大きいお尻を小さくする方法

大きいお尻を小さくする方法

お尻だけが大きいと、その部分に合わせたファッションになってしまったり、隠そうとしてしまう方もいると思います。

お尻の大きさは、循環の改善や脂肪を減らすことで小さくすることができます。

この記事では、

  • お尻だけ大きい原因
  • お尻を小さくする方法

などについて解説します。

 

\変わる“きっかけ”が掴める!無料体験受付中!/
無料体験のお申し込みはこちら≫

お尻だけ大きい原因

主に、以下のことが考えられます。

  1. 脂肪がついている
  2. 股関節の捻れ
  3. むくみがきつい
  4. 出っ尻や反り腰
  5. ストレスが溜まっている

それぞれ解説していきますね。

①脂肪がついている

まず考えられることは、

脂肪の多さ

です。

脂肪がお尻についてしまう原因は色々ありますが、シンプルな原因としては、

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足

などが考えられます。この原因は、なんとなくイメージできますよね。

②股関節の捻れ

次に関連することは、

股関節の捻れ

です。

これは、「太ももの外側が太い&張り出す原因と細くする6つの方法」でも触れていますが、股関節が捻じれると体内の循環が悪くなる可能性があります。

例えば、水が通るホースをイメージするとわかりやすいですが、ホースを捻じると中の水の通りが悪くなりますよね。

身体も一緒で、股関節が捻じれてしまっていると股関節周辺で循環不良が起こり、お尻周りがたるんでくることがあります。

股関節が捻じれる主な原因は、

  • お姉さん座りをよくする
  • 内股で座っている
  • 脚を組む癖がある など

日常生活で何気なく行っていることに問題があることがほとんど。

こういう習慣があると、結果的に次のむくみがひどくなるということも起こります。

③むくみがきつい

現場でお尻が大きい方を見ていると、みなさんに共通することは、

むくみが非常にきつい

ということ。

ただむくみがきついだけであれば、下半身全体がパンパンに浮腫むだけですが、股関節の捻れが合わさるとお尻が特に大きくなってしまうことがあります。

これは、お尻のむくみがひどいということもありますが、長期間むくみが続く部位ほど、皮下脂肪が多くなることもわかってきています。

つまり、

  • 股関節が捻じれる
  • お尻のむくみがひどくなる
  • 長期間むくみ続けている
  • お尻に皮下脂肪がつき、より大きく見える

という一連の流れが起こっていることが考えられます。

むくみはただ膨れ上がるという症状だけではなく、脂肪の多さにもつながってしまうということですね。

④出っ尻や反り腰

そして、さらに日頃の姿勢の癖で、

  • 出っ尻
  • 反り腰 など

骨盤周辺が本来の状態から崩れてしまっていることも問題になります。

例えば、こういう立ち方が癖になっているとします。

かなり極端ではありますけど、こういう立ち方をしていると腰辺りの筋肉が常に緊張し、硬くなってきます。

また、骨盤がかなり前傾している状態なので、腸腰筋と言われるみぞおちから太ももの前側辺りにつく筋肉も緊張してきます。

腸腰筋

この筋肉が硬くなってくると、お腹周りが非常に硬くなり、その影響で、

  • 便秘になる
  • ガスが溜まりやすい

というような症状も出ます。

ここで問題なのが、お腹が硬くなってしまうということ。こういう状態になると、お腹がつまるのでどうしても下半身でむくみがひどくなります。

また、お尻を突き出すような姿勢になるため、上記であげた原因が合わさり、それを強調するような姿勢になります。

そうすると、当然お尻がボコッと出てしまい、かなりお尻が大きい印象になってきます。

ストレスが溜まっている

そして、もう1つ考えられることは、日頃からストレスがかなり溜まっていることで、これもお尻が大きくなる原因につながります。

ストレスとお尻の関係は、以下のようなことが考えられます。

  • ストレスが溜まる=自律神経が乱れる
  • 自律神経が乱れると血管が細くなり、循環が悪くなる
  • 循環が悪くなることでむくみやすくなる
  • また低体温になり、体温が下がる
  • 体温が下がることで基礎代謝が下がり脂肪がつきやすくなる

つまり、

ストレスが溜まりすぎる=むくみ+脂肪がつきやすくなる

ということが考えられます。

このように、お尻が大きいという悩みの原因は、複数が重なり合って出来上がっている可能性があり、これらを改善することでお尻を小さくすることができるはずです。

では、具体的にどのような方法でお尻を小さくすればいいのでしょうか?

