【厳選】健康・筋トレ・ダイエットなど目的別におすすめしたい本95選

スポンサーリンク
本のまとめ

パーソナルトレーナーとして独立してもうすぐ7年が経とうとしていますが、この7年は早いようで、長かった。いいのか悪いのか・・・。

別にどちらでもいいとして、この7年間の中でパーソナルトレーナーとして知識や技術は確実にレベルを増しているのを実感しています。

今回は、パーソナルトレーナーとして独立をしてから読んでおいてよかったと思える本をご紹介します。これからトレーナーを目指す方の参考になればうれしく思います。

また、一般の方も含めて参考になる著書ばかりですので、ぜひご興味ある方は、実際に手に取ってみてください。

 

ざっと内容を知りたい方はこちら

スポンサーリンク

基礎知識編

身体運動の機能解剖

これは、基礎中の基礎だと思います。筋肉、骨格、機能など、身体の基本となる各部の筋肉を細かく解説しています。

トレーナーとして10年活動している今でも、毎日のように見る参考書であり、必読書です。

筋骨格系のキネシオロジー

人体の構造の基礎的な部分から生体力学、身体の各部位の機能解剖や運動学が細かく書かれており、専門的に身体はどのように動くのか、関節の動きはどのようになっているのかなどを理解するのに役立つ1冊です。

カラーで載っているため理解しやすい本です。僕自身も関節の動きなどがわからないことがあれば見返しながら、現場でも常に見返したい1冊です。

アナトミートレイン

フロントライン、バックライン、ラテラルラインなど筋膜を通じて全身のつながりを理解するためにぜひ読んでおきたい本です。

痛みの改善のときなどにこの考え方が参考となり、腰が痛いがその原因をつながりとしてみれば頭部に問題がある可能性があったり、下肢に問題があったりする可能性があります。

痛みについてもより深く学べる一冊です。

リンパドレナージュの基礎知識

捻挫や術後には患部に浮腫が起こり、腫れることがあります。このような状態では、関節の可動域が制限され、リハビリもしくはリコンディショニングの際に次のステップに進めなくなることがあります。

そのため浮腫を改善することが必要となりますが、その手段のひとつとしてリンパテクニックがあります。また、女性が悩むむくみを改善するには、この本は必ず読んでおきたいところ。

主にリンパ液、リンパ管、リンパの流れ、リンパドレナージュの具体的な方法について書かれています。

図解入門よくわかる生理学の基本としくみ

教科書の中でも、生理学が最もわかりやすく書かれているのがこの書著ではないでしょうか。とにかく非常にわかりやすい内容にまとめられています。

目でみる動きの解剖学

解剖学は、どうしても単体の筋肉で覚えてしまい全体のつながりがイメージしづらい。そんな悩みを解消してくれるのがこの本です。

さまざまな動きの静止画があり、どんなポージングをしていると、どこの筋肉が働いているのかがわかる内容になっています。

クラニオセイクラル・オステオパシー

身体の調整法について解説している本ですが、非常にレベルが高く、テクニックが必要になる内容が書かれています。

内臓などの調整をしたい方におすすめです。

テーピングの実技と理論

図解されており、写真もカラーでいろんな角度からテーピングを巻く様子が見えるので、初めてテーピングを巻く、勉強するという方におすすめです。

DVDもついているので、映像で見た方が学びやすい方にもおすすめです。

皮膚テーピング

実際に行ってみると、皮膚テーピングの面白さがわかりますが、皮膚の動きに合わせてテーピングを貼ると、動きが大きくなったり逆に小さくなったりします。

一般的に行われる固定などの概念ではなく、動きのサポートとしてテーピングを活用できる方法が書かれています。

目でみるからだのメカニズム 第2版

主に生理学が乗っており、わかりづらい消化器官や神経などが図解されており、こちらも生理学がわかりやすく理解できる内容です。

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版

こちらはトレーナーとして活動するために必要な、基礎的な知識がすべて記載されている書籍です。

NSCAが出している本であり、この内容が資格取得試験に出題されます。

競技力向上と障害予防に役立つスポーツPNFトレーニング

PNFのことや頚反射や身体のさまざまな反応などが書かれています。顔の向きをどこに向けるかで力の入り具合が変わり、トレーニングをするときの姿勢などの参考になります。

