未分類

バッティング時のフォロースルーで打球の角度が変わる理由

バッティング時のフォロースルーのとり方を変えることで打球の質が変わったり、角度を変えることができます。

ただやみくもに「大きくフォロースルーをしよう。」と考えてしまうと、うまくいかないこともあるかもしれません。

この記事では、

  • バッティング時のフォロースルーのとり方
  • フォロースルーの位置と打球の方向との関係

などを解説します。

 

バッティング時のフォロースルーで打球の角度が変わる理由

結論から言えば、以下の通りです。

フォロースルーを変える=バットの出方が変わる

バッティング時にフォロースルーの位置を変えようとすると、実際に変わっているのはスイング動作そのものなんですね。

フォロースルーを変えることでバットの軌道が変わり、その結果打球の質や方向が変わってきます。

始動作・主動作・終動作の関係

スポーツ選手が行うさまざまな動作は、3つの動作に分類することができます。

スイング動作で言えば、

  • 始動作:バットの振り出し
  • 主動作:インパクト
  • 終動作:フォロースルー

という分類のイメージになります。

ぜひ覚えておいてほしいことは、

主動作を変えるためには、始動作、もしくは終動作を変える

ということ。

例えば、ボールの数mm下を捉えようとするとき、速いスイング動作の中でその微調整をすることは困難です。

だけど、フォロースルー(終動作)を変えることでインパクトの位置(主動作)が変わります。

つまり、

フォロースルーのとり方を変える → インパクトが変わる → 打球が変わる

ということが起こります。

だからフォロースルーのとり方は重要になるというわけです。では、どのようにフォロースルーをとればいいのでしょうか?

 

バッティング時のフォロースルーのとり方

大きく分けると2つのとり方があります。

  • フォロースルーを高くとる=打球が上がる
  • フォロースルーを並行にとる=ライナー性が増える

このような違いがあり、それぞれ解説しますね。

フォロースルーを高くとる

例えば、フォロースルーを高くとろうとスイングをします。

こういうフォロースルーをすると、ボールの下側を叩きやすくなり、スピンのかかった高い打球がとびやすくなります。

フォロースルーを平行にとる

もう1つは、フォロースルーを地面に対して平行にとるようなイメージでスイングをします。

元シアトルマリナーズのイチロー選手のようなイメージでフォロースルーを迎えると、ライナー性の打球が飛びやすくなりますし、バットの芯でボールを捉えやすくなります。

この2つ以外にも、

前で大きくフォロースルーをとる=打球が飛びやすくなる

ということがありますが、これはインパクトの位置との関係を知っていただくと、より理解できると思います。

このことについては、「自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法」で解説しているので参考にしてみてくださいね。

このように、フォロースルーを変えることでバッティングにプラスになる可能性が高いので、どのようなフォロースルーが自分に合っているかをみつけることは重要ですね。

 

まとめ

今回は、バッティング時のフォロースルーについて解説しました。

今回の記事のまとめ

  • フォロースルーを変えると打球の角度が変わる
  • 高くとる=打球が上がりやすくなる
  • 平行にとる=ライナー性の打球が飛びやすくなる
  • 前で大きくとる=打球が飛びやすくなる

こういった内容をお伝えしました。今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

野球関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。