地面から立ち上がるときに膝が痛む原因と改善について

立ち上がるときに出る膝の痛み

地面から立ち上がおくろうとするときに膝が痛む。これは筋力の問題がないわけではありませんが、主な原因は痛いように立ち上がるから膝が痛んでいます。

立ち上がるときの痛みを相談されたクライアントさんがいらっしゃって、その方の立ち上がりの動作を改善すると、膝の痛みを感じずに立ち上がることができました。

このように動作を改善することで起こる痛みの変化は、筋力の問題ではなく、動作そのものに問題があり痛みが発生しています。今回は、地面から立ち上がるときに出る痛みの原因と改善についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

地面からの立ち上がりで膝が痛む原因

どのような動作をすることで、膝が痛んでしまうのでしょうか?

まず地面から立ち上がろうとするときどのように立ち上がろうとするでしょうか。クライアントさんは40代の女性で、まだまだ筋力も十分ある。

この方が地面から立ち上がろうとするとき、このような動作をしていました。

地面からの立ち上がり

地面からの立ち上がり

地面からの立ち上がり

地面からの立ち上がり

この動作をするとき漏れてきそうな声は、「よっこらしょ。」ではないでしょうか。こういった動作をすることで、太ももの前側の筋肉に強いストレスがかかり、その腱の部分である膝のお皿のすぐ下辺りに強い痛みが出てきていました。

こういった脚の筋肉に頼って、自分の身体を持ち上げようとすると、膝に大きなストレスがかかってしまい痛みが出てしまいます。

どういう動作をすればスムーズに立ち上がれ、痛みを感じずに立ち上がることができるのでしょうか?

 

地面から立ち上がる動作について

実際にお伝えしたことは、まず片膝を立て、このような姿勢になります。

立膝

今までのイメージでは、ここで踏ん張るように脚に力を入れて立ち上がっていたんですが、そうではなく前に顔を送り、そしてまっすぐ立ち上がるように動作を変えていきました。

立ち上がる

立ち上がる

このような動作で立ち上がると、膝に痛みが出ずにスムーズに立ち上がることができました。

さらに、立ち上がるときに頭をすっと引き上げるようなイメージを持ち、少し目線を上げることでより身体は軽く持ち上がる感覚が出てきたそうです。

 

筋力に頼るよりも楽に動ける動作を覚えること

階段の上り下りでもそうですよね。

足を階段に乗せ、グッグッと踏ん張るように上がっていくと脚の筋力で上がるため疲れてしまいます。そうではなく、頭をすっと引き上げるようなイメージを持って、階段を上っていくと身体が軽く扱えることがわかると思います。

階段

関連記事:階段の上り下りのときに出る膝の痛みは筋力強化では改善しない理由

歩き方にしてもそうですよね。地面を蹴って進もうとすると、ふくらはぎが疲れてしまって歩くことがしんどく感じるはずです。

関連記事:脚は前に出さない?!歩き方を習得するための3つのステップと考え方について

筋力に頼って動作をすることも目的次第ではいいかもしれませんが、一般の方であればできるだけしんどいことは避けたいはずです。

もしそうであれば、筋力を強化していくよりも、こういった楽に立てる、動ける動作を理解して実践できた方が、もっと快適に過ごせると思います。

 

楽な動作ができた上で筋力があることでより楽に過ごせる

筋力を鍛えることを否定したいのでもありません。

楽な動作ができて、なおかつ筋力も高くなる方がより楽に過ごせるはずでしょうし、身体も楽に扱えるはずです。

そういう意味では、ジムに行って筋力を鍛えることは決して間違っているとは思いません。

大切なことは順序だと思います。筋力を鍛えるから楽に動作ができると考えるよりも、楽な動作を身につけるから楽に動ける。さらに筋力が高くなることでさらに楽に動けるのではないでしょうか。

 

椅子から立ち上がるときに出る膝の痛みも考え方は同じ

今回お伝えした内容は、椅子から立ち上がるときに出る膝の痛みも同じ考え方です。

もし椅子から立ち上がるときに膝に痛みがある方は、次のように椅子から立ち上がってみてください。痛みが出ずに立ち上がることができるはずです。

椅子に座った状態から顔を前に送る

椅子に座った状態から、顔をまっすぐ前に送るように身体を傾けていく。

立ち方

立ち上がる

お尻を浮かし、踵に乗る

そのまま顔を前に送って、お尻を浮かしたら両足の踵に乗ります。

踵の乗る

あとは、まっすぐ立ち上がる

ここまで来ればあとは、まっすぐ立ち上がります。

立ち方

このような一連の流れで椅子から立ち上がると、膝も痛くならないですし、楽に立ちあがることができます。

あとは、このときにどういう意識で行うのか、どういうイメージを持つのかによってさらに身体を軽く扱えるようになっていきます。

ぜひ、椅子からや地面から立ち上がるときに膝に痛みを感じる方は実践してみてください。

関連記事:立ち方を考える|胸を張るのは間違い?!立ち方を理解するための3つのステップ

 

まとめ

今回は、地面から立ち上がるときに痛む膝の原因と改善についてお伝えしてきました。

決して今もっている筋力が弱いからだけが膝が痛む原因ではありません。多くの場合が動作そのものに問題があり、痛くなるような動作をしているだけです。

動作を変えることができるとそのときに痛みが出ないことが理解できるはずです。

こういった考え方で膝の痛みと向き合ってみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 走り方
  2. 打ち方
  3. コンディショニング
  4. 歩き方
  5. 壁立ち
  6. 変形性股関節症
  7. ふくらはぎをストレッチ
  8. がんと食事
  9. 腰痛の原因
  10. 投げ方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
  2. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  3. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  4. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る