人体絵本―めくってわかる からだのしくみ

子供でもわかりやすいような絵本のような見開きの人体図です。身体の構造や内臓などを理解するのに非常にわかりやすいですし、小さなお子さんへの指導する方にはおすすめです。

脳力のしくみ

脳の仕組みや神経の伝達についてわかりやすく解説されています。

ダンス解剖学

タイトル通り、ダンスをされている方の解剖学であり、身体をどのように使う時にどこの筋肉が動くのか、また全体はどのようにつながっているのかなどが解説されている本です。

 

コンディショニング編

トレーナーとして現場で絶対必要になるのが、コンディショニングの理解です。そもそもコンディショニングとは?というところから理解する必要があります。

コンディショニングを本当の意味で理解するためには、数十年もかかると言われているため、ひとつひとつ確実にまずは知ってもらえればと思います。

スポーツトレーナーの虎の巻

魚住廣信先生が書かれた著書ですが、今は入手困難ですが、コンディショニングを理解するためには、最もわかりやすく、実践的な内容が書かわれています。

値段もネットで買うと高騰していますが、これは必ず手に入れてほしい本です。間違いなく一生のうちに出会っておきたい本の1つです。

指導に悩んだときのベースボールコーチングマニュアル―ベースボールを科学する

こちらも魚住廣信先生が著者ですが、将来的に野球のトレーナーを目指すのであれば、こちらも必ず読んでおきたい本です。

打つ・投げる動作の解説から、トレーニングの考え方や具体的なメニュー内容などが書かれています。「それが知りたかった!」ということばかりで、読んでいて楽しくなります。

