シェイプアップ 痛みの改善 スポーツ 無料体験 

ストレスによる病気!?健康を維持するためにおさえておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ストレスによる病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス社会と呼ばれる日本は、このストレスが原因でさまざまな病気や症状が出ていると言われています。

胃潰瘍や胃腸炎、ガンや脳梗塞。この病気をあげると数え切れないほどの病気や症状が出ますが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

ストレスは、一般的な認識で言えば悪いものであり、このストレスをできるだけ感じない方がいいと思われがちですが、あまりそうとも言い切れません。

今日はこのストレスと病気の関係についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


noteでは、この記事よりも詳しい情報を有料(480円)でお伝えしていますので、よければこちらもご覧ください。


そもそもストレスって何?

ストレスとは、そもそもどのようなものなのでしょうか?

■ストレス【stress】とは?

ストレス(英:Stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である

ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる。この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。様々なストレス管理の方法がある。

Wikipediaより引用:ストレス

 

これがストレスです!という明確なものがあるわけではなく、個々が感じるプレッシャーや環境的な変化によって身体に与えられる影響などをストレスを言います。

 

ストレスを受けると身体にどのような変化が起こるのか?

日常的にストレスが溜まり、パンク寸前の方もいるかもしれませんが、ストレスを受けると身体はどのような変化をするのでしょうか?

経験的にもわかることですが、ストレスを受けると興奮状態になり、イライラしたり、不安になったり、精神的にも不安定になってしまいます。

身体に出る反応としては、さまざまありますが、発疹が出てしまう方もいれば、高熱が出てしまったり、下痢や嘔吐などの症状が出る場合もあります。

人間の身体は自律神経によって無意識下で機能が調節されていますが、この自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経がバランスをとり合いながら存在しています。

ストレスを日頃から多く受けている方は、交感神経が優位になっており、シーソーで言えばこのような状態になっています。

健康

ストレスを受けることで、自律神経のバランスが乱れる。自律神経のバランスが乱れてしまうことで、身体を健康的に維持するための機能がうまく働かなくなってしまったり、過剰に働いてしまう。

そうすることで身体に不具合が出てしまい、その結果病気につながってしまう可能性があります。

 

ストレスによる病気と考えられていること

では、具体的にどのような病気がストレスと関連があると考えられているのでしょうか?

昨年12月に亡くなられた世界的な免疫学者である、安保徹先生の著書【病気が治る免疫相談室】を参考にするとこのように書かれています。

解糖系エネルギーが優位 ミトコンドリアの機能低下 代謝機能の低下 活性酸素の大量発生
・がん

・疲労感

・やつれ

・不定愁訴

・各種臓器不全

・肩こり

・頭痛

・腰痛

・膝痛

・めまい

・耳鳴り

・胃潰瘍

・潰瘍性大腸炎

・十二指腸潰瘍

・糖尿病

・白内障

・痛風

化膿性の炎症 緊張、興奮 知覚が鈍る

・急性虫垂炎  

・肝炎

・膵炎

・口内炎

・視野、考え方が狭くなる

・がんばりすぎ

・がんこ

・視力低下

・難聴

・嗅覚の低下

・味覚異常

・イライラ

・怒りっぽい

・不眠

・不安

・恐怖感

すべてとストレスで片づけることは難しいと思いますし、異論の出ることだと思いますが、ひとつの可能性として安保先生はストレスと病気との関連をこのように書かれています。

 

健康を維持するためにストレスとの向き合い方を考える

ここまでの流れだけでストレスを判断すると、ストレス=悪いという構図が出来上がると思いますが、人間が生きる上では適度なストレスも必要なものでもあります。

ただ、それが過度になってしまうことが問題であり、病気との関連が出てくるのだと思います。

ストレス社会だと言われる日本で、このストレスから逃れるためには仕事を辞めるか、現実逃避をするか。それらは現実的ではない。

とすれば、どのようにストレスと向き合っていけばいいのでしょうか?

ここから現場で見えてきたストレスとの付き合い方について少しお伝えしていきたいと思います。

1日のどこかでリセットする時間をつくる

寝る

クライアントさんとの会話の中で見えてきたことは、“ストレスを感じないようにする”ということは少し現実味がありません。

生活をするため仕事をする必要があり、人生にかかわる仕事を安易に変えることもできません。

そういう状況の中でアドバイスしたことは、1日のどこかの時間に身体の状態をリセットする時間を持つことをアドバイスしました。

基本的には寝る前に呼吸を行っていただいたり、身体を適度に揺らしたりし、そこで気持ちよさを感じつつ睡眠に入る。

このような流れで1日を終えるようにすることで、これまでよりも眠りが深くなったり、朝の目覚めが良くなったりということが何人ものクライアントさんでみられました。

1日のスタートが気持ちよく迎えられることで、気持ちにも余裕が生まれ、その結果気持ちも安定するように感じたクライアントさんもおり、1日の中でリセットする時間をつくることを継続していただいています。

