うまくいかないときは仕事を変えてもいいし逃げてもいい【僕は逃げた】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
相談者
仕事を始めた頃は、すごくうまくいって周りとも関係もいいのですが、日が経つにつれ周りとの関係が悪くなって今は仕事を続けるのが辛いです。こういうときどうしますか?

こんな悩みに今回は答えていきたいと思います。

会社で働いていると、自分と合う人、合わない人、環境そのものが自分には合わない人もいると思います。

僕は会社で働くということ自体が合っていなかったんだと思います。だから今、独立をして自分1人で仕事をしています。

>>伊藤出のプロフィール|神戸市灘区の六甲道近くで生まれました!

結論としては、仕事を辞めてもいいし、自分に合う環境を探し続けてもいいと思います。今の環境を変えることは賛成です。

我慢をして居続けることは直感的に辞めた方が良いと感じていて、今いる職場よりももっと活躍できる環境があるので、そこを探した方が良いと思います。

今回は、仕事関連の悩みについて考えをお伝えしていきたいと思います。

 


仕事を辞めてもいいし、逃げてもいいことを前提にする

仕事を辞めてもいいし、逃げてもいいことを前提にする

僕も19~22歳のときは就職をして、会社に属していましたが、常に合わないという感覚はもっていました。

自分にも非はあったと思いますが、仕事に対しての考え方が全然違っていて、僕がいた職場では高い確率で“いかに楽をするか”“サボるか”こういったことを考える人は多かったように思います。

僕はそれが大っ嫌いで、自分のやるべきことはしっかりやろうと決めていたし、お客さんには常に喜んでほしいというのは、綺麗ごと抜きにして思っていました。

一生懸命、真面目=周りと少し距離ができる

僕の場合、誰よりも長く職場にいたし、休みでも勉強して、仕事して、常に全力でやってきたつもりです。

できないことが嫌いでした。失敗するのも嫌だったし、怒られるのも嫌だったので、それだったら完璧にできるようにしてやろうって思って、ずっと仕事関連のことに時間を使っていました。

だけど周りはそんなこともなく、できない、知らないは当たり前で、この時点で温度差があって、僕もそんな人たちとあまり一緒にいたくありませんでした。

そういう気持ちも伝わったのか、入社してから徐々に距離ができ、最終的には1人が楽だということに気づき始めます。

僕のコミュニケーションスキルの問題もあると思いますが、僕もわりかし入社してすぐに周りと距離感ができるタイプでした。

自分にピッタリ合う職場もある

そうやって悩んでいた中で転職をして、たまたまみつけた求人に応募して、即決した職場では生まれてはじめて自分に合う職場に巡り合うことができました。

スタッフの方は、僕の1周りも2周りも年齢が上の方でしたが、仕事の考え方や人生に対しても高いところを見ていて、本当に尊敬できる方に巡り合えました。

そんな環境に巡り合えたことも本当にありがたかったし、その後僕は独立をして、9月で約7年になりますが、最終的には自分で仕事をすることが一番自分に合っているという結論になっています。

今の仕事を辞めても自分に合う環境は絶対にある

これは今までの僕の経験から感じることですが、自分に合って、もっと楽しく働ける環境は絶対にあると思います。

仕事って大きく分けると2つの働き方があります。

  • 会社などに属して働く
  • 自分で仕事をする

どちらが向いているかはわかりませんが、自分に合う働き方をみつけるためには、今の職場に苦しみながら留まることはしなくてもいいと思います。

もしかすると、仕事を辞めて次入社した会社がすごく自分に合う会社で、そこで気持ちよく働けるかもしれません。

僕みたいに独立をして、自分で仕事をするとある意味ストレスフリーなので、こういう働き方が合うかもしれません。

これを知るためには、今の環境にとどまってしまっている自分に何があっているのかがわかりません。だから、前提として、仕事を辞める、逃げることを恐れず選択肢の1つに入れておいた方が気が楽です。

そもそも仕事辞める=逃げるでもないですし、違う働き方の方が飛躍することだってあります。僕がそうでしたし、現に僕は毎年成長を実感します。

だから、今苦しい思いをされている方は、全然仕事を辞めていいし、逃げてもいいので、それが悪ではないということを理解してほしいなと思います。

関連記事:「完璧にできてから」ではなく「まずやってみる」という意識で仕事をして感じたこと

 

うまくいかないから仕事を変えたクライアントさん

うまくいかないから仕事を変えたクライアントさん

クライアントさんで、自分が希望して移った部署を、1年もたたずに戻してほしいと上司に頼み、部署を戻した方がいます。

この方は、ブログに書いてもいいと許可をもらっているので、ご紹介しますね。

大手の製薬会社に勤務

この方は30代の女性で、今までは事務職をされていたんですが、自分から希望を出して以前からしてみたかった営業職に変わったんですね。

その会社での花形というか、エリート集団と言われている部署で、最初はやる気もあって、念願だったところで働けるようになったので、張り切っていたそうです。

でも、日が経つにつれて、外からでは見えない世界が見えてきて、どんどん嫌になって苦しめられていきました。それは週1回のペースでお会いしても明らかに分かるぐらいの変化でした。

