お腹を細くしたいならダイエットや筋トレ以外にも目を向けること

姿勢を改善する具体的な方法
お腹(ウエスト)
クライアント
お腹を細く引き締めたいですが、どうすればいいでしょうか?ダイエットもしてみましたし、腹筋などの筋トレもしました。でもあまり効果を感じれません。何かいい方法はないでしょうか?

そんな悩みに答えます。

この記事では、

・お腹が太くたるむ原因
・お腹を細く引き締める方法

をお伝えします。

腹筋はもうしなくてもいいです。しんどいこと不要です。ポイントを知れば、お腹を細くするのは、そこまで難しいことではありません。

今回は、お腹を細く引き締めたいという方に向けて解説していきます。

 



お腹を細くする方法は筋トレ以外に5つある

お腹を細くする方法は筋トレ以外に5つある

結論から言うと、お腹を細く引き締めるためには、

・脂肪を落とす
・姿勢を改善する
・身体を縦に引き伸ばす
・循環を改善する
・便秘を改善する

など主に5つあります。これ以外にもありますが、今回はこの5つに絞ります。

方法論を語る前に原因を理解するとより理解しやすい

お腹がたるみ、太くなる原因を理解してもらう方がやるべきことがわかりやすいので、原因から解説します。

一番わかりやすいのは、脂肪がついてお腹が太くなるということでしょう。

脂肪がつけば当然お腹は太くなりたるむ

こちらの画像をご覧ください。

脂肪が多い

次にこちらの画像。

脂肪が多い

お腹の細さ、引き締まりが違います。まず1つ目のお腹が太くなる原因は脂肪が多いということ。

姿勢の崩れはお腹のたるみをひどくする

あまり認識されていませんが、姿勢が崩れると本来あるべき位置から脂肪が移動してしまい、お腹はたるむ。

こちらの画像で確認していきます。まず自然な状態で立てた場合。

自然な立ち方

次に、姿勢が崩れ、へそを突き出すように立ってしまった場合。

へそが前に出てる

比較してみると、その違いは一目瞭然。

※この画像は、ほぼ1分ぐらいの差で撮影しています。

立ち方の比較

つまり、こういった姿勢の影響でお腹がたるみ、太くなることがあるということです。

お腹には空洞があるため身体を縦に引き伸ばすとお腹は細くなる

少しきつめのパンツを履くとき、届きそうで届かないベルトを締めようとするとき。

お腹を凹ませます。お腹には空洞があり、先ほどの姿勢とかぶるところもありますが、自然な状態でいればこんなお腹。

その場で立つ

身体を縦に引き伸ばすとこんな感じ。

肋骨を引き上げる

逆に重心が下がり、縦につぶれてしまうとこんな感じ。

骨盤を後傾させる

身体を縦に引き伸ばすと、お腹の空洞が埋まり、細くなります。

つまり、縦につぶれるようになり、お腹に空洞ができ太く見えている可能性があります。

身体を縦に引き伸ばして、維持すればそれだけお腹を細くすることができます。

循環が悪くなるとお腹が膨らむ

これは少しイメージしづらいと思うので、詳しく解説します。

脚の循環が悪くなれば浮腫みます。それと同じことがお腹でも起こりますが、みぞおちとへその間に乳び槽(にゅうびそう)と言われるリンパ節があります。

日頃このような体勢で仕事をしていると、お腹が圧迫されます。

座り方

すると、お腹の循環が悪くなり、徐々に脚がむくむようにお腹がむくみ膨らんできます。

後でお伝えする便秘との兼ね合いもあり、いわゆるお腹で詰まってしまうと、お腹はポコッと膨らみます。

循環が悪いことも、お腹が太くなってしまう原因の1つに考えられます。

便秘はお腹を膨らませる

女性であれば1度は経験があるであろう便秘。

出したくても出てこず、苦しい。そんなときお腹はポコッと張り出る。

こういった便秘は、お腹を膨らませ、太くする原因の1つになります。

便秘に悩む方は、「便秘の女性は薬や浣腸よりも自然体を目指せば便が出る理由」で改善方法の考え方を解説していますので、参考にしてみてください。

お腹が細くならないのはこの“原因”と“方法”がズレてる

ここまででもうおわかりでしょうか。これまでダイエットや筋トレをしてきた。

ある程度の結果は出たけど、どこかいまいち。もう少しこの部分を細くしたい。もう少し・・・。

そんな気持ちがあるなら、お腹を太くたるませていた“原因”と、これまでやってきた“方法”にズレがあるということです。

だからこそ、まず大事なことは、この原因をみつけることが何よりも重要になります。

ここでは、原因を知ることができました。では、次はお腹を細くしていくので、詳しく解説します。

 

お腹を細く引き締める方法

お腹を細く引き締める方法

原因が特定できていれば、その原因に対して方法を選択すればお腹は細くなりますが、今回は確実にお腹を細く引き締める方法を解説します。

騙されたつもりで、全部やってみてください。“必ず”お腹は細くなり、サイズが変わります。本質は、これを続けること。

まず自然体に直す

前屈

1、足を肩幅に開く
2、軽く膝を曲げ、気持ち良く感じるところまで前屈
3、地面をタッチするように、軽くバウンドする
4、20回行う

後屈

1、足を肩幅に開く
2、身体を軽く反らせる
3、背中が緊張しない程度に後屈を繰り返す
4、20回行う

側屈

1、足を肩幅に開く
2、骨盤を真横にスライドさせる
3、体側を伸ばすように逆側へ身体を倒し、側屈する
4、小さくバウンドするように動く
5、20回行い、逆側も行う

