ストレッチの意味を理解する|知ってそうで知らないことのまとめ

スポンサーリンク
ストレッチの意味

最近は関西でもストレッチ専門の店が流行っているそうで、元町や大阪などでは大々的に広告が打たれ、目を引くような恰好をして街中を走って宣伝しているところも見かけたりします。

そんなストレッチですが、一般的に知られているからこそ本来持つストレッチの意味を知り、効果が引き出せておらず、筋肉を緊張させてしまっていたり、ただやっているだけというようなところをよくみかけます。

そんなみなさんが知っているストレッチをより細かく、どのように行えば効果を引き出せるのか、今日はお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

ストレッチの意味とは?

まず最初に何気なく使っている“ストレッチ”という言葉について書いていきたいと思います。

英語では【stretch】と書きますが、ストレッチの意味は以下のようになります。

  • ~を伸ばす
  • ~を引っ張る

という意味がありますが、筋肉を伸ばす、引っ張るという意味合いで使われています。

ストレッチの目的は、みなさんも無意識的に感じているかもしれませんが、筋肉を緩めるという目的がありさまざまな種類のストレッチがありますが、引き出したい効果というのは主に筋肉を緩めるという反応です。

関連記事:ストレッチングのやり方を理解しよう!本来の意味と実践方法について

 

どんな種類のストレッチがあるのか?

ストレッチにはさまざまなものがあり、ざっと上げればこのようなストレッチがあります。

  • ストレッチ
  • ストレッチング
  • スタティックストレッチング
  • ダイナミックストレッチ
  • アクティブストレッチング
  • パッシブストレッチング
  • ペアストレッチング
  • パートナーストレッチング

などがありますが、これは一部でまだほかにも○○ストレッチといわれる方法は存在します。

少しそれぞれのストレッチについて解説しておきたいと思います。

ストレッチ

ストレッチという言葉はよく聞くと思いますが、先ほどもお伝えした通り、意味は筋肉を伸ばすということです。

ただ、次にお伝えするストレッチングという言葉もありますが、これらの意味の違いは、筋肉を伸ばす時間の差になります。

僕が定義するストレッチは、クイック的な、1秒適度グッと伸ばして戻す、という刺激を繰り返し、主に可動域を広げる際に行うことを目的としています。

この定義については、それぞれが持っていればいいものであり、ここでお伝えする内容が絶対ではありません。

ストレッチング

ストレッチングは、ingがついていることもあり、伸ばし続ける。いわゆる数十秒筋肉を伸ばし続けるような場合をストレッチングと呼ぶようにしています。

ただ、スポーツ選手の場合、このストレッチングをウォーミングアップの中で取り入れてしまうと、その後筋力が低下する恐れもあり、主に選手に行うことはダイナミックストレッチか、もしくはストレッチになります。

このことについては、理解しておきたいウォーミングアップ時のストレッチについてを参考にしていただければと思います。

スタティックストレッチング

スタティック=静的という意味があり、動きのないストレッチングということです。

イメージは、一般的にイメージできるあるポージングを数十秒間保持するようなストレッチングです。

大腿四頭筋のストレッチング

腸腰筋のストレッチ

ダイナミックストレッチ

ダイナミック=動的なストレッチとは、いわゆる体操になります。

関節運動を行いながら筋肉を緩めるようなストレッチのことをダイナミックストレッチといいます。

イメージしやすいのは、ラジオ体操ではないでしょうか。身体を動かしながら筋肉を緩めるようなストレッチのことを指します。

ウォーミングアップの目的と頭を柔軟にして考えるメニューについて

アクティブストレッチング

アクティブ=自動的、自主的という意味があり、自分で行うストレッチングをアクティブストレッチングといいます。

パッシブストレッチング

逆にパッシブとは、受動的という意味があり、骨折をしたときなどにトレーナーや理学療法士の方がされるような、誰かにされるストレッチングをパッシブストレッチングといいます。

ペアストレッチング・パートナーストレッチング

ペアストレッチングは、2人組で行うストレッチングのことです。パートナーストレッチングも同じ意味ですが、僕自身は2人が同時にストレッチングを行うことをペアストレッチング。

一方がトレーナーでストレッチングをやってもらうようなストレッチングをパートナーストレッチングと呼んでいます。

パートナーストレッチングを行う上で知っておきたい10のこと

このようにストレッチと名のつく方法はさまざまなであり、そのほかもまだまだあります。

 

何を対象物にするかで方法が変わる

一般的に行われているのが、スタティックストレッチングというもので、あるポージングをキープし、筋肉を伸ばす方法ですが、そもそもストレッチはどのように行えばいいのでしょうか?

これは、まず対象物を何にするのかで変わってきます。

  • 筋紡錘
  • 腱紡錘
  • 筋膜

スタティックストレッチングをする際に、筋肉を強く伸ばしすぎたり、引っ張りすぎると筋肉は緊張してしまいますが、この伸ばされる程度などを感知している受容器が筋紡錘と言われるものです。

この器官は、刺激を受けると筋肉を収縮させ、このことを伸長反射といいます。

スタティックストレッチングをする際には、この伸長反射を起こさないようにすることが重要になります。

この辺りについては、筋肉を緩める方法=ストレッチは意外と難しい!筋肉を緩める方法のご紹介で詳しく解説していますので、こちらを参考にしていただければと思います。

関連記事:筋肉を柔らかくする7つの考え方と実践方法について

 

具体的なストレッチの方法について

では、実際にストレッチングを行うときにどのようにすればいいのでしょうか?

