太ももの内側のたるみは鍛える?知っておきたい原因と改善について

スポンサーリンク
太ももの内側のたるみ

太ももの内側のたるみは少しきつめのパンツを履くと目立ってしまったり、ショートパンツを履くと、ムニッっとスライムみたいに出てしまいそれが気になって好きなパンツさえも履けなくなる。

これって女性にとっては楽しみのひとつを奪われるぐらい大きなことだし、太ももを隠すようなファッションに移行してしまう。

しかもそれがきっかけで、ちょっとださいファッションでも「太もも隠さないといけないし仕方ない・・・」となって、しまいにはあれだけおしゃれが楽しかったはずだったのに、もう無関心。

本当にそれでいいですか?違いますよね?

かな
男の人からすると、それぐらい?って思うかもしれないけど、脚ってそれだけ女性に与える影響は大きいってことだよ。
いずる
クライアントさんも言ってた。でももったいないよ。だから一緒に変わっていきましょう?

太ももの内側は鍛えてもうまく引き締まりません。

以前、太ももの外側の引き締めについてお伝えしたんですけど、考え方は実は同じなんですね!太ももの内側は、

脚の捻じれや循環を改善し、さらに引き締めたい場合は脂肪を落とすこと。

これができれば太ももの内側を引き締めることができ、おしゃれをもう1度心から楽しめるようになるはずです!

この記事では、実際に引き締める方法をお伝えしていますので、ぜひ実践してみてください。小さな変化を感じるはずです!

また、CODINAというマッサージオイルやアセチノを使って太ももを緩めると、太ももの内側も引き締まっていきます!

こういった方法を毎日続けると引き締まっていくので、まずは太ももの内側を引き締める考え方を知っていただきたいと思います。

\太ももの内側はこのオイルで引き締める/

スポンサーリンク

太ももの内側がたるんでしまう具体的な原因について

太ももの内側がたるむ原因

太ももの内側はなぜたるみ、どうすれば引き締めることができるのでしょうか?

結論から言えば、それは捻れや循環の悪さがひとつの原因として考えることができます。その捻れや循環を良くすることで太ももの内側を引き締めることができます!

太ももだけに限った話ではなく、ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善でお伝えしているようにふくらはぎの外側の膨らみも同じ考え方ができます。

股関節について

まず見ていただきたいのは、股関節です!

股関節の構造 股関節の構造

太ももの外側の引き締めでもお伝えしていますが、実は同じことが原因で、改善も同じなんですね!

太ももの骨を大腿骨(だいたいこつ)といいますが、これが内側に捻れることを股関節の内旋といいます。具体的に見ると、こういう状態が自然で、

股関節の内旋

ここから内側の脚を捻じることが、股関節の内旋です!

股関節の内旋

これが何なんだ?ということですが、太ももの前側の筋肉や脂肪って本来縦に並ぶようになっていますが、股関節に捻じれがあれば横側に広がってきてしまいます。

本来は太ももの前側にあるけども、股関節が内側に捻じれることで、筋肉や脂肪はこの方向に移動してしまいます。

太ももの内側のたるみ

このように股関節が内側に捻じれてしまっている方は、太ももの内側がたるんでしまいます。また同時に膝上の内側あたりにも脂肪がたまるように余分なお肉が乗ってきます。

太ももの内側

ということは、太ももの内側がたるんでしまっているのは、ただ脂肪がついたということだけではなく、脚の捻れが原因かもしれません。

そうだとすれば、股関節の捻じれを改善することで太ももの内側は細くなるはずです!

捻じれとむくみの関係

もう1つ考えなければいけないことは、股関節が捻じれるということは、股関節周辺の組織も捻じれられるということです。

つまり、リンパ管なども捻じられてしまうため、むくみが発生している可能性があります。

脂肪でたるんでいると思っていても、実はそれはむくみであり、循環を改善することで細くなる可能性があるんですね!

つまり、

股関節の捻じれとむくみの改善をすることで太ももの内側は引き締まる

ということなんですね!

