脚を細くしたい方におすすめの場所や改善方法について

脚を細くしたい方におすすめの場所や改善方法について

脚を細くしたいと思っている方は、もしかするとトレーニングをやれば、ダイエットすれば細くできるのでは?と思っていないでしょうか?

実際に行ってみて感じる方もいると思いますが、なかなか思ったような成果が得られていないかもしれません。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

それは、そもそも脚が太くなった原因が明確になっていないということもありますし、改善方法のまずさもあると思います。

そこで、今回は脚を細くしたいという方の想いを実現できるように、さまざまな角度から原因についてや改善方法のご提案をしていきたいと思います。

 


脚を細くしたいなら方法の前に原因を徹底的に探る

原因

僕は脚が太くなる原因は大きく分けて4つだと考えています。

それが、

  • 筋肉がついて太くなっている
  • 脂肪がついて太くなっている
  • むくみがひどい
  • 関節の捻れで太く見えている

これらは、どれか1つが原因ということではなく、複合的に合わさって脚が太くなっていると考えています。

筋肉がついて太くなるとは?

これはイメージがつきやすいと思いますが、太ももの前側の張りなんかはそうで、筋肉がついていたり、張っていることで太く見えることがあります。

でも、日頃そんな筋肉がつくほど筋トレもしていないけど?と思う方もいるかもしれませんが、何も筋トレをすることだけが筋肉をつける要素ではありません。

歩き方ひとつで太ももの前側にある程度筋肉がつくこともありますし、立ち方などの影響で太ももの前側の筋肉が緊張し、張ることは十分にありえます。

ですので、太ももの前側などは筋肉がついていたり、張っていることで太くなっていると考えることができます。

関連記事:太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つの改善方法について

関連記事:ランニングで脚が太くなってしまう1つの原因と筋肉を緩める2つの方法

脂肪がついて太くなるとは?

これも原因として想像しやすいと思いますが、脂肪がつくとその分厚みが出てくるので、脚は太くなってしまいます。

関連記事:お尻の外側にある脂肪が溜まってしまう原因と改善について

むくみがひどくて太くなるとは?

これは現場での経験からですが、女性は循環を改善しむくみを改善すると、脚は必ず細くなります。それぐらい女性のみなさんは脚がむくんでいます。

日頃から脚がパンパンにむくんでしまうという方が脚を細くしたい場合、まずは徹底的にむくみを改善してみてください。

そうすることが一番手っ取り早く脚を細くすることができます。

関連記事:太ももが冷えむくみが出る理由とその改善について

関節の捻れで太くなるとは?

一番イメージがつきづらいのは、関節の捻れと脚との関係だと思いますが、これは、太ももで試してみるとすぐにわかると思います。

まず膝を伸ばし、太もものサイズを見ておいてください。

膝の肉

この太ももを軽く内側に捻じってみてください。そうすると膝上の内側辺りにたるみができると思います。

太ももを内側に捻じる 膝の内側に肉が溜まる

カメラの撮影上片手でしか太ももを持てなかったのですが、両手で内側に捻っていただくとたるみがよくわかると思います。

これは膝上だけに限らず、太ももの内側や外側、ふくらはぎの外側の張りなど、全て股関節や膝関節、そして足首などの関節の捻れが関係しています。

関連記事:太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方法について

関連記事:ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

このように、主に4つの原因で脚が太くなっているため、これらをうまく改善すると脚は細くなりますし、これらの原因を1つずつ見ていくと、いきなり筋トレ!という選択肢はなくなると思います。

 

脚を細くしたい方にお伝えしたい改善の手順について

手順

では、原因はわかったけどどうやって脚を細くすればいいのかというと、それぞれ悩む部位が違ったとしても、以下の手順で改善を目指すとより結果が得られると思います。

  1. 筋肉を緩める
  2. 日常の姿勢や動作を改善する
  3. トレーニングをする
  4. ダイエットをする

この順番、もしくはこれらを同時に進めていくことで脚を細くすることができます。でも、なぜこのような順番で改善を目指すのでしょうか?

①筋肉を緩める

筋肉を緩めることを1番最初に行う理由は、まず自然体を目指したいからです。自然体とは、筋肉が柔らかく、関節なども捻じれがなく循環の良い状態です。

つまり、まずは人の本来の状態にするということです。そうすると、

  • 筋肉の張りが改善される
  • 基礎代謝が上がる
  • むくみが改善される
  • 関節の捻れが改善される

このような効果が得られます。つまり、まずは筋肉を緩めるだけで、脚を細くでき、ベースをつくることができます。

このベースをつくって、さらに脚を細くしたい場合は、ダイエットやトレーニングをすることで、筋肉や脂肪そのものの太さ、量を調整していくという考え方です。

関連記事:筋肉を緩める方法=ストレッチは意外と難しい!筋肉を緩める方法のご紹介

②日常の姿勢や動作を改善する

次に行うことは、座り方や立ち方、歩き方などの日常で行う姿勢や動作を改善することです。

おそらく一般のほとんどの方が、この姿勢や動作に問題があり、筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなることで、筋肉の緊張のバランスが崩れてしまい、関節が捻じれます。

また、循環が悪くなり代謝が下がりむくみます。もし筋肉を緩めたとしてもまた硬くなる可能性があります。根本的に筋肉が硬くなる原因はここにありますので、必ず改善が必要です。

そのため、筋肉を緩めた後は必ず、日常での姿勢や動作を改善していく必要があります。

関連記事:疲れない姿勢と疲れる姿勢|スタイルが良い人ほど壁立ちをすれば疲れる理由

③トレーニングをする

そして、筋肉が緩み、姿勢や動作を改善できたけども、まだ脚のサイズが気になると言うことであれば、筋肉を引き締め脚を細くしていきます。

ここでは、特にハードなトレーニングは要求せず、細かい設定が必要になりますが、トレーニングのイメージとしては、少し重めの重量を使い、回数をこなすようなトレーニングを行います。