長座体前屈

このようなポージングはみなさんも日頃されると思いますが、どのようなことに注意する必要があるでしょうか?

まず、痛みを感じないこと。これは大切なことですが、ストレッチの目的は筋肉を緩めることです。

筋肉を緩める目的で行っているのに、痛みを感じてしまうことは緊張していることとなり、伸ばしすぎ、引っ張りすぎとなります。気持ちのいいところで保持し、その状態を約30秒前後とることで筋肉は緩みます。

純粋に考えると筋肉は強く引っ張ると引きちぎれてしまいます。そうなっては身体としては困るわけです。

そうならないように備えられているのが筋紡錘といわれる感覚受容器で、筋紡錘はいわば身体を守る役目をもっていたりします。刺激を受けないように伸ばすことが必要となりますが、そのためには以下のことに注意します。

  • ゆっくり
  • やさしく

このように筋肉を伸ばすことで、筋紡錘も筋肉と同じように伸ばされていきます。そして、その状態を続けることでその伸ばされた長さに筋紡錘が適応し、この時間が筋肉を伸ばす時間になるということです。

もう少しわかりやすく書くと・・・

  1. 痛みを感じず、気持ちよく感じるところまで伸ばす
  2. その状態を30秒前後保持する
  3. すると筋肉は緩む

※痛みを感じるところで伸ばすと筋肉は緊張し、緩まない。

と、言葉で書くとこのような表現になりますが、実際にみなさんが行っているストレッチングは伸ばしすぎるか、もしくは時間が短いことが筋肉が緩まない原因かもしれません。また意識をどこに向けるのか、呼吸の問題もありますがこれらもストレッチを考える上では重要になります。

関連記事:ストレッチ効果!?マラソン選手が知っておかないと損をする可能性がある柔軟性について

 


まとめ

いかがでしょうか。ストレッチについて日頃行うときに考えたいポイントなどが理解していただけるとうれしく思いますが、ストレッチ感を感じたいからという理由で強く伸ばしてしまうと本来の目的を見失ってしまいます。

基本的には気持ちのいいところまで伸ばし、その状態を30秒程度保持することで筋肉はある程度緩みを感じれるまで緩むと思います。

伝えきれていない細かな点もまだありますが、ストレッチについて理解を少しでも深めてもらえると嬉しく思います。

では最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • ストレッチは、~を伸ばす、~を引っ張るという意味がある
  • 目的は、筋肉を緩めること
  • 具体的な方法は、対象物を何にするかで方法は異なる
  • 筋紡錘が対象物の場合、ゆっくりやさしく伸ばし、30秒程度伸ばすことで筋肉は緩む
  • 痛いと感じながらストレッチを行った場合、筋肉は緩まず反対に緊張してしまう

このような内容でお送りしていきました。本来の意味を理解して実践していくことで、目的に見合った、筋肉を緩める効果が引き出せると思います。

身体を動かす習慣のある方はぜひ一度筋肉を緩めるストレッチを実践していただければなと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

自分史上最高カラダとココロに。

それが、Izuru Style・・・

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. おいしっくす

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. ストレス

    ストレス過多と改善方法4選!おすすめのリラックス方法もお伝え…

  3. 壁立ち

    疲れない姿勢と疲れる姿勢|スタイルが良い人ほど壁立ちをすれば…

  4. 骨盤が開く

    骨盤が開くってどういう意味?骨格から考える骨盤の動きと締める…

  5. 有機野菜

    健康を目指して食べ物を選ぶ!おいしっくす(Oisixi)など…

  6. 健康グッズ

    おすすめの健康グッズ!その前に考えておきたい使用する理由につ…

\ストレス過多の方におすすめ/




伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介!

    2018.04.21

    気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介…

  2. 2018.04.21

    続かない・続けられない人の特徴と続けるためのコツ・方法を…

  3. 2018.04.21

    膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と2つの改善…

  4. おすすめ記事

    2018.04.21

    まず読んでいただきたい15記事をまとめてみました!

  5. 疲れて動けない方へ

    2018.04.21

    疲れて動けない方へ|細胞が元気になれば身体も元気になる

  1. 健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

    2018.04.15

    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選…

  2. ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり方)など一挙ご紹介!

    2018.04.15

    ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり…

  3. 便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお茶4選

    2018.04.13

    便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお…

  4. 脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ!

    2018.04.07

    脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ…

  5. 美脚とサプリ

    2018.04.05

    ストレスとむくみの関係|美脚を目指す方におすすめのサプリ…

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. コンディショニング

    2018.04.11

    体調だけではないコンディショニング(基礎体力)という言葉…

  3. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  4. ふくらはぎの外側

    2018.04.04

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  5. 太ももの外側

    2018.04.03

    太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方…

\ストレス過多の方におすすめ/