まっすぐな脚になるためには下半身の筋肉を緩めること【筋トレ不要】

まっすぐな脚になるためには下半身の筋肉を緩めること【筋トレ不要】
ふくらはぎ
クライアント
脚の歪みが気になって、どうしても脚を出すパンツやスカートが履けません。この歪んだ脚はどうすればまっすぐな脚に近づけることができるのでしょうか?

今回は、そんな質問にお答えします。

まっすぐな脚を目指すなら、まず徹底的に脚の筋肉を緩めることです。そうすると、脚の捻れが改善しまっすぐな脚に近づきます。

実際にレッスンを通して相談されて、うまく改善した例がありますので、今回はその事例も含めて原因と改善方法をご紹介したいと思います。

 



脚が捻じれる・歪む原因

脚が捻じれる・歪む原因

先日クライアントさんとのセッションでまっすぐな脚になるための考え方についてお伝えしてましたが、そもそもなぜ脚が歪んでしまったのかというところから入っていきました。

まっすぐな脚になりたいと思っている方は、なぜ脚が歪んでしまうのでしょうか?

病院勤務の方の場合

病院勤務のクライアント

この方は病院に勤務されており、患者さんを診察したり、手術を担当することもあるそうです。

診察をするときに、専門の機材を用いて診察をするそうですが、この機材を扱うためにペダルを踏んで操作をします。

この機材はいろんな方が使用するため、ペダルの位置はみなさんそれぞれがやりやすいようにある一定の位置で固定されているそうです。

ペダルの位置関係と脚の捻れ

ただ、クライアントさんの場合このペダルの位置が遠く感じ、脚を伸ばしてやっと届くような位置に設定されていました。

このときに足の親指あたりでペダルを踏み、脚を内側に捻じるようにしないとうまく踏み込めなかったそうです。クライアントさんの内転筋や脚の内側の筋肉が硬くなっており、X脚のような状態になっていました。

結論から言えば、この方の脚の筋バランスを整えるために身体調整をし筋肉を緩め、立つ→しゃがむなどの動作を繰りかえし、筋バランスを整えていくと膝のお皿の位置も正面に向き、脚の捻じれも改善されました。

この方の脚が歪んでしまう原因は、

  • ペダルの位置が問題
  • 日頃このような身体の使い方をすることで脚が歪む

歯医者勤務の方の場合、改善のためには座る位置なども考えましたが、診察上少し難しく病院にお願いしてペダルの位置を少し変えていただけることになりました。

そうすると筋肉の緊張も変わり脚の歪みも軽減されていきました。

関連記事:太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方法について

歯医者勤務の方の場合

歯科衛生士のクライアント

歯医者に勤務されているクライアントさんがいますが、この方の場合、患者さんの歯を見るときの体勢が問題でした。

立った状態で診療台に横たわった患者さんを上から除くような姿勢になり、このときに脚が内股のような状態になったり、つま先立ちになったりしていました。

イメージ的には、このような立ち方です。

脚を捻じる

この方の場合、脚の外側の緊張が強く、ふくらはぎも張っており、脚は全体的にむくんでいました。

立つポジションを調節する

このクライアントさんの場合、改善方法としては小さな台を置き、患者さんを診るときの立ち位置を変えていただきました。

このように変えることで、無理な体勢で行っていた診察も非常に楽にできるようになったそうです。

立ち方も脚の捻れの原因になる

もうひとつ問題だったのが立ち方で、若い女性に多くみられるつま先とつま先が当たるぐらい内股になっているような立ち方です。

以前、この記事でもお伝えしていますが、こういう立ち方は膝下も大きく捻じれます。よかったらこちらも参考にしてみてください。
>>膝下がO脚のような形になる原因とまっすぐするための改善方法【動画あり】

この方の場合も筋バランスを整え、セッションが終わった後に立ってみるとつま先の位置も軽く開くように立てるようになり、内側に向けることが不自然だということを理解していただきました。

