パーソナルトレーナーとして独立して約7年|仕事を全うする上で身につけておきたいこと

  • 2018/2/13
身体調整

僕はパーソナルトレーナーとして独立したのが23歳の頃で、独立をしてから6年5ヶ月が経ちます。

周りと比べられるものではありませんが、非常にクライアントさんに恵まれ、何よりトレーナーとして基礎や考え方を指導してくださった先生方と出会えたことが何よりの財産であり、今自分がこうやって仕事ができているのは、みなさんのおかげです。

自分の中で、1つ大きな決断をしており、だからこそこれからパーソナルトレーナーとして独立したい、仕事をしていきたい方に少しでもプラスになればと思って、今回の記事を書いていきたいと思います。

独立するとなれば、不安やワクワク、いろんな感情が混ざり合っていると思います。これだけははっきり言えますが、自分が本当に頑張ればその分、結果は出るでしょうし、活躍できるはずです。

そして周りにどんなことを言われようと、結果で見返すことができるはずです。

独立した以上やるしかない。そう決意している方が、「この記事を信じてやりきってやる!」と思えるぐらい僕のこれまでの6年間をまとめていきたいと思いますので、少しでも参考になるところがあればうれしいなと思います。

今回お伝えする内容は、主に知識や技術、現場でどのようなことを知っておく必要があるのかなどを中心にお伝えします。

独立するまでの流れや、開業届を提出したり、どのように申請をすればいいのかなどは、こちらを参考にしていただければと思います。

>>個人事業主.com

 

スポンサードリンク

パーソナルトレーナーとして独立した後に見てきたクライアントの症状

僕のところには、本当にたくさんの目的を持った方々が来られ、対応してきましたが、必ずしも僕がすぐに対応できる方ばかりではありませんでした。

相談を受けてからすぐに勉強し、現場でセッションをこなしながら身体の変化をみつつ学んでいく。そういうことも何度もありましたし、今でもわからないことがあればすぐに調べ、学ぶようにしています。

僕の場合、みなさんがそれぞれ持つ悩みを相談されたからには、その悩みを解決したいという想いがあり、幅広い目的に対応してきたつもりです。

これからお伝えすることは全て対応してきたことになります。

シェイプアップ

まず最も僕が相談を受けた内容は、シェイプアップです。身体のある部分が気になるから引き締めたい。

自分ではダイエットに取り組んだり、トレーニングをしたけど成果が得られなかったからやっぱり専門の人に見てもらおうと決断し、セッションを受けに来られます。

具体的にどんなことに悩んでパーソナルトレーニングを受けに来られているのか?お腹を引き締めたい、脚を細くしたいというのは上っ面の言葉で、本当はもっと細かいところの改善を求められています。

太もも

例えば太ももについて改善したいと悩んでいる方は、こういった具体的な悩みを抱えています。

  • 太ももの外側のポコッとした膨らみを改善したい。(好きなパンツが履けなくて大きめのサイズのパンツしか履けない)
  • 太ももの前側の張りが気になって脚が出せない。(太ももが太くて自信がないから何をするにしても前向きになれない)
  • 太ももの内側のたるみが気になる。(内ももがすれてしまって歩き方も不細工になってるし、人の目をすごく気にしてしまう)
  • 膝上のたるみを解消したい。(もう年齢も50代で、こんな膝上はおばあちゃんに見える・・・どうにかしたい。)

これはほんの一例ですが、こういった悩みを抱えられており、改善を求めてセッションを受けに来られています。

ふくらはぎ

ふくらはぎの問題としては、このような悩みを抱えている方がいました。

  • ふくらはぎ全体が太く細くしたい。(パンツを履いたときにふくらはぎのサイズが合わなくて1つ大きめのサイズになる)
  • ふくらはぎの外側の張りが気になるが、何をしても引き締まらない。(正面から見たときに脚が捻じれているから不細工)
  • ふくらはぎの内側の筋肉が盛り上がっているから気になる。(男性っぽくていやだ。)
  • むくみがパンパンで何もしても改善しない。

こういった悩みを抱えられていたりし、どこに行っても改善しなかった・・・という一言を沿えてセッションを受けられていました。

その他

その他の部位としては、

  • 二の腕
  • 上背部
  • 肩や首
  • お腹
  • お尻
  • 足首

こういった部位のたるみや膨らみが気になり、それらをすべて引き締めてほしいと求められています。

太ももやふくらはぎの例を見ていただくわかると思いますが、特定の場所というよりも、個人によって気になる箇所が微妙に違い、なぜそこがたるむのか、または太くなっているのか、これを見抜く目が必要になります。

今こういう目的をご覧いただいたときに、実際に想像してみてください。自分のところにクライアントさんが相談に来た時に、どのように対応するのか?それがイメージできないと、学んでおく必要があります。

