疲れない座り方=骨で座ること【骨だけでも座れる】

ヒップアップをするためにスクワットをするという考え方について
健康
クライアント
デスクワークを長時間していると、どうしても腰が疲れてきてしまいます。疲れない座り方とかってありますか?教えてください。

こんな質問に答えます。

この記事では、

・骸骨も座ることができる
・ポイントは坐骨で座ること
・完全に疲れないということは難しいかも

ということをお伝えします。

ポイントは、頑張る、疲れる座り方=良いということではない。筋肉が緊張しない位置を理解できれば、疲れないように座ることができる。

今回は、疲れない座り方について解説していきます。

 



結論:骨で座れば疲れない座り方になる

坐骨で座る

結論、骨のみでも座ることができるので、疲れない座り方はできるはずです。

どういうことか?そもそも疲れるということは、筋肉が緊張しエネルギーを消費することで感じます。

骨だけで座れるということは、筋肉は緊張しないので、=疲れないということになります。

疲れない座り方のヒントは骨で座ること

つまり人は、骨で座れば疲れず座ることができるはずです。

では、どうやって骨で座るという座り方を習得すればいいか詳しく解説します。

もう1度、骨だけで座っている画像をご覧ください。

坐骨で座る

この骸骨は若干、腰の部分が後方にずれてしまっており、本来はもう少し腰辺りが前に反るのが自然です。

そこを考慮しつつ解説しますが、上半身全体の重さを受けているのが坐骨と言われる骨盤の骨の部分です。

坐骨

この坐骨(ざこつ)で座ることができると、上に重なる背骨は自然な位置を保持しやすく、腹筋や背筋などの緊張もバランスも整っている状態になります。

つまり、骨で座るためには、この坐骨で座ること。

この坐骨で座ることができれば、感覚的にも楽に座ることが感じれるはずです。

人の身体でイメージするとこんな感じ。

座り方

疲れない座り方のポイントは坐骨を感じること

では、骨で座るためにどうすればいいのか?まず坐骨を感じることです。

坐骨を感じると言われてもわかりづらいので、お尻の下に骨を感じるところからスタートします。

少し硬めの椅子、もしくは柔らかめの椅子の場合は板を敷いて、その上に座ります。

まな板

座り方

その状態で、へそを軽く前に突き出す。

骨盤を前傾

逆に背中を丸めるように、骨盤を後傾させる。

骨盤を後傾

この、へその突き出し&背中を丸めるという動きをリラックスして繰り返します。

こうやって繰り返している内に、お尻の左右の真中あたりに骨が当たる感覚が出てくると思います。

それが坐骨です。

坐骨で座り楽なポジションを体感する

坐骨を感じることができると、次は坐骨で座れるようにしていきます。これも簡単です。

先ほどの手順と同じですが、次は感じるポイントを変え、腹筋と背筋の緩みを感じていきます。

まず、先ほどみたいに座ります。

座り方

ここから同じで、へそを前に出したり、

骨盤を前傾

身体を丸めたり、この動作をリラックスして繰り返します。

骨盤を後傾

ここからがポイントですが、これらの動きをしている際に、腹筋と背筋の両方が一番楽なポジションが出てきます。

大体目安としては、この辺り。

座り方

気持ち骨盤が前傾し、さらにお尻の下の骨である坐骨を感じれる位置があります。

先ほど坐骨を感じていただきましたが、言葉で表現すると、骨の広い面で当たっている感覚よりも、一点、ポイントで座っている感覚がある方が、より楽なはずです。

坐骨で座れると、

腹筋、背筋にほとんど緊張がなく、骨の先端部分で座っているような感覚

になります。

これがみつけられると、その状態で日頃デスクワークをしていただくと、疲れない座り方になり、疲労度が全然違うと思います。

 