 

お尻を小さくする方法

お尻を小さくする方法は、以下の通りです。

  1. 股関節周りを整える
  2. お尻周りの循環を改善する
  3. 日常の姿勢を改善する
  4. ストレスを解消する
  5. ダイエットをする

もちろん、個人の原因が違えばまた別の改善方法が必要になりますが、これらがお尻を小さくするためのベースになります。

それぞれ解説していきますね。

①股関節周りを整える

股関節周りを整える=筋肉を緩めるということですが、以下のような方法で整えることができます。

✔しゃがみ込みを繰り返す

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. つま先を違和感ない程度に開く
  3. 体重を踝の真下に乗せる
  4. 全身をリラックスさせる
  5. 重力に身体を預けるように真下にへしゃげる
  6. 脱力した状態で20回繰り返す

✔小さく弾む

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. つま先を違和感ない程度に開く
  3. 体重を踝の真下に乗せる
  4. 踝の真下に意識を向けて小さく弾む
  5. これを1分間×3セット行う

こういった動きの中で股関節を整えることができますし、自分でできる別の調整方法などもあります。

この方法は、「太ももの外側が太い&張り出す原因と細くする6つの方法」で紹介しています。

これらの方法で股関節を整えたら、次は循環の改善に移っていきます。

②お尻周りの循環を改善する

循環の改善=むくみを改善するということですが、むくみを改善するためには気持ち良く股関節周りを動かすことです。

これもいくつか方法をご紹介しますね。

✔左右に骨盤をスライドさせる

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. つま先も軽く開く
  3. 骨盤を左右にスライドさせるように動かす
  4. 股関節周辺にグッと力が入らないように軽く動かす
  5. これを1分間行う

股関節周辺を動かすと、お尻の筋肉がポンプのように動くので、こういう簡単な動きを繰り返すとむくみがスッキリしてきます。

✔骨盤を中心に円を描く

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. つま先も軽く開く
  3. 骨盤で小さな円を描くように動く
  4. 一方方向に1分間、逆回しを1分間行う

むくみが改善できると、次は日頃の姿勢を改善していきます。

③日常の姿勢を改善する

日常の姿勢というのは、

  • 座り方
  • 立ち方

などが主ですが、これらのポイントは、

  • 骨で座る
  • 骨で立つ

ということ。こういった姿勢で過ごせることで、股関節の捻れやむくみの根本原因を取り除くことができます。

お尻を小さくする上では、必ず改善しておきたいことですね。具体的な方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

また、動画でも解説しているので、こちらも興味がある方はご覧ください。

④ストレスを解消する

おそらく、①~③の流れを適切にできれば、ひと回りぐらいお尻は小さくなっているはずです。

さらにお尻を小さくしたい方は、ストレスの影響で乱れてしまった自律神経を整えることが重要ですね。

⑤ダイエットをする

ここまでの流れができてもなおお尻が大きいと悩む方は、おそらく脂肪が多いので、それを減らす必要があります。

  • 食事を調節する
  • 運動量を増やす

このどちらか、もしくは両方をすることでダイエットができるので、こういったことを習慣づけていきます。

ダイエットについては、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

これらの一連の流れができることで、お尻を小さくできるので、ぜひできることから実践していただければと思います。

 

大きいお尻を小さくする方法のまとめ

今回は、お尻だけが大きい原因と小さくする方法をご紹介しました。

今回の記事のまとめ

  • お尻がだけが大きい原因は、複数の原因が重なっている可能性
  • 脂肪が多い、股関節の捻れ、むくみや姿勢の問題など
  • お尻を小さくするためには、まず股関節を整えてむくみを改善する
  • さらに、姿勢を改善したり、ダイエットをする
  • そういったいろんな角度からアプローチすることでお尻を小さくできる

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

その他の部位の引き締める方法などは、以下の記事にまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

シェイプアップ関連記事


\変わる“きっかけ”が掴める!無料体験受付中!/

無料体験のお申し込みはこちら≫

 

関連記事

  1. 40代の女性がヒップアップするためにやるべき5つのこと

  2. ダイエット不要?!食事制限なしで脚やせする5つの方法

  3. 太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする3つの手順

  4. インナーマッスルを鍛えると痩せる?痩せない?

  5. 女性必見!ヒールの立ち方・歩き方を改善して脚やせする方法

  6. 1回で変わる!膝の内側のお肉を落とす5つの方法

パーソナルトレーナー伊藤 出

パーソナルトレーナーの32歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIDEALSTYLEオープン)。

 

■指導経歴
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

≫プロフィール詳細

≫IDEALSTYLEについて

≫無料体験のお申込み

≫毎月1名モニター募集

≫お問い合わせ

最新記事

人気記事 おすすめ記事

お客様の感想

Twitter