これぞまさに、現場で活きる知識を得るということだと思います。

マトヴェーエフ理論に基づくトップアスリートの育て方

こちらも魚住先生の著書であるが、虎の巻で書かれてたピリオダイゼーションについて、より深く詳しく書かれています。

競技力向上のスポーツ科学

身体運動科学

少し古い本にはなりますが、研究データやトレーニングデータなど、貴重なデータが記載されています。

新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニング

疲労物質と言われることもある乳酸ですが、この乳酸とは何か?どのように身体の中で働き、どのように活用できるのかなどが書かれています。

ランニングを極める

ランニング指導に役立っていますが、アレクサンダーテクニークを使って、どのように走ればいいのか。

ランニング指導をするときに役立つ本です。

クライオセラピー

捻挫をした後などの浮腫を、短時間で行えるテクニックです。

患部を冷却し、血管を一時的に収縮させ、感覚を麻痺させる。その間に関節運動を行ったりすることで、浮腫の改善を行うテクニックです。

ゆるめる身体学

スポーツ選手がスピードを上げるためには、スムーズな動作をする必要がありますが、なぜ身体を緩めることが勧められるのかなどをわかりやすく解説しています。

新スポーツ外傷・障害とリハビリテーション

スポーツ選手など、身体に痛みが起こる原因をわかりやすく解説してくれており、さらにそれぞれの痛みに対してどのように考え、取り組めばいいのかがまとめられています。

本質をどこよりもわかりやすく解説されています。

一流選手の動きはなぜ美しいのか からだの動きを科学する

タイトル通り、一流選手の動きはスムーズで、美しく見える。だから、パフォーマンスを上げるために、トレーナー側がどのような動きを目指すべきなのかが書かれています。

運動科学―アスリートのサイエンス

ランニング指導をする方には、絶対に読んでほしい本で、走り方のメカニズムがどこよりもわかりやすく書かれています。

世界最強のスペインサッカートレーニングBOOK

日本のトレーニング学だけではなく、海外のトレーニング学に目を向けるとまた違った発見が得られます。

初歩の動作学

これは、ほとんど知られていない著書だと思います。ロシアのトレーニング学を主にまとめられており、特にコーディネーションについて深く学べます。

スポーツ選手が、どのようなステップでうまくなるのか、それが理論的に書かれています。これはトレーナーとして活動する上では、学んでおきたい本だと思います。

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

持久力のトレーニングについて、具体例や方法について書かれています。

エンデュランストレーニングの科学 −持久力向上のための理論と実践−

世界的に活躍するマラソン選手らは、どのようなトレーニングを行い、どのような計画の元でトレーニング遂行しているのか。

そういった持久力について深く学べる本です。

インジャード・アスリート

スポーツ障害について、専門的に記載されており、ケガの種類やケガからの復帰のプログラム作成、また予防などについて詳しく書かれています。

身体意識を鍛える

高岡英夫さんが書かれた本であり、スポーツ選手がどのように身体を使うことが効率的か、どのような手順で身体を使えばいいのか、そういったヒントになる内容が満載です。

プロ野球選手のデータ分析

数十年前のデータから収集しており、身長や体重から筋力や体力テストのデータが細かく書かれています。コントロールテストなどをする方の参考になると思います。

ロードバイクの科学

こちらは自転車専用で、サドルの高さ、ブレーキの構造、姿勢と風の抵抗など、バイクに関する知識をより専門的に得られる内容になっています。

ベースボールクリニック

野球専門誌であり、野球に関するトレーニング方法や栄養、また予防やウォーミングアップの参考メニューなどが書かれています。

オリンピックに勝つ物理学

スプリンターがスタートのときに、どのように地面を押せばよりいいスタートがきれるのか、また身体をどのように使うことがいいのか。

そういったことを物理学の視点から教えてくれ、スポーツ選手を指導する方は目を通しておきたい1冊だと思います。

 

トレーニング編

まるわかり大事典シリーズ

石井直方教授、谷本 道哉准教授、桑原 弘樹さんらが著書である、筋肉・筋トレ・サプリメントなどのまるわかりシリーズ。

一般の方でもわかりやすいように書かれていますが、トレーナーを目指す、もしかくはトレーナーとして活動される方もわかりやすく理解できるような書き方をされています。

教科書的なもので学ぶ生理学などよりも入ってきやすく、筋トレやサプリメントについてより深く学べるシリーズとなっています。

月刊トレーニングジャーナル

毎月出版されているトレーニングジャーナルですが、さまざまなトレーナーの方の考え方や最新の研究データなどが掲載されており、最新の情報を得るためには読んでおきたい本です。

値段も1000円未満と安く学生でも買いやすい本となっています。

トレーニングマガジン

こちらも月刊誌となっていますが、このマガジンの内容には栄養学や生理学、日本の最先端で活躍されている先生が最新の研究データや知識などを書かれており、より深く学べるマガジンとなっています。

石井直方教授が連載されているコーナーは特に注目したい部分です。

「無理やせ」より、やせやすい体を作る!

ダイエットをするときには、ほとんど食べないということをすると一時的には痩せますが、リバウンドもしやすいし、体調を崩すこともある。

食べないということを主体に置くのではなく、やせやすい身体になることで、過度な食事制限をしなくてもダイエットができるようになる。

こういった考え方や、具体的にどのようにすればいいのかが書かれています。

加圧トレーニングの理論と実践

僕は元々加圧トレーナーをしていましたが、専用のベルトを使って、どのような条件になれば筋肉が肥大するのか。どういったメカニズムなのかなど、加圧トレーニングの本質を知ることができます。

