シェイプアップ 痛みの改善 スポーツ 無料体験 

まっすぐな脚にするために行う2つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
まっすぐな脚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は東京出張でしたが、東京はかなり冷えていて雪でも降るんじゃないかと思うぐらいの気温でした。

気づけばもう2月も半ばに差し掛かって、プロ野球も開幕まで2週間ほど。

2日前には高校野球春の甲子園の抽選が行われ、兵庫県からは報徳学園が出場し、3日目の第一試合に沖縄尚学との対戦です。

僕の母校、市立神港は甲子園から遠ざかって30年以上ですが、100年の歴史を持つ高校も3年後には合併をし新しい高校に変わってしまいます。

残された時間は少ないかもしれませんが、甲子園で母校の勇姿を見てみたいですね。

さて、今日はまっすぐな脚になるための考え方を書いていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と改善について

太ももを細くする方法とは?5つの方法から考える脚やせについて

ランニングで脚が太くなってしまう原因と改善について

 

スポンサードリンク


noteでは、この記事よりも詳しい情報を有料(480円)でお伝えしていますので、よければこちらもご覧ください。


歪み=関節での捻じれやズレ

鏡で自分の脚を見たとき、歪んでいると思ったことはありませんか?

女性の中にはO脚やX脚、脚が捻じれて不細工に感じ、それが原因でスキニーやミニスカート、好きなファッションを思いっきり楽しめなくなってしまう方もいるそうです。

大好きなファッションを楽しめないのはもったいないですよね。

なぜ、このように脚は歪んでいくのでしょうか?

そもそも歪むということはどういうことなのでしょうか?

人間の身体は、関節と言われる骨と骨で構成されるつなぎ目があります。

歪んだとき、弯曲しているように見える脚も骨自体が曲がっているわけではなく、関節面で捻じれや歪みが生じて弯曲しているように見えてしまうことがあったり、それらが原因で局部に筋肉がついてしまうと弯曲しているように見えることがあります。

鏡で自分を見たときに脚が曲がっていると感じるのは、いわゆる歪みになります。

(先天的に骨に変形があり、骨自体が曲がってこともあります。)

脚を細くしたい方の場合、歪みも考えられますが、女性の場合、むくみで脚が太く見えることがあります。

このような場合、LAVA などで汗をかきながらヨガをしたり、運動して汗を出すことで細くなることが実感できると思います。

原因に応じて方法を考える必要があります。

 

体重支持ポイントのズレが原因

先日から足裏が割れてしまっていて、歩くたびにかなりの激痛ですが、これができたのは右足の踵の外側です。

ここを踏むと痛みが出るので、どうしても内側重心で歩いてしまいます。これがひとつの歪みの原因です。

どういうことかというと、重心位置のずれが歪みにつながることがあります。

足裏の重心位置は、踵20%、母趾球17%、小趾球13%という比率があり、両足で100%になります。

体重分布

それを実現するために、脛骨の真下、踵と土踏まずの間ぐらいの位置で体重を支持するようにします。

この比率が自然だといわれていますが、感覚的には踵で立つということになり、この位置からズレてしまうことで足元が崩れ、その上にあるものが崩れていきます。

このように考えると、体重を支持するポイントがズレることが歪みのひとつの原因になります。何が原因かと言えば、立ち方、歩き方が原因になります。(人によって原因はさまざまですので、一概にこれだけとは言えませんが。)

 

まっすぐな脚にするための2つのステップ+α

必要なことは、先ほどの原因を改善することです。体重支持ポイントや立ち方、歩き方を直していくことが必要になります。

ただ、これだけではまっすぐな脚に近づくことはできると思いますが、歪んだ部分はなかなか改善していきません。

何が必要になるかといえば、身体調整で歪みを改善し、まず自然体に直すことです。

身体調整をし、自然体に直すことで歪みが改善され脚の形が変わっていることに気づくと思います。また脚の細さやお尻のたるみについても歪みの改善で
引き締まることがあります。

これだけでは一時的な改善は見られますが、ここから重要になるのが原因の改善です。

まとめればこのようになります。

  • 原因を見つけ、身体調整などで自然体に直す
  • 原因である立ち方、歩き方など姿勢、動作の改善をする

※さらに引き締めたい場合、トレーニングをする

 

まとめ

注意していただきたいのは、トレーニングのみをしてもある程度の改善はみられますが、自然体に直すためには身体調整をするほうが歪みの改善になります。

よく言われることですが、まっすぐにする方法はないの?と聞かれますが、これをやったらまっすぐな脚になります!という絶対的な方法はないと思います。

一人一人生活習慣が違い、原因がさまざまです。

考え方としては、自然体に直し、原因である日頃の動作などを改善すること。

それは一人一人の身体を見て、原因を探るためにお話を聞き、それで初めて対応策が考えられると思います。

今日1日自分の重心がどこにあるのかを感じて過ごしてみることでいつも感じられない新しい発見があるかもしれませんね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

自分史上最高のカラダとココロに。

ゆかログ

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーソナルお申し込み

本文をお読みいただいて、ありがとうございました。

IzuruStyleでは、ブログでカラダやココロが変わるきっかけをお伝えできればと思っていますが、セッションではブログでは伝えきれない部分をお伝えしています。

少しのテクニックの違いで身体は変わります。ブログの内容を実践していただいても身体は十分変えることができます。

その効果以上の結果を求められる方は、セッションでお伝えし身体がさらに変わることを約束します。

カラダやココロのことでお悩みの方は、お申し込みください。


パーソナルお申し込み

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*