女性必見!ヒールの立ち方・歩き方を改善して脚やせする方法

女性必見!ヒールの立ち方・歩き方を改善して脚やせする方法

ヒールでの歩き方がまずいと、前ももがパンパンに張ってきたり、太ももやふくらはぎが太く硬くなってしまうことがあります。

逆に、今悩んでいる脚の太さはヒールでの立ち方や歩き方を変えることで脚やせできるかもしれません。

この記事では、

  • ヒールを履いた時の立ち方
  • ヒールを履いた時の重心位置
  • ヒールを履いた時の歩き方

こういった内容をパーソナルトレーナー歴11年の僕が解説します。

今回の内容は、実際に現場でクライアントさんに指導して脚やせしたり、脚の疲労が軽減したなどの成果を得ている方法です。

身体の変化もすぐに実感できるので、ぜひ参考に実践してみてくださいね。では、早速お伝えしていきます。

 

\変わる“きっかけ”が掴める!無料体験受付中!/
無料体験のお申し込みはこちら≫

ヒールの立ち方はつま先重心?かかと重心?

まず最初は、ヒールを履いた時の重心位置。結論から言えば、

ピンがついている踵に重心を置く

ことで脚やせしやすくなりますし、脚の疲労の軽減につながります。

詳しく解説しますね。

ヒールの重心=かかと(ピン)

ヒールを履いた時の重心は、丁度踝の真下辺りに設定すると非常に楽に立つことができ、脚やせにつながっていくんですね。

人間の足は、自然な状態で立てると「3点支持」という状態で立つことが自然で、以下のような比率で立ちます。

この比率で立てたとき、丁度踝の真下の位置に体重が乗るようになり、ここが足の真中になります。

体重がかかる自然な位置

この位置に体重が乗れば、脚にかかるストレスは脚や体幹に分散され、部分的なストレスが軽減される。

逆に、

  • つま先重心
  • 足の内、外側に重心が偏る

こういう状態で立ってしまうと、脚の部分へのストレスが増してしまいます。

その結果、

  • ふくらはぎの内側、外側張り出す
  • 前ももが張り出す
  • 外ももだけぽっこり出てしまう

などの悩みにつなってしまう。

ですので、ヒールを履いた時は踝の真下に体重を乗せ、ここに重心を置くことがポイントです。

ヒールを履いた場合、大体ピンの位置が踝の真下になるため、

ヒールを履いた時の重心位置=「踝の真下」

となるわけです。

これはヒールを履いていない時も同じ考えで、通常の立ち方の考え方は「脚やせする立ち方を習得する4つの手順」でお伝えしています。

脚へのストレスが軽減されると、

  • 脚全体の張り
  • むくみ
  • 関節の捻れ

などが改善し、その結果脚やせにつながっていきます。

つま先重心=前ももが張る

「本当にかかとでいいの?」と思う方もいるかもですが、実際に以下の立ち方と比べてみてください。

まずは、へそを前に突き出すようにつま先重心に変えていきます。

ヒールを履いてへそを前に突き出すように立っている

もしくは、つま先重心で立つようにします。

この2つの立ち方は両方とも、

  • ふくらはぎ
  • 前もも

などの筋肉がグッと力んでくると思います。

ここでのポイントは、

重心がつま先に移動することで下半身の筋肉が力み続ける

ということです。

筋肉は力み続ける=使い続けると弾力を失ってしまう。その結果、硬くなってパンパンに張り、太くなるんですね。

ですので、よくヒールを履いて過ごす方は、日頃の立ち方や歩き方によって脚が太くなったり細くすることも可能です。

前ももなどの張りで悩む方は、「太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする3つの手順」や「1回で変わる!膝上の肉(脂肪)を落とす5つの方法」も参考にしてみてください。

かかと重心=疲れづらい

逆にかかと重心=ピンで立つようにすれば、脚の筋肉の力みが軽減され、楽に立てます。

ただ、「踵で立ちましょう!」と言われても、それw感覚的に実践するのは難しいですよね。

そこで、まずは以下の流れで立ち方そのものを変えてみてください。そうすると、踝の真下に体重を乗せて立つことがいかに楽かを実感できるはず。

①坐骨で座る

立ち方は、椅子に座ったところから始めると習得しやすくなります。

まず、椅子に座って骨盤を軽く前傾状態にします。イメージ的には、へそを軽く前に突き出すような感覚です。

自然な状態で座る

ここのフェーズも重要で、「骨盤を適度に前傾…」と説明されても、果たして自分で行っていることが適切なのか迷われると思います。

もし不安な方は、「脚やせする座り方を習得する4つの手順」をご覧ください。

この記事の中で、骨盤を前傾させる方法や骨盤を自然な位置に直す方法を解説しています。

足元は、

  • 肩幅か腰幅ぐらいに足幅を開く
  • つま先は軽く開く

という状態でいてください。

足幅

坐骨で椅子に座れたら次のステップに移ります。

②身体をお辞儀

次は坐骨で座った状態から、顔を前に送るようなイメージで身体をお辞儀させていきます。

骨盤を前に前傾させる

顔を前に送る

このとき、背中が丸まってしまわないように気をつけてください。

よく背中が丸まってしまう方がいるフェーズなので、顔と胸元を前にスーッと出していく感覚でお辞儀をしていきましょう。

イメージとすれば、自然に座った状態からそのまま上半身が前に倒れていく感覚ですね。

③かかとに乗る

身体がお辞儀できると、そのまま顔を前に送り続けるイメージで椅子からお尻を浮かせます。

そして、お尻を椅子から浮かせたら体重を両足のかかと(踝の真下)に体重を乗せます。
(※ここ、かなり重要です!)

