脚は前に出さない?!歩き方を習得するための3つのステップと考え方について

歩き方

人がどこかへ移動する上で必要になる歩くということ。人は歩き方を教わって歩けるようになるのではなく、1歳前後になってくるといろんなステップを踏んで歩けるようになります。

だからこそ今歩き方について悩む方もいると思いますし、大人になってから「そもそもどうやって歩くのがいいの?」と疑問に思う方もいると思います。

歩くとは、脚を前に出すことでもなければ、つま先で地面を蹴って進むことでもありません。重心を移動させることが歩くということになります。

今回は、人間が当たり前のように行う歩くということをテーマにお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

日頃の姿勢や歩き方などの動作を改善することで、シェイプアップ、痛みの改善など、さまざまな悩みの改善に役立ちます。悩みを抱える方は、こういった日常動作を変えてみてください。

 

スポンサードリンク

僕が考える歩き方について

お時間ある方は、ぜひ試していただくとこれまでと違った感覚で歩けるようになると思います。

具体的な考え方などは後ほどお伝えしますので、まずは一緒に歩き方を実践していきたいと思います。

ステップ1、重心の位置を胸辺りに設定する

まず、いきなり歩く前に重心の位置を胸辺りに設定してください。

歩き方

ステップ2、重心を前に運ぶように前に進む

胸に設定した重心を前に運ぶイメージで前に進んでいきます。

歩き方

すると、身体のほぼ下の位置に脚が出てきますので、重心を前に運ぶように前に進んでいきます。

ステップ3、気持ち後ろ足を置いていくようなイメージを持つ

この3つ目だけですが、最後に重心を前に運んでいるときに、後ろ足のがすぐについてこないように、気持ちおいていくようなイメージを持って歩いていきます。

歩き方

日頃脚を前に出す意識を持っていたり、地面を蹴って歩くような方の場合、非常に楽に歩けることが体感できると思います。

重心を前に運ぶだけで勝手に脚は前に出てきますので、無駄な緊張が生まれず、非常に楽に快適に歩くことができるようになります。

なぜ脚を前に出して歩こうとしなくても楽に歩けるのか、なぜこのような歩き方がいいのでしょうか。

 

自然な歩き方とは?

そもそも人間が歩く・走るということはどういうことなのでしょうか?

一般的な歩き方の理解は脚を前に出すこと

一般的な理解としては、脚を前に運ぶ、出すような意識で歩くことがほとんどだと思いますが、あまりにも常識的に言われています。これはほんとうに正しいのでしょうか?

意識をして身体を動かすということは、意識が向いた身体の部位、筋肉を探ることになり、緊張してしまいます。緊張するということは、筋肉が活動し、疲労します。

そのため脚を前に出すような意識を持つことで、脚を前に出すときに働く筋肉が緊張し張ってきます。その筋肉のひとつが太ももの前側の筋肉であり、大腿四頭筋と言われる筋肉です。

歩き方

脚を前に出して歩く女性は、この歩き方の影響で太ももの前側が太くなってしまうことがありますが、歩き方を変えると太ももの前側が細くなっていくこともあります。

太ももの前側の張りを改善する考え方については、こちらを参考にしていただければと思います。

太ももの前側がパンパンに張る!日常生活に潜む脚を太くする原因のまとめ

重心を前に運ぶこと

一般的に理解されている歩き方について触れていきましたが、人間の身体は実によくできています。というのは、まず下の画像をご覧いただきたいと思います。

重心移動

重心移動

重心移動

ここで何をお伝えしているかと言うと、人間の身体はその場で立った状態で前に倒そうとすればそのまま顔面から地面に激突します。ですが、防衛反応が働くため脚が無意識のうちに出てきます。

このときに脚に意識を向けて、「脚を出さないといけない」と考えているかどうかです。咄嗟のときは、考える暇さえなく、何も考えていないけど、勝手に脚が出てくる。という状況が起こっているはずです。

人間の身体が持つ自然な動きを活用しようと思えば、過度に意識を向けなくてもポイントさえ押さえていると自然に動くことができます。

リラックスして歩く、自然な歩き方というのは、自分の重心を前に運ぼうとすることで勝手に脚が前に出てくるため、過度に脚の筋肉が緊張せず、スムーズに動くことができます。

だから先ほど歩き方についてお伝えしましたが、脚をどのように動かすかということに一切触れませんでした。どのように動かそうかと考えなくても、重心を前に運べば自然に脚は動いてくれるようになっています。