関連記事:ふくらはぎのむくみの8つの原因と改善方法について

 

太ももの内側にたるみができる5つの原因とは?

太ももの内側にたるみができる5つの原因

では、どういうことが原因で、股関節が捻じれ太ももの内側がたるんでしまうのでしょうか?

それは、日常生活の中で行う姿勢や動作が大きく関係しています!これを1つずつ見ていきたいと思います。

脚が捻じれる原因1-1 座り方

座り方

まず考えられるのが、このような座り方です。女性の場合、スカートを履いて仕事をすることがあると思いますが、このように膝を内側に閉じるようにすることで股関節が捻れてしまう可能性があります。

下着が見えないようにするために、致し方ないところもあるかもしれませんが、こういうところに注意を向けることで太ももの内側を引き締めるポイントになります!

関連記事:座り方について|坐骨を感じて肩の位置を修正すれば楽に座れる

脚が捻じれる原因1-2 地面での座り方

これは、先日セッションでクライアントさんの脚が捻じれる原因を探っているときに分かったことですが、地面でも座り方も脚の捻じれの原因となる可能性があります。

地面に座るときに、お姉さん座りをする方がいると思いますが、この座り方は、股関節が捻じれてしまい、太ももの内側のたるみに関係する可能性があります。

両脚を外側に出すような座り方もそうですし、以下のような片側に脚を出すお姉さん座りは問題があります。

地面での座り方

このような座り方を日頃からしている方は、股関節が捻じれてしまい、太ももの内側のたるみの原因になっている可能性があります。

脚が捻じれる原因3 自転車に乗るときの姿勢

自転車のこぎ方

これは座り方から派生した原因として考えられることですが、スカートで自転車に乗るとどうしても下着が見えてしまいそうになることがあります。

特に前から男性が歩いてきたりすると、どうしても下着を隠そうと膝を内側に倒すようにペダルをこいでしまいます。

これがくせになると座り方と同じで、脚は内側に捻じれ、それが原因で太ももの内側にたるみが出てきてしまう可能性があります。

脚が捻じれる原因4・5 立ち方・歩き方

最近よくみかけるんですが、立っているときに脚を内側に捻じって立っている女性がいます。

脚を内側に捻じった立ち方

内股にするように立ったり、この状態で歩いたりしていますが、これでは自ら股関節の捻じれを作っているのと同じです。

このように立ったり、歩いたりすることで股関節は内旋といって、内側に捻じれるようになります。

歩き方 歩き方

そうすると太ももの内側にたるみができてしまったり、太ももの外側もポコッと出っ張ってしまいます。

関連記事:太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの原因と改善について

太ももの外側は膨らんで、内ももはぶにぶにたるむというのは、このような股関節の捻れが原因となり、脚を細くするため、または美しくするためには、何度もお伝えしますが股関節の捻れを直すことです!

あくまでここでお伝えしている原因はひとつの例として挙げていますが、みなさんが太ももの内側のたるみで悩まれている場合、仕事や日常生活の中で捻れができる姿勢や動作があり、それを改善する必要があります。

関連記事:歩き方と脚やせの関係とは?脚を前に出さず重心を運べば太ももは細くなる

現場で指導しているからこそわかりますが、原因の発見だけはプロに見てもらいアドバイスを貰った方がいいと思います。専門的に見ないと原因がわからないはずです。女性であればシェイプスというパーソナルジムがおすすめです!

現在は無料体験も行っていますので、なぜ太ももの内側が張っているのかを知りたい方はぜひシェイプス行ってみてください!

関連記事:【超まとめ】shapes(シェイプス)改めリボーンマイセルフの評価|料金や効果について

 

太ももの内側を引き締める方法について

太ももの内側を引き締める方法

股関節の捻じれを改善する方法

これからお伝えする方法で、まず脚の捻じれを改善していきたいと思います!