マッスル・アンド・フィットネス

海外の方がされているトレーニング方法や、トップビルダーの食事や1週間の具体的なトレーニングメニューが書かれています。

最新の栄養学やトレーニング学も掲載されるため、トレーニーにもおすすめの本です。

石井直方の筋肉の科学

これはトレーナーを目指す方なら必ず目を通していただきたい本で、最新の研究データが載っていたりします。

筋肉痛は、筋肉の微細な傷が原因とされていましたが、新しい見解では全く違うということがわかってきているそうです。そういった最新の情報がかなり載っています。

 

栄養編

ジムに通う人の栄養学

栄養学について場面別で紹介されていたり、目的別で紹介されているため非常にわかりやすい1冊です。

トレーニング前・中・後はどんな食事をすればいいのか、どんな食事を理想とするのかなどわかりやすく書かれている1冊です。

図解入門よくわかる栄養学の基本としくみ

生理学でもご紹介した書籍のシリーズであり、栄養学も非常に内容が分かりやすく解説されています。

一般の方でも栄養学をより深く学べ、わかりやすく解説されているため栄養について“理解”できるレベルまで導いてくれます。

女性のためのナチュラル・ハイジーン

女性の指導に当たるのであれば、一度は目を通しておきたい本で、食事と女性特有の身体の症状との関係などについて書かれています。

ここで書かれていることを参考に、現場で指導する、身体の変化をよく感じれたように思います。

安保徹の食べる免疫力

世界的に権威のあった安保徹先生が、免疫力を高めるために提案しています。

僕もがんの方のサポートをするときに、大いに参考にした著書です。

肉食ダイエット

文字通りお肉を食べてダイエットしようという内容であり、僕も実際に試してみましたが、確かにダイエットすることができました。

ダイエット方法は1つではなく、さまざまな方法を知っておくことで、一般の方への指導もより幅広くすることができます。

ライフスタイル革命

カロリー主体の栄養学が主流になっている現在、カロリーだけではなく、人にとって本当に必要な栄養素とは何か?

そういったことを改めて考えさせられる内容です。

3日食べなきゃ、7割治る!

最近も、糖質制限について議論が続いていますが、こちらの本は糖質を摂ることが及ぼす身体への影響について書かれています。

からだにおいしい あたらしい栄養学

ほとんどのページがカラーで書かれており、非常にわかりやすい栄養学です。

料理の科学

これは個人的に料理のことがもっと知りたくて活用していました。栄養学というよりも、食材の特徴や調理をしているときのコツなどが盛りだくさん書かれています。

奇跡が起こる半日断食

僕も実践した半日断食ですが、身体の調子も良くなりますし、僕の場合は2ヶ月で-8kgのダイエットに成功しています。

ダイエット方法のひとつとして、非常にわかりやすく、食べ過ぎの現代人には合うダイエット方法だと思います。

主食をやめると健康になる

こちらも糖質をカットする趣旨の内容が書かれています。糖質カットをすすめる考え方が参考になると思います。

葬られた「第二のマクガバン報告」

栄養学はカロリー、栄養素だけの問題ではないことを、科学的なデータをもとに解説されています。

食べ物と健康

THE栄養学的な本であり、各栄養素や食品ごとに分けられて栄耀について詳しく解説されています。

病気が治る免疫相談室

トレーナーであり、健康目的の方を指導する場合、こちらを必ず目を通していただきたい1冊です。

病気や身体の不調の原因を根底から覆し、考え方を教えてくれる本です。考え方をシンプルにすると、全ての不調は改善されるのかもしれません。

 

