シェイプアップまとめ 痛みの改善まとめ スポーツまとめ 無料体験

太ももの外側の張りが気になるときに考えたい原因と改善について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
太ももが張る部分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日クライアントさんとのセッションの中で、太ももの前側の外の張りが気になるということを相談されて、身体を見ていきました。

すると、大腿四頭筋といわれる太ももの前側の筋肉が張っており、それが原因でポコッと張り出しているように見えてしまっていました。

膝の上がたるんでいる、太ももの外側が張っている、脚の部分的なところが気になる女性もいると思いますが、今回は、この太ももの外側の張りの原因と改善についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

太ももの内側のたるみは鍛える?知っておきたい原因と改善について

太ももの前側の張りを無くそう!女性がやってしまいがちで逆効果なトレーニングについて

スキニーを履けない方へ|ファッションを楽しむために伝えたい脚を引き締めること

 

スポンサードリンク

パーソナルトレーニングをご希望の方は、こちらをお読みいただければと思います。

シェイプアップのセッションを受ける前に
スポーツ選手がセッションを受ける前に
痛みの改善のセッションを受ける前に


今回お伝えしたい太ももの張りの部分について

今回クライアントさんが悩まれていた太ももの張りの部分は、このあたりになります。

太ももが張る部分

脚の外側というよりも、太ももの前側の外辺りに位置する場所です。ここの張りが目立っており、セッションをするときも少しピッタリとしたパンツを履かれていますが、太ももの張りは目立ってしまっています。




 

太腿の外側が張ってしまう原因とは?

なぜ太ももの外側が張ってしまうのでしょうか?このクライアントさんの場合、お仕事が量販店で品出しなどの仕事をされています。

そこまで大きくはない荷物ですが、段ボールを抱えて持ち運ぶことがよくあるそうです。

このときの姿勢が、荷物を身体の前側で持ち、身体を少し反らせるようにし、さらにそこから歩くときに少しがに股気味で歩かれているんですね。

 

荷物を持つ

がに股で歩く

このとき体重が足の外側にかかっていて、靴下を脱いで足裏を見せていただきましたが、小趾(足の小指)のつけ根辺りに皮膚が硬くなっているところがありました。

足裏

日頃からこの部分に体重がかかっており、仕事中の姿勢や動作が太ももの張りにつながっていると考えられました。

 

太ももの張りを改善するために行ったこと

太ももが張っているということは、筋肉が緊張しているということです。

筋肉が緊張して太く見えてしまっているということなので、改善のためにはその筋肉を緩めれば状態は改善されるはずです。

ここで間違えていけないのは、筋力が弱いから筋肉が張っているということではありません。

仕事で荷物を持ち、そのときの姿勢や動作が太ももにストレスを与え、筋肉が張ったということです。改善のために行うことは、筋肉を緩めることと姿勢や動作の改善です。

今でも多くいわれていることは、筋力が弱い=筋トレということが言われますが、原因から考えてみると改善策は想像できると思います。

では、具体的にどのようなことをして改善を図ったのかをお伝えしていきたいと思います。

筋肉を収縮させて筋肉を緩める

この方は身体に触れられると非常にくすっぐたく感じてしまうということで、筋肉も全体的に硬かったため、はじめは太ももの筋肉を収縮させて筋肉を緩めていきました。

筋肉を緩める方法というのは数多くあり、筋肉を伸ばす、揺らす、呼吸を活用する、触れるなどさまざまあります。

具体的には、筋肉を緩める方法=ストレッチは意外と難しい!筋肉を緩める方法のご紹介を参考にしていただければと思います。

筋肉を収縮させて緩めた後、そこからは気持ちよく身体を動かしていただいたり、僕が動かしたりしてさらに緩めていきました。筋肉が緩むと太ももの張りも改善され、外側に張っていた部分も目立たなくなっていました。

セッションの中では、全身緩めていきましたが、筋肉を緩めた後は日頃の姿勢や動作についてアドバイスを行っていきました。

姿勢や歩き方について

全身を緩めた後は、どのような姿勢がいいのか、歩き方はどうすればいいのかをお伝えしていきました。

この考え方については、これらの記事を参考にしていただければと思います。

クライアントさんに姿勢や歩き方を体感していただく、今までがいかに疲れてしまう姿勢だったり動作だったのかがよくわかっていただけましたし、太ももの張りがなぜ出るのかもよく理解されていました。

きちんと理解していただけると、日頃の姿勢や動作が変わり、そうすると太ももの張りは一時的ではなく、継続的に改善されていきます。




 

筋力の強さはあまり関係がない

筋力はあまり関係ない

ここまでクライアントさんとのセッションの中で感じたことや実際に行ったことをお伝えしていきました。

もしかすると読者の方の中には、「鍛えなくて変わるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。これは問題ありません。

なぜならこの方の太ももが張る原因を思い出してみてください。太ももが張る原因は荷物を運ぶときの姿勢や歩き方に問題があり、それらが原因で筋肉がストレスを受け緊張して張ってしまっていました。

もし筋力が高い場合、このストレスに耐えられるようにはなると思いますが、根本的にはストレスを受け続けてしまい、筋肉は緊張してしまうはずです。

そうすると、太ももは張ってしまうと思います。

日頃の姿勢が問題で筋肉が緊張している場合、その姿勢を変えて太ももにストレスがかからないような姿勢に直せば原因は取り除けるのではないでしょうか。

あとは、緊張してしまっている筋肉を緩めれば今回のようにしぼみ、太ももは細くなるはずです。

そう考えて今回は鍛えるということをせず、筋肉を緩めただけでも十分身体に変化が見られたということだと思います。

 

まとめ

今回はクライアントさんの身体を例にしてお伝えしてきましたが、太ももの張りで悩んでいる女性の方は多いと思います。

基本的には筋肉を緩めることで太ももの張りは改善され、それだけでも細くなります。あとは、太ももが張る原因となる立ち方、歩き方など日頃の姿勢や動作を改善することで張りのない太ももの状態が続くと思います。

もちろん根本原因が異なれば、対応は変わってきますが、大方の女性の場合、このように考えることで太ももの張りを改善することができると思います。

まずはご自身の筋肉を緩めてみてはいかがでしょうか。

今日の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて




この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*