全力疾走を繰り返せば脚が速くなる?ならない?

全力疾走

最近はこの時期に運動会をしているところも多く、先日保育園で運動会が開催され、息子も頑張っていました。

小さい子が一生懸命している姿を見ると、成長も感じれますし、感動もしますよね。

さて、そんな運動会ですが一番の盛り上がりを見せるのはやっぱりリレー。

少しでも速く走れるように頑張る姿を見ますし、小学校では前もって走り方教室をしているそうです。

全力疾走を繰り返し、本番に備えているんだと思いますが、ここでおさえておきたいことがあります。

それは、全力疾走を繰り返して速く走れるようにはならないということです。ただ、毎日そういった刺激を加える必要はあります。

今日は、全力疾走をしても脚が速くならない理由についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

速く走るためにおさえておきたいこと

速く走るためにはどうすればいいのでしょうか?全力疾走を繰り返すということをイメージしていた方もいると思います。

例えば100mを速く走るための条件というのは決まっています。

それは、ピッチ×ストライドです。

ピッチとは?

■ピッチ(pitch)

同じ動作を一定時間内に繰り返す回数。速度。ピッチ走法など。

Wikipediaより引用:ピッチ

言い方を変えると、脚が回転する速さのことであり、1分間に何回脚を動かすことができるのか、ということになります。

ストライドとは?

■ストライド(stride)

陸上競技などで、広めの歩幅。また、単に歩幅。

goo辞書より引用:ストライド

ストライドは、1歩の歩幅という意味になります。

ピッチとストライドについては、ご理解いただけたと思います。

速く走るための条件はシンプルであり、脚をより速く動かすこと、1歩の歩幅を広げること。この2つしかないということになります。

全力疾走でピッチとストライドは向上する?

ここで少し考えていきたいのですが、全力疾走をするとピッチかストライドは向上するでしょうか?

一番速いスピードで走る=全力疾走ですが、それができるとそれよりも速く走れるでしょうか。最大値で走っていますが、それが最大値を伸ばすことにはつながりません。

下り坂を走るということは、平地で出る以上のスピードが出るので、こちらの方が可能性としては考えられます。

ストライドについても同じですが、いくら全力疾走を繰り返しても、自分の最大値を超えることはできない。となれば、いくら全力疾走を繰り返しても、速く走れるようにはならないということになります。

そうであれば、全力疾走をする意味もないの?となるかもしれませんが、そうでもありません。

ここからは、ピッチとストライドを向上するための考え方について触れていきたいと思います。

 

ピッチを向上させる考え方

脚を速く回転させるためには、先天的な要素とそうではない要素があります。

それは、筋線維のタイプと動作の2つです。

筋線維のタイプ

脚を速く動かすというのは、筋肉が収縮することで脚や身体の各部などの関節が動きます。

この筋線維には大きく分けて2つの筋線維があり、速筋線維(白筋)と遅筋線維(赤筋)があります。

速筋線維の特徴は、文字通り筋肉を“速く”動かすために必要な筋肉であり、大きな力を発揮するときにより活動します。

遅筋線維の特徴は、速さは持ち合わせていませんが、持久性に優れています。

この筋線維は生まれもって割合は決まり、基本的には後天的にタイプの変化はしないと言われています。(白筋がピンク筋になることはあります。)

これらからどういうことがわかるかというと、生まれもって筋線維のタイプは決まっています。

速筋線維(白筋)を多く持って生まれた人は、この時点で脚がある程度速いということになり、筋肉の収縮速度が速い=ピッチも高いということになります。

これは遺伝的な要素があると言われています。

では、生まれた時点で脚の速さは決まってしまうのかというと、ある部分ではそうですが、すべてが決定されているかというと、そうではありません。

ピッチを向上させるためには、ここでお伝えした筋線維ともうひとつ動き・動作というものが関係しています。

動き・動作

ピッチを向上させるためには、動き・動作をスムーズにすることです。

ひとつの例に、箇所は少し違いますが、速く腕を振ろうとします。

腕のリズム

このとき手のひらをグッと握って腕を振ってみてください。

次に、手の平をリラックスさせ、その状態で腕を振ってみてください。

そうすると、手のひらを握ったときよりも、リラックスしたときの方が速く腕を振ることができると思います。

何がお伝えしたいかというと、人間の身体は無駄な力み、緊張があるとどうしても動作が遅くなってしまいます。

動作が遅くなるということは、脚の回転も遅くなってしまうためピッチが下がります。

いかに身体をリラックスさせ、スムーズに身体を動かすのか。ピッチを向上させるためには、こういった動作も関与してくるということです。

ピッチを向上させるためには、先天的に決定される筋線維のことと、後天的に変化が可能な動き・動作について理解が必要だということになります。

 

