野球

バッティング時の手首の使い方とは?手首は固定する、それとも返す?

手首の動き

野球選手であれば自分のバッティングをより良くしたいと思うことは自然なことだと思います。

そしてホームランを打つことに憧れる選手も多く、遠くにボールを飛ばすために試行錯誤を繰り返していると思います。

その中で話題になるひとつが、手首の使い方です。バッティングをしているときに手首は返した方がいいのか、それとも固定させた方がいいのか?

続きを読む

効率的に身体を使った野球選手の打ち方について

打ち方

大谷翔平選手が二刀流を成し遂げ話題になっていますが、あのような活躍を見て心が熱くなっている選手も多いと思います。

自分もいつか、甲子園に、そしてプロ野球選手に・・・。

僕もそうやって青春を野球にかけてきましたが、現実は厳しく今はトレーナーとしての道を極めたいと思い、また別の視点から野球を見ています。

続きを読む

キャッチャーのスローイング|ステップや腕の振りについて考える

キャッチャーのスローイング

先週、社会人野球選手にキャッチャーのスローイングについて指導する機会がありました。肩は強く、投手をすれば140kmは出るぐらいの選手ですが、もう少しスローイングについて質を上げたいということで指導をしてきました。

肩が強いがためにステップの使い方が不自然だったり、腕だけで投げるようなフォームになっており、そのあたりを修正すると非常に球筋も良く楽にセカンドまで投げられる感覚が出てきたそうです。

今日はキャッチャーのスローイングについてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

敏捷性・俊敏性とは?アジリティ&クイックネストレーニングの違いをラダートレーニングから考えてみる

敏捷性

プロ野球やJリーグの選手などのウォーミングアップで使用されるラダーですが、このラダーを使ったトレーニングは世間で“敏捷性(アジリティ)の向上”を目的として使われることがほとんどです。

より素早い動きづくりのために・・・。

よりフットワークをよくするために・・・。

続きを読む

野球選手がバッティングを向上させたいときに覚えておきたい12のこと

バッティング

野球選手であれば少しでもいいバッティングをしたい、そういう想いを強く抱くと思いますが、どうすればバッティングを向上させることができるのでしょうか。

さまざまな練習方法やトレーニングが紹介されていますが、どのようなことを参考にすればいいのかわかりづらいのが現状だと思います。今日はそんな野球選手に向けて、少しでもバッティングが向上できるように11の項目に分けてお伝えしていきたいと思います。

ぜひ参考になればと思います。まず本題に入る前に、僕自身が考える打ち方を読んでいただくと、より内容を理解しやすいと思います。

続きを読む

スイングスピード向上のためにはウエイトトレーニングではなくバットを振ること

スイングスピード

先日、以前から撮影していた野球選手がバッティングをしている動画を見ていると2年前よりも3年前よりも、スイングスピードの向上が見られ、打球の速さや飛距離などが伸びていることを実感しています。

選手もトレーニングやエクササイズ、打ち方の改善を重ねていく中で自分のバッティングが変わっていることを感じているそうです。

さまざまなことを試してはデータやビデオを撮らせてもらい、その結果を見ていますが、自分がやったことに対してフィードバックをすることで結果の出ているところと、出ていないところがわかり、自分の課題を見つけることができています。

続きを読む

野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因について

肩肘を痛めない投げ方

プロ野球も開幕して1ヶ月が経とうとしてますが、大方の予想を裏切るセ・パ両リーグの順位となっています。まさかの大失速のオリックスですが、主力の投手を欠いているのは非常に痛いことです。

毎年のようにプロ野球に限らず、社会人や高校でも投手は肩肘を痛め、試合に出ていたとしても満身創痍の状態だったりします。

なぜこれまで肩肘の痛みが多いのでしょうか。一般的には肩肘を痛めないようにインナーマッスルを鍛える、などといったことが言われていますが、本当にこれだけで痛みの予防や改善ができるのでしょうか?

続きを読む

2000年夏の甲子園|ニュースレターNO.005

今年の夏の大会は、和歌山の智辯学園が圧倒的な打撃のパワーを見せ付けて優勝しました。今年の大会を見て感じたことは、素晴らしい投手がたくさんいたことです。彼らの動きを見ていると、さすがに速いボールを投げられる選手は、身体の使い方が違うということと、体格や体型が素晴らしいということです。それに運動能力が高いことが伝わってきました。

続きを読む