重心位置について

もうひとつ重心についてですが、一般的に重心の位置は丹田といわれるへその位置を重心にすることが多く、ヨガなどの考え方では主に丹田に重心を置いて行うようです。

この重心の位置をどこにするのかによって感じる身体の重さが変わります。違う言い方をすると、身体が軽く感じるのか、少し重く感じるのか、その差が生まれます。

スマホで表現しますが、重たいブロックだとイメージしていただくとわかりやすいと思います。

スマホ

このようにブロックを立てて置くとします。このブロックを倒そうと思うと、どこを押せば一番倒れやすいでしょうか。

それは指のおいているあたりの上部だということはイメージできると思います。このように立っているブロックと、横になっているブロックがあるとします。

スマホ

どちらの方が動かしやすいでしょうか?答えは前者の立っているブロックです。

ここから何がお伝えしたいのかというと、重心の位置が高くなれば物体を動かすために必要なエネルギーが小さくてすみます。要は、重心の位置が低いと身体を動かすためのエネルギーは大きくなるため、歩くときに重く感じてしまいます。

重心を高く保った状態で歩くことで、身体は軽く感じ、歩くこと自体が楽に感じます。だから歩き方をお伝えしたところでは、重心の位置を胸に設定しました。

脚を前に出そうとすると、重心の位置も下がってしまうため、その分の負担が脚にかかってきてしまいます。

この重心の位置を高く設定することで身体を楽に扱うことができるため、歩く際には重心位置を胸辺りに設定して歩くようにしていきます。

関連記事:脚の筋肉の張り|女性が悩みやすい太ももが張る原因と改善について

腕の使い方について

よくクライアントさんから「腕ってどうすればいいの?」と聞かれますが、腕は歩調に合わせて楽に振っていただければいいんですが、振り方が問題になります。

腕の振り方を理解する前に肩の構造をおさらいしておきたいと思います。

肩は前方30度の角度についており、そこにつながる腕はまっすぐではなく、自然に振るとこのような位置に動くことになります。

歩き方について

この位置は、胸の前ぐらいで手を合わせるような位置になり、自然に腕を振るとこの位置に手がきます。

ほとんどの場合、まっすぐに腕を振ってきますが、この動作は身体の構造から考えると不自然であり、緊張してしまいます。

歩いているときに必ず胸の前まで腕を上げるかといえば、歩くペースによります。リラックスして歩いていると自然を腕は振られてきますので、無理に動かそうとせず、楽に振れる位置で動かしていきます。

関連記事:歩くことで健康になろう!2ヶ所で振り子を体感して気持ち良く歩く

 

より詳しく歩き方を理解する

リラックスした歩き方をするには、どうすればいいのでしょうか?それはみぞおちから脚が生えているイメージを持ち、腕の自然な動きを理解することです。

みぞおちから脚が生えているイメージを持つ

先ほど歩くということは重心を運ぶということをお伝えしましたが、この重心位置を胸あたりに設定します。

実際に胸に手をおくとわかりやすくなります。

歩き方

胸を前に前に運ぶイメージで歩く

本来は脚の付け根というのは、股関節を指すことが多く、股関節から脚を前に運ぼうとしますが、この位置から運ぶと脚が緊張します。

歩き方

股関節ではなく、胸辺りを前に運ぶようなイメージで歩くと下半身に意識が向かないためリラックスしてスムーズに歩くことができます。ですので、歩くときは胸辺りを前に前に運ぶだけの意識です。

腕は後ろに引くのではなく、前に出す

全体のイメージは、重心を前に運ぶようにし身体の真下に着地するようなイメージで歩きます。

腕は基本的には、前方への推進力をもらうものであり、自然な動きとしては前にスイングすることが自然です。よく見られる歩き方のアドバイスとして、胸を張るように歩くということが言われますが、実際に胸を張るように歩くとこのようになります。

肩甲骨を寄せるようになり、肩周囲が窮屈なイメージになります。実際にこのような歩き方をすると肩周りに緊張が生まれ肩コリの原因になります。

スムーズに歩く感覚もなく、日常的に行われていれば違和感はないかもしれませんが、自然な身体の使い方に変えると不自然だったことが理解できると思います。

腕を前に出すように歩くことで進んでいく感覚が得られます。

あるクライアントさんの場合、背中の緊張が改善できず、腰痛をお持ちの方がこの歩き方、腕の使い方を変えることで腰痛が改善されたこともありました。

基本的に腕の自然な動きは、まっすぐ前にスイングされることではなく、身体の中心部に向かってスイングしていきます。

このように腕の振りも自然な形でできればもっと楽に歩くことができると思いますし、胸を張ることや、肩甲骨を寄せることなどはかえって緊張を獲得し、筋肉を硬くしてしまう可能性があります。

関連記事:腕は引く?振る?前に出す?マラソンなどの長距離を走るときの腕の振り方について

いかがでしょうか?ここまで自然な歩き方とは何か、その歩き方をするためにはどうすればいいのか?ということをお伝えしていきました。

歩き方の全体のイメージはこのようになりますので、参考にしていただければと思います。

先ほど、胸から脚が生えているイメージとお伝えしていますが、脚ではなくバットのような硬いものが生えているとイメージすると、重心を前に運べば身体の真下に着地するイメージがわかりやすいと思います。