そうすると、筋肉は筋持久力がつき、細くなっていきます。僕は、この段階ではじめてトレーニングをする必要が出てくると考えています。

関連記事:ジムで脚やせを目指す方に伝えたいトレーニングや調整方法について

④ダイエットをする

最後にダイエットを持ってきた理由は、筋肉を緩めたり、トレーニングをする過程で、体型が変わってきます。

そして、代謝も上がるため、ある程度体重も落ちてきます。さらに、こういった過程をたどる中で自然と食生活も変わっていくので、あえてダイエットをしようという意識は後回しでもいいと思っています。

トレーニングまでの段階を踏んでもまだ、脚が太いとなれば後は脂肪を落とすしかないので、ここからは徹底してダイエットに取り組めばいいと思います。

もちろんそれぞれの脚がなぜ太いのか、その原因によってこの段階の踏み方は大きく変わる可能性がありますが、基本的な考え方としては、このような段階で脚を細くすることを目指せばうまく引き締められると思います。

関連記事:ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!むくみに悩む方にぜひ行ってみて!

 

脚を細くしたい方におすすめしたい場所

筋トレ

では、このステップをうまく踏むために今回はどこかに通うことを前提にしてご提案をしていきたいと思います。

何か1つでも参考にしていただければと思います。

原因の発見

まず1番大事な、なぜ脚が太くなっているのか?という原因の発見については、パーソナルトレーニングを受けることをおすすめします。

パーソナルトレーニングでなくても、必ずマンツーマン指導を直に行ってくれる場所がおすすめです。無料体験などが受けられるおすすめのジムはこちらですので、ぜひ行ってみてください。

筋肉を緩める&姿勢の改善

筋肉を緩めて脚の形を整えてくれたり、姿勢を改善してくれる場所を探すには、【EPARKからだリフレ】 でお住まいの地域や、駅などから探すと、お近くの整体院がみつかるため、こちらを利用していただくことがおすすめです。

詳しい探し方は、こちらの記事で解説していますので、参考にしていただければと思います。

関連記事:ふくらはぎの外側の張りをプロに改善してもらいたい方に伝えたいこと

トレーニング

身体を引き締めるためのトレーニングをしたい方は、お近くのジムに在籍しているパーソナルトレーナーに頼むもいいと思います。

また、ダイエットと並行して指導してくれるところでおすすめの場所は、

がおすすめです。どちらも実績が十分ですし、利用者も多く結果を出されているので、行って間違いはないと思います。

関連記事:“短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

ダイエット

一番圧倒的な結果を出しているのは、ライザップだと思います。本当に短期間でダイエットを使用と思うとおすすめできます。

ただ、パーソナルトレーニング期間が終わった後に、どのようにリバウンドをしないようにできるか、ここも重要になると思います。

もし、短期間で結果を求める方は、ぜひライザップに言ってみてください。また、あまり時間的に融通が利かないという方は、オンラインでダイエット指導が受けられるこの2つのサービスがおすすめです。

ダイエットはこちらの3つ、もしくは先ほどお伝えしたパーソナルジムがおすすめです。

関連記事:ホットヨガ・パーソナルトレーニングを体験できるスタジオ10選+αのご紹介

 

自分で脚を細くしたい方におすすめの記事

どこかに通うよりも、まずは自分で脚を細く知りたいという記事は、脚の部位に合わせてご紹介していますので、こちらも合わせて参考にしていただければと思います。

これらの記事では、原因、改善方法、姿勢や動作の改善方法などすべてをお伝えしていますのでぜひ実践いただければと思います。

 

まとめ

脚を細くしたいと思っていても、なかなか具体的な改善方法を提案しているサイトも少ないですし、もっと本当に細くできる情報を知りたいという方もいらっしゃると思います。

だからこそこの記事では、僕が考える脚を細くする考え方をすべてまとめていきました。

最終的にはやはりプロの手を借りる方がより的確に指導してくれるので、脚を細くできるはずです。ただ、金銭的なご事情もあると思いますので、その辺りはご自身の都合に合わせて改善策を選択していただきたいなと思います。

今回の記事が、脚を細くしたいと思う方が改善できるきっかけになれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 太もものマッサージで痩せる?マッサージでは変わらない理由と改善方法について

    太もものマッサージで痩せる?マッサージでは変わらない理由と改…

  2. 太ももが太い原因とは?筋肉を緩めて歩き方を改善すれば細くなる

    太ももが太い原因とは?筋肉を緩めて歩き方を改善すれば細くなる…

  3. めりーさんの高反発枕

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  4. シェイプス

    60日間で理想の身体を手に入れる!パーソナルトレーナーがおす…

  5. 足首のむくみを改善する

    足首のむくみの改善|足首を擦ったり回したりすることでむくみが…

  6. 半日断食中に空腹が耐えられない方におすすめしたい青汁3選

    半日断食中に空腹が耐えられない方におすすめしたい青汁3選

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策

    2018.05.23

    仕事のミスが多くて落ち込む。ミスをしないための10の対策…

  2. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  3. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  4. めりーさんの高反発枕

    2018.05.17

    【厳選】首こりに悩む方に枕のおすすめランキング

  5. 今の仕事が向いていないと思う方に伝えたいこと

    2018.05.11

    仕事をした後に感じる肩こりや頭痛を解消する方法について

  6. 2018.05.11

    太ももを細くしたい方に伝えたいマッサージよりも細くなる方…

  7. 楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方について

    2018.05.11

    楽に座る姿勢とは?肩こりに悩む方におすすめしたい座り方に…

  1. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…