走るときに膝を高く上げようとすると速く走れなくなる。膝は前に出すイメージ。

走るときの膝の動き

「速く走りたいなら膝を高く上げなさい!」

そうやって小学校の先生に教わったことが今でもすごく頭に残っていますが、走るときに膝を高く上げようとするとスムーズに脚が回転せず、逆に遅くなる可能性があります。

これ、結構意識している人、多くないですか?膝は高くあげるんじゃなくて、膝は前に出すイメージで走ると脚の回転がスムーズになるんですね。

そうすると自然とスピードは上がるので、速く走れるはず。そもそもスピードを上げるための条件を理解しておかないといけないんですけど、速く走るためには膝を高く上げたり、全力疾走を繰り返すことは一部では必要ですけど、そればっかりしてもスピード向上にはつながりません。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 


スピードを向上させる条件は決まっている

速く走るということは、スピードを上げるということになりますが、気持ち的には「頑張ればきっと脚は速くなる!一生懸命努力しよう!」と言葉をかけてあげたいところですが、実際はもっと専門的に見ていかないとおそらくスピードの向上は難しい。

スピードを向上させるためには、この2つの関係しかありません。

ピッチ×ストライド

ピッチとは?

簡単に言うと、脚の回転のことです。脚がスムーズに動くことでそれだけスピードが上がり、速く走ることができます。

ストライドとは?

ストライドは、1歩の歩幅のことです。元陸上選手のウサイン・ボルト選手が圧倒的な速さを見せたひとつの要因としてストライドが大きかったことがあげられます。

このように速く走るためには、このどちらか、もしくは2つをいかに向上させるのかがポイントになってきます。

もう少し重要なところピックアップしてお伝えすると、

  • 全体の動きをスムーズにすること
  • 1歩の歩幅をいかに大きくするか

この2つを考え、改善していくことがポイントとなります。

関連記事:速く走るためにはフォームをどう考える?実践から感じた走り方について

 

膝を高く上げようとするとなぜ速く走れないのか?

今回の本題ですけど、速く走るための条件で動きをスムーズにするとお伝えしましたよね。

今は動作分析が非常に精度高くできるようになっていますが、ある大手の会社が陸上選手の膝や足首などいろんな箇所に小さな機器を張り付け、どのような動きをするのか。

トップ選手と日本人選手との違いについて調べたことがありました。

するとトップ選手は、脚の軌道は横向きの楕円形になることがわかりました。この楕円形になることが脚がスムーズに動き、より最短で脚が回転します。

逆に日本人選手は、脚の軌道は大きな円を描くように動いていることがわかりました。これは膝を高く上げることもありますが、足首を使って地面を蹴った結果、後方で脚が情報へ跳ね上がり、動きが大きくなってしまう、ロスが生まれていました。

要は、脚の動きがスムーズに動かし、ピッチを上げるためには、脚の軌道が横向きの楕円のように動くことが求められることがわかってきたそうです。

この軌道にするためには、膝を高く上げることではなく、膝を前に出すようなイメージを持つことで、脚の動きがスムーズになり、ピッチの向上につながります。

膝を高く上げることは、脚の動きの中で緊張を作ってしまい、ピッチを下げる可能性があります。ですので、膝を高く上げるのではなく、膝は前に出すようなイメージで使っていきます。

関連記事:疲れない走り方とは?重心を低く腕を一生懸命引けば疲れる

 

膝を高く上げると上には引き上げられるが前には進みづらい

その場で膝を高く上げるようにもも上げをします。そして、その状態で前に重心を移動させていくとどうでしょうか。前に進みやすくなりますか?

次は、膝を軽く前に出すようなイメージでその場で駆け足をします。その状態で重心を前に移動させていくとどうなるでしょうか。膝を前に出すと、前方にグッグッグッっと引っ張られるというか、進む感覚が得られると思います。

冷静に考えて、前に進もうとしているのに、なぜ膝を高く上げる必要があるのでしょうか。

もし、それでピッチが上がるというのであれば、先ほどお伝えした2つの動きを試していただくとわかりますが、明らかに膝を高く上げる方が動きが硬くなります。

スムーズに動けると、人は気持ち良く感じ、リラックスして走ることができると、疲れず、息が切れにくくなります。

しんどさを感じることは、速く走るための条件としては不要なものです。いかにリラックスして気持ち良く走れるか、これがポイントになってきます。

 

つま先で地面を蹴ることもしなくていい

短距離をより速く走るためには、地面をつま先で蹴ることもしなくていい。なぜならつま先で地面を蹴ることで、身体の後方で脚が跳ね上がり、先ほどお伝えした脚の軌道が楕円ではなく、円のように動くからです。

脚が大きく回転するというのは、動く距離が大きくなるので、それだけロスが増えます。

またつま先で地面を蹴ると、後方に脚が上がってしまうと作用反作用の関係で、身体は前に倒れてしまいます。

そうすると、着地の際にブレーキがかかってしまい、ここでもロスが生まれるため、速く走るための条件としては不適切だと考えられます。

基本的には、場面にもよりますけどつま先で地面を蹴ることはせず、地面を真下に踏み込みイメージを持つことで、ストライドが大きくなり、結果的にスピードの向上につながります。

これは、速く走るためにはつま先で走る?イメージと実際の動きの違いについてで詳しくお伝えしていますので、参考にしていただければと思います。

持久系アミノ酸なら、長時間パフォーマンスを維持できる「アミノサウルス」

 


まとめ

今回は走るときの膝の動きについてお伝えしましたが、膝は高く上げずに、前に出すようなイメージで走ることでピッチが上がりスピードが上がります。

またつま先で地面を蹴るのではなく、真下に押し込むようなイメージで走ることで、ストライドが伸び、結果的にスピードが向上します。

このようなピッチ×ストライド=スピードの向上という式を理解すると、速く走るために何をすればいいのかがわかりやすくなると思います。

今回の内容も、少しでも参考にしていただければと思います。

最近の記事

関連記事

おすすめ記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 重心は前、脚は後ろで大きく回転

    ランニング時の走り方を変えることで息が上がりにくくなる

  2. 手軽にスイングスピードを計測できるマシン3選のご紹介!

    手軽にスイングスピードを計測できるマシン3選のご紹介!

  3. インパクトの位置

    よび込む?よび込まない?打者が知っておきたいインパクトの位置…

  4. 投手が前に脚を踏み込んだときに膝が割れてしまう原因と改善方法…

  5. 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)が起こる原因と改善について

  6. 一生懸命

    “一生懸命”は裏目に出る。野球選手に…

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

    2018.05.23

    仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策…

  2. 2018.05.18

    むくみや女性特有の身体の悩みを持つ方におすすめしたい本5…

  3. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  4. 2018.05.18

    ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!…

  5. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  6. めりーさんの高反発枕

    2018.05.17

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  7. 着圧ソックス

    2018.05.17

    プロが選んだ!着圧ソックスおすすめ人気ランキング

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  3. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…

  4. 変形性股関節症

    2016.01.10

    変形性股関節症は必ず手術が必要?症状から見る改善のヒント…