骨盤を締めるためにはベルトを巻くのではなく骨盤底筋群を使うこと

出産をして1年、そろそろ生活もペースが取り戻せつつあって余裕が出てきた。

そんなとき、ふと自分のお腹周りを見ると、ぼてっとしてしまいたるみが気になる。「出産すると骨盤開くからお腹たるんだな。」そう思って骨盤ベルトを買ってみる。

締め付けがあるから良さそうに感じたけど、1ヶ月使っても効果は・・・。こんな経験をしたことはありませんか?

以前、レッスンをしているとき、クライアントさんに、

クライアントさん
骨盤が開いてそうなんだけど、骨盤ベルトって効果ありますか?

と聞かれました。似たような悩みを持っている方もいると思うので、今回は骨盤を引き締める考え方について解説していきたいと思います。

 


骨盤が開くということ

骨盤を引き締めたい方は、どのように骨盤が開いたのか?ということを知ると、やることが見えやすいと思います。

骨盤が開くって、一般的に言えばこういうイメージじゃないでしょうか?

骨盤が開く

真横に引っ張るというか、横に広がるようなイメージを持っている方が多いかもしれませんね。

ただ、実際そういう方向に骨盤が広がってしまうと、画像の真中に位置する恥骨結合という部分が引き裂かれてしまいます。

恥骨結合

基本的にそういう動きはしませんし、骨盤にある関節は2~3cmも動くことはありません。

骨盤が開くというのは、この骨盤の空洞全体が外に広がるように動きます。これを骨盤が開くと表現しますが、動きも数mm、1cm程度でそこまで大きくありません。

骨盤の開き

ここでまず感じとっていただきたいことは、骨盤を開いていると感じる方は、一般的にしがちなイメージのままだと対処方法が真横に広がった骨盤を内側に締める。

こういう方向に締めればいいと考え、そこで骨盤ベルトが使用されます。調べると、「骨盤ウォーカーベルト」とかが出てきますが、内側に締めるという目的で使うそうです。

骨盤ベルト

ただ、骨盤の動きは真横に開くではなく、外側に広がるように動くため、骨盤を締める場合、この方向に締めることが必要になります。

骨盤を締める

じゃあ、こういう方向に骨盤を締めるためにはどうすればいいの?となりますが、そこでポイントになるのが骨盤底筋群という筋肉です。

関連記事:骨盤が開くってどういう意味?骨格から考える骨盤の動きと締める方法について

 

骨盤を締めるためには骨盤底筋群を使うこと

骨盤底筋群というのは、骨盤の中にある空洞にハンモックのように存在する筋肉のことです。

丁度先ほど赤で示したような形で存在する筋肉と認識してもらえればいいと思います。

骨盤を締める

この筋肉をトレーニングすることで、広がるように開いていた骨盤は締まるとイメージができるでしょうか?

僕は専門的に学んでいるので、イメージがすぐに湧きますが、読者の方がご自身で骨盤を締める場合、このイメージが大事になります。

なぜなら次にご紹介する骨盤を締めるトレーニングは、意識を使って行うからです。

今回の内容の1番のポイントは、

骨盤を締めるためには、骨盤底筋群のトレーニングを行う

ということになります。

では、具体的にどのようにトレーニングすればいいのでしょうか?

 

骨盤を締める目的で行うトレーニング

このトレーニングを行うときのポイントは、

使っている筋肉に意識を向ける

この1ポイントでいいので、何となくやらないようにだけ注意してください。

骨盤を締めるトレーニング その1

  1. 仰向けになり、片膝を立てる
  2. 手はへそよりグー1つ分ぐらい下の下腹部に置く
  3. その手で少しお腹を押すように圧を加えておく
  4. そこから膝を真横に倒す
  5. おしっこを我慢するようなイメージで膝を立てる
  6. このとき手の奥の方へ意識を向け、繰り返し行う
  7. 20回×3セット

骨盤エクササイズ

骨盤エクササイズ

骨盤を締めるトレーニング その2

  1. 先ほどと同じ開始姿勢になる
  2. 手の置く位置を先ほどよりも少し外側に置く
  3. 手の置いた箇所を意識しながら膝を胸に引き寄せる
  4. その場で足踏みをするようなイメージで繰り返す
  5. 各20回×3セット

骨盤エクササイズ

レッグレイズ

特にこの1つ目のトレーニングは、骨盤底筋群を刺激しやすく、適切にできると1日でお腹が凹んだり、スッキリします。

骨盤底筋群はインナーマッスルと言われる筋肉になるので、意識を向けることでより活性化するため、意識を向けることが大事になります。

こういった形で骨盤が開いていると気になる方は、引き締めるトレーニングをして実践していただければと思います。

 

まとめ

産後の女性は特に「体型が崩れてしまった・・・」と悩む女性も多いと思います。

ただ、子育てで時間もなく、職場復帰して時間に追われてしまう方もいますよね。だから手っ取り早く骨盤が引き締められそうなベルトを使う方もいると思います。

だけど、骨盤が開くという動きを認識し直してみると、意外と必要ないかもしれません。

それよりも寝る前についでにできるようなトレーニングを繰り返せば、徐々に骨盤は締まるはずです。

忙しいけど、前向きに頑張られている女性の参考になれば嬉しく思います。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もし脚の悩みを持つ方は、こちらも参考にしていただければと思います。

>>お腹を凹ませるには姿勢を整えること!脂肪燃焼だけではない理由

▼こちらの本も参考になると思います!

IzuruStyleについて

伊藤出

神戸パーソナルトレーニングIzuru Style
伊藤出のプロフィール
コース・アクセス
お客様の感想
FAQ
お問い合わせ(無料体験)

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*