この方の脚が歪んでいた原因は、

  • 立ち方
  • 診察をするときの立ち位置と高さ

こういったことが原因と考えられました。

このように日常生活の中で、何気なく行う姿勢や動作が脚の捻れにつながる可能性があり、この捻じれを改善するためには、徹底的に筋肉を緩めることで改善ができます。

個人によって原因は変わる

あくまでも、このクライアントさんの場合はこういった原因でしたが、脚に悩まれている方は、まず原因を明確にしてほしいんですね。

そのためには、専門家やプロの方にカウンセリングをしてもらうことをおすすめします。この原因は人によって違っていて、この原因を見誤るとこの後する方法が不適切なものになってしまいます。

ただ、読者の方とすれば「いきなり料金を払うのは少し抵抗が・・・。そもそもどこに行ったらいいかわからないし。」という気持ちもありますよね。

僕のところでは、無料体験で原因はお伝えしているので、ぜひ気軽にお越しいただければと思います。
>>お問い合わせはこちら

もし遠方の方で来られない方は、シェイプスさんか、エクスリムさんなど全国展開しているジムだと、無料体験の中で原因を教えてくれるので、こういうのをうまく活用すればいいと思います。

IzuruStyle←僕のところ
→男女兼用。兵庫・神戸にあり、さまざまな目的の方に対応。クライアントさんの8割は女性。

シェイプス
→女性専門。全国にあり、圧倒的な女性の身体作りの実績あり。カウンセリングの質の高く、的確なアドバイスがもらえ、無料体験でもかなり親身。

エクスリム
→男女兼用。関西・関東にあり、姿勢や動作、生活習慣の問題点の分析に優れている。

リタスタイル
→男女兼用。九州・岡山にあり、とにかく相談しやすく、人見知りの方におすすめ。一番丁寧。

僕のところも含め、いろいろ比較して自分に合うところをみつけて、まずは美脚に近づくための原因を掴んでください。

 

まっすぐな脚に近づく方法

まっすぐな脚に近づく方法

では、具体的にどのような方法で脚の捻じれを改善し、まっすぐな脚にすればいいのでしょうか?

股関節と膝関節の調整について

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開く
  2. 片足の外踝を地面に軽くこするように膝を曲げていく
  3. 股関節が緊張しない位置まで曲げられたら、再度膝を伸ばしていく
  4. 膝が伸び切ると同時ぐらいに太ももを軽く内側へ捻る
  5. そして元の状態に戻り、これを2分間繰り返す

足関節の調整

  1. 座った状態で、脚を組み足首から先を出しておく
  2. その状態でつま先付近を持ち、足首回しを行う
  3. このとき、つま先を持つ手と逆側は踝の上辺りを抑えておく
  4. ぐりぐりならない程度に気持ち良く2分間回し、逆回しを行う
  5. 逆側も同じように行う

動画では片手で行っていますが、本来は逆の手で踝辺りを押さえて動かないようにサポートしておきます。

 

トレーニングによってまっすぐな脚に近づける方法

トレーニングによってまっすぐな脚に近づける方法

次にご紹介する方法は、まず体重を乗せる位置がポイントになります。

体重ポイントについて

まっすぐな脚に近づけるためには、まずこの赤い丸の位置に体重を乗せるようにします。

踵

この位置は、内踝の真下付近になり、足裏全体でバランスよく体重が支えられるポイントになります。

まずは、この位置に体重を乗せることを理解しておきます。

トレーニング方法

  1. 足を肩幅に開き、つま先は少し外側に向ける
  2. 体重を先ほどの赤い丸印、踵に乗せる
  3. その状態でしゃがみ込み、つま先と膝を同じ方向に向ける
  4. 小さくバウンドをし、お尻の付け根に意識を向けて繰り返す
  5. 100×3セットほど繰り返す

こういった方法やトレーニングを行うことで、脚全体の筋肉の緊張のバランスが整い、まっすぐな脚に近づくことができます。

ただ、これだけで終わってしまうとまた日常生活の中で脚が捻じれてしまいます。そこで、この後に行うことは、姿勢や動作を身体にインプットしていきます。

関連記事:ジムで脚やせを目指す方に伝えたいトレーニングや調整方法について

 

 

