長いイニングを投げたいなら手首の使い方を意識しないこと

手首を使って投げる

先日、ソフトバンクのサファテ投手が先発陣が早々にマウンドを降りてしまうからリリース陣は疲労が溜まっているとチームに喝を入れました。

プロ野球選手を目指す投手であれば、チーム内でいかに長く投げ勝ち星をチームにつけられるかがひとつの評価となります。

長いイニングを投げるためには過度に手首の使い方に意識を向けないことです。手首に意識を向けて動作を行ってしまうと早々に前腕が疲労してしまいます。

投手に大切なことは、いかにリラックスし、気持ちよく投げ続けられるか。

今回は、投手の手首の使い方についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

基本的な投球動作

投手の投球時の基本的な動きのイメージは、主に3つです。

  • 立つ
  • 前に(体重移動)
  • 投げる

です。この3つの動作で考えるとわかりやすいと思います。

一連の流れはこのようなイメージがあると思います。

軸足で立つ

前に体重移動

投げる

 

投球の60%のエネルギーは下半身で生まれる

これまでも何度かお伝えしてきていますが、投球時下半身で作られるエネルギーは約60%。

下半身で作られたエネルギーに上半身などで作られたエネルギーが加算され、ボールやバットに伝わっていきます。

だから野球は下半身が重要だといわれます。

ボールをリリースする瞬間最も力の加わる部分は、体幹ですが、たまに前腕が張ってきてしまうということを聞きます。

この原因は、ボールをリリースする瞬間に手首を操作している可能性があり、ボールを切るだとか、手首を使う意識をもっている可能性があります。

このように手首を使ってしまうと、前腕部分が早々に疲れてしまい、握力が弱くなってしまい、ボールがすっぽ抜けてしまったり、コントロールできなくなる可能性があります。

投手として長いイニングを投げたいと思っている選手は、このような意識を持たないことです。

手首を使って投げる

ボールを切るように投げる

 

手首を使ってもボールに大きな力を加えられない

手首を使ってボールに勢いをつけようとしても、あまり意味がありません。

というのは、先ほどもお伝えしましたが、投球時のエネルギーの約60%は下半身から生まれます。そしてそれらは身体を捻る、肩や腕などが連動して動く中でさらに加速されてボールに勢いがつきます。

全体としてスムーズに動く方が結果的にはいいわけですが、手首を使う意識を持ってしまうとそこで緊張が生まれ、ブレーキになってしまう可能性があります。

プロ野球の投手の動きを見ていても、手首を使っているように見えますが、手首を使おうとしているわけではなく、リラックスして投球すれば自然に手首は動いてくれます。

ここで理解していただきたいことは、部分の動きを意識的に行うのか、または、動作を行う中で自然に動いているのか、この理解が必要です。

バッティング時の手首の使い方とは?手首は固定する、それとも返す?でもお伝えしていますが、打者の場合も似ていることが言えます。

部分的に身体を動かそうとしなくても、全体の動きがスムーズであれば部分もスムーズに動くため、投球時は手首に意識を向けない方がスムーズに動作ができるはずです。

 

手首を使おうとすることのデメリット

投手として手首を使おうとすることのデメリットは、疲労するのが早くなるということです。

手首を使おうと意識しすぎると、小さな筋肉である前腕が疲労してしまいます。前腕が疲労すると投手はわかると思いますが、思ったようにボールをコントロールできなくなりますし、球が走らなくなります。

先発投手がこのような投げ方をしているのであれば、長いイニングを投げれば失投も増えるでしょうし、打たれる可能性が高くなってしまいます。

そうならないためにも、ボールをリリースする瞬間に力が加わるポイントが体幹だと理解しておくことが必要です。

投球時は体幹に力が入る

体幹の筋肉は、手首の筋肉に比べて大きい筋肉になります。

ですので、その分持久性もありますので、疲労しづらくなり、結果的に長いイニングを投げられるようになります。

もっと言えば、体幹のトレーニングをする必要性はここにあります。

なぜ腹筋背筋をするのか、投球時に体幹部で力を発揮するからであり、もし体幹の持久性が乏しい場合、腕で投げてしまい肩肘を痛める原因になる可能性もあります。

投手にぜひ知っていただき体幹トレーニングについては、こちらにまとめていますので、参考にしていただければと思います。

野球に活かす体幹トレーニングとは?腹筋や背筋のことではなくつながりを考える

 

スムーズな投球動作をするためのアドバイス

投手は投げるときには、気持ちよく投げる、疲れないように投げることが重要だと考えています。

そのために必要なことは、リラックスしてスムーズな動作ができることです。

スムーズな投球動作をするためには、こちらを参考にしていただければと思います。

 

まとめ

今回は投手の手首の使い方の考え方についてお伝えしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

投手は過度に手首を使う意識を持ってしまうと、緊張が生まれ小さな筋肉である前腕がどうしても疲労してしまいます。

そうなると、早い段階で失投が増えてしまったりすることで長いイニングを投げられなくなってしまいます。

手首を使おうとしても結果的に大きくパフォーマンスは変わりません。それよりも下半身の使い方を改善する方が大きなエネルギーを作り出せるため結果的にはこちらの方がいいはずです。

野球選手全体に言えることですが、部分的な意識、部分的な動作の繰り返しは緊張を生み出し、スムーズな動作の妨げになる可能性があります。

もっと全体を通しての動きづくりをする必要があると思います。

最後に今回お伝えした内容をまとめていきたいと思います。

  • 投球動作は、立つ、前に、投げるの3つの局面で考えるとわかりやすい
  • 全体の約60%のエネルギーは下半身で生まれる
  • 手首を使おうとすると前腕が疲労する
  • 前腕の筋肉は小さな筋肉なため疲労するのが早い
  • 投球時は体幹が最も大きな力を発揮する
  • 体幹の持久力があれば長いイニングを投げられるようになる
  • ただ、全体の動きがリラックスしてスムーズに動いていることが必要である

このような内容でお送りしていきました。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 投げ方
  2. がんと食事
  3. ふくらはぎをストレッチ
  4. 壁立ち
  5. 椅子への座り方
  6. 変形性股関節症
  7. 打ち方
  8. 歩き方
  9. コンディショニング
  10. 走り方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  2. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  3. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  4. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
ページ上部へ戻る