健康・痛み編

非常識の医学書

これは、これまで考えていた医学を真っ向から変えてくれます。当たり前のように使用していた物が、もしかすると不要なのかもしれません。

骨盤力 フランクリンメソッド

骨盤が開くとはどういうことか、骨盤を締めるにはどうすればいいのか。産後の女性や骨盤が開いてしまった方へ指導される方は、非常に参考になる内容です。

50代からの「老いない体」のつくり方

高齢者の指導を行う方に参考にしていただきたい本ですが、高齢に向かう方への身体のベースをどのように考えればいいのか。

健康とは何か?ということが書かれています。

理学療法士列伝 EBMの確立に向けて 荒木茂 マッスルインバランスの考え方による腰痛症の評価と治療

痛みの改善や姿勢がどうなっていると、どこの筋肉が緊張してるのか、そういった姿勢と痛みの関係についてわかりやすく解説されています。

自分の中で、姿勢の基準をつくれるような内容が書かれています。

今あるガンが消えていく食事

現場では、原因がわからない中でクライアントさんの調子を見ながら、レッスンをすすめていかなければいけないことが時にあります。

がんのクライアントさんのレッスンを受け持ったときもそうでした。まだまだ増加傾向にある日本だからこそ、健康に携わるトレーナーの方は、がんの原因をさまざまな方向から見ることは重要だと思います。

リンパ呼吸で不調は治る

むくみに対して研究結果を交えながら解説してくれていますが、座ったマッサージをしてもむくみはほとんど改善しないという結果に驚きました。

むくみを改善するためのどのような姿勢で行えばいいのか、そういったむくみ、浮腫について深く理解できる内容です。

「口をぱくぱくする」と超健康になる

身体はつながっていると言いますが、口を動かすだけで動きがスムーズになったり、筋肉が緩んだりします。

もしかすると、痛みや健康で改善できないことも、この本に書かれていることを実践すると良い結果になるかもしれません。

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生

身体の健康のヒントは、食や細胞にあり、それらをどのように考えていくのかで健康は決まると言っても過言ではありません。

健康のベースの考え方を学べる本であり、健康に携わる方には、ぜひ一度ご覧いただきたい内容です。

枕革命 ひと晩で体が変わる

これは、首こりや肩こり、身体の痛みや不調になっている方が参考になる内容で、枕の高さ、柔らかさなど、どのような条件が適切か。

それらがなぜ適切なのかを詳しく書かれています。独自で集めたデータを基に、快適に眠れるような枕の条件を知ることができます。

セロトニン欠乏脳 キレる脳・鬱の脳をきたえ直す

現代人は、ストレス過多状態にあり、セロトニンが足りていないと言われています。

自律神経を整えるポイントも、このセロトニンにあり、自律神経は健康や体調と大きく関わっているため、トレーナーを目指す方におすすめしたいですし、セロトニンについて詳しく知れる内容です。

リンパの科学

リンパの科学では、リンパ液はそもそもどのように作られ、どのように循環しているのか。

またどうすれば、むくみが発生し、改善できるのか。リンパドレナージュとはまた違った角度で、むくみやリンパについて解説されています。

腰痛は怒りである

腰痛は、一般的に筋肉や骨など、組織に問題があることで起こるとされていますが、この本では脳が原因で痛みが起こるという考え方が書かれています。

実際に、現場でも言葉だけひとつで痛みの感じ方が変わることを実感しているため、こういう考え方を知っておくことは重要だと思います。

オステオパシーの内臓マニピュレーション

内臓の調整をするテクニックなどが主に乗っており、非常に高度な技術ばかりが載っています。

プルプル健康法

日頃身体の不調で悩まされている方や、身体を緩めたいが思ったようにできない方はぜひ読んでみてください。

身体を軽く揺らすことで筋肉が緩み、なぜそのようなことが起こるのかなどが書かれています。

水分の摂りすぎは今すぐやめなさい

水分を摂りすぎることで、身体の中でどのようなことが起こるのか。そもそも水分量はどのくらい摂ることが理想で、なぜその量が決まるのかなどが詳しく書かれています。

乳がんと牛乳

タイトル通り、乳がんと牛乳の関係について書かれています。

 