ここで行ったことは、こちらを参考にしていただければと思います。

呼吸は目的によって変える!得たい効果から考える呼吸の方法について

寝たいけど眠れない!睡眠障害と自律神経の関係について

自律神経を整える方法|心が落ち着き仕事の効率も上がる

生活のリズムをつくる

生活リズム

これも上記のことに似ていますが、意外とできていない方が多いなという印象を現場で受けました。

ダイエット目的の方は必ず書いてもらっていますが、1日の行動を把握するために何時に起きて、何時に寝る。そして仕事内容、休みの日の過ごし方など、1週間の行動を見ていきます。

1週間の行動を表におこすと、意外と生活のリズムがとれておらず、就寝時間がバラバラであったり、食事の時間が一定でなかったりすることが見られました。

すべてを固定化させるのもストレスになると思いますので、ある程度の決まりを設け、生活の中にある程度の時間枠を設けていきました。

すると、これまでダラダラして過ごしてしまっていた時間が改善され、やることは早めに終わらせ、自由時間が増え、そこから気持ち的な余裕が生まれた方もいらっしゃいました。

食事に問題がある方の場合、この生活習慣が乱れているケースが多くあり、健康にもダイエットにも生活リズムをつくることは大切なことだと感じます。

過度に何かをすることを避ける

過度

これは個人的な意見ですが、1日に何かを詰め込むよりも、少しのことでもいいから継続し続けることで、結果としてやれる量は多くなると思います。

数年前はとにかく1日で目一杯できることをやるようにしていましたが、最近は、やる量も増やしつつ余力を持って終えるというか、余裕を持って終えるようにしています。

これはトレーニングや練習と同じだと思いますが、疲労困憊までし続けることで満足感は得られるかもしれませんが、残るのは疲労です。

疲労が残ると、次の日も疲労困憊までするとまた疲労が溜まり、最後はオーバーワーク、オーバートレーニングになってしまい、そこから長きにわたっての休養が必要になります。

短期的に成果を上げる必要がある場合は、1日の中で目一杯詰め込んでやることが必要になるときもあると思います。

ただ、そうでないときは1日の中に過度に詰め込むよりも、“やり続けること”の方が大事だと思います。

健康やダイエット、身体を変えるということも同じだと思います。

 

健康であり続けるために覚えておいてほしいこと

健康を維持する

健康でいるためには、必ずしも筋力が高いことが必要ではないと思います。

競技者や特別なことをしない限り、一般の方に必要となる筋力というのは、重力によってかかる1Gに耐えられる筋力です。

身体の動かし方を差っ引けば、筋力が高ければもちろん日常動作の歩く、階段を上るなどは楽に行えるため、筋力が高いことで快適に過ごせる一要因になります。

ただ、健康という視点で考えると、筋力が高い=健康ではないということです。

人間の身体は、37兆個の細胞によって成り立ち、このそれぞれの細胞が単体で健康で、元気でいることが人間という細胞の集合体が健康で元気に過ごすために重要なこととなります。

細胞が健康でいるためには、細胞の代謝がきちんと行われている必要があります。

この代謝というのは、二酸化炭素や老廃物などが排出され、酸素や栄養素が取り込まれることであり、これらがきちんとできていることで細胞自体が健康でいるために必要なことです。

代謝をきちんと行うためには、筋肉が柔らかい状態であり、体内の循環を良い状態で維持することが必要です。

そうすると体液の流れが良いため、うまくガス交換などができるため、健康でいるためには筋肉を柔らかい状態で維持し、循環を良い状態で保つことがポイントだと考えています。

 

まとめ

今日はストレスと病気の関係や、健康に対する考え方についてお伝えしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

目に見えないストレスは、その程度を計ることもできないですし、感じ方もそれぞれ。

だからこそそれぞれがこのストレスとうまく付き合う方法を見つけ出していくことが大切であり、すべてはご自身が快適で幸せな毎日を過ごすために必要なことだと思います。

人間は病気になって気づくことが多いですが、予防ということに対しては意識が薄れがち。

なってからではなく、なる前に防げることは防いでいきたいですよね。何よりもそれは誰のためでもなく、すべては自分のためだからこそ余計に。

最後に今日の内容をまとめていきたいと思います。

  • ストレスは、病気の原因として考えることができる
  • がん、糖尿病、痛み、だるさ、白内障、胃潰瘍などさまざまな病気や症状の原因がストレス
  • ストレスを解消する絶対の方法はない
  • だからこそそれぞれに合った方法をみつけることが重要
  • 健康を維持するためには、細胞を健康に保つこと
  • 筋肉を柔らかく、循環の良い状態を維持することが健康につながる

このような内容でお送りしていきました。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*