2006年を振り返って|ニュースレターNO.158

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Izuru プロフィール
お問い合わせ シェイプアップ
痛みの改善 スポーツ
ニュースレター 無料体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もあと数日を残すだけとなりました。今年は、長期戦線離脱という状況でしたが、10月からは元のペースに戻れました。昨年の最後のニュースレターを書いているときには、なんら異状はなかったのですが、年が明けてからバクハツしたという感じです。

心臓弁膜症の手術ということで40日間入院しましたが、その中でいろんなことを体験できたり、考えることもできました。普通は、手術のことを考えるのでしょうが、手術に対する不安は全くなかったので、ただただ早く手術をして、早く退院したいという思いだけでした。おかげさまで、手術もうまくいき、半年たった検査では、心臓の機能も正常以上に回復しているという結果が出ました。

10月からは、学生の教育に力を入れています。週に2回5時間目をつくって、特別講習を行っています。冬休みに入ってからも特別講習を行っています。生活のためにアルバイトに行かなければイケない学生もいますが、20名近くの学生が参加しています。

長く継続していることで、授業の中では習えないいろんなコツ・ポイントを理解して身に付けてくれているようです。また、コンディショニングやリコンディショニングの考え方、物事の考え方も同時に理解できてきたようで、頼もしい限りです。授業は、1月いっぱいで終わりますが、その後も学生の希望もあり、週に1~2回のペースで継続する予定です。

ようやく、私の弟子といえる卵たちの形が見えてきた感じで、この先が楽しみです。おかげで、いろんな競技スポーツのチームから声を掛けていただき、合宿や試合など、実践で活動させていただいており、ありがたいお褒めの言葉をいただいております。

まだ、彼らは一年生ですので、あと一年もっと知識、実践力、人間性がレベルアップするように教員ともども努力していく所存です。彼らが卒業して現場に出るようになったとき、私の学校の存在が特別なものである・本物の学校であるということが証明・理解されるんだと思います。「楽しみ」という一言です。

さて、今年最後のニュースレターは、私の雑記帳からの紹介です。11月から12月の1か月の間に、電車の中で書いたある日の綴りです。ただ、思い浮かんだままに綴ったものですが、1ヶ月でA4で50頁以上になりました。ご希望の方がおられましたら、お知らせください。

『高校のとき、私はある先生から人間は振動を足元から受けると、頭の働きがよくなると聞いたことをいまだに覚えている。確かに、電車に乗っていて、立っていると、よくいろんなこと、アイデアが思い浮かぶ。最初に出した著書「スポーツ選手のためのウォームアップ・プログラム」は、ほとんど電車の中で書いたものである。

こうして、今ここに思い浮かんだコトを綴っているが、これも全て学校への行き来の電車の中だけにとどめている。座っているとき、立っているとき関係なく、思い浮かぶがままに書いている。何を書こうかということではなく、頭の中で次々浮かぶ言葉を、そのまま書いているに過ぎない。書き出した文字は、他の人が読めないようだ。私には、ハッキリすらすらと文章を読み上げることができるのだが。

実に楽しい時間である。頭の中で文章が出てくるのが先か、それともペン先が先かというぐらい、ほぼ同時に、文章を書いているのと同じタイミングで文章が続いていく。従って、これまでのところを読むと分かるが、重複した内容が結構多くなっている。

まさに、何かを書こうと目的を定めず、どれだけ自分の頭の中にいろんな思いがあるのか、それを抽出しようとしているだけである。もちろん、間違った考え方や思いもあるだろう。しかし、ここではそんな思いに悩む必要もない。一つのテーマに対して、いま自分はどう考えているのだろうかというところを出したいのである。

読んでいる人には、十分理解できるのかどうか分からない。当然である。人に読んでもらうために書いているのではない。また、納得させるために書いているのでもない。そのとき、その時に思い浮かんだこと、考え方、思いを綴っただけである。昨日も学生に、いま私はこんなことをしている。自分の頭の中を素直に文章にして出してみることが大切だ。

また、講習会や授業を受けて自分が感じ取ったこと、思ったこと、習得できたことを、一つの話し的に書き出すと、後で振りかえると、自分の捉え方、考え方がどうだったかよくわかる。

私の学校のような専門学校では、こんなことが非常に大事に思えてきた。机の前で話をする、コンディショニングルームで実技をする、何れも学生に教えているわけであるが、問題は学生が何を学び取ったか確認することである。人は誰でも1時間、1日、1週間たてば、忘れていくことのほうが多い。また勘違いしていることも多い。そういったことをなくすことが、習ったことを身に付ける、本当に習得できることになるのではないだろうか。

では、どうすればより確実に教えられたこと、習ったことが身に付く、役立つのだろうか。私は、講義の形態を考える必要があると思う。その日に教えたこと、教えられたこと、習ったことを確実に記録して残していくことである。そのためには、自分の学習Noteをつくることである。

通常なら、今日習ったことの復習を家に帰ってするわけだが、専門学校に通う学生の多くは、何らかの理由であるバイトの必要がある学生が多い。従って、家に帰って復習するということは難しい。そうであれば、授業時間内でやれないだろうか。最後の20分でも30分でもよい。Noteに今日教えられたこと、習ったこと、分かったこと、感じたことなどを口語体でいいから書く。体裁は気にしない。

自分で読んでわかるようにし、自分のための「丸秘Note」にする。そうすれば、毎日習ったことが確実にわかるし、残すことができる。見直せば、自分が勘違いしていたことに気が付いたり、ポイントを間違っていたことに気が付ける。卒業したときに役立つ「丸秘Note」ができるわけである。

習いっぱなし、教えっぱなしではいけない。また、教える側にとっても、そのNoteのまとめ方というか、内容を評価してやればいい。1回のテストの点数で評価するよりいいだろう。そのNoteを見れば、教える側も何を教えたのか、何を教えていなかったのか、間違って教えていたことにも気づく。

両者にとって役立つはずである。教える側にとって、自分はこのように言ったと思っていても、間違って言っていたりする事がある。100%正しい、正確に言っていることはまれかもしれない。気づかないことは多い。

広辞苑から:テストとは、試験。検査。特に、学力試験。一般に、考えたことや試作品などを実際に試してみること。

試験とは、ある事物の性質・能力などをこころみためすこと。どれくらい理解したかを調べ、学業成績の優劣を判定すること。問題を出して答えさせ、及落・採否を定めること。

記憶ほどあいまいで怪しいものはない。確かなところも、もちろんあるが、昔の話を友人としていると、同じ場面を思い出していても、かなり互いに記憶の差がある。そのとき、その時代で感じたことが、何十年立った今、そのとき感じたことがそのまま残っている。写真そのものである。小学校のころ、生徒数は3000人もいた。

それで運動場も広かった。そんな思いが今まであったのだが、あるとき、その学校の横を電車で通り、その運動場が見えた。すると、当時記憶していた広さとは程遠いほど運動場は狭かった。小学校の机やいすもそうである。当時は大きかったと思っても、今の体格ではもちろん小さい机や椅子で授業を受けたのである。

あまり自分の記憶に頼ることは怖い気がする。一時のイメージがそのまま残る。時代が変わればそのイメージもそれにつれて変わっていけば問題はないのかもしれないが、自分では明確・確かだと思っている記憶は、自分自身でも疑いを持って再確認する・していくほうがよいだろう。今は、映像に残すことができるので、見返すことがいくらでもできる。

何事に対しても思い込みを避けるために、確認・再確認の癖をつけたい。それとともに、「そうだったかなあ」「えっ!」と思えば確認することである。』

それでは、皆さん、よいお年をお迎えください!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*