投手がインコースばかりボールを投げてしまう原因について

コントロールの良い投手と、悪い投手。その違いはどこにあるのでしょうか。

そのひとつは足元にあり、軸足に体重を乗せたときに小指側に体重が乗ってしまうとボールは高めに浮きやすく、無理にコントロールすれば勢いのないボールや沈むようなボールがいってしまいます。

今日はインコースばかりにボールがいってしまい、うまくボールをコントロールできない投手に向けて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

なぜインコースばかりにボールがいってしまうのか?

投手の基本はアウトローにボールを投げることといわれる通り、自然な身体の使い方ができればアウトローにボールはいきます。

ですが、インコースにばかりボールがいってしまったり、インハイにボールが抜けたりし、監督・コーチに「もっとアウトローに投げろ」「低めに投げろ」と指示を受け、わかってはいるもののどうしてもコントロールが定まらない。

このようなことで悩んでいる投手もいるのではないでしょうか。

なぜインコースにばかりボールがいってしまうのでしょうか。それは、インコースに投げるような投げ方をしているためです。理由はシンプルです。どのような投げ方をしているのかを知れば、それを改善すればアウトローにボールを投げることができます。

インコースにばかりボールがいってしまう投手は、インステップをしています。インステップをすると、その延長線上に投げることになりますので、その先がバッターのインコースになります。

インステップをしてしまうのは、つま先に体重がかかっていたり、プレートをつま先で押すような意識を持っていると踏み出した足はインステップになります。

インステップ

インステップが癖になっている投手は、踵でプレートを押し、足をどこに踏み出せばいいのか、それを理解し、まっすぐ踏み出すことを繰り返せばアウトコースにボールがいくようになります。

 

足をどこに踏みだせばいいのか?

では、インステップになっている投手はどのように改善を行えばいいのでしょうか。

それは軸足の踵の延長線上に、踏み出した足のつま先がくるように踏み出すことです。

軸足の踵でプレートを押すように踏み出すことができれば自然とこの位置にきます。

インコース

インステップになっている投手は、踵でプレート押しこの位置に踏み出せるように繰り返します。

インコース 踏み出し

これだけで今までアウトコースに投げられなかった投手は、投げられるようになる選手もいます。

関連記事:インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

 

整理しておきたい踵の位置について

最後にこれまで踵でプレートを押すと表現してきましたが、この位置も整理をしておかないとそれぞれの理解になってしまいうまくいかないことがあります。

ここでお伝えする踵というのは、ここではありません。

踵の位置

これまでもお伝えしてきていますが、踵と表現しているのは内踝の真下に当たるこの位置でプレートを押すようにします。

体重支持ポイント

この位置でプレートを押すと、投球時のエネルギーの約60%が下半身で作られるため、つま先で押すよりも大きくなり、勢いのあるボールを投げられる可能性があります

踵でプレートを押すというのは非常に大切な動作であり、コントロールという点でも、勢いをつけるという点でも大きな役割がありますので、ぜひ実践していただければと思います。

関連記事:投手の下半身の使い方|プレートの使い方で投げるボールの質が変わる

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。コントロールの悪い選手は、うまく立つことができておらず、足元が不安定です。

難しいことをするよりも足元のことや、踏み出し方を変えることでコントロールも変わってきます。後はリラックスして動作を行うことで自然とアウトローにボールがいくようになります。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

関連記事

  1. ランニングで膝の痛みが発生する7つの原因と改善について

  2. スポーツ選手に伝えたい体幹トレーニングを行う上で整理しておき…

  3. マラソンタイムを短縮する|結果から見えた課題と成果について

  4. 手首が寝る

    “一生懸命”は裏目に出る。野球選手に…

  5. 疲れにくい走り方とは?手足を動かそうとせず重心を前に運ぶこと…

  6. 現場で感じるリコンディショニングの重要性と難しさについて

伊藤 出

パーソナルトレーナーの30歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIzuruStyleオープン)。

【指導経歴】
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

>>プロフィール詳細
>>IzuruStyleについて
>>コース一覧
>>お客様の感想
>>無料体験
>>お問い合わせ