シェイプアップまとめ 痛みの改善まとめ スポーツまとめ 無料体験

O脚を改善するために靴を変えよう!靴が原因でO脚になることがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
靴の変形
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

O脚を改善するために、インソールを買ってみたり、ジムに通って内転筋を鍛えてみたりするけども、なかなか思ったように脚の形が変わらない。

そんな経験をしたことがある方もいると思います。なぜこのようなことが起こるかというと、O脚の原因は、筋力不足ではないからです。

そして、インソールを使ってみても、その形が足に合っていないと効果を感じれないことがあります。

O脚の改善をするためには、筋肉の緊張のバランスを整えることです。そして、筋肉の緊張のバランスが崩れる原因のひとつに靴の問題があります。

この靴を変えない限り、どんなことをしても思ったように成果をあげることができません。今日はO脚の改善と靴を変えることのつながりについてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

パーソナルトレーニングをご希望の方は、こちらをお読みいただければと思います。

シェイプアップのセッションを受ける前に
スポーツ選手がセッションを受ける前に
痛みの改善のセッションを受ける前に


O脚になる原因

そもそもなぜO脚になってしまうのでしょうか?

一般的に言われるO脚の原因は、筋力不足

よく耳にするO脚になる原因のひとつに、内転筋の筋力不足があります。

内転筋というのは、太ももの内側にある筋肉であり、主に太ももを内側に寄せるような動き(内転)をしたり、脚を内側に捻る(内旋)ような動きのときに活動する筋肉です。

内転筋

内転筋の筋力不足になると、脚を内側に締めるような活動がしづらくなるため、脚が外側に開き、O脚になってしまうというのが一般的に言われるO脚の原因です。

ただ、赤ちゃんの脚をみてみると、O脚でなかったり、保育園に通う子供の脚を見てもまっすぐだったりします。

何が言いたいかと言うと、筋力の弱い子供でもO脚は少ないけど、筋力の高い大人ではO脚になっている人が多いということです。

実際に内転筋の筋力不足でO脚になることもあります。ただ、ほとんどの場合、筋力の問題ではなく、その他が原因となっています。

その他の原因というのが、筋肉の緊張のバランスです。

O脚の原因は脚の筋肉の緊張のバランスの崩れ

どういうことかというと、脚の外側の筋肉を使いすぎることで脚は外側に引っ張られてしまいます。

これがO脚の原因になりますが、もう少し具体的に見ていきたいと思います。

例えば、足の外側に体重が乗った状態で日常を過ごすとします。

足の外側

そうすると、大腿筋膜張筋や腸脛靭帯と言われる部分の筋肉などが緊張してしまいます。

大腿筋膜張筋は、赤色で、腸脛靭帯は水色で示しています。

大腿筋膜張筋

実際にやっていただいても、太ももの外側が緊張することが確認できると思います。

このように日常の中で、太ももの外側の緊張が増すことで、筋バランスが崩れてきます。そうすると、脚が捻じれたように見えたり、曲がったように見えてしまいます。

O脚の原因は、筋力不足ではなく筋バランスが崩れてしまうことでなるということになります。

 

O脚の改善方法として内転筋を鍛えても直らない

もしO脚の原因が内転筋が弱くなってしまっているということであれば、内転筋を鍛えるとO脚は改善されます。

ただ、鍛えたからといって改善できたという方は、少ないのではないでしょうか。

先ほど、O脚の原因は脚の筋バランスが崩れたからだとお伝えしましたが、外側の緊張が強くなっているとき、内側を鍛えるとどうなるでしょうか。

一見、内側と外側の筋バランスは緊張状態で、ある意味整いそうですが、人間の本来の状態は緊張状態ではありません。

自然な状態というのは、柔らかい筋肉であり、弾力の筋肉なはずです。自然な状態であれば、先天的に問題がなければO脚も改善されるはずです。

こういった自然な状態にするためには、鍛えることではなく、筋肉を緩めることです。そうすると筋バランスも整ってきます。

 

O脚を改善するためには筋バランスを整えること

では、筋バランスを整えるためには筋肉を緩めるということまでは理解いただけたと思います。

実際にどうやって筋肉を緩めればいいのでしょうか。

太ももを揺らす

これはいろんな場面で使えるテクニックですが、太ももの筋肉を揺らします。

筋肉は揺らすことで緩めることができます。

下肢の連動を活用する

  1. 脚を肩幅に開き、仰向けになる
  2. 片側の足の外側を地面に軽くこするように膝、股関節が緊張しないように曲げていく
  3. そこから股関節、膝を伸ばす
  4. 膝が完全に伸びきる手前15度から、太ももの骨を内側にリラックスした状態で軽く捻る
  5. そしてスタートポジションに戻し、再度繰り返す

