やきもきする中でずっと答えを探しているような感じ。だから走り続けることが大事

やきもきする

こないだクライアントさんと少し深めの話をしたんですね。

僕自身仕事に対してずっと納得できていないし、満足もないし、ずっと不安があったり、怖かったりする。

そんな毎日で、自信もなければ技術的に突出したものもない。

だからこそ前を向いてやり続けることができているんじゃないかなってことを。

今の僕が、何かを伝えることができるとするなら、不安を消そうと努力することで不安は消えないかもしれないけど、成長はできると思います。

だからこそこれだと思うことをやり続けてほしいなと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

「完璧にできてから」ではなく「まずやってみる」という意識で仕事をして感じたこと

「変わる」って難しいこと。でもそこから何かしら得られることがある

完璧はない。だから毎日走りながら自分を振り返り修正を重ねることが大事。

 

スポンサードリンク

高校時代に良い経験ができた

僕は市立神港野球部出身で、グランドは栄という神戸の端の方にあって、家からグランドまでは電車とか乗り継いで約1時間20分ぐらいの位置にあります。

当時は、道具を買うお金も稼がないといけなかったので、新聞配達をしていました。

部活から帰ってきて22時半とかで、それからご飯・お風呂・洗濯をしていると23時半とか0時前になります。

新聞配達は3時ぐらいに家を出ないといけなかったので、その間に寝て、新聞配達が終わるのが5時半。

そこから6時まで素振りして、6時半に学校行って1時間朝練。当然授業中は眠くて授業を受けるどころじゃなかった。

きつかったんですけど、そうしないと好きなように道具も買えないので、そのときは何とか乗り切ることができました。

正直2度としたくないですよね。(笑)

これが何なのかってことなんですけど、無理をしろって言いたいんじゃないんですね。

僕自身ある程度ふり幅が作れたと思っています。

 

やきもきするから没頭する

この当時、野球部をやめる選択肢は一切ありませんでした。

野球が大好きでしたし、これをやるために新聞配達をしていたようなものです。

好きなこと、自分が本当にしたいことはやっぱりどうにかしてやりたいんですね。

今仕事をしていてこれからやりたいことがある中で、どうしてもうまくいかない、そこまでの道がイメージできない時があります。

そんなときは、とことん今自分ができることに没頭しようとしています。

やきもきする気持ちを消したいと思って消せるような器用さはありません。

だから何かをやれば消えるんじゃないかと思って、勉強したり、ブログを書いたりしてずっと試行錯誤している感覚があります。

でも消えないんですね。だから消えるまでまだやり続けてみようと思っています。

 

成功体験があったから今も頑張れるのかも

新聞配達をしていて、かなりきつかったんですね。でも練習量は増えて実際にバッティングが良くなって、結果的には前半シーズンのチームの首位打者になれました。

トレーナーとしては、この後は成績が下がることは目に見えていますが、人としては“何かをやれば変わるんじゃないかな”って思えた出来事でした。

元々バッティングが下手で、あまり打てませんでした。でもそんな自分が変わったことが大きな経験となりました。

ちょっと頑張れば、自分って変わるんじゃないかなって期待があるんです。以前も、今も。だけど不器用だし、勉強も時間がかかってしまう。

犠牲になっていることは山ほどあります。

それを覚悟したうえで今を生きていますし、とにかく僕は自分が成長することが本当に重要だと感じています。

そのためには、自ら課題をみつけてそれに取り組み続けていかないといけない。

人よりも時間がかかるし、やらなければできない。でも、そうわかってからは本当にできることをひとつひとつやっていこうと思えるようになりました。

今、やきもきするような気持ちになっている方がいるのであれば、今できることをとことんやってみるのもいいと思います。

そのやきもきする気持ちが消えるかどうかはまた別だと思いますが、消えるように努力した者は最終的に気持ちが晴れて、今以上に幸せになれるのかな。

立ち止まることも大事なことだと思います。だけど、もっと大事なことは歩み続けることだと思います。

もしやきもきする気持ちがあるのであれば、ちょっと自分に負荷をかけるように、今できることを誰もできないぐらいやってみると変わることもあると思います。

 

最後に

頑張れ!頑張れ!みたいなことを安易には言いたくありませんが、やった人はやったなりの成果が出ると信じています。

だからこそ、僕は今できることを丁寧にし、日々の課題と向き合っていきたいと思います。

失敗はつきものですし、うまくいかない前提で僕は仕事をすることもあります。

すべてを完璧にこなすことも無理だと思います。

だけど、その中でより高みを目指そうとする物のみ、自分が生きたいように生きれるんだと思います。

ちょっとでいいからまず踏み出すこと。前向きに頑張る方を素直に応援できる人間でいたいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの本をまとめました。

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. コンディショニング
  2. 投げ方
  3. 壁立ち
  4. 打ち方
  5. 椅子への座り方
  6. がんと食事
  7. 変形性股関節症
  8. 腰痛の原因
  9. 走り方
  10. 歩き方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  2. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  3. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  4. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
ページ上部へ戻る