脚(バット)を前に出そうとするとつっかえ棒のようになりますが、こちらの歩き方もイメージとして参考にしていただければと思います。

重心を前に運ぶ、身体の真下で着地できるときはこのような状態になるはずです。

ただ、脚を前に出そうとしてしまうとこのようにつっかえ棒のようになってしまうことがイメージできると思います。

日頃どのように歩けばいいのか、少しでも参考になればうれしく思います。

また、note(480円)ではより詳しい情報を動画を使ってご説明しています。

もしよければこちらも参考にしていただければと思います。

noteを購入する

さて、続いては目的別に見る歩き方について触れておきたいと思います。

 

目的別に見る歩き方について

基本的な歩き方と言えば上記のような考え方をしていますが、これだけがすべてではないですし現場でも違う歩き方についても触れています。それは目的によって歩き方を変える必要があるからです。

具体的に目的によってどのように歩き方を変化させればいいのでしょうか?

体幹を引き上げる意識を持つとウエストのシェイプアップになる

歩く際のコツとして、体幹を引き上げた状態で歩くことでウエストがシェイプアップされ、引き締まっていきます。

モデルさんがきれいにヒップアップされ、引き締まったウエストになるのはこのようなモデルウォーキングが関係していることも考えられます。歩く際に体幹を引き上げる意識をもって歩いてみてはいかがでしょうか?

具体的にはこのようなイメージで行っていきます。

肋骨を引き上げるようなイメージを持つ

まず肋骨を引き上げるようなイメージで重心位置を引き上げます。

立つ

上半身はリラックスする

重心を引き上げられたら上半身が緊張していると思いますので、リラックスさせていきます。

引き上げた重心を前に運ぶ

引き上げた重心を前に運ぶように歩くことで身体が縦に伸びるようになり、ウエストは引き締まっていきます。この考え方については、ウエストにコルセットを巻いてお腹を引き締めよう!でもお伝えしていますので、お腹を引き締めたい方は参考にしていただければと思います。

関連記事:ウエストを引き締める5つの方法と日常でも簡単にできる2つのこと

むくみの改善を行う

むくみの改善を行うためには、筋のポンプ作用を活用することが重要になりますが、先ほどお伝えした歩き方にはつま先で地面を蹴るなどは書いていませんでした。

部分を意識的に動かしすぎると緊張が生まれ、このような歩き方をしているとふくらはぎが緊張してしまいますが、ここでは軽くつま先で地面を蹴るような感覚で歩きます。

つま先

このときの足首の使い方ですが、強くグッ、グッ、グッ、と地面を蹴るのではなく、ポン、ポン、ポンと軽く地面を蹴るように足首を使います。緊張するとさらにむくむ可能性がありますが、軽く動かすとポンプ作用で循環が良くなり、むくみが改善されます。

関連記事:むくみを改善する1つの方法として歩き方を変えると循環を良くすることができる

ここでは2つの目的に合わせた歩き方についてご紹介しましたが、このように歩き方はこうです!と決まっているのではなく、目的に合わせて歩き方を変えることも重要なことです。

関連記事:ウォーキングで期待できる効果とその実践方法について

 

まとめ

歩き方についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか。自分で客観的に歩き方がどうかということは判断難しいと思いますが、上記の歩き方を実践することでいつもより楽に歩けることに気づくと思います。

歩き方ひとつで身体は変わる可能性がありますので、日頃からどのように歩くのか、注意したいところですね。

では最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • 歩くことは脚を運ぶことではなく、重心を運ぶこと
  • 脚を前に出そうと意識を持ちすぎると太ももの前側にストレスがかかり張ってくる
  • 歩き方の基本は、重心を運び身体の真下に脚がくる
  • 腕の使い方は、後ろに引くのではなく前に出すこと
  • その腕のスイングもまっすぐではなく身体の中央に向かってスイングされることが自然である

このような内容でお送りしていきました。画像でも歩く動作をイメージすることは難しいと思いますが、まずはみなさんが日頃何気なくしている歩くという動作は、ご自分でどのように感じられるでしょうか?

楽に感じますか?それともどこか違和感がありますでしょうか?

まずはそこから感じてみると何か感じることがあるかもしれませんね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 歩き方
  2. 壁立ち
  3. 椅子への座り方
  4. がんと食事
  5. 投げ方
  6. ふくらはぎをストレッチ
  7. 変形性股関節症
  8. コンディショニング
  9. 打ち方
  10. 腰痛の原因
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  2. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  3. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
  4. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
ページ上部へ戻る