自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法

自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法

野球選手であれば、1度は「体の中に呼び込んで打て!」と言われたことはありませんか?

実はこういうイメージでバッティングをすると、インパクトの位置が手間になりすぎてあまり良いバッティングができません。

逆に、体の前側にインパクトを設定することで、より気持ち良く自分らしいバッティングをすることができます。

この記事では、

  • 自分に合ったインパクトの位置とは
  • 自分に合ったインパクトの位置を知る方法

などをパーソナルトレーナー歴11年の僕が解説します。

これは実際に現場でも指導している内容で、「インパクトの位置が変わるだけで全然バッティングが変わりますね。」と多くの選手に成果を実感してもらっている方法でもあります。

ぜひインパクトの位置を理解し、バッティングの違いを実感してみてください。

 

バッティング時の理想的なインパクトの位置とは

バッティングをするとき、どこが理想的なインパクトの位置になるのでしょうか?

結論からお伝えすると、

腕が伸び切るぐらいの位置

です。詳しく解説しますね。

身体の前+腕が伸び切る直前ぐらい

バッティングをするときのインパクトの位置は、大体この位置が最もボールに力が伝わる位置になります。

この位置は、

  • 身体の中側ではなく前側
  • 肘が伸び切るか、伸び切る手前の位置

などになり、下半身から生まれたエネルギーを最もボールに伝えやすい位置となります。

これは、後程行うことを実践してもらうと、体感的にもわかりやすいはずですね。

身体の中だと力が入りづらい

よく野球指導者は、「身体の中に呼び込んで打て。」というアドバイスをされますが、このアドバイスをそのまま聞き入れてしまうとインパクトの位置がこの位置になってしまいます。

少し極端ではありますが、実際にこのぐらいインパクトの位置が手前になってしまうことで詰まる。この位置は、全然力が入りづらく、ボールの勢いに負けてしまいます。

ですので、理想的なインパクトの位置というのは、

身体の前+肘が伸び切る前後

ということになります。

 

自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法

では、自分に合ったインパクトの位置をどのように見つければいいのでしょうか?

腕が伸び切る辺りで壁を押す

大きく分けると2つの方法があり、

  • パートナーにバットのヘッドを持ってもらい確認する方法
  • 壁などを押して確認する方法

この2つです。

2つとも基本的な考え方は同じで、以下のような手順で自分に合ったインパクトの位置を探っていきます。

まず、いつも通りにスイング動作を行い、大体いつものインパクトの位置をイメージして壁やパートナーに持ってもらっているヘッドを押します。

インパクトの位置で最も力が入るのは体幹ですので、体幹に一番力が入る位置を探っていきます。

先ほどお伝えしように、身体の構造上一番力が入るインパクトの位置は身体の前で、腕が伸び切る前後。

ただ、人によって微妙に位置が変わるので、自分が一番力を入れやすい位置を“感覚的に”みつけます。

  • 肘が若干曲がった位置
  • 腕が伸び切った位置

これは個人によって変わるため、自分が一番感覚が良かった位置を覚えておきます。

このとき、

一番力が入りやすかった位置が、最も理想的なインパクトの位置

となります。

身体の中に呼び込んで打とうとしていた選手は、かなり前で打つ感覚になると思いますが、その感覚を変えるとバッティング時の打球も変わります。

もちろん、コースによってインパクトの位置は変わってきますので、

  • インコース
  • 真ん中
  • アウトコース

それぞれのコースに合わせて、自分が最も力の入りやすいインパクトの位置をチェックしておきます。まずは、静止状態で理解してもらい、これを徐々にバッティングにつなげていきます。

