トレーニングで身体を引き締めた後に使ってほしいアイテム4選

スポンサーリンク

トレーニングによって身体を引き締めたあと、いつもと同じような日常を過ごすことで再度たるんできたり、せっかくバストアップできたのに、元通りになってしまうことがあります。

女性の場合、そんなときに活用していただきたいのが下着などのアイテムです。一般的に下着などをどれだけ変えても、あまり意味がないと言われることもありますが、日頃の着用物は身体を引き締める上では重要なポイントになります。

なぜなら脂肪は移動させた位置で維持させることで、場所が変わり、部分的にたるみを感じていた部分が結果的にヒップアップされたり、バストアップされたように見せることができます。

今回は、そんなトレーニングで身体を引き締めた方こそ、その後に使ってほしいアイテムをご紹介したいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

トレーニングで身体を引き締めた後にアイテムを使ってほしい理由

まずいきなりこういうアイテムがおすすめ!とお伝えする前に、なぜトレーニング後にアイテムを活用する必要があるのか、そこを整理しておきたいと思います。

身体を引き締める考え方

世の中にはいろんなトレーニング法がありますが、目的に応じた方法ができると身体は引き締まっていきます。

ただ、一般的に身体を引き締めるとなれば、鍛えるというイメージが強いと思いますが、実はそれだけではありません。身体を整えること、筋肉を緩めること、むくみを改善すること、さまざまな考え方で身体を引き締めることができます。

身体を引き締める考え方については、こちらを参考にしていただければと思います。

脂肪組織は簡単に動かせる

バストアップやヒップアップ、ウエストの引き締めなどは、脂肪組織をどのように日頃保つかが重要になり、これによって形が変動してしまいます。

まずは実感していただきたいと思いますが、まず片側の胸の大きさを確認しておいてください。わかりやすいように脇の前ぐらいの胸の肉の量を確認しておいてください。

左胸を触る

この状態から、少し胸の谷間をつくるように胸を脇の下から内側へ寄せてきます。

胸を寄せる

この状態で、鼻から息を吸って、口から細く長く息を吐き、深呼吸を10回程行ってください。

その後、再度胸を触っていただくと、少し胸が膨らみ、厚みが出たのがわかるでしょうか?これは脂肪組織が内側に寄り、バストアップされています。

これと同じようにヒップの脂肪やウエストの脂肪を移動させて呼吸をすると引き締まりを実感することができます。

脂肪を移動させてもすぐに元の位置に戻る

これだけでバストアップやヒップアップされるかというと、実際はするのですが、維持ができません。

簡単に移動させられる分、簡単に元に戻ります。脂肪組織を移動させ、その移動させた位置に“適応”させることでその場所に留まり続け、部分的なたるみも改善することができます。

実際に現場で試しましたが、約1ヶ月ほど経てばはっきりと脂肪組織は移動し、バストアップなども実感できることがわかってきました。

トレーニング後に考えることは、自分が理想とする身体の形をイメージして、いかにその形になるように脂肪組織を移動させ、維持させるか。これも身体を変える上では非常に重要になります。

そこで活用するのがバストやヒップ専用のアイテムです。これらを使用して、きちんと維持させることができれば、それだけでさらにボディラインも変わっていきます。

 

トレーニング後に使ってほしいアイテム4選

ヒップアップ用

【フライビシット】 というアイテムは、主にヒップアップや太ももの外側のたるみを引き締めるために活用できます。

ヒップアップするためには、毎日履くパンツを活用すればいいんじゃないの?と思われる方もいますが、ヒップは筋肉が大きく弾力があります。そのため、今使用されている下着のままでは少し強度が弱い。

【フライビシット】 は強度があり、身体にフィットしやすいためヒップアップや太ももの外側を引き締めたい方にはおすすめできるアイテムです。

料金 1枚1,980円(税別)
使用目的 ヒップアップ、太ももの外側の引き締め
おすすめの使い方 商品紹介で使い方も説明されていますが、個人的には、自分が理想とするヒップになるように外側に垂れた脂肪を内側に盛るようにパンツを履きます。考え方はシンプルで自分がなりたい形に盛って、その状態を維持させればいい。太ももの外側も考え方は同じです!

