パソコンを使って仕事をすると頭痛が起こる原因とその改善について

いずるいずるが書いたよ! →最新記事一覧

頭痛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あ~頭痛い。でもいつものことだから仕方がない。うううう~仕事頑張ろう。

そうやって目頭を押さえながら仕事に励んでいる方はどのくらいいつでしょうか。もしかすると昨日もそうやって仕事中に頭痛を感じていたのかもしれませんね。

なぜパソコンを使って仕事をすると頭痛になりやすいのでしょうか。それは筋肉が緊張し脳への酸素量が低下することで起こるといわれています。

姿勢が崩れることで腹部が圧迫され、吸い込める酸素量が低下します。肩や首の筋肉が硬くなると循環が悪くなり、血流が悪くなり脳への酸素量が低下します。

頭痛の改善にはより多くの酸素を脳へ送ること、そして筋肉を硬くしない工夫が必要になります。

今日はこのパソコンと頭痛の関係についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

パソコンを使って仕事をすると頭痛が起こる理由

パソコンを使って仕事をするとなぜ頭痛になるのでしょうか。それはこのような原因を考えることができます。

  • 姿勢が崩れてしまうことによって起こる酸素不足
  • 肩や首の筋肉が硬くなることで脳への血流量が低下する
  • 眼球疲労

座り方を正したり、仕事の合間に少し身体を動かすだけでも症状を軽くできたり、改善したりすることができます。これらをひとつひとつ見ていきたいと思います。

姿勢が崩れることでなぜ頭痛が起こるのか?

頭痛の主な原因は脳への酸素不足ということをお伝えしていきました。では、なぜ酸素不足になってしまうのでしょうか?

まず、座り方の問題がありパソコンを使って仕事をしているとどうしても身体が丸まってしまいます。このような姿勢では身体の中でどのようなことが起こっているのでしょうか?

パソコン

これはスマホを触っている姿勢ですが、パソコンもこのように背中が丸くなっていることが多いと思います。

このような姿勢になると、お腹が圧迫されてしまい大きく酸素を吸い込むことができなくなります。実際に試していただくとわかりますが、このような姿勢をすることで酸素不足になってしまいます。

頭痛が起こる原因のひとつに姿勢の問題をあげましたが、このような理由で酸素不足に陥ることで頭痛になる可能性があります。

筋肉が硬くなり循環が悪くなることで頭痛になる

上記のような姿勢になることで、肩や首の筋肉が緊張してきます。酸素は血液の中に含まれており、血液の流れによって全身に送られていきます。

筋肉が緊張してしまうと循環が悪くなり、血流も悪くなってしまいます。すると、脳への血流量も低下してしまい、結果的に脳への酸素量が低下してしまうため頭痛になる可能性があります。

肩こりの原因と癖が及ぼす身体への影響についてでご紹介していますが、このような場合筋肉を緩めることですっきり感が出てきたり、頭痛も軽減できることがあります。参考にしてみてください。

眼球疲労と頭痛との関係

人間の眼球は、上斜筋、下斜筋、上直筋、下直筋、内側直筋、外側直筋など眼球を覆うように筋肉が存在します。眼球周囲の筋肉は、後頭下筋という言葉通り、後頭部の下にある筋肉をつながっているため画面を見続けた結果目が疲れてしまうと首にも影響が出てきます。

画面を見続けて目がちかちかしたことがあると思いますが、そのとき同じように首の筋肉も緊張しどこか肩こりのような、首こりのような症状を感じたことはないでしょうか?

これには関連性があり、眼球疲労も首周囲の筋肉の緊張につながるため、それがきっかけで血流が悪くなり頭痛につながるということが考えられます。

実際に現場で後頭下筋を緩めると目がすっきりしたとか、視界が広がったような感覚があるといわれることもあります。このように眼球疲労も頭痛の原因のひとつになる可能性があります。

 

パソコンで仕事をしているとき座り方を意識していますか?