ティーでインパクトの位置を感覚的にインプットする

次は、ティーの中でインパクトの位置を理解していきますが、先ほど静止状態で一番力が入ったインパクトの位置を整理しました。

ティーでは、そのインパクトの位置にボールを投げてもらい、ボールを打っていきます。

このときのポイントは、

自分が一番しっくりくるインパクトの位置を“感覚的に”実際の動作の中で理解すること

です。

静止状態だと簡単にインパクトの位置はつかめますが、これがティーになると少しずれてくるので、感覚的に掴めるようにティーを繰り返していきます。

このティーでの感覚はバッティング時につながってくるので、日頃からこのような意識でティーを行うと、バッティングが変わる可能性があります。

詳しいティーバッティングのやり方などについては、「ティーバッティングの目的・意味・実践方法を解説」を参考にしてみてください。

ティーでインパクトの位置が掴めると、次はバッティングに移行します。

バッティングでインパクトの位置を掴む

バッティングで自分に合ったインパクトの位置を掴むポイントは、いきなり速いボールを打たないことです。

ティーで得た自分に合うインパクトの位置でボールを捉えられるように、

遅いボールから速いボールに徐々にスピードアップ

させていきます。

そうすると、徐々にタイミングも合ってきてインパクトの位置も感覚的に理解していけます。

ステップのさせ方としては、

  • 100km/h → 適切にインパクトの位置を掴めた
  • 110km/h → 適切にインパクトの位置を掴めた
  • 120km/h → 適切にインパクトの位置を掴めた
  • 130km/h → インパクトの位置がズレルことがある

基本的には、確実に自分のインパクトで打てたらスピードを上げ、打てなかった球速が課題となります。

打てなかった球速を飛ばしてスピードを上げてしまうと、どうしてもフォームが崩れるため、必ず課題になる球速以上では打たないようにします。

また、バッティング動作については「野球の打ち方やバッティングのコツをトレーナーが4ステップで解説」で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

このように、

  • その場でインパクトの位置を確認する
  • ティーの中でインパクトを理解する
  • バッティングにつなげる

こういったイメージでステップアップすれば、バッティングも変わっていきます。

そして、バッティングの際は以下のイメージで打てば、より打球が飛びやすくなります。

センターの奥にバットを投げるイメージ

どうしても、バッティングに入ってもインパクトの位置が手前になり、つまってしまう場合は、

センターの奥にバットを投げるイメージ

でバッティングをしてみてください。

すると、自然とインパクトの位置が前に出てきて打球が変わるので、1つだけイメージを持つとすればこのイメージでバッティングをします。

この流れで自分に合ったインパクトをみつけられ、バッティングに結びつけることで今までと違ったバッティングになるのでぜひ参考に実践してみてください。

 

まとめ:インパクトの位置を変えて気持ち良くバッティングしよう

今回は、自分に合ったインパクトの位置の見つけ方について解説しました。

今回の記事の内容

  • インパクトの位置は、腕が伸び切る手前ぐらいが理想
  • 身体の中でインパクトを迎えると力が入らない
  • 壁を押して、一番体幹に力が入る位置が自分に合ったインパクトの位置
  • ティーは、感覚的にインパクトを掴めるように行う
  • バッティングでは、徐々にスピードを上げ、ティーでの感覚を活かす

こういった内容をお伝えしていきました。

野球選手は、インパクトの位置を変えるだけで明らかにバッティングが変わります。気持ち良くバッティングができるようにぜひ試してみてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

野球関連記事


▼お役に立った方はシェアお願いします!
 

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンのお申込はこちら


「何をしても身体が変わらない…」「どこに行っても変化を感じない…」そんな身体の悩みを抱えている方は、ぜひ気軽にご相談ください。一緒に改善の糸口をみつけ、“本当に、変わった…”を体感していただきます。無料体験などのお申込はこちらからどうぞ。

無料体験のお申込みはこちら≫


毎月限定1名モニター募集中≫

 

関連記事

  1. ランニングで疲れにくい走り方を実践する3つのポイント

  2. 野球選手におすすめしたい3つのバランストレーニングとは

  3. 持久力(スタミナ)をつけるトレーニング方法と「60%」の本質を解説

  4. 野球の打ち方やバッティングのコツをトレーナーが4ステップで解説

  5. ストレッチ中にかけたいおすすめの音楽(BGM)10選

  6. 必ず知っておいてほしいピッチャーの手首の使い方を解説

パーソナルトレーナー伊藤 出

パーソナルトレーナーの32歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIDEALSTYLEオープン)。

 

■指導経歴
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

≫プロフィール詳細

≫IDEALSTYLEについて

≫無料体験のお申込み

≫毎月1名モニター募集

≫お問い合わせ

最新記事

人気記事 おすすめ記事

お客様の感想

Twitter