調整

調整

調整

調整

連動

調整

このような手順で、リラックスした状態で行うことで脚全体の緊張もとれ、筋バランスが整っていきます。

この調整の後に立ってみると、踵に乗る感覚がよく出てきます。これらのことで筋肉を緩め、筋肉の緊張のバランスを整えていきます。

 

筋バランスを整えた“だけ”ではO脚が直らないことがある理由

筋肉を緩めて筋バランスが整った。このときにはO脚は改善されていると思います。ただ、それだけではO脚の改善が一時的にとどまってしまう可能性があります。

これは、実際に現場でもあった話ですが、靴の変形によりO脚になることがあります。

上記でお伝えした方法で筋肉を緩めるとフラットに着地する感覚がよくわかると思います。

足裏が地面にベチャっと付着するような感覚になり、骨で立つ感覚が掴みやすい状態です。ここまではいいのですが、靴の外側がすり減っている靴を履いてしまうと、自然に足の外側に体重がかかってしまう。

靴の変形

そうすると、この靴を履いて歩いてしまうと、自然に脚の外側が緊張し脚が外側に引っ張られてしまい、O脚になってしまう。

この場合、いくら筋肉を緩めて筋バランスを整えても改善できません。なぜなら問題は靴にあるからです。

こういうことは現場でも見られて、ただ筋バランスを整えるだけではうまく改善できない場合、こういった靴などに問題があることがあります。

 

どのような靴が適切なのか?

これも実際に現場であった話ですが、歩いていると足の外側に体重がかかりやすいという話をお聞きし、靴の問題だとところにいきつきました。

靴を見せていただくと、靴の裏側に半円のボールのようなものがついている靴を履かれていました。

Reebokさんが出されているイージートーンと言われる靴が代表的だと思いますが、このシューズそのものはよく考えられたものだと思いますし、問題も当然ありません。

ただ、目的と方法が重要になり、O脚の原因は脚の外側が緊張してしまうこと。もし脚の外側に体重がかかりやすいのであれば、これはO脚改善を目的とした場合は履かない方がいいと思います。

ですが、あのような靴を履くと活動時の代謝は上がるので、ダイエット目的の方は履くことで少しでも多くのエネルギーを消費できるので、履いた方がいいとなります。

O脚を改善する目的の場合、足裏がフラットな靴を履くことです。

そうすると、筋肉を緩めた状態で靴を履いても、その状態を維持しやすい。

また靴の変形についてですが、見た目はほとんど変形がない場合に、中敷きが変形していることがあります。これも結局脚の外側に体重が乗ってしまう原因になります。

こういう場合は、靴ではなく中敷きを変えることです。そうするとフラットに着地でき、筋肉を緩めた後はより良い状態を維持できます。

 

インソールも同じことが言える

これまでは靴のことをお伝えしてきましたが、インソールでも同じことが言えます。

インソールっていろんな種類があって、O脚改善をうたっている商品もたくさんあります。

大切なことは、インソールを使用してフラットに着地できるかどうかが一番のポイントになります。

たまに見かけるのが、インソールを履くことによって外側に体重がかかりやすくなり、脚の外側がストレスを受けているケースです。

これは、インソールを履くことでO脚になるようにサポートしているようなものです。

フラットに着地できるようにインソールを活用するわけですが、それができるように現状の足をしっかり理解、その形に合わせてインソールを履くようにすることが重要です。

自分の足に合っていないインソールを履くことも、脚の外側にストレスをかけることになり、結果的にO脚になる、もしくはO脚が改善しない原因となる可能性があります。

こういったところもチェックする必要が出てきそうです。

 

まとめ

今回は、O脚のことについてお伝えしていきました。

O脚の原因は、筋バランスが崩れてしまい、脚の外側の緊張が強くなることでO脚になるとお伝えしてきました。

改善のために必要なことは、筋肉を鍛えることではなく、筋肉を緩め筋バランスを整えることです。

そして、日頃足の外側にストレスがかかることが問題になってきますので、フラットに着地すること、骨で立つことが重要になってきます。

たまに脚の外側が緊張する原因として、靴の変形やインソールが自分の足にあっていないということもあります。

筋肉を緩めてもうまくO脚が改善できない方は、こういった自分の身体以外の部分をチェックする必要も出てきます。

こういったことができると、脚もまっすぐになり、O脚を改善することができると思います。

ぜひ参考にしていただければと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの本をまとめました。

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーソナルお申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本文をお読みいただいて、ありがとうございました。
IzuruStyleでは、ブログでカラダやココロが変わるきっかけをお伝えできればと思っていますが、セッションではブログでは伝えきれない部分をお伝えしています。
少しのテクニックの違いで身体は変わります。ブログの内容を実践していただいても身体は十分変えることができます。
その効果以上の結果を求められる方は、セッションでお伝えし身体がさらに変わることを約束します。
カラダやココロのことでお悩みの方は、お申し込みください。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で

パーソナルお申し込み

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*