理想としては、座っているときの姿勢を正すことで頭痛も改善していくと思いますが、仕事に集中していると座り方を意識する方が難しいというのがクライアントさんからよく言われます。

このような場合、座り方も直していただきたいのですが難しい。であれば、できるだけ意識を向けなくても自然に座り方を改善できるようにしたい。

こういったときにおすすめするのが100均で売っているグッズを活用することをおススメしています。健康グッズとして、高価な商品も販売されていますが、100均で売っているようなもので十分です。

今日はこれらを使って座り方の改善に取り組んでみたいと思います。この座り方などはぜひ参考にしてみてください。

自然な座り方

以前、肩こりの原因と癖が及ぼす身体への影響についてでも少し触れていますが、座るときにみなさんはどこで座っていますか?

お尻というイメージが強いと思いますが、座るイメージを“坐骨で座る”という感覚に変えていきます。

坐骨というのはこちらになります。

坐骨

椅子にこのような姿勢で座るとお尻の左右真ん中あたりに骨が当たるような感覚になります。

座り方

骨盤が軽く前傾した状態です。

この坐骨で座ることで、頭部、脊柱、骨盤が積み木のように重なり、自然な状態に近づけることができます。この積み木のように自然な状態にするためのわかりやすい点としてこの坐骨で座っていきます。

この坐骨で座った時の姿勢というのは、骨盤が軽く前傾状態にあり、この状態を100均で売っているグッズなどを利用して作っていきます。そうすると無意識に座り方を正すことができます。

バスなどで使う枕を使用する

長時間のバスや新幹線の移動時に使うことが多い、この枕。どのように利用すればいいのでしょうか。

まずこれに空気を半分ぐらい入れ、少しぺこぺこの状態に膨らませます。

座り方

これを椅子の上に置き、この上にお尻半分を乗せるようなイメージで座ります。すると、少し傾斜がつくように骨盤が自然と前傾になり、意識をしなくても自然な状態を保持することができます。

座り方

このような枕を使用するのも安いですし、いいかもしれませんね。

小さなクッションのようなものも売っていますので、考え方としてはお尻の下に敷いて骨盤を軽く前傾させるというイメージでものを代用していただくとそれも同じ意味になりますので、いいと思います。

まな板を使用する

100均で板があればそれでもいいですし、まな板がわかりやすかったのでこちらをご紹介します。

まな板

このまな板の場合、これに座ればいいというものではなく、先ほどお伝えした坐骨の位置を確認するときに、柔らかい素材を使用した椅子の場合であればお尻に骨の骨の感覚がほとんど出ません。

オフィスで使用されている椅子の場合、このように柔らかい素材が使われていることが多くあります。

その場合にまな板を椅子の上に敷き、この上に座って坐骨で座るようにすると自然な状態に近づけることができます。

グッズを使用せずに日頃からしたいこと

こういったグッズを使うのもいいと思いますし、肩こりのところで紹介したけのびやあくびを日頃からすることは重要なことだと思います。

パソコン作業をするとどうしても身体が丸くなりやすい。意識をしていたとしても完璧な姿勢を維持することは難しいと思います。そこで日頃からしておきたいことは、この丸くなった身体を伸ばす癖をつけることやあくびをして大きく呼吸をすることです。

30分~1時間に1回ぐらいのペースでもいいので、このように小刻みにするだけでも頭痛の発生を防ぐことにもつながりますし、酸素量も多くりますので、頭もすっきりしてくると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。パソコンを使って仕事をされている方で頭痛に悩む方はいると思いますが、やはり姿勢を正すこと、そして筋肉を柔らかい状態で維持することが重要になりますので、そのために何が必要なのかを理解していただくと状態も改善してくると思います。

最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • 頭痛の原因は酸素不足である
  • 姿勢が崩れることで呼吸が浅くなる
  • 首や肩周りの筋肉が硬くなることで脳への血流量が低下する
  • 眼球疲労を起こすと首の筋肉が硬くなる
  • 改善には姿勢を自然な状態にすること、定期的に身体を動かすこと

このような内容でお送りしていきました。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
スポンサーリンク

関連記事

IzuruStyle

カテゴリー

アーカイブ

IzuruStyleについて

  1. コースについて
  2. スタジオについて
  3. 営業時間
  4. お問い合わせ
  5. 南部麻衣
  6. IzuruStyleについて

月別記事

スタジオのご紹介

スタジオ スタジオ

カテゴリー

シェイプアップ ダイエット トレーニング 痛みの改善 スポーツ選手 健康 学生向け おもしろ 魚住廣信 家族

ページ上部へ戻る