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開く
  2. 外くるぶしを軽く地面にこするように膝を曲げていく
  3. 股関節が緊張しない位置まで引き上げる
  4. そこから同じように外くるぶしを地面にこするように膝を伸ばす
  5. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを内側に捻る
  6. 元の状態に戻り、再度繰り返す
  7. これを2分、できるからは5分ぐらい行ったり、2分×数セット行ってみてください
※地面が滑りの悪い場所だと抵抗が増し、股関節周辺が緊張して捻じれが改善しづらくなります。できれば布団の上や靴下を履いてフローリングなどで行ってみてください。よりリラックスして行え、筋肉は緩みます。

調整後は1度立って確認してみる

この調整が片側できると、まず太ももの外側を左右で比べてみてください。するとある程度凹みができているというか、引き締まっていることがわかると思います。

おそらく最初は、リラックスすることがあまりできない方が多いので、引き締まりを感じる程度も少しかもしれません。

ただ、慣れていき、テクニックが上達してくると引き締まりをさらに感じることができます。

両脚の調整が終われば、1度その場で立ってみてください。すると自然と体重が踵(かかと)に乗っていることが実感できると思います。

踵で立てる

筋肉を緩めて自然な状態に近づけたことで、体重が踵に乗るようになった。つまりこれで、母趾球に体重が乗ることが不自然ということが理解できるでしょうか。だから母趾球に体重を乗せると脚が捻じれてしまうわけです。

自然な状態に直すと、踵で立つことがいかに自然かがわかっていただけると思いますし、太ももを引き締めるためにはこの踵で立つことが重要になります。

太もものむくみを改善する方法

筋肉を緩める方法でもお伝えしましたが、皮膚に約20g以下の負荷をかけると一酸化窒素が出てきて、血管やリンパ管が拡張しむくみを改善することができます。

血流やリンパの流れが良くなると筋肉は緩みますが、皮膚を軽く擦ると筋肉が緩み、むくみを改善することができます!

そのため、このテクニックは赤ちゃんの背中を優しく擦るぐらいの感覚で行ってください。

  1. 座った状態で片脚の伸ばす
  2. 太もも全体を軽く擦る
  3. これを2分行う

この擦るときに、地肌を直接擦っていただく方が緩みます。またそのときに、滑りが悪いと皮膚に対しての負荷が大きくなりすぎて思ったように筋肉が緩まないことがあります。

そういうときは、CODINAというオイルを使って擦ってみてください!

筋肉を緩めやすくなりますし、肌がほわほわに柔らかくなり、しみ・そばかすも予防でき、見た目としても美しい太ももに近づきます!

>>CODINAの公式サイトはこちら

擦るテクニックが上手であれば、オイルを使わずそのまま行っていただくと緩みますので、より筋肉を緩めたい方はぜひ使ってみてください!

さらに、全身のむくみを改善する考え方については、こちらも参考にしてみてください。

関連記事:太もものむくみを改善|マッサージだけではない7つの方法をお伝えします!

アイテムを使って循環を良くする

このアセチノの振動の程度が気持ち良く感じ、その刺激が筋肉を緩ませるのに丁度いい具合です。さらに、マシンで行うので、自分でやるよりも楽にできますので、こういうものを使うのもありだと思います!

>>アセチノの公式サイトはこちら

筋肉が緩みを太ももは細くなりますし、循環も改善できます。

こういうアイテムを使うのも手段の1つだと思います!

このような方法をすることで、股関節の捻じれを改善することができ、太ももの内側のたるみを改善することができます!

関連記事:太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

 

太ももの内側にたるみができる根本原因を取り除く

根本原因を取り除く

脚の捻れが改善できて、さらにむくみも改善できたとなれば、根本原因である日頃の姿勢や動作を改善していきたいと思います!