課題は骨盤の位置を維持し続けること

課題は骨盤の位置を維持し続けること

実際現場で指導をすると、みなさん座り方を変えることで疲れにくくなる、楽に座れるようになったことは実感されます。

ただ、一番の課題は、この座り方をいかに仕事中に継続するかということです。

中には、これだけで改善ができ、疲れない座り方を維持できている方もいますが、少し難しいと言われる方もいます。

そういう方は、こんなものを活用してみてください。

エアー枕を活用すると維持しやすい

先ほど坐骨で座るということをお伝えしましたが、この坐骨で座っている状態は骨盤が少し前傾状態になります。

つまり、骨盤を前傾状態で保つことで疲れない座り方が維持できるということです。

そのために、エアー枕に半分ぐらい空気を入れ、お尻の半分を乗せます。

そうすると、骨盤が軽く前傾し、坐骨で座るときと同じ座り方ができます。これで無意識でも疲れない座り方ができるので、こういったアイテムを使うこともおすすめです。

エアー枕は100均で売っているもので十分なので、ぜひ活用してみてください。

もし専門的なものを活用したい方は、【らくゆら練座】とか、【スタイルキーパー】を活用しても同じ効果を引き出すことができます。

 

完全に疲れずに座り続けることは難しいかも

静物化

ここまでの内容だと、疲れずに座り続けることができそうですが、実際はそれは難しいかもしれません。

少し専門的に解説します。

脊柱起立筋という腰から背中にかけて伸びる筋肉がありますが、この筋肉は姿勢を維持させるために働く筋肉です。

脊柱起立筋は抗重力筋

脊柱起立筋という筋肉は、抗重力筋と言って、重力を受ける環境では常に筋肉が緊張するという性質があります。

つまり、坐骨で座ったとしてもある程度、この脊柱起立筋などは緊張してしまうということです。

筋肉は緊張する時間が長くなれば弾力を失い、そのぐらいまで筋肉が緊張すれば疲労感も出てくるでしょうし、疲れてしまうはずです。

ここまでお伝えしてきたことをまとめると、

今よりも楽に座れ、疲れにくい座り方はできる。ただ、重心を受けている以上、長時間座り続けるとある程度疲労してしまう。

ということになります。

デスクワークは腕を前にし動き続ける

デスクワークであれば、パソコンを主に使っていると思いますが、この姿勢では、胸、腕などの筋肉を常に使います。

腕を前にあげて長時間作業をしてしまうことで、筋肉は縮まってしまい、結果それで疲れてしまいます。

こういう状況を考えると、疲れない座り方はできると思いますが、疲れないようにするのは厳しいかもしれません。

そこで考えることは、疲労してきたときに筋肉を緩める術を知っておけば、いいのではないでしょうか。

ぶらぶら揺らせば筋肉は緩む

筋肉は揺らすと緩む性質があるので、1時間に1度合間を見て、ぶらぶら身体を揺らすと筋肉は緩み、スッキリします。

イメージ的にはこんな感じです。

座ったままだと肩の上下、腕のぶらぶら、身体の揺らしなどがしやすく、それらができると上半身はほぼ緩みます。

こういったことを仕事の合間に挟むことで、より疲れないように、疲れてもより気持ち良く仕事ができるようになると思います。

 

まとめ

まとめ

疲れない座り方は、坐骨で座るということであり、骨で座ることができると今よりも疲れないはずです。

ただ、デスクワークの場合、何かしら作業をするので、ある程度筋肉が緊張しますが、そのときに揺らして緩めることで、より良い状態が維持できる。

結果、座り方の改善+筋肉を緩めることで、今よりも快適に仕事ができると思います。

ぜひ、今回お伝えした内容を実践してみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

✔首こりの方必見!筋力不足ではなく枕や寝方が原因になる可能性が高い

✔スマホの触りすぎと頭痛や肩こりが起こる原因と改善について

おすすめ太もも・ふくらはぎを細くする方法を一挙公開【まとめ】

おすすめ脚やせしたい方に使ってほしい&役立つアイテム10選

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で