シェイプアップ 痛みの改善 スポーツ 無料体験 

つま先が痛い!異常体重で起こる足裏の痛みと改善について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
つま先が痛い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セッションをしているとき、クライアントさんの足の裏に触れると女性はほとんどつま先付近に硬くなっている箇所があります。

ヒールを履いている方は顕著にそれが感じれ、そこを軽く押すと痛みを感じる方も多い。

このような硬くなる部分はなぜできるのでしょうか?それは異常体重があるためであり、そこで体重を受けてしまっているからです。

それが継続的に起こると、痛みを伴ったり、モートン病の原因にもなります。

今日は、つま先付近の足裏に痛みがある方に向けてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

足の裏が痛む原因について

先日入会されたクライアントさんから「最近足の裏が痛んで、歩くのがつらい。」というご相談を受けましたが、痛みが出る箇所はこの辺りでした。

足裏

この画像はクライアントさんではありませんが、クライアントさんの足裏は、赤丸辺りに硬くなっている箇所があり、靴の中を見てみるとこの部分が凹んでいました。

歩いている時に痛みが出る瞬間は、脚が前に出てきて体重が乗ったときに出るそうで、その瞬間につま先に体重が乗るような状態でした。

歩き方

病院で診断をしてもらっても、特に異常がなかったため痛み止めの薬を出されたそうですが、一向に改善がみられなかったそうです。

今回の足裏の痛みの原因は、異常体重であり、言い方を変えると、つま先に体重がかかりすぎてしまっているために起こっている痛みです。

足のアーチも落ちてしまっており、改善のためには体重のかける場所をつま先から足裏全体で支持できるようすることです。

 

足裏の痛みの原因を理解してもらう

クライアントさんに原因をお伝えし、その話を理解していただけましたが、痛みの変化を体感してもらうとより理解できると思い、まず最初にその場で軽くスクワットを行い、痛みの変化を見ていきました。

最初はあえてつま先に体重をかけ、軽くしゃがんでいっていただきました。

スクワット

これまで立っているだけでも少し痛みが出たり、違和感が出ていたそうですが、このようにしゃがみ込むとやはり痛みは出てきました。

次に、下駄を履いていただき下駄を履いた状態でスクワットを行っていただくと、これだけで痛みが和らぎ、痛みの程度に変化が見られました。

下駄は2本歯のものを使い、2本歯の下駄は真ん中ではなく後方に2本の歯がついているため履くだけで自然と踵に体重が乗ってきます。

下駄

このようなことをして、体重支持ポイントが変わることで痛みの程度が変化し、異常体重が足裏の痛みの原因であるということを理解していただきました。

 

上半身の姿勢が崩れることでつま先に体重がかかる

この方の場合、つま先に体重がかかってしまう原因に上半身の姿勢の崩れが影響していると考えられました。

どういうことかというと、まず人間の骨格を見ていただきたいと思います。

人間の骨格について

人間の身体は、このような骨組みをしています。

骸骨

頭から吊るされていますが、よくみていただくと吊るされているところの真下に、首の骨、背骨、骨盤、脚の骨というように一列に並んでいます。

骨を積み木のように重ねると足元では内踝の真下で体重を支えることになり、そのため立つ際にはこの内踝の真下、いわゆる踵と表現しているのはこのためです。

今回のテーマで着目していただきたいのは、頭と肋骨です。

骨格

人間の身体は、基本的に前側に膨らみが出ている状態で、前側に倒れやすい構造となっています。

パソコン作業などで姿勢が崩れる

現在は、パソコンやスマホ、タブレットなどを常に触る環境となっているため、自然と身体を丸め、頭の位置も前にずれてしまいがちです。

パソコン

スマホ

スマホを見る

このような姿勢になると、先ほどの骸骨の状態で見れば、頭などが前にズレ、肩の位置も前に来れば、自然と体重はつま先の方にかかりやすくなります。

姿勢が崩れる

このように上半身の崩れもつま先の痛みに影響しますので、改善のためには体重支持ポイントを直すことも必要ですが、全体を整えることも必要になります。

セッションではまず、全体を整えるために身体調整を行い、そこから姿勢や動作についてアドバイスをしていきました。

 

つま先の痛みを改善する

身体調整を行い、全身を整えてから立っていただくとこれまでつま先で立っていた感覚から踵で体重を支持していることを実感していただきました。

このとき、骨を感じるということをお伝えしましたが、その感覚の意味が分かったそうで、楽に立つことができていました。

ここから立つ・歩く・椅子からの立ち上がり、階段の昇り降りなどの姿勢や動作をお伝えしていきました。

踵支持をインプットしていく

姿勢や動作をお伝えしていく過程では、踵支持をインプットさせながら行っていきました。

歩き方をお伝えするときには、まずブロックに乗っていただき、そこで踵支持の感覚をインプットしていきました。

ブロック

インプット

インプット

歩き方を指導

ここでは特に細かいところについては言わず、胸を前に運ぶようなイメージで歩いてくださいとだけをお伝えすると、痛みなく歩けていました。

歩き方

このとき自然に踵に体重が乗っていることを感じられていました。

その他の動作について

この他には、椅子からの立ち上がりや階段の昇り降りなどについてお伝えし、動作をひとつずつ確認しながら行っていただくと、強い痛みは感じずに行うことができました。

椅子からの立ち上がりや階段の昇り降りについては、こちらを参考にしていただければと思います。

座り方を正しましょう!って言うけど、そもそも正しい座り方ってどんな姿勢?

階段を上がるときに出る膝の痛みは筋力強化では改善しない理由

ヒールを履いた時の立ち方はつま先重心?かかと重心?どっち?

立ち方を再考しよう!壁立ちって頭・肩・お尻・踵を壁につけるのが自然?

歩き方を整理しよう!目的別に見る身体の使い方について

ヒールを履いたときの歩き方|太ももは細くしてヒップアップさせる

 

まとめ

今回お伝えしたクライアントさんの場合、つま先に体重がかかり、ストレスを受けていたために足の痛くなってしまっていました。

足裏全体で体重を支えるように、フラット着地をインプットすることで足裏の痛みに改善が見られました。

痛くなるように動作をしていたため、痛くならないように動作を変えることで痛みは改善していくと思います。

最後に今日の内容をまとめていきたいと思います。

  • 異常体重になっていたためつま先の足裏に痛みが出ていた
  • 上半身の崩れは足元に影響する
  • 頭が前方にズレたり、猫背になると身体は前側にへしゃげてしまう
  • 足裏の痛みを改善するためには、自然体に直し、フラット着地をインプットする

このような内容をお送りしました。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの本をまとめました。

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*