立ち方を理解するための3つのステップ

ステップ1、坐骨で座ることを理解する

まずはじめに、骨盤の位置をインプットしていきます。

硬めの椅子、もしくは板などを敷いた椅子に座ります。足は肩幅程度に開いておいてください。

坐骨を感じる

このときご自身の坐骨を感じるように座ります。

坐骨とは、左右のお尻のそれぞれ真ん中あたりにある骨で、硬い椅子の上に座ると骨が当たる感覚になりますが、それが坐骨です。

坐骨をみつける

坐骨で座ることができれば、腹背筋の緊張のバランスも整い、適度な緊張が保てるため楽に座ることができます。この状態を立ったときにも維持していると、踵に体重が乗り、骨で立つ感覚を得やすくなります。

今文章を読んでいただき、実践していただいている方は、ただ「坐骨を感じるように座ってください。」と言われても、その位置をみつけるのは難しいと思います。

そこで、僕がお伝えしたい坐骨の位置と読者の方に実践していただき、感じていただきたい坐骨の位置を揃えるために、この動きを行って共通認識をしていきたいと思います。

まず、ご自身が感じる坐骨、お尻の下の骨を感じてみてください。

坐骨を感じる

このとき腹背筋の緊張のバランスが整い、固めるような感覚ではなく、腹背筋が共に必要最低限の緊張で維持できるような位置を探します。

もしわかりづらい方はStyleを使ってみてください。

>>Styleの公式サイトはこちら

坐骨を感じてから微調整をする形になりますが、ある程度の位置が決まればそこをひとつの基準にします。後ほどこの位置を目安に骨盤を動かしていきますので、この位置をインプットしておいてください。

次に、骨盤周囲を緩めるようにだらんと骨盤を後傾させます。

骨盤の後傾

この状態から、へそを前に軽く突き出していくように骨盤を先ほどのように軽い前傾状態にしていきます。

坐骨で座る

この骨盤の前傾、後傾を繰り返していくと、どこの位置まで前傾させれば一番楽な状態になるのかがわかってくるので、一番楽に感じる位置で止めます。

ここで止めた位置が坐骨を感じる位置と一致するので、この状態を保持します。この状態が楽な座り方です!日頃は脚を内側に閉じないようにすれば楽に座れ、脚の捻れもできません。

ステップ2、顔を前に送るように身体を前傾させ、踵に乗る

次のステップは、踵に体重を乗せるところまで行っていきます。

坐骨で座った状態から、顔を前に送るように身体を前傾させていきます。

身体を前傾させる

そして、顔を前に送りつづけ、お尻を椅子から離し両足の踵に乗っていきます。

踵に乗る

両足の踵に乗ると次のステップです。

ステップ3、まっすぐ立ち上がる

最後のステップは、まっすぐに立ち上がるだけです。

まっすぐ立ち上がる

この段階にくると実感していただけると思いますが、ご自身の体重が踵に乗り、身体は骨で支えられる感覚になっていると思います。

これが僕自身が考える立ち方です。無駄に筋肉を緊張させて立つことがないため、非常に楽に感じます。

ですので、日常的にこのような立ち方ができると筋肉が硬くならず、身体も細い状態で維持させることができるはずです!

関連記事:立ち方を考える|胸を張るのは間違い?!立ち方を理解するための3つのステップ

またへそを突き出して立っている方は、お尻の下側にたるみができてしまいます。これはお尻の脂肪が移動してしまったから起こることですが、そういった時に【Slim Shape(スリムシェイプ)】などのようなもので、脂肪を移動させて維持させます。

これをだいたい1ヶ月程度履いて、脂肪組織を移動させ続けると、その位置を記憶し、ヒップの形は変わります。ですので、ヒップアップしたいという方は、【Slim Shape(スリムシェイプ)】を活用することもありだと思います。

関連記事:Slim Shape(スリムシェイプ)の使い方|脂肪を適切に移動させるとヒップアップができる理由

歩き方を改善する

歩き方を改善するうえで大事なことは、歩く=重心移動だということです。

脚を前に出すという意識を変え、重心を前に運ぼうとすると自然と脚は前に出てきます。こういう歩き方ができると、太ももへのストレスは軽減し、逆にヒップへの刺激が増すので、ヒップアップされていきます。

