座り仕事の後は脚がパンパン。むくみの原因と改善の考え方

座り仕事

仕事上がりに感じるむくみや、飛行機などで座りっぱなしの後に感じるむくみ。

女性の悩みの種になっていることもあり、むくみ対策は雑誌などでも何通りも紹介されています。

このむくみとはなんでしょうか?

水分が体内に余分に滞留してしまうことで起こる症状です。この原因は、リンパのつまりや血流の悪さなど、体内の循環不良が原因で起こることが多いとされています。

それとは別に、何か病気になることでむくみが発生したり、リンパを切除すると身体は水分を処理できなくなりむくんでいきます。

今日はこのむくみについて深く掘り下げて考えていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

むくみの原因は血流の滞り?

『冷え性の原因は血流が滞ることで、指先まで血液が流れないことが原因です』といわれるようなことがありますが、もしそうであれば冷え性の方はみんな指先を切ってしまえ血は出ないのか?ということになる。

そんなことを言われた方がいて、そのことを魚住先生から教わりました。

このように考えると、冷え性やむくみも血液が流れないからとは考えにくいということになります。

では、なぜむくみは発生するのでしょうか?魚住先生から教わった方によると、間質液は細胞などが存在する組織内を浸す体液のことですが、この間質液の排出がうまくいかず組織内に滞ってしまうため、これがむくみの原因になっていると考えられる。と言われているそうです。

これを大きなプールに例えてみるとわかりやすいかもしれません。

その前にこの間質液はどのように溜まるのでしょうか?まず血液は血管を通り、毛細血管に入ります。

そこで循環して心臓に戻る血液もいれば、毛細血管から染み出し、組織内へと侵入する血液も現れます。

この毛細血管から染み出し、組織内へと侵入する過程でろ過されるような形になり、血液ではなく間質液といわれるものに変わります。簡単ではありますが、間質液はこのように溜まっていきます。




 

プールと子供の関係

プールの水が間質液で細胞が子供とします。蛇口をひねれば大きなタンク(心臓)から水が流れ、管(血管)を通り水の出るところまでやってきます。

そこで小さなゴミが入らないようにろ過装置のようなフィルター(血管壁)を通り、子供たちのいるプール(組織内)に水が流れ出てきます。

子供たちはプールで遊び、口の中に水を含んだり、それを口から出したりする可能性があります。

実際の細胞の働きは栄養素や酸素を取り込む、不要な間質液を再度組織内へと戻します。

そんな水のままでは汚れる一方ですので、またタンクへ運び水をきれいにする必要があります。間質液の場合、栄養がない状態になるので、また栄養素が必要になります。

プールサイドにある排水溝から水を取り込み、ろ過し消毒しそれをまたタンクを通してプールへと戻ってきます。ですが、この過程でもし排水溝が詰まっていたらどうでしょうか?

プールサイドだけではなく、プールの中にある一定の場所では、水を吸い取るような装置がついていますので、こちらでも汚れた水をくみ取ることができます。人間の身体にも間質液をくみ取る場所が2ヶ所あり、それが静脈とリンパ管になります。

もし両方が詰まってしまい、流れが悪くなるとどうなるでしょうか?水の汲み取りが悪いが水は足される一方。

プールで貯められる一定量を超えるとあふれてきます。この状態が人間でいうむくみの状態だと言えます。

人間の身体ではあふれることはありませんので、それが蓄積し、むくみとなります。




 

リンパ管が詰まるとむくみになる

間質液をくみ取る場所、つまり静脈とリンパ管が詰まってしまうとむくみが起こるということです。

そう考えるとこれらのつまりを良くすればむくみは改善されるということになります。そこで何が必要かと・・・筋肉を緩めることです。

現代人は静物化しているため筋肉が硬くなっています。筋肉が硬くなることで循環が悪くなっているため、筋肉を緩めることで循環はよくなっていきます。

ここで考えたいことは、マッサージやリンパドレナージュと言われるものはどんな効果があるの?ということ。

  • マッサージは静脈への刺激
  • リンパドレナージュはリンパ管への刺激

ということになり、どちらも一方への刺激となります。ですが、筋肉を緩めることは両方の流れをよくするためいかに硬い筋肉を緩めることができるか、それが重要になると思います。

筋肉を緩めるためには、脚をブラブラ揺らしてみたり、揺すってみたりすることで筋肉は緩んでいきます。

関連記事:全身のむくみは気持ちよく身体を動かすことで改善できる




 

まとめ

今日はむくみについて書いていきましたが、内容をまとめるとこのようになります。

  • 血流が滞ることは血液が流れていないことではない
  • むくみの原因は間質液を排出する静脈やリンパ管のつまりと考えられる
  • マッサージやリンパドレナージュだけではなく、筋肉を緩めることもむくみ改善につながる
  • 筋肉を緩めることで体液の流れはよくなる

いかがでしたでしょうか?少し専門用語が飛び交い難しく感じるところもあったかもしれませんが、むくみに悩まれる女性はまずは筋肉を緩めることから初めてみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて




この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 投げ方
  2. 壁立ち
  3. 腰痛の原因
  4. ふくらはぎをストレッチ
  5. コンディショニング
  6. 変形性股関節症
  7. 打ち方
  8. 歩き方
  9. 走り方
  10. 椅子への座り方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  2. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  3. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  4. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
ページ上部へ戻る