楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方について

楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方について

楽に座る姿勢とは、骨で座ることだと考えています。もう少し専門的に言うと、坐骨で座るということになります。

日頃座りっぱなしの仕事や作業をしていて、肩こりに悩まされていたり、腰痛になっている方もいるかもしれません。

こういう方は、座る姿勢を改善すると、筋肉への負担を減らし、もっと楽に過ごすことができると思います。今回は、座る姿勢について解説していきたいと思います。

\肩こり・目の疲れに悩む方にえんきん/


座る姿勢をどのように考えればいい?

座る姿勢のヒントは、この画像がポイントになると思います。

坐骨で座る

人は骨だけで座れるような構造になっているため、本来は、過度に筋肉が緊張せず座ることができるはずです。

この座る姿勢の土台部分になっているのが、骨盤です。この骨盤の位置をどのようなポジションにするのかで、楽に座れるのか、身体に負担がかかるような座り方になるのかが変わってきます。

土台部分の骨盤が安定し、骨がバランスよく積みあがるためには、坐骨で座ることです。

座る姿勢のポイントは、

坐骨で座る

ということになります。

 

坐骨を感じて座る姿勢を変える

では、実際にどのように座る姿勢を改善していけばいいのでしょうか。

椅子の高さ&素材について

椅子の高さについてですが、股関節よりも膝の位置が低くなるような椅子の高さに設定します。

椅子の高さ

この状態であれば、骨盤は自然な位置を保ちやすくなりますが、もし椅子の高さが低いと骨盤は後傾といって、楽なポジションがとれないので、身体には負担がかかります。

椅子

画像からもわかる通り、背中が丸くなっていますよね。このような姿勢を続けるから肩こりになったり、腰痛が出てきます。

ですので、椅子の高さは必ず、ある程度高めの椅子に座ってください。

また柔らかすぎる素材の椅子の場合、骨を感じにくくなるので、できるだけ硬めの椅子に座ることをおすすめします。

ここから、座る姿勢を実際に変えていきたいと思います。

まずはいつも通り椅子に座る

ここからは“感覚”が一番大事になるので、ご自身の身体が一番楽に感じるところを探しながら行っていきます。

まずは、いつも通りに椅子に座ります。

座り方

骨盤を後傾させる

そこから、少し背中を丸めるように骨盤を後傾させます。

骨盤を後傾

骨盤を前傾させる

次は、逆にへそを前に突き出すような感覚で、骨盤を前傾させていきます。このときグーっと身体を反らすイメージではなく、軽くへそを前に突き出す程度でOKです。

骨盤を前傾

骨盤の前傾・後傾を気持ち良く繰り返す

この背中を丸める・へそを突き出すといった動作を気持ち良く感じる程度を何度も繰り返します。

骨盤を後傾 骨盤を前傾

そうすると、骨盤周辺の筋肉が徐々に緩んできて、楽なポジションが掴めてくると思います。

ある程度骨盤もスムーズに動かせるようになれば、次は、腹筋と背筋両方が一番緊張のない、楽なポジションを探しながら行ってください。

その一番楽な位置でキープできたとき、お尻の下に骨を感じることができると思います。これが坐骨で座るということになります。

坐骨で座る

イメージ的には、坐骨で座ることができると、このような座る姿勢になりますので、頭の中でイメージを持っていただければと思います。

座り方

このときの骨盤のポジションは、このような位置になっています。

骨盤

これが座るときの姿勢になりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

先ほど、骨盤の動きをお伝えしましたが、もしこの動きがやりづらい場合は、【らくゆら練座】 を使ってみてください。

そうすると、スムーズに動かせますし、これに座って仕事をすると自然と骨盤が前傾した状態を維持できるので、ぜひ使ってみてください。

 

座る姿勢でもう1つ大事なこと

あと、何度もブログでお伝えしていますが、座る姿勢を自然にするために坐骨を感じていただいても、楽に感じない方がいます。

そういう方は、ほとんどが肩の位置を引きすぎです。本来人の肩は、身体の真横ではなく、若干前側についているので、真横では引きすぎになります。

日頃からこのように、肩を引いていないでしょうか?

肩の位置

そういう意識がなくても、もしかするとそれが癖になっていて、無意識のうちになっている方もいるかもしれません。

胸を張る、肩甲骨を寄せるという姿勢では、楽に座ることができません。そういう方は、若干斜め上方の肩をすくめて、

肩をすくめる

その状態から肩を落としてみてください。

肩を落とす

そうすると、このような肩の位置になるはずです。感覚としては、猫背に感じたり、丸まっているように感じますが、胸の筋肉を触ってみてください。

柔かくなっていることがわかると思います。そこから、一度、肩をぐりぐり回し、いつも通りに座り直してみて、再度胸を触ってみてください。

おそらく硬くなっているはずです。こういう方は、肩の位置を日頃から引きすぎです。坐骨で座ることができれば、あとは肩の位置を調整します。

そうするとより楽に座ることができ、これが僕の目指す座る姿勢となります。ぜひ参考にしていただければと思います。

 

まとめ

座る姿勢というのは、さまざまな考え方がありますが、僕は骸骨が椅子に座れることを知ってからは、人はもっと楽に座ることができると思えるようになりました。

しんどいことが良いことではありませんし、楽なことが効果のないことでもありません。

日頃の座る姿勢を改善できると、もっと日常が楽に過ごせるだろうし、むくみや身体の痛み、不調に悩む方は改善につながるはずです。

それだけ、身体への影響が多い座る姿勢をぜひ改善していただきたいなと思います。

今回の記事が少しでもお役にたてると嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 30代の健康

    もう少しで30代突入!再確認しておきたい健康について

  2. 社会人に伝えたい健康のヒント

    社会人と健康について|現代社会に見る筋肉を緩めることの重要性…

  3. 肩こりを予防する

    肩こりを予防?!腕を振り子のように動かすことで肩周りは緩む

  4. しゃがんで立つ

    うまくしゃがめないのは足首が硬いから?つま先の向きによってし…

  5. 寝起きがしんどいと感じる方に伝えしたい枕の影響について

    寝起きがしんどいと感じる方に伝えしたい枕の影響について

  6. 楽に立つ

    楽に立つためのポイントは筋肉を緩めその感覚を体感すること

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

    2018.05.23

    仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策…

  2. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  3. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  4. めりーさんの高反発枕

    2018.05.17

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  5. 今の仕事が向いていないと思う方に伝えたいこと

    2018.05.11

    仕事をした後に感じる肩こりや頭痛を解消する方法について

  6. 2018.05.11

    太ももを細くしたい方に伝えたいマッサージよりも細くなる方…

  7. 楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方について

    2018.05.11

    楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方に…

  1. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…