冷え性で悩んでいる方がヨガに行ってもうまく改善できない理由

  • 2018/1/25
ヨガ

最近はまた冷え込みますね。僕は元々体温も高いですし、冬でも寒いことは寒いんですけど、多分みなさんが感じているよりも、寒くないはずです。

でも冷え性の方ってもう極寒で手足なんかカチカチに冷え切って本当につらいですよね。先日そんな冷え性に悩まされる方からご相談をいただいて、話を聞いていたんですけど、ヨガに通っているけどなかなか冷え性が改善しないということでセッションを受けに来られました。

ん~、冷え性改善のために頑張ってヨガをされていたんですけど、思ったように改善せずでもうやめようかと悩まれていました。

最近は駅前にLAVA さんとか、大手のホットヨガも出ていて通いやすくなっているし、値段的にも安価になっているのでさらに通いやすくなっている印象がありますね。

LAVA さんはホットヨガでいろんなコースもあるそうで、ヨガとしてはいいと思うので女性のクライアントさんで通っている方もいます。ただ、冷え性の改善となれば少し別かなと思います。

今回は、そんなヨガで冷え性を改善しようとされた方とのセッションのことをお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

冷え性になる原因とは?

そもそも冷え性になる原因ってどういう理由だと思いますか?

よく知られているかもしれませんが、それは循環不良です。心臓から送り出される血液は熱を持っており、本来それが末端である手足の指先まで滞りなく循環すると、本来は指先まで温かい。

僕の手足は今でも温かいです。でも、女性の多くは循環が悪くなり、手足がもうキンキンに冷え、それが室内であっても、時には夏であっても冷たい。悩ましいですよね。

これってよく考えると、なぜヨガで冷え性が改善しないのかはわかってくるんですけど、もう少し深堀していきたいと思います。

血液が末端まで流れていないわけではない

心臓から送り出される血液は熱を持っており、それが末端までたどり着くと冷え性ではないはずなんですが、手足が冷たい。

たまに、冷え性は血液が末端まで流れていないという表現を見ることがありますが、これは適切ではありません。なぜなら今指先をピッっと切っても血が出ますよね?

これは末端まで血液は流れているため、血液が流れていないから冷え性になっているわけではないということです。流れていても循環が悪くなってしまうとやはり末端まで冷える。

なぜ循環が悪くなってしまうのでしょうか?

静物化が1つの大きな原因

循環が悪くなってしまう大きな1つの原因に、現代人が静物化が進んでいることがあげられます。

やはり動物は動かないといけないはずですが、仕事や家での生活は常にパソコン、スマホ、タブレットなど便利な機器が占領し、身体を動かさずとも思い通りの生活ができる。

または、仕事がこなせる。素晴らしい世の中になった一方、本来大事にすべきものが失われた。

身体を動かすことで、筋肉がポンプの作用となり循環を促します。そうすると、そのポンプ作用によって血液の流れも活発となり、熱を持った血液も末端まで届き、冷え性にはなりづらいはずです。

ですが、今は動く量が減り、噛む回数も減り、医療は進んでいるにも関わらず、癌患者は年々増え続ける。

冷え性だけに限らず、健康問題が大きな社会問題となってます。こういった身体を動かさなくなった、動かさなくても生きられる環境になったことも冷え性の1つの要因として考えることができます。

改善のヒントは筋肉を動かし、ポンプ作用を働かせ、循環を促すことです。

 

なぜ冷え性はホットヨガに行っても改善しなかったのか?

このクライアントさんと話をしていると、クライアントさん自身は、ホットヨガに行けば身体は温まり、冷え性は改善されるのではと期待されていたそうですが、そうはならなかった。

なぜ冷え性はヨガに行っても改善しなかったのでしょうか。

ヨガの内容に問題がある

僕自身あまりヨガに詳しいわけではありませんが、この方からヨガで行った内容を聞いてみると、ある何パターンかのポージングを1時間の中でテンポを変えてルーティンで行うというのがレッスンの内容だったそうです。

ヨガというのは、あるポージングを目指してグーっと伸びたり、身体を独特のポーズにもっていったりしますが、このとき動きがあるというよりも、ゆっくり動き、キープするという動きが多くなります。

これでは筋肉が、収縮-弛緩といって、肘を曲げて伸ばすようなポンプの作用にならず、あまり筋肉がポンプされません。

ということは循環そのものは改善できない。ただ、室温はホットヨガですので暑いので汗はかく。そのときはいいのですが、身体の中身で言えば循環の改善はできていない。

ここで問題があったと考えられます。どうしてもグループレッスンですので、そこは融通を効かせるということは難しいはずです。こういったグループレッスンの場合、個人の身体に合わせてできないのがデメリットになってしまいますよね。

方法が先行すると結果が出にくい

これはいつもお伝えすることですが、何に感じても今の身体は何か原因があって悩む箇所があったり、症状があるわけです。

その”原因”を探らずして何かを選択することは本来できない。なぜなら現状がわからないため、何をすればいいのかが見えないからです。

イメージ的にはホットヨガに行けば冷え性は改善できそうですよね。でも、必要なことは筋肉のポンプ作用を働かせ、循環を促し、筋肉を柔らかくすることです。

それができるのであれば、方法は何でもいいということになります。ジムでもホットヨガでも筋肉のポンプ作用を働かせられるトレーニングができれば、冷え性は改善していくはずです。