日常生活の姿勢や動作を改善する

日常生活の姿勢や動作を改善する

では、ここからは、立ち方と歩き方について解説していきます。

立ち方について

これは一連の流れを実践していただくことで、より理解しやすいと思うので、ぜひ試しながら読み進めてみてください。

  1. 硬めの椅子に座り、お尻の下にある骨を感じる
  2. その状態から、へそを軽く突き出すように骨盤を前傾させる
  3. 次は、リラックスするように骨盤を後傾させる
  4. この骨盤の前傾、後傾という動きを繰り返し、腹背筋共に楽に感じるポジションを探す
  5. その位置がみつかると、顔を前に送り、お辞儀する
  6. 椅子からお尻を浮かし、両足の踵に乗る
  7. 踵に乗ったらまっすぐ立ち上がる

座り方

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

この流れで立つことができると、ご自身の踵で立つことができ、非常に楽に立てていると思います。

この状態を日頃維持すると、再度脚が捻じれることもないので、ぜひ実践してみてください。

関連記事:立ち方を習得する4つのステップ【骨で立てば楽】

歩き方について

歩き方についてはまとめると、

  1. 重心を引き上げる
  2. 肩はリラックスさせる
  3. みぞおち、もしくは胸辺りから脚が生えているイメージを持つ
  4. 胸辺りを前に運んでいくようなイメージで、重心を前に軽く運ぶ
  5. 手足はリラックスさせた状態
  6. 後方の足は少し置いていくようなイメージ

歩き方

歩き方

歩き方

歩き方

歩き方

このように重心を前に移動させることができると、自然に体重は踵に乗ってくるので、このような歩き方ができれば脚の捻れも改善することができます。

歩き方

こういった立ち方や歩き方について改善することも、まっすぐな脚を維持するためには、非常に重要なことですので、ぜひ実践してみてください。

歩き方については、こちらも参考にしていただければと思います。

 

一般的に言われるまっすぐな脚にする方法

一般的に言われるまっすぐな脚にする方法

ここからは、一般的に行われやすいことを個人的な考え方と合わせて解説していきます。

整体

身体の歪み、捻じれを改善する方法の1つとして、整体がイメージしやすいと思いますが、整体そのものは素晴らしい方法だと思います。

ただ、最も大事なことは施術者の技術が問題となるため、整体院を選び、腕の良い整体師さんにしてもらうとまっすぐな脚に近づけるはずです。

矯正

整体師さんが行う方法の1つに矯正があります。いわゆるボキボキならすような方法ですが、この方法はあまりおすすめできません。

矯正=強制であり、非常に身体にかかる負担も大きくなる可能性があり、事故も多発しています。

無理に身体を整えようとするのではなく、もっと気持ちのいいことを行い、筋肉を緩めれば身体の捻れや歪みは改善します。

ですので、矯正は本当に技術力がある方のもとで受けられるのであれば別ですが、一般の方にはあまりおすすめできない方法です。

関連記事:X脚を矯正してもうまくいかない理由と改善について

筋トレをする

先ほど、トレーニングで脚の捻じれを改善していきましたが、一般的に言われる筋力を高めるようなトレーニングは必要ありません。

脚が捻じれる主な原因は、日頃の姿勢や動作の癖によって筋肉の緊張のバランスが崩れたために発生するものです。

ですので、重要なことはこの筋バランスを整えるために何をするのか、ということになります。

鍛えることは必要ではなく、ただやみくもに鍛えてまっすぐな脚を目指そうとしている方は、少し方向性を考え直した方がいいかもしれません。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。まっすぐな脚になるためには、崩れてしまった筋バランスを整えることです。そして、その筋バランスを崩してしまう原因となった立ち方や癖などを改善することでまっすぐな脚へと近づいていきます。

特別難しいことが必要になるわけではなく、日頃の中でちょっとしたことを気をつけることで身体も変わっていきます。

では最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • 脚が歪む原因は、仕事場での癖や立ち方など人のよってさまざま
  • まっすぐな脚にするためにはまず筋バランスを整える
  • そして筋バランスが崩れてしまう原因を改善する
  • 立つ、歩くなどを日常での姿勢や動作を直す

このようにすることで、まっすぐな脚に近づきますし今よりも脚が細くなっていくと思います。

ただ筋トレをすればいいのではなく、このように歪みを改善することで脚を細くすることができます。

今日の内容が少しでもお役にたつと嬉しく思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

おすすめ太もも・ふくらはぎを細くする方法を一挙公開【まとめ】

おすすめ脚やせしたい方に使ってほしい&役立つアイテム10選

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で