歪みや捻じれを改善するだけでも、身体は引き締まって見えるようになる

スポンサーリンク
シェイプアップ

身体を鍛えていく中で、日を増すごとに自分の身体が変化し、それに嬉しさや充実感を覚えて、さらにまた頑張ろうと思えることがあります。

身体を変えようと努力している方であれば、自分の身体を変える難しさや自分の甘さ、何をしたら変わるのかという迷い、その中で身体が変わった時の倍増した嬉しさは何よりの励みになり、やる気にさせてくれます。

自分の身体を変えるときに何をしたら変わると思いますか?この質問には多くの方が、運動・食事・休養ということをいわれると思います。もう少し具体的に言うと、身体を引き締めたい場合、筋肉をつける、または筋肉を細く強くするということがいわれると思います。

身体を引き締めるためには、一般的には“鍛える”ということがメインになり、筋肉を鍛えることになります。

ただ、それだけでもある程度の効果は期待できますが、身体を引き締めるためには“鍛える”だけではなく、歪みや捻じれを改善するだけでも、身体は細く引き締まったようになります。

今日は、歪みを直すことで身体は引き締まるということをテーマに書いていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 


腹筋をするからお腹が引き締まるとは限らない

身体を引き締めるとなると、イメージしやすいのが筋力トレーニングですが、筋肉に負荷を与えて、その刺激で筋肉を大きくしたり、細く引き締めたりすることで身体が変わるということが一般的なイメージですし、基本的には筋肉を作ることで身体も引き締まっていきます。

ただ、それだけをイメージしているとお腹を引き締めたいときに、腹筋をすれば引き締まると思い、ひたすら腹筋をするだけではなかなかお腹は引き締まっていきません。

背中を丸めるとどこにたるみが出るかわかりますか?それはお腹になります。

この場合、背中が丸まっていることでお腹にひずみがきて、たるんでいるように感じてしまいます。

このような場合、身体を丸くするような腹筋をすることでお腹が引き締まっていくでしょうか?

腹筋をすることは、丸くなっていくような動作になりますので、このような場合は身体を反らすことであったり、伸ばすようなことをする方が身体は伸びて、お腹は引き締まっていきます。

関連記事:ウエストを引き締める5つの方法と日常でも簡単にできる2つのこと

 

スポンサーリンク

歪みや捻じれは局部のたるみになる

このように考えると、たるんでいるところを鍛えることが必ずしも身体を引き締めることにつながるとは限らないということになります。

そこで考えることは、局部のたるみがなぜ出てしまうのかということです。先ほどのお腹の例からもわかるように、姿勢が自然で、身体についている脂肪量が適正数値内であれば極端にお腹のたるみとなることはありません。

ですが、脂肪量が同じであっても姿勢が崩れている、また歪みや捻じれがあることで局部のたるみとなってしまいます。ここからわかるようにすべてが“鍛える”ということだけでは改善できない問題もあるということです。

このような場合、身体を引き締めるためには歪みや捻じれを改善するために何かをすることで身体は引き締まり、局部のたるみも引き締まっていきます。

関連記事:太ももの外側が太いと悩む方に伝えたい引き締める7つの方法

 

身体調整をすることで引き締まる理由

上記のように考えることで、自然体に直すことがたるみを改善につながるというイメージはしやすいと思います。身体を引き締めるためには、自然体に直すことも大切であり、そのために身体調整を行います。

ですが、身体調整だけではある程度変わりますが、筋肉の活動がほとんどなく他動的に動くことになるので、やはり筋肉を自ら動かすことも必要になります。自然体で鍛えていくことが一番大切にしていることであり、身体を引き締めるために必要な考え方だと思っています。

膝上のたるみなどもそうですが、身体調整を行うとほとんどの方が細くなっていることを実感し、歪みがあると局部がたるむし、自然体の大切さが理解できるそうです。

このように自然体の大切さが理解していただけたと思いますが、根本的な問題に目を向ければ、なぜ歪んでしまうのでしょうか?これは人間の基本的な動作である、立つ、歩く、座る、階段を上る、下りるなどの動作、身体の使い方の影響で歪みが生じてきます。

ですので、身体の使い方を自然にすることで歪みが軽減され、局部へのたるみも改善されやすくなるのではないでしょうか?最終的には特別な何かを必要とするのではなく、基本的な見直しが身体を変えていくための刺激になるのではないでしょうか?

 


まとめ

今日の記事は以前からお伝えしていることですが、改めて書きながら思うことは基本的なことを見直すことが大切であるし、現場でも原因の追及にもっと時間をかけるべきと改めて痛感します。

一遍な指導であったり、ひとつのことにこだわりすぎず、いろんな角度からクライアントさんの身体と向き合っていきたいと思います。

今日のまとめになります。

  • 局部のたるみは局部を鍛えることだけでは改善されない
  • 歪みや捻じれが局部のたるみをつくる
  • このようなたるみは鍛えることよりも自然体に直すことで改善される
  • 原因を理解し、鍛えるべきか、身体調整で自然体に直すべきかを判断する

みなさんはどんな姿で立って、どのように歩いて、どんな姿勢で座っていますか?

もしかするとその何気ない姿勢や動作が今悩んでいるたるみの原因のひとつになっているかもしれません。

今日1日改めて姿勢に気をつけて過ごしてみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 身体を変える

    身体を変えるための“方法”は個人によって違う

  2. 下半身太りの原因

    下半身太りの原因とは?筋肉を緩めることで細くなる下半身につい…

  3. 太ももの外側を引き締める

    太ももの外側が太いと悩む方に伝えたい引き締める7つの方法

  4. ふくらはぎや太ももの外側を引き締めるためには歪みや循環を改善…

  5. 太ももを細くする方法

    太ももを細くする方法とは?5つの方法から考える脚やせについて…

  6. 脚の引き締め

    脚の引き締めはどうすればできる?うまくいった例とうまくいかな…

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

履くだけで-3cm!美脚とヒップアップに!

太ももやふくらはぎの張りにスッキリ効果的!

最新式ダンベル!トレーニングを効率化

  1. 転職に迷う人は他人から褒められたことを思い出してみて!そこにヒントがあると思う

    2018.05.19

    転職に迷う人は他人から褒められたことを思い出してみて!そ…

  2. 2018.05.18

    むくみや女性特有の身体の悩みを持つ方におすすめしたい本5…

  3. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  4. 2018.05.18

    ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!…

  5. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  1. 腰痛の原因

    2017.08.04

    腰が痛い!腰痛になりそうな5つの原因と改善の考え方につい…

  2. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  3. 変形性股関節症

    2016.01.10

    変形性股関節症は必ず手術が必要?症状から見る改善のヒント…

  4. 歩き方

    2017.10.17

    脚は前に出さない?!歩き方を習得するための3つのステップ…

  5. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…