両足の踵に乗る

踝の真下に体重を乗せるというのは、丁度この位置ですね。

体重がかかる自然な位置

ここの段階までできると、後はシンプルです。

④まっすぐ立ち上がる

踝の真下に体重が乗れば、あとはまっすぐ立ち上がるだけです。

まっすぐ立ちあがって踵で立つ

そうすると、感覚的には、

  • 踵の骨を感じて立てている
  • 楽に立つことができている

などを感じた立ち方になると思います。このとき、若干膝が曲がっているような感覚になりますがこれでOKです。

引用:脚やせする立ち方を習得する4つの手順

あとは、ここで体感していただいた立ち方をヒールを履いて行えばOK。

各部位の感覚をまとめると、以下のような感覚が適切な立ち方だと考えています。

ヒールを履いた時の立ち方は、この状態が自然であり、脚やせしたい方におすすめする立ち方になります。

続いては、ヒールを履いた時の歩き方を解説しますね。

 

ヒールの歩き方を6ステップで解説

ヒールを履いた時の歩き方のポイントは、まずかかと(ピン)で立つことが重要です。

上記でお伝えした立ち方の改善をした上で、以下の手順で歩き方を改善していきます。

  1. ピンで立つ
  2. 重心を上げる
  3. 重心を前に運ぶ
  4. 腕・脚はリラックス
  5. 足を少し置いて歩く
  6. 骨盤を左右に動かす

この6つができると、よりスタイリッシュに歩けて脚やせすることができます。

①ピンで立つ

まず、先ほどもお伝えしたようにピンで立ちます。

②重心を上げる

次に、重心位置(身体を動かすポイント)を胸や頭など、高い位置に設定します。

重心を引き上げる

イメージとしては、上半身を縦に伸ばし、肩周りをリラックスさせるような感覚ですね。

※重心の位置を高く設定するだけで、脚にかかるストレスが軽減し、特に前ももの張りの改善に役立ちます。

③重心を前に運ぶ

そして、高く設定した重心位置を、前にスーッと運ぶように前方へ進んでいきます。

④腕・脚はリラックス

重心を前に運んだとき、脚を前に出そうとせずただリラックスしていればOKです。そうすれば、自然に脚は出てきます。

また、腕もリラックスしておけば自然に以下のような軌道でスイングされます。

シンプルに、

重心を前に運ぶ、その他はリラックス

というイメージで歩けば、着地も自然とピンからするようになり、脚へのストレスが軽減できる歩き方ができます。

⑤足を少し置いて歩く

また、後方の足がすぐについてこないようにするのもポイントです。

すぐに足がついてくるというのは、以下のような状態です。

気持ち足を後方に置いていこうとすると、以下のような状態になります。

違いは微妙ですが、後方に足を置いていこうとすれば、その分ヒップへの刺激が増します。

そうすると、ヒップアップするけど前ももはスッキリみたいな歩き方ができるんですね。特にヒールを履いて適切に歩けばこれが顕著になるので、女性にはおすすめです。

⑥骨盤を左右へ動かす

そして、最後に歩いている時は骨盤を軽く左右へ動かすようなイメージで歩きます。そうすればよりスタイリッシュさが出て、見た目がかなりカッコよくなるんですね。

これはモデルさんの動画を見てもらった方が参考になると思います。

めちゃくちゃ魅力的で引きつけられますし、骨盤を軽く左右に動かしているのもわかりますよね。

こういったイメージで、軽く骨盤を左右へ動かすようにすれば、脚やせできつつスタイリッシュさも出すことができるのでこういった歩き方がおすすめです。

脚やせできない…と悩む方は、ヒールを履いた時の立ち方や歩き方を改善すると、また違った成果を実感できると思うのでぜひ実践してみてください。

 

ヒールの立ち方・歩き方を改善して脚やせしよう

今回は、ヒールでの立ち方や歩き方について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ヒールでの立ち方や重心位置はかかと(ピン)
  • ここで立てば自然に立つことができ、脚へのストレスも軽減できる
  • ヒールで歩くときは、重心を高く設定する
  • そしてその重心を前に運ぶように前に進む
  • あとは、腕や脚をリラックスしておけばOK
  • 気持ち後方に足を置いていけば、よりヒップアップ&脚やせする

こういった内容をお伝えしました。

ヒールでの立ち方や歩き方が根本的な脚が太くなる原因と理解している方は、おそらく少ないと思うんですね。

ただ、日頃の姿勢や動作はかなり身体に影響を与えて、それが根本原因になっていることは多いです。

ですので、脚やせできない…と悩む方はぜひ今回の内容を参考に、日頃のヒールでの立ち方や歩き方を見直し見てくださいね。そうすれば、今よりも脚やせできますので。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

脚やせ関連記事


\変わる“きっかけ”が掴める!無料体験受付中!/

無料体験のお申し込みはこちら≫

 

関連記事

  1. 腹筋をしてもお腹が痩せない理由【効率が悪い】

  2. 脇の肉がすごいと悩む方必見!脇の肉・たるみを落とす3つの方法

  3. 縄跳びで脚やせする方法と必ずおさえておきたい1つのポイント

  4. プロが徹底解説!二の腕が冷たい&太い4つの理由

  5. 1回で変わる!膝上の肉(脂肪)を落とす5つの方法

  6. ダイエット成功例:9ヶ月間で-16kgできた食事方法

パーソナルトレーナー伊藤 出

パーソナルトレーナーの32歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIDEALSTYLEオープン)。

 

■指導経歴
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

≫プロフィール詳細

≫IDEALSTYLEについて

≫無料体験のお申込み

≫毎月1名モニター募集

≫お問い合わせ

最新記事

人気記事 おすすめ記事

お客様の感想

Twitter