ストライドを向上させる考え方

続いてはストライドを向上させる考え方ですが、ストライドを向上させるためには、筋力と地面の踏み込み方を理解することで向上することができます。

筋力の向上

走っている時には、見た目は平行に移動しているように見えます。

ただ、このとき地面からの反力を得て、斜め前方に飛び出していきます。

速く走るコツ

このとき、必要な筋力というのは上方と前方への筋力で、この2つの筋力が向上することでストライドは伸びてきます。

地面の踏み込み方

現場でストライドを伸ばすために、スキップをしてもらいますが、このときどのように地面を踏み込むのか、どういった感覚でスキップをするのかによってストライドを伸ばすことができます。

ただスキップをするだけではあまり変化はありませんが、重心を引き上げる、地面の踏み込み方を変えることでストライドを伸ばすことができます。

踏み込み

ストライドを伸ばすためには、筋力を向上させること、スキップをするときの地面の踏み込み方を変えることでストライドを伸ばすことができます。

 

全力疾走を繰り返しても脚が速くならない理由

ここまでのことをまとめると、速く走るための条件はピッチとストライドのどちらか、もしくは両方を向上させることだということをお伝えしてきました。

本日のテーマである、全力疾走を繰り返すと速く走れるのかということに対して言えば、脚の速さは変わらないということになります。

ただ、全力疾走をすることが必要ないのかということになればまた話は別になります。

筋肉の収縮速度を維持させる

全力疾走=筋肉が最大速度で収縮する、ということになります。

先ほど筋線維のタイプのところで、筋線維のタイプは遺伝的に決まるということをお伝えしました。

ですので、速筋線維が多い人は筋肉の収縮速度も速いのですが、速筋線維は日頃から最大速度で収縮していなければ、最大速度で収縮することができなくなります。

もう少しわかりやすい例だと、日頃全力で走ることのない社会人の方が久々に50m走を行えば必ず以前よりもタイムは下がります。

ただ、毎日最大の速度で脚を動かす、つまり全力疾走をしていれば自分の持つ最大の速さまで戻すことができます。

全力疾走が必要なわけではなく、筋肉に最大収縮速度を経験させること

ここまで全力疾走が必要だと言う言い方でお伝えしてきましたが、本質的に必要なことは、毎日筋肉に最大収縮速度を経験させることです。

これを経験させることで、自分が持つ最大の速度を維持することができます。

そのために行われるのがラダートレーニングなどです。

このラダートレーニングについては、こちらを参考にしていただければと思います。

敏捷性・俊敏性とは?アジリティ&クイックネストレーニングの違いをラダートレーニングから考えてみる 

 

走り方に関する記事

以前走り方について、現場で行ったことなどを含めていくつかまとめています。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

まとめ

脚を速くしたいという想いがあれば毎日一生懸命に走り、いろんな情報を集めて実践されていると思います。

これは素晴らしいことですし、自分の子供だとほめてあげたいと思います。

ただ、そういう姿勢は抜きにして考えたいことは、やはり速く走るためにどういう考えを持つかが大切だと思います。

今回の内容をまとめるとこのようになると思います。

  • 走るスピード=ピッチ×ストライド
  • ピッチは、筋線維のタイプと動作によって変化する
  • ストライドは、筋力と地面の踏み込み方などで変化する
  • 全力疾走を繰り返しても脚は速くならない
  • ただ、自分の最大のスピードは維持できるようになる

このような内容でお送りしていきました。

いろんなことをお伝えしていきましたが、すぐに走るスピードを変えたいと思う方は、走り方を改善することである程度タイムをすぐに変えることができます。

速く走るということを考えても、短期的に変化が出るものと長期的に成長させる両面を見て、トレーニングなり練習を重ねることが重要になります。

今日の内容が少しでも参考にしてなればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの本をまとめました。

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 投げ方
  2. 変形性股関節症
  3. 椅子への座り方
  4. がんと食事
  5. 走り方
  6. ふくらはぎをストレッチ
  7. 腰痛の原因
  8. 歩き方
  9. 打ち方
  10. コンディショニング
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  2. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  3. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  4. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
ページ上部へ戻る