たるんだお腹をどうすれば引き締められるか、考えてみました。

スポンサーリンク
たるんだお腹

たるんだお腹をどう引き締めればいいのか・・・。腹筋でもするか?でもきつい・・・。たるんだお腹をどう引き締めればいいのか・・・。腹筋でもするか?でもきつい・・・。

そうやってお腹のたるみを気にしながらもなかなか改善できないことに悩まれている方も多いのではないでしょうか?たるんだ部分を引き締める方法として鍛えることがイメージしやすいと思いますが、そうなると腹筋を鍛えればお腹は引き締まると想像できます。

ですが、実際にはそううまくはいかないものです。それはなぜでしょうか?

想像していただきたいんですが、人間と同じ形をした袋をイメージしてみてください。この袋の中には水が入っています。この水が入った袋の手の指先部分に穴をあけます。すると水が出てきますが、このとき袋からは水が抜け、袋自体がしぼんでいきますが、どのようにしぼんでいくでしょうか?

指先だけ?いえ、全体がしぼんでいくのが想像できますか?人間の身体の中の脂肪も同じようなことが起きます。どういうことかというと、たるんでいる場所には脂肪が多くあり、その脂肪をどのように減らすのか、また引き締めるのかということがテーマになります。

このときに、部分的なところを動かす=部分的に袋に穴を空ける、ということと同じになります。

部分的に袋に穴を開けるよりも、全身に穴を開けた方が袋はしぼんでいきやすい。ということは、人間の身体も部分的に動かすのではなく、全身を動かすことの方が部分も引き締まりやすいということになります。

ここからお腹を引き締めるために実際にセッションで行っていることも踏まえて解説していきたいと思います。

 


そもそもなぜお腹がたるんでしまったのか?

 お腹がたるむ原因として考えられることは、食べ過ぎか運動不足によるものです。また姿勢や循環の問題も考えられますが、会社で働いている方の多くは運動不足と食べ過ぎが原因となっています。

姿勢などの問題もあり、総合的な問題があります。

パソコン作業中心の生活や、なんでも便利化された現代社会では、活動する機会さえ奪われています。

洗濯物を川ですることもなければ、便利だと思われていた自転車でさえ電動に。さらに、街の中では顔を合わせるために歩いて向かっていた商店街でさえ、外に一歩も出なくても無料で配達してくれる商店もあり
すべては自動化、電動化が大幅に進んでいます。

便利で快適な生活の裏にはそれによる弊害も出ているのは事実です。

こういった不活動の結果、消費されるエネルギーが減り、食の質が落ち、結果的に太ってしまう、お腹がたるんでしまうということが起きています。

 

スポンサーリンク

たるみの改善は、適度に運動をし、食べ過ぎを直すこと

お腹のたるみの改善には、どうすればいいのでしょうか?実際に現場に来られた方で、お腹の引き締まりを感じている方の場合、まず筋肉が硬くなっている部分などを柔らかい状態に直します。

体操であったり、身体調整などで筋肉を緩めていくわけですが、自然な状態に近づけば、続いてエクササイズを行います。このときには、スクワットやデッドリフト、ベントオーバーのような種目を行いますが、これらは全身を刺激するものであり、部分を刺激するものではありません。

例えばよく行われるのが、腹筋や体幹トレーニングといったこのようなことです。

冒頭でも話したように、部分だけのエクササイズよりも全身を動かすようなエクササイズの方が部分も引き締まりますし、全体が引き締まっていきます。

現場でも体操などの後にこのようなエクササイズを入れ、呼吸運動をしながら揺らぎを与え筋肉を柔らかい状態で維持できるようにしています。

 

循環を良くすることも大切

 全身に刺激を加えることで部分も引き締まるということをお伝えしていきましたが、さらに大切なことは身体の循環を良くすることです。鍛えることで筋肉が緊張し、硬くなっていると栄養や酸素も運びづらくなりますし、代謝が悪くなってしまうので、循環を良くすることも重要です。