回旋

1、足を肩幅に開く
2、一定のリズムで体重を右・左と交互に移動させる
3、リズムがとれると、体重移動した方向へ身体を捻る
4、交互に身体を捻り、これを30回行う

立ち方を改善する

1、硬めの椅子に座る
2、背中を丸める
3、へそを前に突き出すように骨盤を立てる
4、この動作を何度か繰り返し、腹筋・背筋両方が一番楽な位置を探す
5、その位置で止め、次の動きへ
6、顔を前に送り続け、お辞儀する
7、お尻を浮かし、踵に体重を乗せる
8、そのまままっすぐ立ち上がる

立ち方

ウエストを縦に引き伸ばす

1、その場に立つ
2、肋骨や肩などを上げ、重心を引き上げる
3、上半身をリラックスさせ、重心は引き上げたまま
4、身体を縦に引き上げたまま日常生活を送る

重心を引き上げる

肩を斜め前にすくめる

お腹を軽く擦る

1、仰向けになり、楽な位置に手足を置く
2、お腹の上に手を置き、軽く全体を擦る
3、2分間行う

乳び槽

一番気づいてほしいことはしんどさが尺度にならないということ

一番取り組みやすいのは、重心を引き上げ生活をすることでしょう。

もし可能なら、身体を縦に引き伸ばし、コルセットなどでお腹を締め付け、それで生活します。

そうすると、縦に引き伸びた状態を身体がインプットするので、お腹を細くすることが可能です。

この時点で理解されていると思いますが、

お腹を細く引き締める=腹筋ではない

ということ。しんどさが結果に直結するのではなく、お腹が細くなるために必要なことをするから、お腹が細く引き締まるということです。

ここを勘違いしてしまったり、理解できないと、

しんどく、辛いけどお腹が細くならない

という最悪の状態になります。これだけは避けてほしいですからね。

ここまでのまとめ

こんな感じで、原因を明確にすればやることはもっと少なくて済むでしょうが、お腹を細く引き締めるためには、しんどくないことでもOKだということです。

逆にしんどい思いをして引き締めたい、やった感がある方がいいという方は、しっかりと身体を追い込んでもお腹は細くなります。

言いたいのは、お腹が細くなることをしてほしい、時間の無駄を無くしてほしいということです。

 

今のままでいいわけがない。変わりたいと思う人の背中を押したい

いつまでも体型や本当の自分を隠す生き方でいいですか?

レッスンをしていて感じますが、体型を変えたい方って本当はその先の目的があるはずなんですね。

先日、「自信をつけたいと思う自分を変える方法【自信がないままでOK】」という記事を書きましたけど、僕は基本自信がないんですね。

ネガティブに聞こえるかもですけど、自分の幸せを手に入れたいので、このままでいいと思ってます。

もっとこうなりたいと思う自分を追ってますけど、結局理想の自分になるための方法って、行動以外ないんだと思います。

そして、それを続けるしかない。理想の自分になりたい方は、「理想の自分になるための方法【1歩踏み出す+習慣化】」も参考にしてみてください。

私なんて・・・自分は無理。

雑誌とかネットで、幸せそうな人を見ると「自分はきっと無理なんだろうな。私なんて・・・」そんな言葉を無意識のうちに頭の中で言っていませんか?

でも本音は違いませんか?体型を変えて、もっと幸せになって、彼氏と幸せな毎日を過ごして・・・そういう理想って思い描いてませんか?

でも、いざそれを実現させようとすると、「どうせ無理だし。」と諦めモードから入る。違いますよね。

言い訳つけて、最初から諦めて、自分の幸せを手放して、不幸せの人生を選んでるだけですよね。違います?

変わるためには“今”を変えないと変わらない

常々痛感します。

明日からやろう。

この明日は一生来ないということを。わかります?明日じゃないんですよ。今日、今なんですよ。

毎年1月1日、

今年こそはダイエット成功します!

と何回宣言してます?他の目標も同じですけど、何年間同じこと言ってます?結局変わるために必要なことをやってないんですよ。

腹立つ気持ちもわかります。その気持ちが出るのは図星だから

僕は指摘されるのが大っ嫌いです。だから自分で気づいて行動します。

だけど、指摘されてイラッってするときがありますけど、そういうときって大体当たってるから。自分でもわかってるんですよね。

結局人は、変わるかそのままの人生を歩むか、自分の選択1つ次第です。

その決断をするときは、明日でも、あさってでもないですよね。今日、今です。その1歩が出たら、もうすでに自分を変えることができたということ。

変わろうと行動できる人は特別な人だと思う

99.99%の人は、ここまで言っても、それでもやらないです。だから変わらない。

自信がなくてもいい、今の自分が嫌いでもいい、今日1つの決断がこれからの人生を幸せにしてくれるはずです。

最初から完璧じゃなくていいんです。1歩踏み出せたなら、後はどうにかなります。その1歩を前に出すことが一番必要なこと。

そもそも変わろうとすること自体素晴らしいことだと思います。心から応援したいですし、一緒に変われるように頑張っていきたいですよね。

最終的には、自分の心と向き合うことになります。苦しいかもしれません。ただ、その先に本当になりたい自分に出会えるはずです。

人生の大きな分岐点が、この記事を読み終えた瞬間になることを願ってます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめ太もも・ふくらはぎを細くする方法を一挙公開【まとめ】

おすすめ脚やせしたい方に使ってほしい&役立つアイテム10選

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で