その他編

分子の音

血液は小さく振動しており、血液型によってその振動が異なるそうです。この振動を音に変え、その音と耳から聞く音が一致したとき身体はリラックスする。

また、良い反応がみられたりするそうで、トレーニングが身体への刺激であれば、ここに書かれている内容は耳への刺激になります。

伝え方が9割

少しテーマが変わりますが、セッションの中でいかにクライアントさんに伝えたい内容を理解していただくかも重要なことです。

そのために伝え方も大切になりますが、その参考として読んでいたのがこの1冊です。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

独立をしてここまで来れたのも僕の場合、すべてブログがあったからです。

僕の場合、広告なども一切出さず看板も出さずクライアントさんはすべてブログをご覧になってから来られています。

そのためこのブログにはかなりの力を注いでいますが、基本的にクライアントさんに来ていただきたいから書くというスタンスではなく、このブログを通じて悩みを解決してほしい。それが一番のブログを書く目的です。

そのためにはいかに文章として伝える技術を身につけるかが重要だとも思っています。そのために文章の構成なども学ぶようにしていますが、この1冊は文章として伝える本質が載っている1冊だと思います。

望みをかなえる脳

言葉と脳のつながりや、何かを記憶するときには感情が高ぶった方が覚えやすいなど、脳科学のような脳のことが知える1冊です。

これを読むとポジティブな気持ちになれ、前向きになれるような気になります。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

ぜひこれは1度行ってみてください。100以上の質問に答え、自分の強みを発見できる本です。

本当によく当たり、そこで見えてきた自分の特徴を信じて進めべき方向を決めてもいいのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。何を学べばいいのかという質問をよく受けますが、基本的には自分が一番興味のあるところから学べばいいのではないでしょうか。

僕もそうですが、幹に枝葉が生えるように知りたいことが派生して、そのひとつひとつを辿っていくとこういった本を読んでいくことになったり、いろんな分野に目を通したりすることになっています。

僕の場合、知ることがすごく楽しいですし、それがひとつの趣味でもあるかもしれません。知ったことを実践して振り返って、課題をみつけてまた実践する。この循環がすごく楽しい。

うまくいかないことも多いですが、だからこそ毎日楽しくていいんじゃないかなと思います。トレーナーを目指す学生さんなどの参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 自然体に直すこと

    姿勢を改善するために必要だとたった1つの思うこと

  2. らでぃっしゅクラブ

    【2000円分のポイント贈呈】らでぃっしゅぼーやの「らでぃっ…

  3. 低気圧

    低気圧と体調の関係|雨の日や台風の日に体調が悪くなる理由

  4. 大腿四頭筋のストレッチング

    ストレッチをすることがマイナスではなく、どんな目的を持ち、ど…

  5. CA

    神戸・芦屋周辺で有機野菜をお探しの方必見!おすすめしたい3つ…

  6. 正しい呼吸とは?

    正しい呼吸法ってどんなやり方?目的によって呼吸の方法を変える…

\ストレス過多の方におすすめ/




伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介!

    2018.04.21

    気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介…

  2. 2018.04.21

    続かない・続けられない人の特徴と続けるためのコツ・方法を…

  3. 2018.04.21

    膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と2つの改善…

  4. おすすめ記事

    2018.04.21

    まず読んでいただきたい15記事をまとめてみました!

  5. 疲れて動けない方へ

    2018.04.21

    疲れて動けない方へ|細胞が元気になれば身体も元気になる

  1. 健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

    2018.04.15

    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選…

  2. ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり方)など一挙ご紹介!

    2018.04.15

    ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり…

  3. 便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお茶4選

    2018.04.13

    便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお…

  4. 脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ!

    2018.04.07

    脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ…

  5. 美脚とサプリ

    2018.04.05

    ストレスとむくみの関係|美脚を目指す方におすすめのサプリ…

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. コンディショニング

    2018.04.11

    体調だけではないコンディショニング(基礎体力)という言葉…

  3. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  4. ふくらはぎの外側

    2018.04.04

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  5. 太ももの外側

    2018.04.03

    太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方…

\ストレス過多の方におすすめ/