そのためにはリラックスして動くことが大切となり、運動不足だからと言って気合が走りすぎて過度に走ってしまったり、過度に動いて緊張を獲得してしまうと続かなかったり、循環が悪くなってしまいます。

要は気持ちよく運動を続けることで、長続きもしますし筋肉も柔らかい状態が保てるので過度に何かをするのではなく、気持ちがいいペースを保つことがいいと思います。

食事についても過度に減らしすぎたり、制限をかけてしまうとそれ自体がストレスになり、身体にとっても負担となりますので、過度に何かをすることは避ける方が後々考えてもいいように思います。

 


まとめ

 お腹を引き締めるために○○をするという方法論は、書籍の販売や目を引くためには必要なことかもしれませんが、身体を水の入った袋だと考えてみるとわかりやすいと思います。

いかに部分を動かすことが効率が悪く、全身を動かす方が効率のいいことがわかると思います。

全身を動かすことは、お腹だけではなく他の部分も引き締めてくれ、得たい効果以上のものを感じさせてくれるかもしれません。みなさんも、もし腹筋や体幹トレーニングといった部分を鍛えている場合、水の入った袋をイメージしてみて、全身を刺激するエクササイズに変更してみてはいかがでしょうか?

そして、食べ過ぎ、運動不足、身体の循環についても目を向け、それらの改善を行うことで、気になるお腹の引き締めにつながっていくと思います。

では、最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • お腹を引き締めたい場合、腹筋を鍛えるのではなく全身を刺激することを考える
  • 身体は水の入った袋であり、お腹に穴を開けるのと全身に穴を開けるのでは効率の良さが違う
  • お腹がたるむ原因は、食べ過ぎ、運動不足、循環障害などがある
  • その改善には、生活習慣の見直し、硬くなった筋肉を緩めるなどが必要

このような内容でお送りしました。今日の内容はもしかすると、ハードに鍛えないとお腹は引き締まらないと思っている方であれば、もっと楽に身体を変えることができるかもしれません。

ただ“楽”さを求めると身体は変わりませんが、こういう意味では楽さを求めても身体は変わっていきます。

お腹を引き締める考え方について、腹筋だけではなくこのような考え方で取り組んでみてはいかがでしょうか?

今日も読んでいただきまして、ありがとうございました。

自分史上最高のカラダとココロに。
それが、Izuru Style・・・

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 脚の筋肉がつく原因と改善について

    脚の筋肉の張り|女性が悩みやすい太ももが張る原因と改善につい…

  2. FiNCプレミアム

    1ヶ月間無料!専門家のマンツーマン指導がスマホで受けられるF…

  3. ふくらはぎの筋肉を落とすために考えているたった1つのこと

    ふくらはぎの筋肉を落とすために考えているたった1つのこと

  4. 水分の排出

    体内の水分を排出|シェイプアップするために行ったたった1つの…

  5. ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!むく…

  6. ジョギング

    ジョギングしても脚やせしないどころか脚が太くなる可能性がある…

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

履くだけで-3cm!美脚とヒップアップに!

太ももやふくらはぎの張りにスッキリ効果的!

最新式ダンベル!トレーニングを効率化

  1. 転職に迷う人は他人から褒められたことを思い出してみて!そこにヒントがあると思う

    2018.05.19

    転職に迷う人は他人から褒められたことを思い出してみて!そ…

  2. 2018.05.18

    むくみや女性特有の身体の悩みを持つ方におすすめしたい本5…

  3. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  4. 2018.05.18

    ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!…

  5. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  1. 変形性股関節症

    2016.01.10

    変形性股関節症は必ず手術が必要?症状から見る改善のヒント…

  2. 腰痛の原因

    2017.08.04

    腰が痛い!腰痛になりそうな5つの原因と改善の考え方につい…

  3. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  4. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…

  5. 投げ方

    2016.05.09

    野球選手の投げ方|Izuru Styleが指導時にみてい…