未分類

投げる動作を柔らかくするためには型にはめてしまわないこと

[ad#co-1]

昨日は、高校野球へ出かけた話を書いていきましたが、そのときに指導したもう一人の選手がいました。

この選手はキャッチャーをしていますが、二塁への送球時に肘に痛みを感じているそうでした。昨年の6月から肘の痛みを感じ、なんとなくごまかしながらここまで来ているとのことで、休めば痛みは軽減するそうです。

原因はある程度本人も自覚をしていましたが、投げ方に問題があり、リリースした直後、キャッチボールをしている相手の方に腕が飛んでいきそうな投げ方で、その際に肘が完全に伸びきり、この瞬間に肘に痛みを感じるようでした。

肘を伸ばしきる動作を何度も何度も繰り返すことで、肘に痛みが出てきていました。

今日はこの選手とのやりとりの中で大切だなと感じた、投げ方について書いていきたいと思います。

 

投げ方は決まった形はなく、個性を消さない

この選手は何度か投げ方の指導を受けていたそうですが、そのときにイメージがフォームから感じることができましたが、投げ方には決まった型というものはなく、それぞれのフォームで投げることで個性が生まれ、投げている本人も気持ちよく投げられると思います。

ただ、重要なことはこの投げ方には身体が自然に動くような使い方をすることが大切になり、もし不自然な動かし方をするとどこかでひっかかりを感じたり、緊張が生まれたりします。

この選手もそうでしたが、肘の高さが低く、よく「肘の位置を上げろ!」と指示を受けていたそうですが、背中側へ肘を引くように腕を上げていたため、このような使い方をすると肘は上がりません。

ここも伝え、腕の上げ方を伝えるとスムーズに楽に肘の位置が上がり始めました。

投げ方は個性がありますので、こちらでこう投げろ!とフォームを作るのではなく、選手が現在している投げ方で問題がある点は改善しますが、それをするためにポイントで修正を重ね、スムーズに動くように誘導していきます。

○○でなければならない、はなく、ここはこのように動かすほうがいいというアドバイス的なことがあるぐらいで、決められたものはないと思います。

 

自分の中でスムーズに動く感覚を感じる

この選手のように肘が完全伸展してしまい、それが肘の痛みへとつながっている場合、フォロースルーの際に腕を身体に巻き付けるように投げると肘の痛みが改善します。

これは、このようなイメージを持つことで肘の完全伸展する動作が改善され、肘が伸びきらなくなります。

指導の手順としては、カーブのような緩いボールを投げるようにリラックスした、スムーズな動作を繰り返し行います。いつもは力を入れれば速いボールが投げられると思っていたそうなので、まずはカーブのような

緩いボールを何度も投げていきました。

投球動作はリラックスできると自然に身体は動きますので、あれこれ言わずにリラックスをして一本背負いをするように投げてもらいました。うまく力が抜けてくると、同じ動作ができだし、自然と相手の右肩にボールが行くようになっていきます。

この辺りで、リラックスして投げられていることを気持ちよく感じはじめ、肘の痛みも感じなくなっていきました。

 

セカンド送球へとイメージを変えていく

この流れから、徐々に距離を伸ばし距離が変わっても相手の右肩にボールが投げられ、スムーズな動作ができてきたので、そこからカーブのようなボールから直球へと変えていきました。

ここでは、リラックスをして相手を切るようなイメージでボールを投げたり、フォロースルーでは腕を身体に巻きつけるイメージを持たせ、日頃との感覚の違いも感じてもらいながら進めていきました。

球数を重ねていくうちに楽に投げているように感じるけど、いつもよりも球が速いような感覚があったり、何よりも投げていて気持ちよかったり、楽しいということを言っていて、動きを見ていると硬い動作から弾むような、ポンッポンッ!とキャッチングからスローイングまでの流れができていました。

先ほどのキャッチボールからはステップワークを追加して、どのようにステップを踏むのか、また立った状態と座った状態からのセカンドスローをするときにステップワークはどのようにするのか、基本的には自分が一番やりやすいステップワークでいいと思います。

そこに少しアドバイスを加えて、キャッチボールからセカンド送球へとつなげていきました。

 

選手の感想から感じた大切なこと

選手への指導で、お互いに変化を感じ合いスムーズに動ける感覚や動きの中に心地よさを感じれたそうですが、先ほども書いたように型にはめすぎるとこの“快”の感覚がなくなり、動作を感じながら行うのではなく、ただ言われたことをやるだけだと感覚を感じることができなくなります。

不快感があってもそれをよしとしてしまったり、数をこなせばいいということにもつながる可能性もありますが、いかに選手の現在の動きの問題点を把握し、そこに対して全てを変えるのではなく、問題の改善につながるポイントを伝えられるかが重要だと思います。

気持ちよさを感じながらある意味自由に動くことも必要なのかもしれません。すると、スムーズな動きを感じられるようになっていくと思います。

日頃の指導の中でも自分自身が改めて注意しないといけないと感じたことが多かった時間でした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。選手とのやり取りはいつでも学びが多くありますし、自分の指導していることがそのときには適切だったのか、それともそぐわなかったのか、それが全て選手の動きとなって現れます。

現場で経験を重なれば重ねるほどわからないことだらけになりますし、課題も多くなります。でもそういう課題を毎回みつけることが成長へつながると思いますし、目の前に出てきた課題を一つ一つクリアにしていきたいものですね。

では最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • 投球フォームは決まった型にはめ込むのではなく、選手の個性を活かす
  • 型にはめ込むと感覚を感じにくくなり、スムーズな動作になる快の感覚が得られる
  • ポジションによって、キャッチボールのときから野手に必要な投げ方をする
  • スムーズな動作は気持ちよく、楽に身体を動かすことができる

このような内容でお送りしました。これから選手が短い夏までの時間、肘が痛くならずに残りの野球人生を楽しんでもらえればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

[ad#co-1]

コメント

この記事へのコメントはありません。