シェイプアップ 痛みの改善 スポーツ 無料体験 

シドニー五輪女子バレー最終予選の敗退から考えるコンディショニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
女子バレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シドニー五輪女子バレー予選で、韓国に敗れ日本は連続出場記録が途絶えてしまいました。

そこには、試合に勝つための考え方やコンディショニングへの理解の不足があるように感じました。

外国人選手との体格の差を見ると一目瞭然で、日本の選手の身体は小さく、外国人選手とのコンディショニングレベルの差も感じました。

今回は、女子バレーの選手のコンディショニングについて考えていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

野球に必要なトレーニングとは?ウエイトだけではない本来の意味について

コーディネーショントレーニングとコオーディネーショントレーニングの違いについて

持久力を高めよう!走ることだけではない持久力の高め方について

 

スポンサードリンク

女子バレーボールオリンピック最終予選の敗退

魚住廣信教授は、ニュースレターの中で女子バレー選手のことについてこのように書かれました。

練習とトレーニングの理解

6月25日、対韓国戦を1対3で敗れ、シドニーオリンピックの出場が断たれました。1964年の東京オリンピック以来続けていた連続出場も今回で途絶えることになりました。

この敗退について、私自身は予想通りと思っていますが、皆さんはどうでしょうか。私には勝つ下地が見られませんでした。

1980年のモスクワオリンピックに不参加以来、オリンピックではメダルが取れなくなってしまったとともに、世界の二流国になってしまったのです。それもいまだ下降を続けているとしかいいようがありません。

女子だけではなく、男子も同様で、男子のほうはもっとひどい状態でしょう。

なぜこのような下降を止められないのかということが問題です。監督は何人も変わりましたが、指導内容についてはそれほど変わったところが見られません。恐らくバレーボールばかりの練習をしていることが因だと思います。

視点を変えることで見えてくること

世界のトップレベルの選手と比較すると、体格で劣ることは今も昔もかわりがないのです。それをレシーブやクイック、フェイント、時間差などのごまかし戦術によって世界のトップに位置してきたのですが、ロサンゼルスオリンピックの頃から通じなくなってきました。

アメリカ、キューバの台頭によって世界のバレーボールは、完全に高さとパワーのスポーツに変わってしまいました。それについていけなくなっているのです。

いつまでもレシーブや戦術といった技術的なことにこだわらないで、一度体力面に目を向けてみたらどうでしょうか。

体格で劣っていても、スピードやパワーは鍛えることが出来ますし、世界のトップレベルに持っていける可能性は高いと思います。

ます体力面で互角に持っていく努力をどれだけやってきたかと言うことが問題だと思います。そのことは、ゲームを見ていれば良くわかります。女子もそうですが、男子においては体つきが子どもと大人ほどの違いを感じずにいられません。

コンディショニング内容について

日本の選手達は、ほとんどの選手が1年前と変わらない体つきをしています。いつも不思議に思います。どれだけ計画的に体力づくり、コンディショニングを進めているのか、そこを知りたいものです。もし、きちっとトレーニングも行っていると言うのなら、そのプランや内容も知りたいものですね。

後1つ気になるのは、バレー界で今も続いているように思われる長時間の練習や、休みのない練習です。確かワールドカップのときは、リーグ戦中にも練習をしていたようです。

不安やミスを練習で補おうとすることは解らなくもありませんが、ピークの時期にどうしてそのようなことをする必要があるのか理解できません。

指導者はもっと練習・試合・トレーニング計画について勉強すべきです。そうすれば如何に休養させることが大切か、誰にでも理解できるはずです。休養の取り方が、選手の体をつくり、精神的にも技術的にも成長させることになるのです。

またバレーボールのために、高くジャンプするために、素早く動くために、パワフルにアタックするために、安定したレシーブをするために必要なトレーニングが出来ているのか、もう一度見直すべきです。単なるウエイトトレーニングに終わっていないとよいのですが・・・。「人の振り見てわが振り直せ」 -以上ー

 

コンディショニングと練習の関係

スポーツ選手がよりパフォーマンスを向上させるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、コンディショニングレベルを上げることであり、その中で練習を繰り返しスキル、戦術などを磨くことです。

体力面と技術面が両立できて初めてチームとしても個人としても、勝ちに近づくことができます。

コンディショニングとは?

コンディショニングとは、これらの要素を指します。

コンディショニング

5つの要素からなりますが、この身体的な部分はさらに細かく分けられています。それをバイオモーターアビリティといいます。

バイオモーターアビリティとは、こちらになります。

バイオモーターアビリティ

筋力、持久力、スピード、調整力、柔軟性の5つの要素を指し、これらをバランスよく向上させることで、基礎体力が向上します。

体調だけではないコンディショニングという言葉が持つ本来の意味とは?

パフォーマンスを向上するために必要なこと

パフォーマンスを向上させるためには、こちらのピラミッドを理解することです。

ピラミッド

これは何かと言うと、パフォーマンスを向上させるためには、まず土台である基礎体力がしっかりとしていることが必要です。

ひとつだけ突出していてもいけませんし、何かひとつ欠けてもいけません。すべてがバランスよく向上することが大きな土台を作ることにつながります。

そして、その土台を作る中で練習を重ね、スキルを磨いていくことでよりうまくなっていきます。

こういったパフォーマンスを向上させるためにはどうすればいいのかを理解することで、より個人としてもチームとしても強く選手を育てられることになります。

これらのことをより計画的に実践していくことで、世界にもひけを取らない今以上のチームに近づいていくはずです。

これから、日本女子バレーがどのように強くなっていくのか、応援していきたいと思います。

 

まとめ

今回は、シドニー五輪女子バレー最終予選の敗退から考えるコンディショニングということをお送りしました。

プロやアマチュアとレベルに関係なくこのようなコンディショニングの考え方は必要になりますし、それぞれのレベルに合わせてトレーニングや練習を行えば、必ずチームは強くなっていきます。

勝つためには運などの要素もありますが、土台をしっかり作り、その中でスキルを磨く。

この継続が結果として個人やチームを強くします。

トレーナーの自己満足だけにならないように、意味のある指導をしていきたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーソナルお申し込み

本文をお読みいただいて、ありがとうございました。

IzuruStyleでは、ブログでカラダやココロが変わるきっかけをお伝えできればと思っていますが、セッションではブログでは伝えきれない部分をお伝えしています。

少しのテクニックの違いで身体は変わります。ブログの内容を実践していただいても身体は十分変えることができます。

その効果以上の結果を求められる方は、セッションでお伝えし身体がさらに変わることを約束します。

カラダやココロのことでお悩みの方は、お申し込みください。


パーソナルお申し込み

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*