太ももの外側を引き締めたいなら“方法”よりも“原因”を探るべし!

太ももの外側を引き締めたいなら“方法”よりも“原因”を探るべし!

太ももの悩みを持った方って多いと思いますが、太ももをどうやったら引き締められるか?これを考えすぎると、多分うまくいかなくなると思います。

というのは、身体を変えることはブログで何度もお伝えしていますが、方法論が先行するともう訳が分からなくなってしまいます。大事なことは原因をみつけることです。

丁度、先日良い例があったのが、ご紹介していきたいと思います。


太ももの外側の張りで悩む

ある方が太ももの外側の張りに悩まれていました。この方は、「いろんな方法試しているんですけど、全然変わらなくて・・・」と悩んでいました。

読者の方ならどうやって改善しますか?おそらくここで何かの具体策が出せる方は、身体を思ったように変えられないと思います。

というのは、この方の場合、なぜ太ももの外側が張っているのかがよくわかりませんでした。今回は、部分的には、太ももの前側の筋肉の外側辺りが張っていることへの悩みでした。

なぜ太ももが張っているのか?

少し考えてみてください。太ももが張る原因としては、筋肉が緊張しているということが考えられますが、なぜ筋肉は緊張してしまっているのでしょうか?

それは立ち方の問題かもしれませんし、歩き方の問題かもしれません。もしくはトレーニングのやり方、何か癖があって・・・いろんなことが考えられます。

もし立ち方に原因があって、太ももが張るような立ち方をしていたとします。そうすると、どのような改善方法を選択すればいいでしょうか?

原因がわかりはじめて改善方法が見える

この場合、立ち方に問題があるため、立ち方を改善すれば問題は改善します。僕は、立ち方というのは、骨で立つことだと考えています。

骨で立つということは、筋肉は必要最小限の緊張で立つことができるため、その立ち方ができると筋肉は柔かい状態を維持でき、張ることはありません。

こういった立ち方に変えるだけで、太ももの張りを改善することができるはずです。

この話からも見えるように、方法論が先行するとストレッチやらマッサージやらの方法を言いがちですが、この場合は立ち方を改善することが最善策となります。

 

太ももの外側が張っていた理由

この相談された方の太ももの外側の張りは、まさに仕事中の立ち方に問題がありました。

脚を内側に捻じるように立っており、さらに脚を前後に開き、片脚に体重が乗るように立つことで、左脚の太ももの外側が特に張っている状態でした。

まずは筋肉を緩める

この方の場合、筋肉が緊張しているのでまずは筋肉を緩めることをしていきました。

筋肉を緩めると、張っていた筋肉はしぼみ、むくみも改善し、ある程度引き締まりを感じることができました。

次に行ったことは、仕事中の立ち方を変えることです。

立ち方の改善について

基本的に癖で左脚を常に前に出すので、逆の右脚を出すように指示をし、左右のバランスをとっていきました。

また、日頃筋肉を緩めるために簡単な緩め方もお伝えし、今変化を追っているところです。

1週間でも改善を感じている

1週間ごとに太ももの張りの違いを見ていますが、この方の場合はうまく改善が見られています。

ハードなトレーニングなどもしていませんし、ストレッチもしていません。一番意識的に行うことは骨で立つことや、右脚を前に出して立つことです。

この立ち方の改善をするだけで太ももの引き締まりを感じることができています。

 

この記事で一番伝えたいこと

多くの方がそうですが、「〇〇の方法は効果があった!」「〇〇方法は意味がない」そんなことをつぶやきながら、日々最新の方法を見つけると飛びついてしまう。

これでは一生方法に振り回されます。大事なことは、どんなことをするのかではなく、何が原因で太くなってしまったのか?この部分を徹底的に探ることです。

これさえ分かればあとの方法は考えやすくなります。それが今回は立ち方を改善することが主な改善方法になったわけです。

ここで間違えてはいけないのは、決してしんどいことが効果のあることでもないし、楽なことが意味のないことでもないということです。

立ち方を変えるだけなら楽

太ももの外側の張りの原因は立ち方でした。そんな方は、立ち方を改善すれば引き締めることができますが、言い方を変えると今回のケースはたったそれだけいいのです。

ハードなトレーニングもいらないし、逆に楽すぎるかもしれません。

だけど、これだけで改善します。これからもわかる通り、感じるしんどさが身体を変える尺度に必ずしもならないということです。

方法よりも原因を探ることが先

大事なことですし、考え方を変えていただきたいので、改めてお伝えします。

方法が大事なのではなく、原因を探ることが先です。原因が分かれば方法の選択肢はいくらでもできるはずです。

この原因というのは、一般の方であれば主に、

  • 座り方
  • 立ち方
  • 歩き方
  • 椅子からの立ち上がり方
  • 階段の上り下り

こういった日常で行う何気ない姿勢や動作の中に隠されていることがほとんどで、それらを振り返っていくと身体を変えるヒントがみつかるはずです。

太ももの外側を引き締めるためには、立ち方が原因であれば、立ち方を変えると引き締めることができます。

ぜひこの方法よりも原因を探すことが重要という考え方は、常に持っていただきたいなと思います。

 

まとめ

もし太ももの外側で悩まれている方は、「太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方法について」を参考にしてみてください。

この記事では、原因から改善方法までを徹底的に解説していますので、お役に立てると思います。

太ももの外側は様々な理由で膨らみ、張りができますが、基本的には筋肉を緩め、日常生活の立ち方や歩き方を改善すれば引き締めることができます。

まずは方法よりも“なぜ”というところに視点を向けて、考えていただきたいなと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事

身体の部位別に身体を引き締める

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 二の腕

    二の腕のストレッチをしても1cmも引き締められない理由

  2. ふくらはぎ

    これは効果がない?!ふくらはぎが細くならない5つのこと

  3. 身体を変える

    身体を変えるための“方法”は個人によって違う

  4. 脚を細くしたい方におすすめの場所や改善方法について

    脚を細くしたい方におすすめの場所や改善方法について

  5. ふくらはぎのむくみ

    ふくらはぎのむくみが発生する4つの原因と改善方法について

  6. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原…

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

    2018.05.23

    仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策…

  2. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  3. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  4. めりーさんの高反発枕

    2018.05.17

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  5. 今の仕事が向いていないと思う方に伝えたいこと

    2018.05.11

    仕事をした後に感じる肩こりや頭痛を解消する方法について

  6. 2018.05.11

    太ももを細くしたい方に伝えたいマッサージよりも細くなる方…

  7. 楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方について

    2018.05.11

    楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方に…

  1. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…