 

冷え性を改善するために行ったこと

実際にセッションで行ったことは、身体を揺らしたり、適度に動かすという一見簡単に思えるようなことばかりです。

でも、身体を動かせば動かすほど身体は温まっていき、手足の末端まで血液が流れていくような感覚も出てきて、循環を改善することで冷え性が改善できるというイメージはしっかり持っていただくことができました。

身体を揺らすこと

僕自身も最近は毎日のように行っていますが、人は体温が下がってくると震えますよね。あれは身体を震わせることで熱を発生させているわけですが、人は身体を揺らすことで熱が発生し、身体が温かくなっていきます。

何種類か身体を揺らす方法をお伝えし、それを約10分間いろんな動きで身体を揺らし、身体の変化を見ていただきました。

このように見た目ではあまり意味がなさそうな動きですが、クライアントさんも驚かれていましたが、このような動きを2~3分したところで身体が軽くなってくることがわかり、そのあたりから身体が温かくなってきて、身体がポカポカしてきたそうです。

こういう身体を揺らすことで、身体が温かくなることを実感していただきました。

軽く身体を動かす

身体をぶらぶら揺らした後は、身体を連続的に動かすようなことを繰り返していきました。

魚住方式

筋肉とパワーの関係

こういった動きをする中でも身体が温まってくることがわかったそうです。この動きで身体が温かくなることについては、健康とは?速筋線維を「快」で刺激する。気持ちのいいことでも身体は変わるを参考にしていただければと思います。

実際にこれを体感したクライアントさんは、「おもしろいですよね~。こうやってポフポフしているだけで温かくなってくるし、筋肉も緩むんですね。」と言われており、循環を改善することで身体が温まることを実感されていました。

セッション後にお伝えしたこと

セッション後にお伝えしたことは、身体を冷やさないように家での服装に注意したり、お風呂につかってしっかり温まることなど当たり前のことですが、お伝えしていき改めてそういうことが意識して行えるようにしていただきました。

また生姜など身体が温かくなる飲み物や食事などもお伝えし、これからも改善に取り組んでいくことになりました。

もう1つ原因として考えられることは、ストレスの多さだと感じましたが、これはセッションの中で僕自身がそのストレスをとる役割になれればいいと感じることでしたので、そこはセッションでしっかりとサポートしていきたいと感じました。

このように決してハードなことをするわけでもなく、冷え性は改善できましたし、今後も良い状態が続くようにサポートしていきたいと思います。

 

ちょっと難しい話のようだけど目的と方法の関係は大事

ブログでは毎日のようにお伝えしていますが、やっぱり目的と方法の関係を考えることって大事だと思うんですね。

なぜなら無駄な時間をできるだけ過ごしてほしくないからです。

読者の方にもお伝えしたいのが、そもそも、なぜという原因の部分を知ることが何よりも重要だということです。

今は何が流行ってますかね。ちょっと例えば出てこないですけど、●●法がいいからとテレビでやっていたからやるんじゃなくて、原因をしっかりと理解するとそういう外部からの情報で左右されることはなくなります。

日本人は特にだと思うんですね。トマトダイエットにしても街からトマトが消えたじゃないですか。あれって流行りすたれで動いて、結局今は続いていない。

本当に大事なこと、理解しないことがあるはずで、それが見えると方法論に左右されるのではなく、さるべきことは見えてくるはずです。

僕は身体の悩みを持っている方はそういう状態になっていただきたいんですね。なぜなら右往左往している時間って結局無駄になることが多い。余計にお金もかかりますからね。

今回の方もそうですし、できるだけ読者の方にもそういう風にサポートできればと思っていますので、今ご自身の身体がどのようになっているのか、そして変えるためにはどうすればいいのか迷っている方は、一度ご相談していただければと思います。

お問い合わせ

 

まとめ

冷え性の改善はヨガをすることではなかなか難しいかもしれませんし、それは内容によるところです。

冷え性を改善するためには、循環を改善すること。筋肉を動かし、ポンプ作用を働かせることで身体も温まり、循環も良くなり、冷え性が改善される。

根本的には静物を脱却すること。それが冷え性を改善するために大事なことだと思います。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で


シェイプス
関連記事

おすすめ記事
  1. 水分
  2. 変形性股関節症
  3. 鵞足炎
  4. 壁立ち
  5. ランニング 膝
  6. 椅子への座り方
  7. 投げ方
  8. 走り方
  9. 歩き方
  10. コンディショニング



ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
カテゴリー
おすすめ記事
  1. 椅子への座り方
     「椅子に“正しく”座りましょう!」 そうやって言われても、そもそもどのように座ればいいのか、あま…
  2. がんと食事
    つい最近まで元気だった人が突然がんを宣告され、その3ヶ月後には命を落としてしまうという現実を突きつけ…
  3. 歩き方
    人がどこかへ移動する上で必要になる歩くということ。人は歩き方を教わって歩けるようになるのではなく…
  4. 投げ方
    先日名古屋から社会人野球選手が来ていましたが、その選手への指導の中で感じたのはいかにシンプルに伝える…
ページ上部へ戻る