はボールを持たずに、陸上部でいい」と推奨している。

スタッフ会議で岡田監督やコーチらの同意を得られれば、辻本本人にも納得いくように説明する。未来の大エース育成には、最初のステップが重要。地道トレーニングでプロジェクトの幕があける。』

以上の記事を読んで皆さんはどのような感想をもたれたでしょうか。まるで壊れやすい卵を扱うようなコメントです。信じられないというか、何を考えているのか理解できません。

タイガースだけでなく、どの球団に入団しても同じことになっていると思われます。来年17歳になり、高校2年生になるというだけで、投球練習はだめで、キャッチボールと遠投だけにするなんてことは、とても耐えられることではないと思います。

野球選手が、ピッチャーが投球練習をしないで走ってばかり、陸上選手でよいなんてことは選手をバカにしているのか、育成するということの意味がわかっていないのかどちらかでしょう。

そんなことであれば、野球選手ではなく、高校の陸上部の選手をスカウトすればよいということになります。野球選手が野球の練習をしないでどうして野球が上手くなるのでしょうか。もし、彼が投手ではなく、打者であればどうするのでしょうか。キャッチボールと捕球だけさせるのでしょうか。

問題は、中身ではないでしょうか。この1年間で身長が10㌢も伸びたので、成長途中であり、投球を制限するということですが、それならば走りこませるほうが余計に脚にストレスを受け、膝やスネを痛める危険性のほうが高いように思えるのですが、この点はどう考えているのでしょうね。

成長期の骨へのストレスを考えるなら、投げることも走ることも制限するということになるのが本来の考え方で、それなら納得もできないではありません。

しかし、高校生の年代では、日本の場合一番ハードに練習をしている、させられている時期だと思われます。そのことについては、技術が上手くなる反面、間違えばオーバーユーズを招いて故障することもありますが、一番野球も面白い時期でもあると思われます。

その時期にまるで野球をするなというような指導は、さびしすぎるとともに、モチベーションをどのように保てるのか、心配です。逆の立場であればどう思うでしょうか。

もっと人を育てる、育成するということの基本を理解しなければいけません。育成システムなるものがあれば、また理解できていれば、相手が何歳であろうと成長期であろうと困ることはありえないはずです。

心・技・体のいずれにどのような問題があるのか、それを分析すればおのずと今何をしなければならないのか、何をしてはいけないのか、どの程度ならOKで、どの程度ならNOということがわかっていないのでしょう。

簡単に言えば、ピリオダイゼーションです。このような考え方が理解できていないために、わけもわからない育成プランということが出てくるわけです。

このような現場では、高卒の選手であっても育てられないでしょう。プランはシステムの中から出てくるものであり、最初にシステムが出来上がっていなければ、そのプランは単なるプランであり、思いつきでしかありません。

選手を育てるということは、大変な分析が必要であり、今やるべきこと、次にやるべきこと、今やってはいけないこと、そしていつごろどんなことがやれて、いつ頃完成するかといった長期的なビジョンが必要です。そのためには、細かなトレーニング計画と練習計画が同時に必要になってきます。

野球選手に限らず、その選手やチームについて、最初にどれだけの分析ができるか、ということが重要です。そこから課題が見つかり、その課題を克服するまでにどれだけの期間が必要になるかということを考えることによって、1年先、3年先、5年先の予測ができることになります。

その予測・予定のもとに練習・トレーニング計画を立てて実践していきながら、その都度、予測とのズレを修正しながら、練習・トレーニング内容も変更していきます。

当然、練習・トレーニングだけでなく、心・技・体の全体を見つめながらバランスよくレベルアップしていかなければならないのです。ここに、コンディショニングの面白さと難しさがあるわけです。

辻本選手の今後を見守っていきたいと思います。それではよいお年をお迎えください。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*