ダイエット

僕のところには、ダイエット目的で来られる方は非常に少なかったのですが、対応することはありました。

  • どうしても3ヶ月で痩せたいけどどうすればいい?
  • 今糖質制限を行っているけど、なかなか体重が減らないので専門的に見てもらってダイエットしたい
  • ●●ザップに行ったけど、思ったように結果が出なかったので改めてダイエットしたい
  • 20kgダイエットしたいのでサポートお願いします

少し抽象的な内容もありますが、こういった言い方で相談に来られ、そこからこの方達の現状知り、そもそもなぜ太ってしまったのか?その原因をみつけ個々に対応していくことになります。

ダイエットもシェイプアップと並んで要望の多い、案件となります。

痛みの改善

痛みの改善を目的に来られた方は、このような症状を抱えられていました。

  • 椎間板ヘルニアの術後3ヶ月、腰痛が再発
  • 前十字靭帯断裂し、術後1ヶ月後からリコンディショニング
  • モートン病の術後痛みが改善せず相談に来られる
  • 変形性膝関節症で膝の痛み
  • 変形性股関節症で股関節の痛み
  • 鵞足炎
  • 足底筋膜炎
  • 腓骨筋腱炎
  • どこに行っても治らない腰痛
  • 頭痛の改善

これらは少数の症状ですが、腰痛や肩こり、膝や足首の痛みなど、身体の各部の痛みに関する相談をよく受けます。

特にスポーツ選手やランナーの方から相談が多く、これもどこに行っても改善しないから相談に来られるケースが多くありました。

スポーツ選手

スポーツ選手からの要望は主に2つあり、コンディショニングの問題と身体の使い方を教えてほしいという要望が多くありました。

そもそもコンディショニングとは何か。これを理解しておく必要がありますが、この理解には僕もまだ完全に理解できていませんし、これから数年、もしかすると数十年かけて知識と実践を重ねていく必要があると思います。

具体的には、こういったことを求められました。

  • 筋力トレーニングの内容やフォームの指導
  • 持久力を向上させる(5分間走、インターバルトレーニングなど)
  • スピードを向上させるためにはどうすればいいか?
  • アジリティトレーニングとは何かを知りたい
  • ケガをしないようなケアの仕方を教えてほしい
  • ウォーミングアップ、ダウンの指導
  • スポーツによる痛みの改善やリコンディショニング、身体の使い方の指導
  • スムーズなスイング動作
  • 投げ方
  • 走り方

これら以外にも、細かいことを求められ、それらにすべて対応することが必要になります。

健康

健康というのは、非常に大きなテーマであり、健康に関する目的を持って来られる方も多かったと思います。

具体的な要望は以下のようになります。

  • 毎日を元気に健康に過ごすためにはどうすればいいのか?
  • 歩き方の改善
  • 立ち方の改善
  • 座り方の改善
  • 椅子からの立ち上がり、座り方の指導
  • 階段の上り下りの指導
  • 食についてどのように考えればいいか?
  • 身体がだるいし、重いがどうすれば改善できるか?
  • がんを再発しないためにできることはないか?

本当にさまざまな目的を持ち来られていましたが、この部分で最も感じたことは命は有限ということ。クライアントさんが乳癌になり、片側の乳房を切除。生活が一変し、その生活を支えてきました。

365日×2食分をつくりそれを約2年半の間おこなってきています。

調理をするというのは、別問題かもしれませんが、当たり前のように考えていることを指導し、快適さを実感させる必要があり、これらはクライアントさん全員に伝える必要があると思っています。

その他

これら以外にも以下のようなことを相談されてきています。

  • 鬱からの改善
  • 偏頭痛の改善
  • 低体温や冷え性の改善
  • 便秘の改善
  • むくみの改善
  • 身体や筋肉を柔らかくしたい
  • 筋肉を大きくしたい
  • 身体を大きくしたい
  • 生理前後で体調が大きく変動するからそれを安定させたい
  • 病気の予防をしたい
  • ストレスが多いからそれを解消したい

あげればきりがありませんが、こういった本当にたくさんの相談をいただき、その都度クライアントさんそれぞれが少しでも改善するように努めてきました。

まずここでは、僕がパーソナルトレーナーとして活動してきた6年間の中で経験してきたことです。おそらくこの先パーソナルトレーナーとして活動すればもっと別の要望や相談があると思います。

自分の技術が向上するにつれて求められる内容も変わりますし、失敗もできなくなっていきます。そういう状況の中で常に結果を出し続けることができれば、パーソナルトレーナーとしても充実した日々を送っていると思います。

 

仕事を全うする上で身につけておきたいこと

これまで経験してきた症状をお伝えしたのは、パーソナルトレーナーとして独立し、仕事をいただき満足していただくため、仕事を全うするためにはこういった目的に対応できる知識や技術、指導料を身につけておく必要があるということをお伝えしたかった。

一見すれば無理だと諦めそうになるかもしれませんが、それだけいろんなことに対応しようと思うと、それなりに時間もかかりますし、覚悟もいりますし、1つ1つを本物から学ぶ必要があります。