みぞおちから脚が生えているイメージを持つ

先ほど歩くということは重心を運ぶということをお伝えしましたが、この重心位置を胸あたりに設定します。

実際に胸に手をおくとわかりやすくなります。

重心を運ぶ

胸を前に前に運ぶイメージで歩く

本来は脚の付け根というのは、股関節を指すことが多く、股関節から脚を前に運ぼうとしますが、この位置から運ぶと脚が緊張します。

脚を前に出す歩き方

股関節ではなく、胸辺りを前に運ぶようなイメージで歩くと下半身に意識が向かないためリラックスしてスムーズに歩くことができます。ですので、歩くときは胸辺りを前に前に運ぶだけの意識です。

腕は後ろに引くのではなく、前に出す

全体のイメージは、重心を前に運ぶようにし身体の真下に着地するようなイメージで歩きます。

腕を引く

腕は基本的には、前方への推進力をもらうものであり、自然な動きとしては前にスイングすることが自然です。よく見られる歩き方のアドバイスとして、胸を張るように歩くということが言われますが、実際に胸を張るように歩くとこのようになります。

腕を引く

肩甲骨を寄せるようになり、肩周囲が窮屈なイメージになります。実際にこのような歩き方をすると肩周りに緊張が生まれ肩コリの原因になります。

スムーズに歩く感覚もなく、日常的に行われていれば違和感はないかもしれませんが、自然な身体の使い方に変えると不自然だったことが理解できると思います。

腕を前に出すように歩くことで気持ち良く前に進んでいく感覚が得られます!

基本的に腕の自然な動きは、まっすぐ前にスイングされることではなく、身体の中心部に向かってスイングしていきます。

腕の動き

このように腕の振りも自然な形でできればもっと楽に歩くことができると思いますし、胸を張ることや、肩甲骨を寄せることなどはかえって緊張を獲得し、筋肉を硬くしてしまう可能性があります。

歩き方の全体のイメージはこのようになりますので、参考にしていただければと思います!

先ほど、胸から脚が生えているイメージとお伝えしていますが、脚ではなくバットのような硬いものが生えているとイメージすると、重心を前に運べば身体の真下に着地するイメージがわかりやすいと思います!

脚(バット)を前に出そうとするとつっかえ棒のようになりますが、こちらの歩き方もイメージとして参考にしていただければと思います。

重心を前に運ぶ、身体の真下で着地できるときはこのような状態になるはずです!

ただ、脚を前に出そうとしてしまうとこのようにつっかえ棒のようになってしまうことがイメージできると思います。

日頃どのように歩けばいいのか、少しでも参考になればうれしいですね!

関連記事:歩き方と脚やせの関係とは?脚を前に出さず重心を運べば太ももは細くなる

階段の上り下りを改善する

階段の上り下りについては、それぞれの局面で動作のポイントが異なりますので、それぞれ解説していきたいと思います。

階段の上がり方について

階段を上るときは、足全体を階段に乗せます。

階段を上がる

ここから脚をグッと踏んばるように上がると、太ももの前側に力が入ってしまいますので、ご自身の頭に意識を向けます。

ご自身の頭を斜め上方に引き上げるようなイメージで、階段をスッと上がっていきます。

階段を上がる 階段を上がる

すると非常に楽に上がれることがわかると思いますし、太ももの前側へのストレスは大いに軽減されるはずです。

階段の下り方

次に、階段の下り方ですが、階段を下りる時は前側の脚をぶらんと階段から垂らします。

階段を下りる

ここからそっと降りるように、いつも通りの動作をすると、軸足である後ろ脚の太ももの前側にストレスを受けます。

階段を下りる

ですので、前に脚を垂らしたら後ろ脚の足首をストンッっと緩める、膝かっくんをするようなイメージで階段を下りていきます。

階段を下りる

すると、ブレーキをかける局面がないので、非常に楽に降りれることが実感できると思います。

自転車のペダルをこぐ動作を改善する

自転車に乗るときに変えていただきたいことは、ペダルをこぐ足の位置です。

この位置をつま先から踵の位置に変えてください。

踵でペダルをこぐ

この位置でペダルをこぐことでお尻のつけ根に刺激が加わるようになり、結果ヒップアップしますので、ぜひ実践していただきたいと思います!