フライビシットはこちらから購入できます。

骨盤ショーツ【フライビシット】

バストアップ 寝るとき用

続いてご紹介するのは、夜寄るブラ です。これは寝ているときにつける用のブラですが、寝ているときにバストは大きく形が崩れやすい。

心配している方もいると思いますが、このアイテムを使うことで寝ていてもバストの形を維持することができます。

料金 1枚2,370円(税込)~
使用目的 バストアップ
おすすめの使い方 これは、寝ているときに使用するブラですので、寝る前に自分が理想とする形にブラを使って形作ります。あとはその状態で寝てしまって問題ありません。

夜寄るブラはこちらから購入できます。

夜寄るブラ

バストアップ 日常生活用

続いては、日常で着用するブラ脇肉キャッチャー(R) です。こちらは、日頃着用するタイプのものですので、寝る用のものよりも少ししっかりめに作られています。

ただ、それが重要で先ほど胸の脂肪が移動することを実感していただきましたが、その移動させた状態を維持してくれるのに最適な強度が保たれています。

できれば寝る用と日常生活用の2本を活用するとバストアップはより短い期間ででき、その変化もわかりやすくなると思います。

料金 1本5,800円(税別)※割引あり
使用目的 バストアップ
おすすめの使い方 自分が理想とするバストの形に脂肪を移動させ、その状態を維持させます。あとは着用した状態で過ごしていただくだけです。

脇肉キャッチャーはこちらから購入できます。

脇肉キャッチャー(R)公式ショップ

ウエスト用

最後にご紹介するのは、美姿勢ビルダーと言われるもので、この商品の活用方法は主に姿勢を良くする目的で販売されています。

ただ、個人的には姿勢というよりもウエストの引き締めで活用すれば、うまくウエストを日常生活を過ごすだけでも引き締めることができます。

具体的な考え方は、ウエストを引き締める5つの方法と日常でも簡単にできる2つのことを参考にしていただきたいのですが、ウエストは肋骨の位置を引き上げた状態でいかに維持できるか。

それさえできるとウエストは引き締まります。一度肋骨を引き上げ、その位置でキープしてみてください。この状態で過ごすことは難しいのですが、この美姿勢ビルダーを巻いておけば、この引き上げた状態を維持することができます。

だから、こういったものを巻いておくだけでもウエストを引き締めることができます。

料金 1枚12,800円(税込)
使用目的 ウエストの引き締め、姿勢の改善
おすすめの使い方 肋骨を引き上げ、身体を縦に引き伸ばします。その引き上げた状態でウエストに美姿勢ビルダーを巻き、あとはその状態で過ごすだけです。
詳しくは、ウエストを引き締める5つの方法と日常でも簡単にできる2つのことを参考にしてください。

美姿勢ビルダーはこちらから購入できます。

このようにそれぞれの目的に合わせて、トレーニング後にこのようなアイテムを使用することでより引き締まった理想の身体に近づいていきます。

 


まとめ

一般的には商品はあまり役立だたないというイメージが強いですが、実際はそうではありません。

特に女性のたるみの改善の場合、脂肪を移動させることで身体のラインが変わります。こういった一見小さいようなことを気をつけ、その状態を継続することで身体は時間と共に変化していきます。

ですので、活用しなくても身体は引き締められますが、こういったアイテムを活用することでさらに理想の身体に近づけることができますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事

おすすめ記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 筋肉を大きくする

    筋肉を大きくする・細くする・大きな力を出す・何度も収縮させる…

  2. ふくらはぎのサイズ

    ふくらはぎを細くするために必要なことは?トレーナーがお伝えす…

  3. 膝上

    スカートが履けない方必見!膝上の肉を解消するためには歪みを直…

  4. 婚活中の40代女性のお伝えしたい体操

    婚活中の40代女性へ|事務職なら身体を動かせば1日でも身体は…

  5. ふくらはぎの張りを改善するために筋肉を緩める理由

  6. 僧帽筋

    男っぽく見える⁈肩周りが張る原因と改善・解消法7選+αをご紹…

\太もも用ホットマッサージジェル/




伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介!

    2018.04.21

    気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介…

  2. 2018.04.21

    続かない・続けられない人の特徴と続けるためのコツ・方法を…

  3. 2018.04.21

    膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と2つの改善…

  4. おすすめ記事

    2018.04.21

    まず読んでいただきたい15記事をまとめてみました!

  5. 疲れて動けない方へ

    2018.04.21

    疲れて動けない方へ|細胞が元気になれば身体も元気になる

  1. 健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

    2018.04.15

    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選…

  2. ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり方)など一挙ご紹介!

    2018.04.15

    ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり…

  3. 便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお茶4選

    2018.04.13

    便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお…

  4. 脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ!

    2018.04.07

    脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ…

  5. 美脚とサプリ

    2018.04.05

    ストレスとむくみの関係|美脚を目指す方におすすめのサプリ…

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. コンディショニング

    2018.04.11

    体調だけではないコンディショニング(基礎体力)という言葉…

  3. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  4. ふくらはぎの外側

    2018.04.04

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  5. 太ももの外側

    2018.04.03

    太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方…

\脂肪を移動させて簡単にヒップアップ/