未分類

今の自分が本当にやりたいことを実現するために必要なこと

[ad#co-1]

月曜日の夕方家族4人で家族写真を三宮に撮りに行ってきました。出来栄えをアップしようかと思いましたが年賀状で送りたいと思ったので年賀状で使いたいと思います。

と、まあどうでもいい話からですが、下の子供が2月に生まれて9ヶ月が経ち、つかまり立ちや自己主張も多くなり、ご飯の時間になるといつも「ア゛ー!!」と叫びながらご飯を食べています。

そんな駄々をこねる姿もかわいく見えますが、上の4歳の子供はコマなし自転車に挑戦していて、まだまだ乗りこなせていませんが、頑張る姿を見るとかわいく思えますし、こんなに小さい子が頑張っているんだから自分も、と無言の励ましを受けています。

家族の存在は自分にとってすごく大切な存在で、みんないつも笑って過ごせるようにしたいなと思います。

子供の自転車の練習を付き合っているときにふと感じたことがあったので、今日はそのことについて書いていきたいと思います。

 

自転車で転んでも何度もが頑張る息子

まだコマなし自転車を練習して回数は乗れていなくて、それでも毎回自転車に乗ることを楽しみにしています。そんな息子の姿を見ると、大人になるにつれてやっぱりに何かに挑戦することは億劫になっていくんだなと感じてしまいます。

毎日1時間勉強することだったり、ランニングを続けることだったり、英語を習いに行くことだったり・・・何が当てはまるかわからないですけど、小さい大きいは別にしてやりたいと思ってことを素直にできづらくなってしまうかもしれませんね。

そんなときに子供の姿は素直にやりたいことをやりたいと言うし、好奇心旺盛で何でもしたがりますし、そういう何気ない部分は子供からも気づくことが多い毎日です。

自転車の乗り方を教えているときに気をつけていることは、とにかく楽しんでもらうこと。それだけです。

教える手順は子供であればどうやったらできるのかな?とかトレーナーとしての考え方が出てきますが、相手は子供ですので大人に指導するのとはまた違います。

でもたまに・・・「緊張してはスムーズな動作が・・・」と言いそうになりますが、教えているのはあくまでも子供ですよね。(笑)そこはわきまえて楽しんでます。

こんなところからというと少し無理矢理っぽいですが、いつもと違う年齢層に指導をするとなったとき、いつもと違うことを考えるようになり、教えるときにはやっぱりわかりやすい手順を伝えることが大切だなと感じます。

 

目標の達成もステップを考えるとしやすい

最近、自分がしているパーソナルトレーニングの内容を確認するためにクライアントさんに「自分のパーソナル」を受けていただいて、改善点などありますか?」など質問をしていますが、クライアントさんからの意見はすごくリアルな声を直接聞けますので、ありがたい意見を多数頂けます。

現状でも満足という方もいれば、○○をこうしてほしいとご要望を言われ来年に向けて改善点が明確になってきています。そうやって自分の仕事の振り返りをし、今後数年先のことを改めて考える時間を作ってみたりしました。

そうすると、これから先やっていきたいことが明確になり、来年の計画などが少しずつ出来上がってきています。

こうやって先のことを考えるとわくわくする気持ちもありますし、いけるのか?という少しの不安も湧き上がってきますが、やってみないとわからないので、思いついたことを全部やってみようという気ではいます。

目標を立てると実現できる人とできない人がいますが、今年の僕はある程度できたと思います。

来年もこのイメージをさらに膨らませることができればできると思っていますが、今年に感じた本当に自分がやりたいことを実現するために必要なことはさまざまなことがありました。

 

本当にやりたいことをやりたいのに恐怖感がある

人間不思議ですね。やりたいと思っていることでも、そのフィールドに立とうと思うと急に怖くなります。環境が変わる怖さもありますし、失敗したらどうしようなどのネガティブな感情も出てきてしまうのも要因のひとつかもしれませんが、できれば失敗したくないと思うのが自然かもしれません。

やりたいことをやることにも勇気がいるんですよね。でも、今年はっきりとわかったのはやりたいことをやるのは自然なことで、やっていると楽しいし、しんどいし、疲労も溜まることもありますが、それも含めて楽しいという感情は素直にありました。

そこに飛び込む勇気があるかどうかですけど、次のステップに踏み込むためには僕自身はもう一段ステップを踏む必要があります。

やっぱり怖さも感じてますけど、自分の今までを振り返ってみるといけるなというのも感じていますので、今週中に企画を打ち出し、募集すると思いますがもっと楽しんでもらえるフィールドを作りたいと思っています。

恐怖感がなくなったらとか、そういうのではなくそこは見切り発車でもいいと思っています。なんかおもしろそう楽しそうと感じることを来年はもっと素直にやっていこうと思います。

ですので、また来年からはフィールドを広げていきたいと思っています。

 

今の自分も不満でもないし、満足もしてないから1歩が重い

今まで感じなかったことですが、今年はなぜか1歩が重かったように思います。今の生活に不満があるかと言えばあまりないですし、仕事も頂けていますのでそこは本当にみなさんに感謝しています。

でも自分の本当にしたいこと、目指していることから見ればまだまだ途中で、そういう意味では成長のスピードに不満足といえば不満足です。だからこそ1歩が重くなった。余力を残しすぎたというところです。

去年は飛ばしすぎて許容量を明らかに超えていましたが、今年はなんだろう・・・抑えすぎた感があって、不完全燃焼になりそうな予感があります。

本当にやりたいことをまっすぐにやれればすごい楽しいですし、おもしろいと感じますけどやっぱりそこにはリスクがあって、そのリスクと今のままでいる、ある意味の安定を天秤にかけるとまだまだ安定が勝っていたんだと思います。

もっともっとやっていいと思いますし、挑戦していかないことには始まらないんだなと思います。

やっぱり何かに挑戦し続けることは自分にとっては一番楽しいことですし、充実しているなと感じることでもありますね。

 

自分のストーリーを作ろう

本当に自分がやりたいことを実現するためには“勇気”とか“思い切り”が必要になるなと感じましたが、目標とか理想があったりしてもなかなか踏み出せずにいる方はいるかもしれません。

クライアントさんから「あのときにこう言ってもらえたから頑張れた!」といって頂くと自分もすごい嬉しいですしやりがいを感じます。

来年からスタートしたい企画は少し宣伝みたいになってしまいますが、自分が本当になりたい姿をそのまま表現してしまおう、実現してしまうというものです。

というとわからないと思いますが、みなさんが輝ける発端を作ります。というのは、結婚することが目標であれば、そこに至るまでのストーリーを考え、それを実行していきます。

これが恋愛であっても、仕事であっても、おしゃれであっても自分がなりたいものを素直になっていただくという企画です。もちろんそこに身体のことも関わってきますが、本当になりたい自分を目指します。

全ては自分基準であり、自分のストーリーを一緒に考え実現したいと思います。一人ではなかなかがんばれなかったり、妥協してしまうこともあると思いますが一緒に頑張りたいと思っています。

 

さいごに・・・

まだ12月が始まったばかりですが、自分がしたいことを素直に表現すること、本当になりたいものになることは心から楽しいと思えたり、嬉しいと感じれるものだと思います。

これを感じていきたいですし、感じていただきたいと思います。自分一人では踏み出せない“1歩”を応援できる存在になりたいと思いますし、一緒に面白い未来を作っていければと思っています。

何か目標がある方は、何か一つでもいいと思いますので、まずは実行すること、行動することが大切になるんだと思います。これから一緒に楽しい毎日を過ごせるようにしたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

[ad#co-1]

コメント

この記事へのコメントはありません。