半年たったとき上司に相談

あまりにも苦しい日が続くので、ある先輩から「最近大丈夫か?◯◯部長に時間とってもらってるから話をしてこい。」と言われ、部長と話をしたそうです。

そしたら部長に、「仕事は適材適所だし、一番気持ち良く働ける場所で働きなさい。」と言われて、降格とかそういうのでは全くなく、自ら前の部署に戻してもらったそうです。

不思議なことに前の部署に戻って、営業職の手伝いをした方が、営業成績も良く、周りからの評価も高くなり、結局今は以前と同じ事務職で活躍されています。

辞めること、変わることが良いこともある

このクライアントさんの例からもわかるように、全てが我慢して居続けることがベストだとは限らないということです。

やっぱり自分の力を出せる環境があるし、逆に出せない環境にいると苦しむことになります。そこで一生い続けることも一つの選択肢ですが、新しい自分の可能性を探すのも全然ありだと思います。

当然怖さもあると思いますが、意外と飛び出してみると素晴らしいと思える世界が、割と近いところに広がっていると思います。

 

能力が低いからうまくいかないのではない

能力が低いからうまくいかないのではない

人間関係とか、仕事がうまくいかないとどうしても考えることもマイナスになりがちになると思うんですね。

僕もそういうときがありましたし、今でもそうやって思いそうになることもあります。

「自分は能力がない」とか自分を責めることもしちゃうかもしれません。でも、今やっていることはうまくいってないだけで、別のことだったらずば抜けた才能があるとかって結構あるんですね。

だから、今うまくいかなくて悩んでいたとしても、自分を全部否定することは辞めてほしいんですね。一部では能力が低いかもしれませんが、別の分野では長けている可能性が高いと思います。

その分野を見つけて活躍した方が人生楽しいし、幸せだと思いませんか?シンプルにその分野をみつけるために、会社を辞めて、転職したらいいと思うし、転職エージェントとかに前もって相談して可能性を探るのもありだと思います。

どこに才能が隠れているか本当にわからない

僕はこうやってブログでお伝えしていますけど、こんな文章を書くことができると思っていませんでしたし、ブログを始める前に専門的に勉強したこともありません。

続けていたらできるようになっていただけです。だから、本当にどこに自分の可能性とか、才能が隠れているかわからないので、いろんなことを経験した方がいいと思います。

いろんなことをやっていく中で、これは合う、これは合わないということもわかってきます。

でもやらないでじっとしていると、何も生まれないし、状況は変わらないです。僕はこの自分が何かができるようになること、成長していくこと自体が楽しく感じているので、いろんなことに挑戦したいなって思ってます。

関連記事:「才能ない」と諦める人から感じる5つの特徴

自分の価値は自分で見つけていったらいいと思う

偉そうに言える立場でもないですけど、他人から「お前は◯◯だ。」みたいなことを言われると思うんですけど、自分の価値って他人の意見では決まらないと思います。

やってみる中で自分で見えています。というのは、僕はこれまで、

  • セミナー講師
  • 家事代行
  • 出張料理
  • ブログ代行 など

いろんな仕事をしてきて、全部まずはやってみるという姿勢からできるようになったことです。

つまりやってみてはじめて全部“できる”とわかったことです。もし誰かに「お前がセミナー講師なんて無理だよ。」と言われてやっていなかったら、1つの可能性を潰しています。

だから、自分の価値は他人から言われたことで決めるのではなく、自分で実際にやって、その中で決めていけばいいと思います。

本当に自分が活躍できる環境で仕事ができると、今よりももっと楽しく、幸せな毎日が送れるはずです。思いきって行動するのも全然ありだと思います。

自分の強いや長所がわからないという方は、無料でもできる自己診断をしてみると、少し見えてくると思うので、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:自分の強み・長所をみつける3つの方法!強みを知って就職や転職に活かそう!

 

まとめ

まとめ

うまくいかないと仕事のことを悩むなら、思い切って転職してもいいだろうし、独立して自分で仕事をするという環境に飛び込んでもいいと思います。

一番お伝えしたいことは、今の会社に必ずいないといけないと思いこみ、自分を追い込みすぎて、最悪の結末を迎えることだけは絶対に避けてほしいです。

そんなことをするぐらいなら、すぐに仕事を辞めて、新しい環境を探した方がましです。

それぞれに持っている才能があると信じていますし、そこが仕事とマッチすると本当に毎日が楽しく、そして幸せに過ごせるので、そういった可能性を探ることも大事なことだと思います。

もし、自分の可能性を探ろうと思っている方は、こういったところでエージェントなどに相談してみてください。

人と話すこと、専門家と話すことで、今まで見えなかった自分の良さ、武器が見えるようになるので、悩む方は無料登録をしてエージェントに思い切って相談してみてください。

スポナビキャリア
→スポーツ業界への転職に特化。プロスポーツチーム、大手スポーツメーカーなどの求人多数。

マイナビAGENT
→転職先の求人件数は業界でもトップクラス。幅広く可能性を探りたい方におすすめ。

マイナビコメディカル
→理学療法士・作業療法士などの転職を専門的にサポート。

スマイルSUPPORT介護
→介護業界への転職に特化している。

相談したり、サイトを見るだけでも見える世界が変わると思いますし、もっと楽になれると思います。とにかく動かないと変わりません。

今回の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼スポーツ関連の仕事がしたい方に
>>スポーツ関連のバイト・就職・転職の仕方やトレーナーなどの始め方をご紹介

▼スポーツ関連の転職を模索する方に
>>スポーツ関連の仕事をしたい!転職を考える方におすすめのサイト3選

こちらも合わせてどうぞ

  1. スポーツ業界へ転職したい方に
    好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!
  2. 便秘を改善したい方に
    便秘の女性は薬や浣腸よりも自然体を目指せば便が出る理由
  3. 健康のためにおすすめしたいモノ
    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!
  4. 僕がおすすめしたい本
    【厳選】健康・筋トレ・ダイエットなど目的別におすすめしたい本95選

目的別の改善方法や考え方のまとめ

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