教科書を読んだ程度では対応ができない。これは本当に現場で活動すると痛感します。

だからこそ、これからパーソナルトレーナーとして独立しようとする方は、少しでも先に現場の厳しさや難しさを知っていただきたいですし、現場で活動する以上ごまかさないようにしていただきたいなと思っています。

よければこれまで経験した症状のセッションで行ったことをまとめていますので、時間のあるときに気になるページを読んでみてください。

 

パーソナルトレーナーとして活動しつづけるために学んでおきたいこと

ここからは少し現場の知識以外の部分になりますが、個人的にはSNSやブログを通して、自分の考えや誰かの役に立てることは積極的に発信し続ける方がいいと思います。

そこに興味を持ちセッションを受けに来られる方がいますので、そういうのは活動し続けるためには大切なことです。

SNSの活用

今では、

  • Facebook
  • インスタグラム
  • Twitter

などのSNSは誰しもが知っているものであり、ほとんどの方が何かしらに登録しています。

これらは拡散することもしやすい環境になり、自分の存在を知らない方にも情報を届けることができ、自分の存在を知ってもらえるきっかけになります。

パーソナルトレーナーとして独立するのであれば、必ずSNSは活用して情報発信をし続けたいところです。

ブログの活用

個人的にはここを徹底的に勉強すると、クライアントさんは看板のないスタジオでも来られるようになるので、ぜひ活用していただきたいと思います。

このブログもワードプレスというものを使っていますが、まずはサーバーに契約し、ドメインを取得する必要がありますが、まだわからない方は、こちらのエックスサーバー が使いやすいので、こちらをご覧いただき、作成の手順をご覧いただきたいと思います。

またブログの運営は、バズ部というサイトをご覧ください。ワードプレスの立ち上げ方、運営の仕方などノウハウがすべて書かれていますので、これによって運営すると圧倒的な結果が出せるようになります。

いろんな強みを得ておく

僕は元々料理人でしたので、パーソナルトレーナーと出張料理人を同時に行い、そこで喜んでいただくことができました。

パーソナルトレーナーがヨガを教えられたり、何か別のものと組み合わせて指導できることは大きな強みになるので、そういうことも意識してパーソナルトレーナー以外の資格を取得しておくことも大きな武器になると思います。

ファスティングコンサルタント資格取得講座 などが取得できるFORMIEでは、いろんな資格が取得できるので、こういうサイトを活用するのもいいと思います。

パーソナルトレーナーとして独立したてはそこまで余裕がないかもしれませんが、こういう視点を持つことで長期的に見れば大きな武器になりますので、ぜひ学んでおきたいことだと思います。

 

原因を追究し発見できる技術は必ず必要になる

現場で最も大事な技術のひとつに原因をみつける会話術でも言うのでしょうか、原因のヒントを引き出すために話を聞くことがうまくなる必要があります。

ここがうまくできないと、いくら知識を学んでも、クライアントの悩みはどこが原因で、どのように対応すればいいのか、その流れがわかりません。

大事なことはいかに原因をみつけることができるかです。

話を聞いて、クライアントが持つ悩みの種を原因としてみつけるためには、幅広い知識が必要です。そしてそれを改善する技術が必要です。

こういった話を聞きだす能力はパーソナルトレーナーにとって必須だと思います。

 

まとめ

ここまで現場で相談された症状、改善に必要なこと、現場で原因をみつけるための会話術、本当にさまざまな知識、技術、能力が必要になり、これらを時間をかけて養成していく必要があります。

決してきれいごとだけではないと思いますが、クライアントに対して本当に真摯に向き合い、それを継続的に行うことができると5年経ってこれまでの時間を振り返ったとき、本当に驚くぐらいやれることが増えています。

そして何よりも自分の成長を実感することができます。

本気でパーソナルトレーナーとして独立し、活躍し続け、本物になろうと思うのであればそれなりの角度を持って取り組まないと、そこは甘い世界ではないと思います。

だけど、やりきったときクライアントさんに感謝され、お互いが気持ち良く時間を過ごすことができるようになると思います。

今回の記事が独立しようか迷っているパーソナルトレーナーの方の、少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

おすすめ記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で


シェイプス
関連記事

おすすめ記事
  1. 鵞足炎
  2. 水分
  3. 打ち方
  4. コンディショニング
  5. 椅子への座り方
  6. がんと食事
  7. ランニング 膝
  8. 変形性股関節症
  9. 走り方
  10. ふくらはぎをストレッチ



ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
カテゴリー
おすすめ記事
  1. 水分
    水分のとりすぎが起こるひとつの原因に、モデルさん達が「美容のために水分を1日3リットルとってます…
  2. 鵞足炎
    運動やスポーツをしていると、膝のお皿の内側が痛むということがよく起こります。お皿の近くではあるけ…
  3. 変形性股関節症
    変形性股関節症に悩まれている方から相談もありますが、みなさん1回は手術が頭をよぎり、手術を回避しよう…
  4. 打ち方
    いかに打つか、野球選手なら常に考えていることだと思います。 身体をどのように使えば打てるのか、…
ページ上部へ戻る