 

さらに太ももの内側を引き締めたい方へ

ダイエット

ここまで太ももの内側は捻じれを改善すれば引き締まるとお伝えしていきましたが、場合によっては引き締まるけどもまだ引き締めたいという方もいると思います。

こういう方は脂肪が多いため、その脂肪を減らすことが次のテーマになります。

ダイエットを目的の場合、

を参考にしていただければと思います!

どうしても自分でできないという方は、シェイプスでダイエット指導を受けてみてください。2ヶ月ほどで、ダイエットができ、太ももが細くなることを実感できると思います!

関連記事:おすすめのジム|目的から考えてそれぞれのジムの活用方法をお伝えします!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。太ももの内側のたるみを引き締めるためには、捻れを改善し、循環を改善すること。

決して鍛えることがすべてではなく、こういうところにも目を配ることでこれまでうまく改善しなかったこともまた違う変化を感じれるようになります。

一般的に言われていることがすべてではなく、まずは自然体にすることが基本ですね!それを知っていただけるとさらに身体も変わっていくと思います。

最後に今日のまとめをしていきたいと思います。

  • 太ももの内側がたるむ原因は、歪みの影響で筋肉や脂肪が移動するため
  • たるみを引き締めるためにはまず歪みを直すこと
  • そしてなぜ歪むのかその原因を脳で理解する
  • 体重支持ポイントを理解し、原因となる姿勢や動作を改善する
  • リンパの流れを良くするためにリンパのことを知り、リンパを刺激する
  • これを継続することで太ももの内側は引き締まる

このような内容でお送りしていきました!ぜひ実践してみてくださいね!

また、美脚を目指す方は、【まとめ】美脚になる方法を4つのステップで解説します!で全てお伝えしています。どのようにして美脚を目指せばいいのか、迷ったり悩んだりしている方は、ぜひ参考にしていただければと思います!

美脚まとめ

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 美脚

    理想の脚に近づこう!日常で見かける脚が太くなりそうな人のクセ…

  2. シェイプス

    60日間で理想の身体を手に入れる!パーソナルトレーナーがおす…

  3. モデル立ち

    ふくらはぎの張りの原因|日頃どのように歩いているかを気づくこ…

  4. X脚

    X脚を改善|鍛えなくてもまっすぐな脚になる理由

  5. ふくらはぎの外側

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  6. LAVA(ラバ)とは?ホットヨガスタジオの特徴・料金・評判・…




伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. おすすめの雑巾3選!はじめて家事代行の仕事をする際の便利グッズもご紹介!

    2018.04.20

    おすすめの雑巾3選!はじめて家事代行の仕事をする際の便利…

  2. 家事代行サービスという仕事内容とやってみた感想をまとめました!

    2018.04.20

    家事代行サービスという仕事内容とやってみた感想をまとめま…

  3. 家事代行サービスは大げさではなく、人の人生を支える仕事だと思う。

    2018.04.20

    家事代行サービスは大げさではなく、人の人生を支える仕事だ…

  4. ミトコリン

    2018.04.19

    【ミトコリン】妊活サプリのご紹介!ミトコンドリアの増やす…

  5. DNAエクササイズ検査キット

    2018.04.19

    スポーツの才能・子供の可能性が分かる?「DNAエクササイ…

  1. 健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

    2018.04.15

    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選…

  2. ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり方)など一挙ご紹介!

    2018.04.15

    ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり…

  3. 便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお茶4選

    2018.04.13

    便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお…

  4. 脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ!

    2018.04.07

    脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ…

  5. 美脚とサプリ

    2018.04.05

    ストレスとむくみの関係|美脚を目指す方におすすめのサプリ…

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. コンディショニング

    2018.04.11

    体調だけではないコンディショニング(基礎体力)という言葉…

  3. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  4. ふくらはぎの外側

    2018.04.04

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  5. 太ももの外側

    2018.04.03

    太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方…